アイスホッケー

【アイスホッケー】関東大学リーグ戦 対早大 春のリベンジならず… 終盤追い上げを見せるも惜敗

関東大学リーグ戦
2019年9月14日(日)
ダイドードリンコアイスアリーナ

 先週、春の王者東洋大相手に快勝を見せた法大。今週の3連戦は春に2-7で大敗を喫した早大からスタート。なんとか勝利をものにしたかったが、再三のチャンスを生かせず2-3で惜敗した。

goal R
PPでの決定力不足が嘆かれる試合となった

試合結果

トータル試合結果

2
(33)
0(10) 1P 1(13) 3
(49)
2(7) 2P 1(20)
0(16) 3P 1(16)
法政大学 PSS 早稲田大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表しています

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 19三田村哲平(営4) 77安藤永吉(法1) 48小西遼(人4) 76田畑秀也(法4) 21栗原皐成(法2)
2 32 古川憂人(人1) 72 土屋光翼(法3) 91土田啓太(法3) 4 福島勇吾(文4) 66 新田谷兼翔(人3)
3 86 伊藤俊之(文2)  24石川亜嵐(文3) 67志田凌大(文4) 27 小堀健祐(法4) 65高橋颯斗(営2)
4 18金子凌大(法2)  9 近藤謙成(営3)  8小金澤太一(法2) 71竹中海斗(文3) 5菊池聖(法1)

※GKは#39 中島康渡(法3)が先発出場。控えに#31 吉田駿太(文4)

 

戦評     

 

 先週、春の王者東洋大相手に快勝を見せた法大。今週の3連戦初戦の相手は春に2-7で大敗を喫した早大。この試合からキャプテンの小西が復帰するため一体感を持ったゲーム展開で勝利をものにしたい。
 
 チャンスはいきなり訪れた。1P2分に相手ペナルティでPPとし、数的優位に立つがミスも目立ちなかなかゴールが遠い。ミスからこぼれたパックをインターセプトされ、PP中の4分に先制ゴールを許す。そのゴールからは早大の時間が長く続いた。12分に古川のインターセプトからのビッグゲインで相手ペナルティを誘発し、2度目のPPとするもやはり決めきれず、1点ビハインドで1Pを終える。
 
 2P開始早々、ペナルティによるKPなど1Pに続いてディフェンスの時間が長くなるもGK中島が追加点を許さない。法大にとって厳しい時間が続く中、敵陣に攻め込むと土屋のアシストで土田が同点ゴール叩き込む。その後、アタックにテンポが出ると相手ペナルティで3度目のPPのチャンスが訪れるが相手ゴールは遠く、勢いを止めてしまう。その後早大に追加点を許しまたしてもビハインドとなる。その後KPのピンチを招くも中島の好セーブや積極的なディフェンスでゴールを許さない。すると2P終了間際、残り3秒で古川が大学初ゴールを決め、同点とした。
 
 3Pは開始早々早大のゴールを許すと、焦りを見せた法大のアタックにテンポが出てくる。これまでと打って変わって敵陣でのプレーが増え、積極的なアタックが増える。パックをキープする時間が増え多くのシュートを放つもゴールネットを揺らすことは出来ず、2-3で惜敗となった。
 
 今日から3連戦となるため、明日以降も試合は続くが目標の決勝リーグに進むためには負けられない試合が続く。(岡田一希)

フォトギャラリー

    • goalkimerare R中島はゴールを守ったがあと一歩及ばなかった
    • tabata R松井に代わりACを務めた田畑
    • furukawagoal R大学初ゴールを決めた古川
    • tutidagoal Rゴールを決め喜びを見せる土田
    • nitaya01 R多くのシュートを放った新田谷
    • tutiyashoot Rアシストを決めた土屋

 
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み