ラグビー

【ラグビー】関東大学リーグ戦 対東海大 強敵相手に善戦するも黒星となった…

関東大学リーグ戦 
対東海大
2020年10月17日(土)
江戸川陸上競技場

 前回の大東大戦では8年ぶりの白星をあげた法大フィフティーン。そして東海大戦は今季初となる観客の前での試合だった。前回の勢いのままに東海大にもジャイアントキリングといきたいところであったが、昨季リーグ戦王者の壁は厚かった。

肝心なシーンピンぼけ 201020 1強敵相手に勝利とはならなかった

試合結果

トータル試合結果

19
法大

12


前半
21

31
 東海大

7 後半

10

 

ポイント詳細

1/2 2/1
1/1 G 2/1
0/0 PG 0/0
0/0 DG 0/0
T:安達、隠塚/石岡
G:有田/有田

※前半/後半 

法政大学メンバー


No.ポジション選手氏名学部/学年出身校
1 PR 稲田壮一郎 社3 春日丘
2 HO 濱野隼也 社4 秋田工業
3 PR 菊田圭佑 経4 仙台育英
4 LO 緒方健志郎 スポ2 熊本西
5 LO 竹部力 社1 大分舞鶴
6 FL 吉永純也 経4 東福岡
7 FL 山下憲太 経4 長崎海星
8 NO.8 安達武志 経4 報徳学園
9 SH 隠塚翔太朗 経3 東福岡
10 SO 熊田経道 経1 大産大附属
11 WTB 石岡玲央 社1 御所実業
12 CTB 有田闘志樹 経3 鹿児島実業
13 CTB 梶木馨太 経3 東福岡
14 WTB 斉藤大智 現4 黒沢尻北
15 FB 根塚洸雅 経4 東海大仰星
16 Re 井口龍太郎 社2 静岡聖光
17 Re 石母田健太 経2 國學院栃木
18 Re 橋本陸 社4 東京
19 Re 徐和真 経2 大阪朝高
20 Re 山下武準 社1 法政二
21 Re 山脇和真 経1 天理
22 Re 末永和輝 経3 長崎南山
23 Re 坂田龍之介 経2 東海大仰星

 

戦評

     降りしきる雨の中迎えた第3戦。東海大のキックオフで始まったこの試合。序盤から東海大のFW陣に圧倒された。
肝心なシーンピンぼけ 201020 3
     序盤は防戦一方だった
     東海大の強みであるモールで一気に自陣まで攻め込まれ、前半20分までに3トライを奪われる。ワンサイドゲームかと思われたが、相手のペナルティから生まれたチャンスで今季初スタメンのNO.8安達がトライ。5点を返すと、前半29分にラインアウトからこぼれたボールにSH隠塚が素早く反応。ディフェンスをかわし立て続けにトライを決め、前半終わって12-21と後半の巻き返しに期待がかかった。
肝心なシーンピンぼけ 201020
     スクラムで反撃だ!
     ハーフタイムを挟み、雨脚も弱まることなく後半戦へ。前半戦と変わらず東海大のFW陣の勢いは衰えることを知らない。またもやモールで押し切られ、後半最初の得点は東海大へ。嫌な流れを断ち切りたい法大を救ったのは若い力だった。後半12分、相手の高く浮いたパスをWTB石岡がインターセプト。一気に加速し、大東大戦に続く2試合連続のトライを奪った。しかし、その後は両者攻めあぐね19-31でノーサイドとなった。
     昨年の結果を踏まえると、敗れはしたものの着実な成長がうかがえる。セットプレーで相手に流れを渡してしまったことは課題ではあるものの、選手一人一人が状況判断を上手く下すことができていた。2週間後の日大戦も簡単な相手ではないが、勝利の2文字は案外遠くないのかもしれない。
    (高安寛)
肝心なシーンピンぼけ 201020 5

お詫び

ラグビー部選手コメントは都合のため、お休みとさせていただきます。

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み