準硬式野球

【準硬式野球】第68回全日本選手権直前取材第4弾!法大の将来も担う若きホープ、2年生!

2016年8月7日(日)、19日(金)
法政大学多摩グラウンド、仙台市民球場

 ついに開幕の第68回全日本大学準硬式野球選手権大会(全日本)。そこで、21日に運命の初戦を迎える法大戦士たちに現在のチーム状況などお話を伺った。
 第四弾は竹内悠(社2)、藤江廣祐(社2)、三品勇人(社2)の2年生3人。上級生主体のチームながら、下級生で活躍を続ける3選手。全日本初出場へ、熱い思いを語った。

0X0A1359 R
大舞台で「自分を出していきたい」と語った三品

2年生インタビュー

ーいよいよ開幕ですね
三品:試合に出る一員としてチームの力になれたらいいなと思っています。
藤江:初めての全日本なので、チームの力になれるように頑張ります。
竹内:しっかり試合に出る準備をして、勝ちに貢献できるように頑張ります。
 
ーチームと個人の状態は
三品:チーム的には合宿も終わっていい感じに全員が動けているのかなと思います。個人的にもそこそこに調子を上げていって、試合は気合で頑張ります。
藤江:調子はあまり良くないんですけど、チームの調子は上がっているのでそこに引っ張ってもらって上げていきたいと思います。
竹内:合宿を終えてからいい感じに来ていると思いますし、この調子で大会に臨めたらなと思います。  
 
ー六大学春季リーグ戦を振り返って、良かった点と悪かった点は
竹内:個人的に良かったと思う点はあまりなかったんですけど、試合の終盤で緊迫した場面である程度自分の投球ができたので、そこは良かったと思います。悪かった点としては、自分のせいで負ける試合があったので、負けないような投球ができればいいなと思います。
藤江:良かった点はリーグ戦を1試合フルで出れたことで、悪かったところはバッティングですね。
三品:良かった点としてはバッティングの面でチャンスで結果を残せたことで、悪かった点はリーグ戦終盤で調子がいまいち上がらなかったことですね。  
 
ー法大は3年連続ベスト8止まりですが
竹内:すごいレベルの高い試合になると思いますし、ミスが許されないような試合になると思うので、しっかり緊張感をもって一試合をやっていければ結果を出せるのかなと思います。  
 
ーそれぞれ色紙に込めた意味は
三品:これは「が」という意味で、いい意味で自分というものを出していければいいなと思ってこの字にしました。
藤江:控えに回ることが多くなるので、出ている選手をしっかり準備してプレーできる環境を作るっていう意味でこれにしました。
竹内:チームの目標が全国制覇なので、それを目標に、達成できるようにこの字にしました。  
 
ー最後に意気込みを
三人:優勝します!
 
(取材:橋爪優典)
 

竹内悠

社会学部2年
茨城県・藤代高校出身。投手。
右投手が多い法大にあって、チームに変化をもたらすサウスポー。春季はリリーフとして厳しい局面で登板し、指揮官からの高い評価をうかがわせた。その中でも2勝を挙げ、チームの優勝に貢献。きれいなフォームからの投球は緩急を織り交ぜ、打者を手玉に取っていく。次世代エースとしての活躍に期待だ。
春季リーグ戦成績:3試合 2勝1敗 投球回数9 被安打12 奪三振4 四死球4 防御率3.00

藤江廣祐

社会学部2年
東京都・法政高校出身。捕手。
いまだスタメンマスクの座が確約されていない法大で、その座に近いとされている2年生捕手。キャッチャーとしての素質が非常に高く、特に送球が魅力。高い身長から鋭く投じられたボールは、走者の盗塁を許さない。上級生が多い投手陣を華麗にリードして、勝利に導くことはできるか。
春季リーグ戦成績:打率.200 打数10 安打2 打点1 四死球1 盗塁1

三品勇人

社会学部2年
兵庫県・報徳学園高校出身。内野手。
今春からレギュラーポジションを掴み取った若き遊撃手。長くチームの主力を張ってきた橘廉(平27年度卒)の穴をすぐさま埋めてみせた。華麗な守備に加え、打撃ではアベレージを残すこともでき、いまやチームに欠かせない存在となっている。今春の新人戦ではキャプテンも務め、声でプレーでチームを引っ張った。
春季リーグ戦成績:打率.342 打数38 安打13 打点5 四死球6 盗塁3

フォトギャラリー

  • 0X0A1359 R大舞台で「自分を出していきたい」と語った三品
  • 0X0A1393 R連戦となる試合では竹内らリリーフ陣の活躍も欠かせない
  • 0X0A1395 R藤江は投手陣、そしてチームの日本一を「支」えられるか

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み