準硬式野球

【準硬式野球】第68回全日本選手権直前取材第3弾!日本一へのカギを握る3年生!

2016年8月7日(日)
法政大学多摩グラウンド

 ついに開幕の第68回全日本大学準硬式野球選手権大会(全日本)。そこで、21日に運命の初戦を迎える法大戦士たちに現在のチーム状況などお話を伺った。
 第三弾はチームの原動力となる選手が多い3年生から栗田和憲(社3)、萩原幹斗(社3)、藤口帝(社3)。勝敗を分けるであろうキーマンたちの言葉に注目だ。

0X0A1368 R
「本間監督を男にしたい」と力強く語った藤口。

3年生インタビュー

ー全日本が目前に迫ってきたが今の気持ちは
萩原:今年にかけている部分はあります。意気込みは半端ないです。
藤口:高ぶっています。
栗田:まずはレギュラーを取りたいです。

ーチームの雰囲気はどんな感じですか
萩原:絶好調です。
藤口:3年生がいい感じで引っ張っていると思います。
栗田:自分のできることをやっていければいいと思っています。

ーテスト等がありましたがうまく調整はできましたか
萩原:テストと野球っていうのはしっかり分けて考えています。テストに集中するときは集中する、テストが終わったら野球に集中する。自分の中で切り替えはうまくできていると思います。
藤口:テスト良くできました(笑)

ー個人の調子はいかがですか
萩原:リーグ戦と変わらず調子をキープしたいですね。全日本だからと気負うこともない。いつも通りでいけると思います。
藤口:自分の調子どうこうではなくチームに貢献したいです。
栗田:チームについていくのが精一杯なので僕のせいで負けないようにしたいです(笑)。

ー色紙に書いた想いについては 
萩原:去年は悪夢がありました。去年と同じことをしたくないという思いが色紙に形として出ましたね。
藤口:本間監督が一生懸命指導してくださっているので、男にしたいと思って書きました。
栗田:メンタルをやられてボールを投げられなくなるという事態が起こるので、心を動かさずにやっていければ良いと思います。

ー全日本への意気込みをお願いします
萩原:ベスト8の壁とか言われていますけど、全国制覇したいと思っています。 
藤口:このチームの最大の力が出せれば優勝できると思います。力を合わせて優勝目指して頑張りたいです。
栗田:新チーム始まってから全国制覇を目標にやってきました。今年ならいけると思います。

 (取材:増田卓巳)
 

栗田和憲

社会学部3年
静岡県・掛川西高校出身。捕手。
1年生の時からレギュラーの座をつかみ取った同期が多い中、今春からスタメンマスクをかぶり始めた。そのポジションを確実にするべく激しいポジション争いを繰り広げている。魅力は力強いスイングから生まれる打撃。今春は本塁打も放っており、そのパワーを存分に示している。
春季リーグ戦成績:打率.195 打数41 安打8 打点4 四死球4 盗塁1

萩原幹斗

社会学部3年
兵庫県・報徳学園高校出身。内野手。
持ち前のガッツと打撃センスが魅力の、法大が誇るリードオフマン。力強いスイングからは次々にヒットが生まれ、現在31試合連続安打中。2季連続でリーグ最多安打を記録しており、いまや六大学を代表するヒットメーカーだ。全日本でもそのバットから法大の勝利を切り拓く。
春季リーグ戦成績:打率.418 打数55 安打23 打点14 四死球5 盗塁10
受賞歴:ベストナイン(平27秋・平28春)

藤口帝

社会学部3年
石川県・遊学館高校出身。内野手。
巧みな打撃、華麗な守備、俊足が光る走塁。全てをハイレベルにこなす技巧派二塁手。バント等の小技はもちろん、長打も打てるバッティングは法大の戦術に多彩さを生み出す。ベストナインも3季連続で獲得しており、高いレベルで安定した活躍が可能だ。
春季リーグ戦成績:打率.362 打数47 安打17 打点8 四死球6 盗塁2
受賞歴:ベストナイン(平27春・平27秋・平28春)、新人戦最優秀選手賞

フォトギャラリー

  • 0X0A1368 R「本間監督を男にしたい」と力強く語った藤口
  • 0X0A1363 R萩原はチーム一、昨年の雪辱に燃えているといっても過言ではない
  • 0X0A1365 Rぶれないメンタルの重要性を口にした栗田

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み