準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 優勝コメント集 監督編 〜本間隆洋監督〜

東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 
2018年5月27日(日)
早大東伏見グラウンド

圧倒的な強さで、2季連続47度目のリーグ優勝を果たした法大準硬式野球部。今日から、その監督、選手たちの喜びの声をお届けする。第1回目は、長年法大を指導してきた名将本間隆洋監督だ。

honmatakahiro
第1回目は、本間隆洋監督だ

監督インタビュー

本間隆洋監督

―リーグ戦全体を振り返って
今季は、学年が代わっての優勝ということで価値ある優勝だということを学生にはミーティングで伝えましたね。やはり鳴川を中心に4年生が戦力ダウンと言われているなかで、よくここまでチームを作ってくれて本当に学生に感謝というシーズンでしたね。

―監督も今年は当初、「弱い」と毎回おっしゃっている印象がありました
本当に弱かったので(笑)。

―それでも日に日に強くなっていった印象があります
今年は、ないない尽くしでスタートをしたということがあったので、私よりも鳴川であり、三品といった学生幹部が本当に頭を使って戦力を絞り出してくれた、作り上げてくれたというチームであり、シーズンだったと思います。

―選手からも昨年以上に練習量が増えたというお話がありました
練習量というより、取り組み方ですね。メニュー自体は大幅に変えていないのですが一つ一つの取り組み方は真摯な姿勢で取り組んで集中してできたと思います。

―優勝できた大きな要因
投手陣だと竹内、それから忘れちゃいけないのが乘松の成長ですね。今日の試合のリードとかも見ていて大きかったですね。それと野手陣の中だと引っ張ったのは鳴川ですね。大きかったです。主将としての働きも大変だったと思いますが、選手として実際に数字を残すと。これは、やはり並大抵のことではなかったのかなという風に、考えてますね。

―鳴川選手は、選手個々と相談しながら色々やっていたと聞きました
そうですね、とにかく考えてアイデアをこっちに出すようにと。鳴川とはミーティングもするのですが、ある程度去年よりも選手間でのミーティングが増えた分、意志疎通というのが深掘りできたというのがあったと思います。

―今季は、特に挨拶だとか礼儀など細かい所まで気を配っているように思えました
細かくこっちも言いましたね。とにかく大雑把なチームだと、ただでさえ戦力が落ちているのに際の部分をきちっとやらないとダメですよね。際の部分を大切にできるチームにまだまだ甘いのですが全日本に向けても言い続けることは同じで、些細なことでも拾い上げられるチームを作られれば一段、二段上に行けるのかなと思います。

―リーグ戦の中で、大きかった試合は
明治大学との優勝を決めた雨のなかでの試合ですね。あの試合です(笑)。あそこは、うちの尾崎も相手打線に押し込まれた中で優勝を決められたのは、ああいう天候の中、ああいうコンディションの中っていうのを含めて自分の中では色んな意味で大きな試合でしたね。

―全日に向けて課題を挙げるとすれば
難しいのですが、試合を作れる投手を作ることですね。完投できる投手がいないんですよね。組み合わせによっては5連戦、シードになっても4連戦という中で、正直言うと完投して試合を作ってくれる投手が必要ですね。今日、学生コーチの松田とも話していて、そこは宿題だなと話しました。後は、トーナメント戦になるので第2戦がないということを考えるとディフェンス面をもう一回見直しだなと思ってます。チーム全体の底上げという意味では、やはりディフェンス面ですね。

―今季は裏方の人たちが、よく働いていたと思います
そうですね、学生コーチを正式にベンチに入れまして投手陣は松田、下級生なのですが内田をベンチに入れまして、やはり自分1人で回すというのは無理なので色んなアイデアを出してもらうという意味では助かりました。学生コーチの貢献度ってのは、やはり今年のチームの戦績を語る上では大きかったと思います。助かりました。

―全日まではどういった練習プランを考えていますか
閉会式後は、10日くらいオフは与えて6月の後半からオープン戦に入りますので7月は試験とかがありますが、8月の下旬まで一気に仕上げていくようにしたいと思います。詰め込むところは詰め込んで、とにかく無理が利くようなチームにしていきたいなと思います。

―全日に向けて
うちもしばらく優勝からは、遠ざかっていますが何がなんでも日本一を持って帰ると。それから東京六大学の代表ということで、六大学のチームって違うんだというのを見せたいと思います。そして東京六大学イコール、最後に強いのは法政大学だというのを全国に見せつけて選手全員で喜びたいなと思います。

 

 

フォトギャラリー

  • honmatakahiro第1回目は、本間隆洋監督だ
  • kanntoku頻りに声を掛けていた
  • koubann立大2回戦にて
  • maunndo立大3回戦にて
 

 

 

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 45

定期購読の申込み