準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早大2回戦 手痛い一発 早大相手に投打がかみ合わず敗戦 今季初黒星を喫する

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対早大2回戦
2018年9月17日(月)
法大多摩グラウンド

第1戦を勝利し迎えた早大2回戦。今試合は、早大が前日の試合の雪辱を晴らすかのように序盤の先制攻撃で試合を決めた。2回に適時三塁打で先制すると、3回には2死満塁から超特大の本塁打を左翼スタンドにたたき込み3回までに5得点。一方、打線も早大の投手陣の前にを1点を取るのがやっとで完全に沈黙した。

honnruida
追加点となる満塁本塁打を浴びるなど、初黒星を喫した

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 1 4 0 0 0 0 0 0 5 9 1
法 大 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 5 0

(法大)●石橋錬、西村−乘松
(早大)○久郷、前田−吉田

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (8) 大石悠月(経2) 静岡 4 1 0 0
2 (6) 大石智貴(経3) 静岡 3 2 0 1
3 (7) 鳴川宗志(社4) 鳴門 4 0 0 0
4 (9) 石橋優一郎(法4) 徳島北 4 2 0 0
5 (5) 江間大賀(スポ4) 法政 3 0 0 0
  PH 鎌田航平(社2) 鳴門 1 0 0 0
6 (3) 岸祐介(スポ4) 法政 1 0 0 0
  PH3 土倉徳(社3) 遊学館 2 1 0 1
7 (2) 乘松幹太(現3) 新田 2 0 1 0
8 (1) 石橋錬(社1) 遊学館 1 0 0 0
  PH 三輪達也(社4) 桐蔭学園 1 0 0 0
  1 西村勇輝(経1) 日本文理 1 0 0 0
9 (4) 三品勇人(社4) 報徳学園 2 0 0 1
盗塁:大石智(8回)
 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
石橋錬 5 8 3 1 5
西村 4 1 3 1 0

 

戦評

 第1戦は、尾崎海晴(社2)の好投もあり完封で勝利し連勝での早大戦、勝ち点奪取が期待された。しかし、序盤からこの試合で負けられない早大打線が先発石橋錬(社1)に襲いかかる。2回表、早大6番吉田龍平に安打を許すと7番池澤一真に右中間への適時三塁打を打たれて早々と早大が先制。そして続く3回表には、連打などを浴び2死満塁とされ迎えるは5番徳島有樹。鋭いスイングで振り抜かれた打球は大きな放物線を描いて左翼スタンドに。これが満塁本塁打となって、序盤から大量5点のリードを奪われてしまう。
 一方、援護したい法大打線だが早大先発の左腕、久郷太雅の前になかなか得点圏にすら走者を進めることができない。それでも迎えた5回裏、4番石橋優一郎(法4)が中前安打で出塁する。1死二塁となり、ここで代打土倉徳(社3)が監督の起用に応える左前安打で1死一塁三塁に。続く、乘松幹太(現3)が中堅の正面を突くライナー性の当たりを放ち、これが犠牲飛となって1点を返した。
 しかし、法大の反撃もここまで。6回からは石橋錬に代わった西村勇輝(経1)が4回を無失点に抑えるロングリリーフで味方打線に反撃の流れを作るも、早大の継投策の前に全く歯が立たず、気付けば最終回へ。最後は土倉が三ゴロに倒れて今季初黒星を喫した。

 (記事:具志保志人・写真:梅原早紀、磯田健太郎)

監督・選手インタビュー

本間隆洋監督

―今日の試合を振り返って
今日は、溜めて一発で決まっちゃったという本当に分かりやすい試合で、うちの打線が予想以上に振れていなかった、結果が出なかったっていう感じで、こういう試合もあるかなって感じです。
 
―先発の石橋錬投手について
今の投手陣の中では、信頼できる投手ってことで、あえて先発に使ってますので勝率10割でいければいいんですけど、そんな投手いないので、次につなげてくれればと思います。今日は、後を残さずにね。次に切り替えてやってほしいかなと思います。
 
―ここ4戦打線の調子について
打順も含め、打つ方が明らかにパワーダウンしているなと。この得点力をどうやってカバーしていくか、そこが重要なのかなっていう気がしますね。
 
―第1戦を投げて好投しました尾崎投手について
本人がどうしても先発に戻りたいっていう意志が感じられる投球で、あの投球を続けてくれればねっていうね。そういう気持ちが見えた投球内容でしたね。
 
―中堅手と三塁手でメンバーが固定できていないように思えます
そうですね、話戻りますけど攻撃力が薄いって事で、そこを全面に出してオーダーを組むのか、それとも守備力なのか。本当に絶対的な力があるチームではないので、私も迷いながらっていう厳しい状況ですね。
 
―全日を終えてから話したこと
特に大幅に何かをやっていこうってのはないですね。とにかく0に抑えようと言ってます。全日で中京大、九産大が決勝までいって双方それぞれ1点しか取られてないんですね。そういう中で、うちもできるんじゃないかなと。志を高く、少なくともこのリーグ戦の中でも投手を楽にするために援護してあげられればいいのですが苦しいですよね。だから点をやらないと、点をやらなければ負けないだろうと。そこは、もう一回見直しを図りたいなと思いますね。
 
―次に向けて
1敗した以上はね、選手に言ったのは勝ち点を取ればいいだけの話なのでね。逆に無敗を続けてると、これはこれで苦しいので、2勝1敗でいいじゃないかと、その分勝ち点を積み上げて最終的な目標の優勝をなんかとか達成したいなと思います。

 

西村勇輝(継投で被安打1無失点の好投を見せる!)

ー今日の試合を振り返って
僕が投げた時は6回からだったので、まだ逆転できるかなという感じでした。点数はこれ以上取られないようにしながら楽しく投げられたので良かったです。

ー今日は継投での起用でした
はい、元々決まっていました。

ー被安打1無失点の好投だったが
はい、そうですね。今日は良かったです。明日も多分投げる可能性があるので、明日につながるプレーができて良かったです。

ー気を付けていたこと
コースがバラバラにならないように、乘松さんが構えたところにしっかり投げられるように気をつけていました。いつもは(乘松さんから)特に焦らなくていいから思い切り投げて来い、と言われています。

ー今季から1年生投手陣が鍵となってくるが自身の役割は
そうですね、試合を任されることが多いのでしっかりと勝てるようにしたいです。

ー個人の目標は
投手が失点しなければ勝てると思うので、しっかり無失点で抑えたいです。

ー明日へ向けて一言お願いします
1勝1敗なのでしっかり明日勝って今回のカードを終えたいと思います。頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • honnruida追加点となる満塁本塁打を浴びるなど、初黒星を喫した
  • nisimura6回から好投を見せた西村
  • norimatu反撃となる犠牲飛を放った乘松
  • isibasiyu4番として好調を維持する石橋優
  • ooisiyuここ2試合リードオフマンとして起用されている大石悠
  • tutikura代打で安打を放ちアピールした土倉
  • ooisi大石智は、今日も安打を放った
  • isibasiren5失点と本来の力を出せなかった石橋錬 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 45

定期購読の申込み