ラグビー

【ラグビー】〝法大の逆襲〟開演! 相性の良い場所、相手で後半戦幸先の良いスタートダッシュを!!~関東大学リーグ戦 対中大 展望~

関東大学リーグ戦 
対中大
2020年11月15日(日)
セナリオH三郷

 日大に逆転負けを喫した第4戦。敗戦から2週間が過ぎ、大東大戦以来となる白星を目指す。注目はやはり主将の根塚洸雅(経4)だ。2年連続でセナリオH三郷でMOMを受賞しており、今年も大活躍が予想される。残り3戦、全勝して全国大学選手権の出場権を手にできるか。

hamano R2年連続同地で中大相手に勝利をつかめ!

法政大学メンバー


No.ポジション選手氏名学部/学年出身校
1 PR 稲田壮一郎 社3 春日丘
2 HO 濱野隼也 社4 秋田工業
3 PR 菊田圭佑 経4 仙台育英
4 LO 兼森大輔 経3 報徳学園
5 LO 竹部力 社1 大分舞鶴
6 FL 吉永純也 経4 東福岡
7 FL 山下憲太 経4 長崎海星
8 NO.8 大澤蓮 現3 長崎南山
9 SH 隠塚翔太朗 経3 東福岡
10 SO 熊田経道 経1 大産大附属
11 WTB 石岡玲英 社1 御所実業
12 CTB 有田闘志樹 経3 鹿児島実業
13 CTB 堀川優 経4 東福岡
14 WTB 斉藤大智 現4 黒沢尻北
15 FB 根塚洸雅 経4 東海大仰星
16 Re 井口龍太郎 社2 静岡聖光
17 Re 石母田健太 経2 國學院栃木
18 Re 橋本陸 社4 東京
19 Re 佐々木康成 社2 大分舞鶴
20 Re 山下太雅 現4 東福岡
21 Re 山脇一真 経1 天理
22 Re 伊藤浩介 現3 愛知
23 Re ジョーンズ杏人竜 経4 札幌山の手

 

展望

 東海大、流通経大、日大の3校に敢え無く敗れ、迎える5試合目。大東大戦以来となる2勝目をかけて法大はセナリオハウスフィールド三郷で中大と激突する。 東海大、流通経大、日大の3校に敢え無く敗れ、迎える5試合目。大東大戦以来となる2勝目をかけて法大はセナリオハウスフィールド三郷で中大と激突する。

 現在までの中大の成績は3敗1分と、いまだ勝ち星には恵まれていない。法大と全く同じ、リーグ戦上位3校に苦杯をなめさせられた。2年連続でリーグ戦最下位という屈辱を味わう中大にとっては、是が非でも初勝利を狙いたい一戦だろう。

 そんな中大を率いるのは、高校ラグビー3冠を達成した桐蔭学園出身のFL川勝自然だ。決して大きな体ではないものの、気迫あふれるプレーが持ち味だ。主将である川勝を軸に一体感のあるラグビーを展開してくる。キッカーを務めるFB山田翔平のランスキルも侮れない。

126001 R

 法大は前回の日大戦に敗れはしたものの、日大のスクラムと互角に対峙し、相手を押しているプレーも何度か見られた。チャンスは幾度となく作ることができていたため、ミスなく得点まで結びつけることが求められる。日大戦の終盤で発揮した畳み掛ける連続トライのように、主導権を握ったままの試合に持ち込みたい。

 126003

  昨年同じ場所で中大相手に41-5と快勝している。根塚が前半だけでハットトリックを決め、MOMを受賞した。一昨年にも根塚はセナリオフィールド三郷でMOMを受賞しているため、3年連続で同地でのMOM獲得に期待がかかる。相性の良い相手、相性の良い場所と好条件が揃っている。後半戦となる残り3試合。反撃の狼煙を上げるきっかけとなるか、3戦全勝の布石を打つ。(高安寛)

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み