ラグビー

【ラグビー】関東大学リーグ戦 対流経大 悲願のリーグ開幕!! しかし、流経大相手に初戦勝利とはならず

関東大学リーグ戦 
対流経大学
2020年10月4日(日)
流経大G

 春季大会が中止となり、今年初めての公式戦となった法大ラグビー部。初戦相手の流経大に挑んだが前半から相手に主導権を握られる。後半も差を縮めることができず、開幕初戦を勝利で飾ることはできなかった。

2020105 201008 7 R初戦勝利とはならなかった

試合結果

トータル試合結果

10
法大

3


前半
21

28
 流経大

7 後半

7

 

ポイント詳細

0/1 3/1
0/1 G 3/1
1/0 PG 0/0
0/0 DG 0/0

T:/斎藤

G:/有田

PG:有田

※前半/後半

法政大学メンバー


No.ポジション選手氏名学部/学年出身校
1 PR 坂本滉樹 社3 京工学院
2 HO 井口龍太朗 社2 静岡聖光学院
3 PR 菊田圭佑 経4 仙台育英
4 LO 兼森大輔 経3 報徳学園
5 LO 竹部力 社1 大分舞鶴
6 FL 吉永純也 経4 東福岡
7 FL 山下憲太 社4 長崎海星
8 NO.8 大澤蓮 現3 長崎南山
9 SH 隠塚翔太朗 経3 東福岡
10 SO 伊藤浩介 現3 愛知
11 WTB 石岡玲英 社1 御所実業
12 CTB 舘内倭人 経3 法政二
13 CTB 有田闘志樹 経3 鹿児島実業
14 WTB 斉藤大智 現4 黒沢尻北
15 FB 坂田龍之介 経2 東海大付仰星
16 Re 濱野隼也 社4 秋田工業
17 Re 稲田壮一郎 社3 中大春日丘
18 Re 橋本陸  社4 東京
19 Re 徐和真 経2 大阪朝鮮
20 Re 山下武準 社1 法政二
21 Re 山脇一真 経1 天理
22 Re 熊田経道 経1 大産大附
23 Re 梶木馨太 経3 東福岡

 

戦評

 

 前春季大会が中止となり、今年初めての公式戦。新型コロナウイルスの影響で試合は無観客で行われた。トライゲッターの根塚は開幕に間に合わなかったものの、新戦力である竹部、石岡がスタメンに名を連ねた。

試合が動いたのは前半4分。有田のペナルティゴールが決まり、幸先よく先制する。流れに乗って攻め込みたいところだったが、アクシデントが発生する。前半13分、主将である吉永純がプレー中のけがでベンチに下がってしまう。チームの要を欠いた法大は、一転して流経大に主導権を握られ、自陣でのプレーが多くなる。立て続けにトライを許すと、前半終わって3-21と引き離される。

なんとか流れを取り戻したい法大は、粘り強い守りで相手に得点を許さない。後半30分にダメ押しとなるトライを奪われたものの、選手たちは諦めていなかった。WTB斉藤が相手の一瞬の隙を突き、ディフェンスラインを突破。そのまま独走トライを決め、反撃の狼煙を上げる。さらに敵陣5mまで迫る攻撃を展開したが、無情にもノーサイドの笛が鳴り響いた。

大事な初戦を落としたダメージは大きい。しかし、確かに収穫はあった。昨年は成功率の低かったキックが正確に決められるようになり、スクラムでは優位に立つことができていた。次戦は同じく初戦を落とした大東大戦。根塚、吉永純の両主将が心配されるが、目の前の試合に全力を尽くすだけだ。(高安寛)

 

 

インタビュー

・苑田ヘッドコーチ

ー本日の敗因について
今日の敗因は簡単に言えばペナルティ。前半でペナルティ8個あったことにより、スローダウンのテンポになったことが自分たちの敗因です。

ー次戦への意気込みを
次の試合はペナルティを無くして自分たちのラグビーを、80分間通してボールを動かすラグビーをすることができれば勝利が見えると思います。この一週間、勝つためにできることを最大限にして、試合に臨みたいと思います。

・吉永純也

ー本日の敗因について
今日の敗因は前半のけが人が出るっていうトラブルでチームの流れが上手く掴めずに法政の本来のラグビーができなかったことが大本だと思います。

ー自身の感想について
僕が前半でけがしてしまって、チームに悪い流れを作ってしまったので、そこが僕の今日1番反省するべき点で、本来キャプテンが80分出るべきでレフリーとかのコミュニケーションも取らなければいけないんですけど、それができなくてレフリーとのコミュニケーションが上手くいかずに今日は結構ペナルティとかが多かったので、そこはやっぱりキャプテンがレフリーとコミュニケーション取るために80分間出場し続けることが必要かなと思いました。

ー次戦への意気込みを
今回流経戦で、自分たちのラグビーができなかったので、反省点を踏まえて個人個人でもっと良い準備をしたいと思います。今回しっかり反省して次戦の大東文化戦で、自分たち本来のラグビーができるように、自分たちでももっと鼓舞して流れを作っていきたいと思います。

・斉藤大智

ー自身の感想について
まずチームとして規律の部分を守れなくてペナルティが多く続いてしまって相手に攻め込まれた部分があったので、やはりそういった一つ一つの規律の部分をチームとしては守りながら頑張っていきたいと思います。また、個人としてもリーダーとしてチームをしっかりと引っ張っていくことができずに、また持ち味も発揮できなかったので、そういったところも次戦では発揮していきたいと思います。

ー次戦への意気込みを
次戦の大東文化戦では、まずは規律の部分をしっかり守りながら、一つ一つのプレーを大切にしながら勝ちにこだわっていきたいと思います。

フォトギャラリー

 

  • 2020105 201008 0 Rチーム初トライを決めた斎藤
  • 2020105 201008 1 R果敢に攻めるも流経大の守りに苦しんだ
  • 2020105 201008 2 Rラインアウトではボールをキープできていた
  • 2020105 201008 7 Rリーグ戦初勝利はお預けとなった

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

202010191

 

 

定期購読の申込み