アイスホッケー

【アイスホッケー】インカレ直前インタビュー ~水戸啓明・北海・埼玉栄高校出身選手~


2017年1月5日(木)
東村山市 アイスホッケー部合宿所

1年間の集大成である日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)が4日から北海道・苫小牧市で開催される。5日から大会に臨むアイスホッケー部は過去10年連続ベスト8止まり。今年こそはベスト4進出、そして優勝へ。今回はGK伊藤崇之(法2)、DF船越準平(法2)、FW上村光輝(営2)の3人に話を伺った。

※この取材は12月21日に行ったものです。

DSC 0665 R
この3人の活躍がインカレ躍進へのカギとなる

 選手インタビュー

―リーグ戦6位という結果について
船越:4位になれるか6位になれるかという試合で、たぶん絶対勝てると全員が思ってて、それが油断につながって負けてしまったのかなと思います。
上村:勝てる試合も勝てなかったり、あと一歩の試合でも同点だったりという試合展開が続いて、最終戦も4年生とか6位という場面で勝ちきれなかったことが悔いとして残っています。
伊藤:自分たちの甘さと力不足が結果に表れたなと思います。
 
―リーグ戦を終えて今の状況は
船越:最後の2試合だけなんですけど出場することができて、これからも出場するチャンスがあると監督に言われたので、平日は毎日陸トレとウエイトで身体能力を向上させて、またインカレで東洋と対戦する時までに状態を上げて必ず勝てるようにしたいと思います。
上村:攻撃の面に関してはどのチームにも負けてないと思うんですけど、守備に関しては他のチームより少しレベルの低い部分もあるので、個人的にも守りを意識したプレーをするように心掛けています。
伊藤:個人的にはリーグ戦でミスが多かったんですけど、インカレは一発勝負なので、ミスしないプレーをするために一つ一つ集中を切らさずに練習に取り組むことを心掛けています。
 
―今年1年間を振り返って
船越:春と秋を通してリーグ戦2試合しか出てないんですけど、最後の最後でしたが自分の中ではちゃんとプレーで存在感を発揮できたかなと思っています。
上村:自分は夏は出場できたんですけど、春と秋は出場機会が少なくて、春から比べるとチームの雰囲気は良くなったと思うんですけど、大事な試合に関してのチーム力や結束力は少し他のチームと比べて欠けていたのかなと思います。
伊藤:自分は去年悔しい負け方をしたチームにリベンジをすることができて、個人的には成長したところもあるのかなと思いました。去年は日体にも負けて、慶應とも引き分けて、早稲田にも残り9秒で逆転されて負けたりもしたんですけど、そのチームにいずれも勝つことができたので、そのことは良かったです。ただ、目標としては通算の勝敗を勝ち越すことが目標だったので、それが達成できなかったのはまだまだ甘かったなという印象です。
 
―失点数が多かった要因は
船越:やっぱりFWとDFの連携ミスで、1人マークがずれてフリーの状態でシュートを打たれることが多かったり、ディフェンスが簡単に抜かれてそのままゴールを決められたりしたことが多かったですね。
伊藤:失点数が多かったのは、中央との試合を除いて上位校との試合でほとんど出場していたのは僕なので、自分の不安定さというものが結果に直結したのかなと思っています。上位校は順位の通り自分たちより上にいて、失点数が多いというよりも、シュート数が対戦相手の方が多くなるのは当然のことなので、そこを頑張りきれなかった自分のせいかなと感じています。
 
―上位校との差は
上村:チーム力とディフェンス力です。普段の生活はみんな仲はいいんですけど、そういうのは氷上で活かせないと今のチームは上位には上がれないと思います。
伊藤:平均的に負けていると思います。さっき言った私生活もそうですし、チーム力、ディフェンス、オフェンスも張り合ってはいますけど、必ずしも結果を出しているわけではないですし、平均的に上位校には追いついていない、全体的にレベルが低いんだなと感じています。
 
―お互いの印象について
船越:この3人あんまり試合出てないからね(笑)
上村:たか(伊藤選手)しか出てないもんね(笑)
船越:上村くんは練習や試合の時も出せる時はしっかり出せていて、そういう時はすごいなと思うんですけど、ミスしたあととかはすぐ崩れてしまうので、そこを改善すればもっと試合に出れるんじゃないかなと思ってました。たかは最初の1本は止めてくれる時の方が多かったので、それをもっと継続してもらって、インカレでも出場してもらいたいですね。あと2年生全員で試合に出たいですね。頑張ろうな(笑)
上村:船越は秋リーグ最後の2試合出て、やればできるなと波に乗ればいいなと思いました。伊藤はたぶん調子崩して、いろんなことを悩んでいるだなと伝わってきますし、船越も言った通りインカレでは2年生全員出場を果たしたいと思います。
伊藤:2人に共通して言えるのは基本的なシュートする力だったり、パス出す力とかはあると思っていて、ホッケーに対する理解力もあると思うんですけど、若干試合展開というものに付いていけない部分があるので、練習の時から試合を想定した練習をしてくれればなと思いますね。なんか2人とも自分が練習してることを否定的に捉えているというか、もっと一生懸命やりたいんだけどちょっとそれが恥ずかしいと思ってるところがありますね(笑)もっといいイメージを持って練習に取り組めばなと感じる時があります。
 
―インカレではベスト8という成績が続いていますが
船越:ベスト8の時は必ず上位校と当たっていて、その上位校との試合の時に勝ちきれなくて、いつも以上の力を出しているんですけど、それは向こうも同じなので、もっと僕らが変わっていかないと厳しいんじゃないかと思います。
上村:やっぱりインカレは最後の大会ということで他の大学も気持ちを上げてくると思います。自分たちも当然上げてくるんですけど、春、夏、秋というシーズンを通してもそうだし、チームの団結力が少し劣っているんじゃないかと感じています。あと一歩のところで勝ちきれないのもそこだと思いますね。
伊藤:ベスト4には入れないのは調子の問題ではなくて、それ相応の力しかないからだと自分は思っています。力があるのであれば、何年もベスト4に入れないということは続かないと思いますし、インカレは気持ちが入って番狂わせも起きますから、それが何年も起きてなくてベスト4にも入れないのはやっぱり気持ちだけではなくて力が足りてないんだなと感じています。
 
―インカレに向けて
船越:まずは試合に出場することを目標にして、もし出れたら自分がやってきてことを全て出せるようにしたいです。
上村:結果はどうだったとしても4年生最後の試合ということで、4年生を気持ち良く卒業させてあげることと、個人的には試合に出てチームに貢献することを目標に頑張ります。
伊藤:上村も言った通りに4年生はこれで最後になるので、自分たち下級生が気持ちの崩れなどで一生懸命やれないことは非常に迷惑がかかると思うので、迷惑をかけないようにして100%の力が出せるように準備していきたいと思います。
 
 

プロフィール

#33 GK伊藤崇之
法学部2年 水戸啓明高校出身
182㎝・74㎏ レフトキャッチ

#44 DF船越準平
法学部2年 北海高校出身
171㎝・75㎏ レフトハンド

#7 DF上村光輝
経営学部2年 埼玉栄高校出身
177㎝・76㎏ ライトハンド

 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み