準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対明大1回戦 4番佐々木、5番石橋優で5安打6打点!!中軸の活躍で血の法明戦、第1ラウンドは法大に軍配!!!

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対明大1回戦
2018年9月22日(土)
早大東伏見グラウンド

全日を終え、始まった秋季リーグ戦。関東王者の座を死守したい法大は永遠のライバル明大との一戦に臨んだ。序盤からスコアが動き、厳しい戦いが予想されたが、4打点をあげた石橋優や4番佐々木らの打撃陣や失点を重ねながらも粘り強く守りきる投手陣の活躍により、大事な「血の法明戦」のカード初戦を勝ち取った。

isibasi1
3安打4打点と大活躍の石橋優

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 2 0 0 0 0 2 0 0 4 6 0
法 大 2 0 1 0 2 0 0 1 0 6 9 1

(法大)○尾崎、西村−乘松
(明大)●高島、大南−武田

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (8) 大石悠月(社1) 静岡 2 0 0 2
2 (6) 大石智貴(経3) 静岡 2 0 0 1
3 (7) 鳴川宗志(社4) 鳴門 1 0 0 3
4 (3) 佐々木勇哉(社3) 花巻東 4 2 2 0
5 (9) 石橋優一郎(法4) 徳島北 4 3 4 0
6 (5) 鎌田航平(社2) 鳴門 2 1 0 1
  5 江間大賀(スポ4) 法政 1 0 0 0
7 (2) 乘松幹太(現3) 新田 2 1 0 1
8 (1) 尾崎海晴(社2) 鳴門 3 0 0 0
9 (4) 三品勇人(社4) 報徳学園 2 0 0 0
二塁打:石橋優(8回)
盗塁:鳴川(3回)佐々木(8回)
 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
尾崎 7 9 4 2 4
西村 2 0 0 1 0

戦評

 東大、早大と2カード連続での勝ち点奪取で迎えた明大との『血の法明戦』。今試合は、相手の粘り強さに負けず耐え続けての勝利だった。
 法大は、初回から前試合の勢いそのままに好機を作り出すと5番石橋優一郎(法4)が、中前に2点適時打を放ち早々と先制する。しかし、明大も黙ってはいない。法大が先制した直後の2回表、先頭が安打で出塁すると明大6番の小林遼が法大先発、尾崎海晴(社2)の球威のある球に振り負けず強振。これが、左翼手のはるか上を越える左越え2点本塁打となって同点に追い付かれてしまう。それでも法大は3回裏、2死二塁と走者を得点圏に置くと、またしても5番石橋優の左前適時打で勝ち越しに成功。さらに5回には、2点を追加して3点リードで後半へと入った。
 ここからは、我慢の展開へ。7回に3連打などで1死満塁のピンチを作ると、3番、4番の中軸に連打を許し2失点で1点差。なおも、1死満塁と同点、逆転のピンチに。それでも、左翼手鳴川宗志(社4)の好プレーもあって耐えしのいだ。さらに明大が8回、9回と反撃を見せてくるかに思えたが、尾崎に代わった西村の好リリーフに加え、8回裏には石橋優のこの日4打点目となる、だめ押しの適時打で、明大の息の根を止めた。

syuugou再三のピンチもチーム全員でしのいだ

 (記事・写真:具志保志人)

選手インタビュー

石橋優一郎(3安打4打点の大活躍!!)

―今日の試合を振り返って
東大、早大と勝ち点が取れたので、流れも良く打線もつながり良かった試合だったのかなと思います。

―ご自身は4打点の活躍でした
前の打者が好機を作ってくれて、僕が返しただけなので前の打者に感謝ですね。

―秋に入ってから好調のように思えます
合宿と全日を経て、経験値だったりとかバットを振り込んできたつもりだったので、その辺が秋につながってくるのかなと思います。

―春と比べて変えたこと
とにかく思いっきり振っていくことです。後は、球を良く見るということが春と変えたことです。

―試合後、監督とお話していることがよくあるかと思います
今日の試合の総評を話して、明日のスタメンとかについて言ってますね。

―今季は、佐々木選手が1番から4番になり石橋選手自身は4番から5番になりました
来年の4番打者というのも育っていって欲しいと思っていますし、どんどんチームも大石悠月であったり新メンバーも増えていっているので、来年の良い経験にして欲しいと思ってます。僕自身は、特に4番の時と変わらず、つなげていくことを春と変わらず心掛けています。

―明日に向けて
良い形で今日は、勝てたので明日も良い形で勝って、次の慶大戦、立大戦につなげていけたらなと思います。

 

佐々木勇哉(4番としての勝負強さを見せた2打点)

-今日を振り返って
接戦の大事な試合だったのですが、ものにできてよかったです。

-対明大初戦、どのようなことを考えたか
明大はすごく良いチームなので、いつも通り気合を入れて臨みました。

-5回の好機、打った球は
直球です。

-打席で意識したことは
四死球で走者が溜まったので直球でカウントを取りにくるだろう、という読みが当たりました。

-浅いカウントで勝負をかける、スイングする事が多いが
その意識はあります。

-1番打者を務めた昨季リーグ戦とは違い 今季リーグ戦では4番打者を務めるが、4番打者として意識することは
好機で打席が回る事が増え警戒されるので、意識して相手投手の決め球を狙ったり、チームの打者が打っていない球種に絞ったりしていますね。

-秋季リーグの目標は
4年生とともにプレーできる最後のリーグなので、優勝して関東リーグ王者をつかみたいです。

-今後に向けて
私生活にも気を抜かずに一戦ごとに大事に戦っていきたいですね。

 

フォトギャラリー

  • isibasi13安打4打点と大活躍の石橋優
  • sasaki4番にスタメン復帰し、結果を残した佐々木
  • ozaki先発尾崎は、試合を作ってチームに貢献
  • nidimura好リリーフを見せて前試合の借りを返した西村
  • honnruida一時は、本塁打を打たれ同点に
  • nsrukswa鳴川のファインプレーがチームを救った
  • kurosu明大に1点差まで詰め寄られる場面も
  • haittati優勝に向け、ベンチも盛り上がりを見せる

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 45

定期購読の申込み