準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対立大1回戦 今季最終カードは白星発進!エース末次が1失点完投勝利を挙げる

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対立大1回戦
2016年10月22日(土)
法政大学多摩グラウンド

 ここまで勝ち点1と4季ぶりのBクラスが決まってしまっている法大。それでも同率タイで争う立大に勝利してリーグ4位を獲得するため、そして最終戦となる4年生に花道を作るためにも負けられない一戦となった。試合は1点を先制されるものの、その後末次慶一郎(社4)の好投で無失点に抑えていくと、大石智貴(経1)の2打点などで逆転を果たし、先勝を挙げた。

DSC 4503 R
自責点0で9回を投げ抜いた末次

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 1
法 大 0 0 0 0 1 1 1 0 × 3 7 2

(立大)●片山―榛葉
(法大)○末次(2勝2敗)―栗田

盗塁:甲本(4回)、大石(7回)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (4) 藤口帝(社3)  遊学館 4 0 0 0 .194
2 (8) 甲本裕次郎(社3)  鳴門 4 2 0 0 .342
3 (2) 栗田和憲(社3)  掛川西 4 1 0 0 .333
4 (9) 小野慶典(経4)  静岡 4 0 0 0 .133
5 (3) 永田直(経4)  桐蔭学園 3 0 0 0 .207
6 (7) 中村聖弥(経4)  藤代 3 2 0 0 .310
7 (6) 三品勇人(社2)  報徳学園 1 1 0 2 .321
8 (1) 末次慶一郎(社4)  佐賀北 0 0 0 0 .400
9 (5) 大石智貴(経1)  静岡 2 1 0 2 .176

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
末次 9 7 5 3 0 3.12

リーグ戦途中経過(10/22現在)

 慶大早大明大法大立大東大試合勝点勝率
―― ○○ ○○ ●○○ ○●○ ○○ 12 10 2 0 5 .833
●● ―― ○●○ ○○ ○○ ○○ 11 8 3 0 4 .727
●● ●○● ―― ●○○ △●○○ ○○ 14 7 6 1 3 .538
○●● ●● ○●● ―― ○○ 11 5 6 0 1 .455
●○● ●● △○●● ―― ○○ 12 4 7 1 1 .364
●● ●● ●● ●● ●● ―― 10 0 10 0 0 .000
 

戦評

 今季最後の1カード。法大先発のマウンドには末次慶一郎(社4)が上がった。この4年間で数々のタイトル受賞や2度のノーヒットノーラン達成など、まさにエースとしてチームを支え続けた末次。先発としての最終戦となるこの試合もまさにエースらしい投球を見せた。  

 3回、法大は最初のピンチを迎える。1死から9番片山、1番榛葉の連打、一塁手永田直(経4)のバント処理のミスで満塁とされた。打席には強打者の3番福田。福田の強烈な打球は左線際への適時打になるかと思われたが、ここで三塁手の大石智貴(経1)が打球を好捕。そのまま三塁走者も帰塁叶わず併殺でピンチを切り抜けた。
 それでも、先制を仕掛けたのは立大だった。両校無得点で迎えた4回。1死から4番阿部、5番大井に連打を浴び、栗田和憲(社3)の失策などで満塁とされると、8番三好のスクイズで先制点を奪われた。
 だが、このピンチも最小失点に抑えると迎えた5回。6番中村聖弥(経4)が反撃ののろしを上げた。中村も2度のタイトル受賞歴を持つ副主将。頼れる4年生がしぶとく左前安打で出塁すると、7番三品勇人(社2)の連打や9番大石の右犠飛などで同点に追いついた。6回、末次はこの日3度目となる満塁のピンチを迎えた。しかし、三品の好守などに助けられ、またも無失点に切り抜ける。すると、その裏。2死から相手のバッテリーミスで勝ち越しに成功すると、7回にも2死から9番大石にこの日2打点目となる適時打が飛びだし3点目。点差を2点に広げた。こうなると試合はいよいよ法大ペース。終盤、立大の代打攻勢も難なく抑え、末次は見事完投勝利を収めた。    

 随所で各学年から好プレーが飛び出したこの試合。4季ぶりのBクラスは確定してしまったが、今カードも来季のリーグ戦日程に関わる重要な一戦なのは間違いない。チームとしても最終戦を勝利で収め、4年生の花道を飾りたいところだ。(原口大輝)

 

選手コメント

末次慶一郎(完投勝利で4年間の集大成を見せる)

―今日の試合を振り返って
先制点を取られたり、毎回のようにランナーを出してしまって、野手には守備の時間が長くなって悪いなと思っていたんですけど、大石に助けられたりして、1点に抑えられたので良かったかなと思います。  

―1失点で完投勝利を挙げました
この秋リーグはなかなか先制点を取れずに、僕の方が粘り負けしてしまうという試合が続いていたので、今日も1点取られた時も同じような展開が頭の中によぎったんですけど、なんとか踏ん張れて良かったです。  

―この試合は末次選手にとってラストになるかもしれないマウンドとなりましたが、どのような気持ちで試合に臨みましたか
4年間の締めくくりとしてビシッと決めたいという思いが強かったです。それで結果もついてきたので上出来かなと思っています。本当はゼロに抑えられれば良かったんですけど、悔いはないです。  

―チーム内で引退試合も行われたばかりですが、同期の4年生はどのような存在ですか
訳わからないやつばかりです(笑)。でも楽しかったですね。よく僕のことも気にかけてくれるやつらですし、野球もその他もスムーズにやれたので、本当に感謝しています。  

―この部での4年間を振り返っていかがですか
波乱万丈でしたね。毎年、スタートの時にけがをしたりして、なかなかうまくいかなかったので。それでも、毎年のように全国大会に連れていってもらったり、今日の試合みたいにみんなが助けてくれてたくさんタイトルも獲ることができたので、みんなに感謝していますし、4年間でうれしいことの一つです。

 

中村聖弥(打撃好調を維持して、学生生活最後の試合へ)

―4年生の最終戦となる試合での勝利
本当に小学校から続けてきた野球がこのカードで終わるということもあって、気合を入れてやりました。勝てたので良かったです。  

―逆転勝ちの展開で雰囲気も良かったのでは
今までこういう勝ち方はしてなかったので、来年の藤口たちの代にも良い影響が出るのではないかと思います。  

―来年以降という意味では後輩の活躍も見られました
(4回のファインプレーについて)三品は淡々とやる感じなので、あのような大きいプレーが出るのは分かるんですけど、(3回の併殺について)大石はビクビクしていて、そういうタマじゃないと思っていたので、プレッシャーをかける訳ではないですけど、もっと頑張ってほしいですね。  

―中村選手もマルチ安打と好調ですね
僕はもう終わりなんで(笑)。でも、最後良い結果をもう一回残して終わりたいですね。  

―Bクラスは確定してしまいましたが、最後の勝ち点についてはどのようにお考えですか
来年のリーグ戦を考えると4位の方が優位な日程になると思うので、4位になれるように頑張りたいです。  

―明日に向けて
悔いが残らないように一生懸命頑張ります。

 

大石智貴(犠飛、適時打で2打点を挙げる)

―今日の試合を振り返って
とりあえず勝ててよかったです。

―2打点でチームの勝利に大きく貢献しましたね
前の打者の方たちがチャンスで自分に回してくれたので、そのチャンスをものにできてよかったと思います。

―自分で決める、という意識はあったのでしょうか
打てて返せればいいですし、後ろにもいい打者がたくさんいるのでつなごうという意識で打席に立ちました。

―秋リーグ残りわずかとなったが今後に向けて
結果を出してまた勝ちに貢献できればいいと思います。

―4年生と共に戦うのもあと少し、4年生の先輩に向けて一言
1年間お世話になったのでしっかりと恩返しをしたいです。

―思い出などはありますか
小野さんが「気楽にやればいいよ」と春にアドバイスをしてくださり気持ちが楽になりました。

―来年以降の意気込み
内野のレギュラーは固まっているのでそこに食い込める選手になっていきたいです。

 

フォトギャラリー

  • DSC 4503 R自責点0で9回を投げ抜いた末次
  • DSC 4391 R大石は犠飛と適時打で2打点を記録
  • DSC 4126 R中村はこの試合も2安打を放ち、リーグ戦終盤にかけ調子を上げている
  • DSC 4277 R捕逸の間にホームに滑り込み、決勝点を挙げた甲本
  • DSC 4037 R甲本はマルチ安打も放ち、チーム内(規定打率到達者)でトップの打率をたたき出している
  • DSC 4245 R栗田の打撃力はチームにとって重要な武器となっている
  • DSC 4114 R藤口は安定した守備で末次の好投を援護した
  • DSC 3982 R3回、好守でピンチを救った大石をねぎらう末次
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み