アイスホッケー

【アイスホッケー】平成28年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 対中大 2回戦 一時は同点に追いつき接戦を繰り広げるも、終盤に突き放され2連敗

平成28年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 Div I-A
2016年11月13日(日)
Dydoドリンコアイスアリーナ

前節明大に敗れた法大。今節の対戦校は昨季リーグ戦・王者中大だ。先に得点を許し、試合の主導権を握られてしまった法大であったが、第2ピリオドにDF松井のゴールで同点とする。その後もPPのチャンスを何度か得るが得点には至らず。すると終盤相手に決定機をものにされ敗北。2連敗となった。

DSC 1234 R
敗戦に肩を落とす選手たち

試合結果

トータル試合結果

1
(22)
0(6) 1P 1(20) 4
(53)
1(8) 2P 1(22)
法政大学 0(8) 3P 2(11) 中央大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/PK
中大 1 16:37 26 坂本颯 77 齋藤大知 PP
法大 2 4:37 14 松井洸 67 志田凌大 11 A 西口開羅
中大 2 11:42 61 桶屋樹生 21 A 鈴木健斗 11 植森脩太郎
中大 3 17:32 21 A 鈴木健斗 26 坂本颯 65 簑島圭悟 PK
中大 3 19:37 3 稲村悠人 67 高見悠斗

※PPは法大のパワープレー、PKは法大のペナルティキリングを示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1  A 11 西口開羅  48 小西遼  C 13 松本力也  14 松井洸  4 福島勇啓
2  10 鈴木翔弥  23 沼田翔  29 石田和哉  76 田畑秀也  18 川上朝日
3  67 志田凌大  80 沢口迪弥  47 佐藤佑亮  3 高橋魁人  2 今将駿
4  A 92 大野峻丈朗  77 岡野頌平  19 三田村哲平  44 船越準平  7 上村光輝

※GKは#31 吉田駿太が先発出場。控えに#25 久保田雄樹

 

戦評

 前節明大に大敗を喫した法大は今節リーグ戦未だ無敗の中大に挑む。明大戦でリーグ戦デビューを飾り好セーブを見せた1年生GK吉田駿太(文1)がスタメンに抜擢された。
 
 第1ピリオド、王者を相手に互角の戦いを見せた法大。テクニックに勝る中大に自陣でパックを保持され守る時間帯が長く続いたが、GK吉田がビッグセーブを連発しゴールを割らせない。11分、13分立て続けにDF松井洸(法1)がペナルティーを犯しKP(キルプレー)を迎えたが、中大のミスにも助けられ上手く守りきった。しかし15分、こぼれ球を拾われGKとの1vs1の状況を作られるとFW西口開羅(法3)がたまらず後ろからダイブ、ペナルティーを取られKPを迎える。その直後、自陣でパックを保持されシュートを打たれるとリバウンドがゴール正面に流れ相手FWが詰め寄り先制を許した。17分にはシュートをセーブしたGK吉田に中大選手が群がり、これに両チームがエキサイト、乱闘寸前のシーンもあった。法大は第1ピリオド決定的なチャンスは作れなかったものの最少失点で切り抜ける。

 第2ピリオドが始まると試合は徐々に法大ペースに。そして5分、敵陣でパスを回すと最後はDF松井のディフェンスライン沿いからのロングシュートがゴールに突き刺さり同点に追いつく。そして法大ペースのまま8分に相手のペナルティーでPP(パワープレー)を迎える。この流れで逆転としたいところだったが仕留めきれず。すると12分、相手FW個人技で攻め込まれるとGKとの1vs1を作られ、シュートはGK吉田の左肩口に決められ再びリードを許してしまう。その後は一進一退の攻防が続いた。そして18分、19分と中大がペナルティーで2人を欠きPPへ。この試合最大のチャンスが訪れる。しかしパスミスでなかなかチャンスを作れず、そのまま第2ピリオドが終了した。

 第3ピリオドは開始早々相手のペナルティーでPPを迎える。しかしこのチャンスでも得点することができない。PPが終わると中大に一方的に攻め込まれる展開となるが、7分、8分、10分と吉田のファインセーブで点を与えない。11分に迎えたPPでも得点できないまま試合はこう着状態に。そして残り時間が少なくなった18分、ここでこの試合最大の山場を迎える。中大のペナルティーで再びPPのチャンスを得た法大はここでタイムアウト。直後のプレー、敵陣でパスミスをするとパックは法大ゴールの方に流れていく。GK吉田が前に出て弾こうとしたもののわずかに相手FWが先にパックに追いつき、吉田をかわし無人のゴールに流し込まれまさかの失点。2点差とされた法大はその後GKを下げ6メンを仕掛けるが敵陣からクリアされたパックは無情にもゴールに吸い込まれていった。そのまま試合終了となり1-4で敗北を喫した。

 第3ピリオド終盤までリーグ戦無敗の中大を相手に接戦を演じただけに3失点目が悔やまれる。前節の明大戦でもPPから失点し流れを悪くした。またこの試合6度あったPPのチャンスで得点することができなかった。今後はPPが法大上位進出の鍵となるかもしれない。(阿部洋輝)

選手コメント

DF 松井洸

―試合を振り返って
勝てる試合を逃した感じがします。終盤まで1-2という形が結果を見たら1-4です。今日みたいな試合をしてたらロースコアのいいゲームができると思うが、勝ちきれないという現状も残っているので、残りの3試合を勝てるようにチーム一丸となってやっていきたいと考えてます。
 
―ディフェンスをする中で意識したことは
6点も7点も取られてたら勝てないので、ロースコアに持っていけるように意識してました。ディフェンスに積極的に声をかけながらやってましたね。
 
―得点シーンは
自分が遠くからコースを狙って打てば入るというシュートを身につけているところなので、自信を持って打ちました。
 
―タイムアウト中にあった話は
ディフェンスがずっと出ていたら、ギャップコントロールや1対1であっさり抜かれてしまう部分があるので、ディフェンスはショートシフト。前にいるFWがいたらパスしてつなぐ。そういうところを意識していこうということでした。
 
―PPでの失点がありましたが
練習からしっかりやっていかないと、試合でこういう形で表れてしまうので、練習から抑える気持ちで声を掛け合ってやっていかないといけないと思います。
 
―4強との戦いを終えて1勝7敗ですが
それを今の現状として受け入れないといけないと思います。インカレの準々決勝では東洋大と当たるので、リーグ戦で悔しい思いをした分、そこで勝っていきたいと思います。
 
―残りの試合へ向けて
絶対に落とせない3試合になるので、リーグ戦の順位をしっかりと上げられるように、頑張っていきたいと思います。
 
DSC 1164 R
DF松井は得意の位置からゴールを決めた
 

GK 吉田駿太

―今日の試合を振り返って
今日は自分の公式戦初先発でした。正直2、3失点目は自分のミスだと思ったので、もっと試合に出て上手くなりたいです。前回の明治戦は第3ピリオドのみの出場でしたが、今回は60分ということもあってスタミナ的にも厳しかったので、もっと練習で追い込んでいこうと思いました。
 
―初スタメンの心境は?
自分は高校の三年間ほとんど出ていて、試合になってリンクの上に乗れば緊張しないタイプなので平気でした。
 
―終盤までの接戦は吉田選手の好セーブが一つの要因のように見えましたが
自分のセーブでチームにいい流れを作れたのは良かったのですが、結果的に見ると1-4で負けてしまいました。キーパーは勝つためにシュートをセーブするので、勝たないといけないと思います。
 
―3失点目シーンについて迷ったと思うが
迷ってしまったらいい結果は出ません。練習でも迷って失点したことがあって、試合でも繰り返してしまったのは反省点です。
 
―PPでミスが目立ったが、後ろから見ていてどうだったか?
ミスもあったのですが、リスクを負って点数を取りに行きました。挑戦しないと点は生まれないので、リスクを背負ってでも点を取りに行くことはいいことだと思います。
 
―前節に引き続いてのPPでの失点があったが
ずっと攻め込まれてしまうと集中力も切れてしまいますし、スタミナも削られてしまうのでそこはこれからの課題です。
 
―次戦への意気込みを
次の試合は勝たなくてはいけない相手です。自分の仕事はシュートをセーブして、チームをいい流れに持っていけるようなことが求められると思うので、気を引き締めて練習に取り組みます。
 
DSC 0843 R
リーグ戦初先発を果たしたGK吉田
 

フォトギャラリー

  • DSC 1234 R敗戦に肩を落とす選手たち
  • DSC 1164 RDF松井は得意の位置からゴールを決めた
  • DSC 0843 Rリーグ戦初先発を果たしたGK吉田
  • DSC 0620 Rアシストを記録したFW志田
  • DSC 0683 RチェックにいくFW小西
  • DSC 0684 RFW沼田は豊富な運動量を見せた
  • DSC 0881 Rチャンスを迎えるFW西口
  • DSC 1146 Rタイムアウト時の様子
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み