準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対慶大2回戦 法大の底力を発揮! 終盤での逆転劇で勝ち点5“完全優勝”に望みをつなげる!

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 対慶大2回戦
2017年4月16日(日)
早大東伏見グラウンド

昨日、慶大の前に散発4安打に抑えられた法大は、序盤から追いかける苦しい展開ながらも、相手の守乱にも助けられ逆転し今季初勝利を挙げた。先発の竹内悠(社3)は、2回に失点するも、粘り強い投球で7回を2失点。竹内の後を継いだリーグ初登板の尾崎海晴(社1)も快投を披露し、失点を許さなかった。明日の第3戦で勝ち点の行方が決まる。

DSC 4782 R
ここから本領発揮となるか

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 7 2
法 大 0 0 1 0 0 2 0 0 × 3 3 1

(慶大)●竹原、神田―有賀
(法大)〇竹内、尾崎―栗田

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (5) 萩原幹斗(社4) 報徳学園 3 0 0 1
2 (8) 甲本裕次郎(社4) 鳴門 2 0 0 2
3 (4) 藤口帝(社4) 遊学館 4 0 1 0
4 (2) 栗田和憲(社4) 掛川西 3 0 0 1
5 (9) 石橋優一郎(法3) 徳島北 4 1 0 0
6 (7) 鳴川宗志(社3) 鳴門 3 0 0 0
7 (3) 佐々木勇哉(社3) 花巻東 2 0 0 1
  3 宮原賢悟(スポ4) 川和 0 0 0  0
8 (6) 大石智貴(社3) 静岡 3 2 0 0
9 (1) 竹内悠(社3) 藤代 0 0 0 0
  PH 土倉徳(社2) 遊学館 1 0 0 0
  1  尾崎海晴(社1) 鳴門 0 0 0 0

二塁打:石橋(3回)

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
竹内 7 6 7 3 2
尾崎 2 1 0 1 0
 

戦評

 昨日負けたことで、勝ち点を取るためには何としても負けられない今日の慶大戦。まずは1勝し、明日につなげたいところだ。

 先発の竹内は初回を無失点で凌いだが、2回、慶大打線に捕まる。先頭打者に安打されると盗塁を許してしまい、得点圏に走者を進めてしまう。1死を取った後、7番・城下に二塁打を打たれ、昨日に引き続き先制点を献上してしまう。また、9番・竹原にもセンター前に弾き返され、この回2点を先制された。

 しかし、法大打線も黙ってはいない。3回に、先頭の8番・大石が安打で出塁すると、続く竹内が犠打、さらには1番・萩原が四球を選ぶ。その後、2番・甲本の場面で重盗を仕掛け、これが成功する。そして、甲本のセカンドゴロの間に1点を返し、1-2となる。

DSC 4484 R
尻上がりに調子を上げ、試合を作った竹内

 4回、5回と両チーム得点が無いまま迎えた6回、法大に逆転の好機が訪れる。この回先頭の甲本が出塁し、続く藤口の場面でヒットエンドラン。打球は二塁手の正面だったが、二塁手・城下が野選。さらに4番・栗田が四球で無死満塁のチャンスを作る。5番・石橋は一塁へのゴロで倒れたものの、6番・鳴川の左翼への飛球が相手のミスを誘い、同点に追いつく。さらには、相手の捕逸の間に逆転に成功。3-2と試合をひっくり返した。

 先発の竹内は7回をきっちりと締め、8回から初登板の尾崎にマウンドを託す。すると、初登板とは思えないほど落ち着いたマウンドさばきで、8回、9回と難なく抑え、昨日負けた慶大にリベンジを果たした。

 昨日とは変わって、チャンスをものにした法大。今日の流れに乗って、勝ち点奪取へ、明日も勝つことだけに集中したい。(相原将太)

選手コメント

竹内悠(自らの投球で今季自身初勝利とともに、チームも初勝利に導く)

ー今日の試合を振り返って
勝ててよかったです。とにかく勝ててよかったです。

ー調子はよかったですか?
そこまで悪くはなかったです。内容より結果にこだわって、点を取られないように意識して投げられたのでよかったかな、と思います。

ーシーズン前の調整はどのようなことをされましたか
変化球を磨くことを意識してこの冬やってきたので、球種を増やしたり変化球の制度を上げたりするようにしました。そこの課題はうまくクリアできたかなと思っています。

ー来週以降もチームの軸として期待されると思いますが
室木さんという目標の先輩がいるので、近づけるように投げる機会があれば一戦一戦頑張っていきたいと思います。

ー今後に向けて一言をお願いします
勝ちにつながるようなピッチングをしていきたいです。

尾崎海晴(慶大打線を圧倒し、2回無失点)

―今日のピッチングを振り返って
8回は三者凡退で抑えることができたことはよかったですが、9回の先頭打者を死球で出塁させてしまったことは反省しなければならないです。

―リーグ戦初登板ということで緊張はありましたか?
緊張はあまりしなかったですが、力んでしまった場面があったので、次の試合では修正したいと思います。

―9回の先頭打者は死球で出してしまいましたが、その後の打者に対して落ち着いて投げられましたか?
落ち着いて投げることができたので良かったと思いました。

―今後のリーグ戦の抱負は
今後は落ちる球も使いながら、空振りをとることで打ち取ることができればより良いと思います。 

フォトギャラリー

  • DSC 4782 R勝利への執念を見せた法大ナイン
  • DSC 4422 R竹内は力投を続け、援護を待った
  • DSC 4508 R石橋は細身ながらパンチ力が魅力
  • DSC 4577 R甲本の二ゴロの間に1点を返した
  • DSC 4647 R大石は今季初スタメンで2安打とアピール
  • DSC 4707 R藤口の右打ちが好機を広げた
  • DSC 4684 R捕手・栗田が二盗を刺殺
  • DSC 4904 R尾崎はリーグ戦初登板ながら、2回をシャットアウト
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み