ラグビー

【ラグビー】打倒東海で劣勢挽回!全勝優勝を止めるのは俺たちだ!~関東大学リーグ戦 対東海大 展望~

関東大学リーグ戦 
対東海大
2020年10月17日(土)
江戸川陸上競技場

 第2戦ではFWとBKがかみ合い快勝。第3戦に立ちはだかるは前回王者え3連覇を狙う東海大。大東大に快勝したスターティングメンバ―と大きくは変えずに挑む東海大戦。再度番狂わせを起こすことはできるのか!

120068大東大戦でMOMに輝いた根塚のプレーに注目だ

法政大学メンバー


No.ポジション選手氏名学部/学年出身校
1 PR 稲田壮一郎 社3 春日丘
2 HO 濱野隼也 社4 秋田工業
3 PR 菊田圭佑 経4 仙台育英
4 LO 緒方健志郎 スポ2 熊本西
5 LO 竹部力 社1 大分舞鶴
6 FL 吉永純也 経4 東福岡
7 FL 山下憲太 経4 長崎海星
8 NO.8 安達武志 経4 報徳学園
9 SH 隠塚翔太朗 経3 東福岡
10 SO 熊田経道 経1 大産大附属
11 WTB 石岡玲央 社1 御所実業
12 CTB 有田闘志樹 経3 鹿児島実業
13 CTB 梶木馨太 経3 東福岡
14 WTB 斉藤大智 現4 黒沢尻北
15 FB 根塚洸雅 経4 東海大仰星
16 Re 井口龍太郎 社2 静岡聖光
17 Re 石母田健太 経2 國學院栃木
18 Re 橋本陸 社4 東京
19 Re 徐和真 経2 大阪朝高
20 Re 山下武準 社1 法政二
21 Re 山脇和真 経1 天理
22 Re 末永和輝 経3 長崎南山
23 Re 坂田龍之介 経2 東海大仰星

 

展望

 無観客試合という異例の形で開幕を迎えた関東大学リーグ戦。開幕戦こそ落としたものの、第2戦の大東大戦をものにし、1勝1敗の五分で10月17日の東海大戦に臨む。

120097

初戦の流通経大戦では、ベストメンバーで戦うことができなかったことに加えて主将の吉永純を含む3人の負傷交代に見舞われ、スタートダッシュに失敗した。しかし第2戦では、大東大を相手に主将である根塚が攻守に渡る活躍を見せ、8年振りの勝利をもたらした。

そんな中、次戦の対戦相手は優勝候補の東海大学だ。昨年のリーグ戦では全勝優勝を果たし、現在2連勝中。今1番強いチームと言っても過言ではないだろう。東海大学の強みは何と言ってもFW陣の層の厚さだ。根塚と同じ東海大仰星出身の山田生真が中心となり、強力なスクラムを形成する。フィジー代表で初戦のMOMにも選ばれたワイサケ・ララトゥブァなど、外国人選手の突破力も光る。

東海大相手に厳しい戦いが予想されるが、苑田ヘッドコーチはペナルティによる「スローダウンのテンポに」ならないよう指摘する。ペナルティの数を減らし、相手に付け入る隙を与えないことが大事だ。主将の吉永純は「僕たちは1年生のときから、東海に勝ったことが」ないと、打倒東海に執念を燃やす。1年生ながら開幕から2戦連続でスタメン起用された石岡の活躍にも注目だ。10月17日は初の有観客試合。観客の前で躍動する選手たちを目に焼き付けたい。(高安寛)

 120069

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

202010191

 

 

定期購読の申込み