アイスホッケー

【アイスホッケー】平成29年度関東大学リーグ戦 Div.I-A 対日大 1回戦 石川亜蘭がデビュー戦で初ゴール!相手の素早いカウンター攻撃を防ぎ切り3試合ぶりの勝利

平成29年度関東大学リーグ戦 Div.I-A
2017年10月1日(日)
ダイドードリンコアイスアリーナ

明大戦から2週間が空き、リーグ戦が再開。相手は昨季7位の日大。課題の立ち上がりを苦しみながら無失点で切り抜けると、1P終盤に先制点を獲得する。その後は相手に一度もリードを奪われることなく、3試合ぶりの勝利となった。

0X0A9347 R
石川(中央)のゴールに喜びを見せる選手たち

試合結果

トータル試合結果

4
(33)
1(9) 1P 0(10) 2
(29)
2(12) 2P 1(9)
法政大学 1(12) 3P 1(10) 日本大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表しています。

ゴールデータ

チーム時間ゴールアシストアシストPP/PK
法大 16:54 72 土屋光翼 67 志田凌大 4 福島勇啓
日大 21:04 14 小笠原雅将 16 児玉燎 93 笹川昂成
法大 21:28 23 沼田翔 10 鈴木翔弥 27 小堀健祐
法大 35:44 24 石川亜蘭
法大 53:34 10 鈴木翔弥 27 小堀健祐 23 沼田翔 PK
日大 59:46 56 武田裕大 24 相澤拓耶 23 佐藤了哉

※PPは法大のパワープレー、PKは法大のペナルティキリングを示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 10 鈴木翔弥(営3) 91 土田啓太(法1) 23 沼田翔(法3) 27 小堀健祐(法2) 76 田畑秀也(法2)
2 67 志田凌大(文2) C 11 西口開羅(法4) 72 土屋光翼(法1) 18 川上朝日(法4) 4 福島勇啓(文2)
3 24 石川亜蘭(文1) 80 澤口迪弥(営4) A 29 石田和哉(営3) 7 上村光輝(営3) 17 横須賀翔太(グロ2)
4 19 三田村哲平(営2) 81 工藤将一郎(法3) 47 佐藤佑亮(人3) 44 船越準平(法3) 1 新田谷兼翔(人1)

※GKは#39中島康渡(法1)が先発出場。控えに#31吉田駿太(文2)。

10月1日時点順位表

順位大学名勝‐GWS勝‐GWS敗‐敗得点失点得失点勝点
1 明大 5-0-0-0 29 8 21 15
2 中大 5-0-0-0 28 10 18 15
3 東洋大 4-0-0-1 18 6 12 12
4 早大 3-0-0-2 18 17 1 9
5 法大 2-0-0-3 11 18 -7 6
6 慶大 1-0-0-4 11 19 -8 3
7 日体大 0-0-0-5 3 20 -17 0
8 日大 0-0-0-5 9 29 -20 0

試合経過・日程

順位日付対戦相手結果/練習開始時間
1 9月9日(土) 東洋大 ●0-5
2 9月10日(日) 早大 〇4-3
3 9月16日(土) 中大 ●1-3
4 9月18日(月) 明大 ●2-5
5 10月1日(日) 日大 〇4-2
6 10月8日(日) 慶大 17:30
7 10月14日(土) 日体大 14:30
8 10月21日(土) 東洋大 14:30
9 10月28日(土) 早大 14:30
10 11月3日(金) 中大 15:00
11 11月5日(日) 明大 15:00
12 11月12日(日) 日大 12:30
13 11月23日(木) 慶大 10:00
14 11月26日(日) 日体大 12:30

戦評

 課題だった立ち上がりにこの日も苦戦。PKもあり、相手ペースになる。しかし相手のミスもありピンチを招かずに試合を進める。明大戦から大きくセットを組み替えてきた法大は、上手くパスをつなぐことができず、攻撃に転ずることができない。その中で16分、ゴール前の混戦に土屋が駆け込み先制点を奪う。1Pは相手よりシュート数は少なかったものの、リードすることに成功した。

 2Pはいきなり試合が動く。21分に相手のミドルシュートがゴール隅に突き刺さり、同点となるも24秒後に沼田が一気に一人で抜け出し勝ち越しに成功する。その後はいつものようなスピード感あふれるホッケーで優位に試合を展開する。すると35分、今日が初出場となった石川が倒れ込みながらもノーアシストでシュートを決め点差を広げる。

 3PではNZでのミスもあり、相手にカウンター攻撃を食らう展開。選手に疲労の色が見え始め、一転して日大ペースに。土田や鈴木のドライブから突破口を探すもなかなか攻めきれない。ディフェンス陣が耐え抜いていた中、52分にゴール前の混戦でペナルティを取られPSに。ここはしっかりと中島がセーブした。ピンチを切り抜けた後に流れはやってきた。53分、PKとなり数的不利になるも、鈴木がドライブからシュートをたたき込み、3点差に。終盤に1点返されたものの、そこで試合終了。苦しんだ中で勝ち点3をつかみ取った。

 セットの組み替えによる連携不足からのパスミスの多さや、春から続けてきたチームディフェンスがうまく機能しないなど、課題の多い試合となった。次戦は昨季最下位の慶大。着実に力をつけてきている相手から勝利をつかみ取っていきたい。(飯田翼)

選手インタビュー

石川亜蘭

―試合を振り返って
リーグ戦初出場だったので緊張してました。とりあえず走って点に絡めたことは良かったと思います。

―ゴールシーンを振り返って
石田さんからパスをもらってゴールに向かってシュートを打ったら入りました。結構いい形のシュートだと思ってます。

―カウンターを食らう形がチームで多くなりましたが
自分も含めてレシーブミスが多くあり、カウンターが多くなりました。

―他の1年生の活躍はどのように見てましたか
ずっとビデオを撮る係などをしていて、出ている選手たちをうらやましいと思ってました。今日初めて出ることができて、結果を残せたことは良かったと思います。

―持ち味は
スピードと体力ですね。ゴールした場面も長いシフトだったので持ち味の体力があっての1点だと思います。今日はあまりパックを持つ時間がなかったですが、走り回っていい攻撃ができたと思ってます。

―次への意気込み
レシーブミスが多くなったのを修正して、点に絡んでいき完封勝利をしたいと思います。

フォトギャラリー

  • 0X0A9347 R石川(中央)のゴールに喜びを見せる選手たち
  • 0X0A9498 RPSを防いだ中島
  • 0X0A9537 R1G1Aと躍動した鈴木
  • 0X0A9305 Rレギュラーに定着した上村
  • 0X0A9459 RDFの要でありながら攻撃参加もいとわない川上
  • 0X0A9522 R泥臭くパックをキープする西口
  • 0X0A9441 R調子を取り戻しつつある土屋
  • 0X0A9263 R春に見せつけた類まれなテクニックも健在だ

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み