準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対慶大1回戦 接戦を見せるも要所で『あと1本』が出ず...追い上げ虚しく痛恨の敗戦

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対慶大1回戦
2018年10月6日(土)
府中市民球場

勝ち点3を奪取し、単独首位で今季リーグ戦を折り返した法大。今カードは立大から勝ち点を奪い、勢いをつけた慶大との対戦。5回までわずか1安打と打線が沈黙するも、後半からは主将鳴川宗志(社4)ら4年生が適時打を放つなど追い上げを見せるも及ばず。手痛い敗戦となった。

DSC 0103 R
慶大に試合展開を終始譲ることとなった今ゲーム

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 2 0 0 0 0 1 0 0 3 7 1
法 大 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2 6 2

(法大)尾崎、●石橋錬、阿部、竹内–乘松
(慶大)◯村石、古澤–高野

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球打率
1 (8) 大石悠月(経2) 静岡 4 0 0 1 .280 
2 (6) 大石智貴(経3) 静岡 3 0 0 0 .296 
3 (7) 鳴川宗志(社4) 鳴門 3 1 1 1 .231
4 (3) 佐々木勇哉(社3) 花巻東 4 1 0 0 .500 
5 (9) 石橋優一郎(法4) 徳島北 4 0 0 0 .429 
6 (5) 鎌田航平(社2) 鳴門 4 0 0 0 .286 
7 (2) 乘松幹太(現3) 新田 3 1 0 1 .120 
8 (1) 尾崎海晴(社2) 鳴門 0 0 0 0 .154
  1 石橋錬(社1) 遊学館  0 0  0 .300 
  PH 堀皓貴(社3) 鳴門 1  0  0  1.00
  PH   土倉徳(社3)  遊学館  0  0  0 .273 
  (1) 阿部敏之(スポ2) 法政 ---
  1 竹内悠(社4) 藤代  ––-
9 (4) 三品勇人(社4) 報徳学園 3 2 1 1 .227 
二塁打:三品(3回)佐々木(8回)
 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
尾崎 2/3 0 3 2 0  1.29
石橋錬 6 1/3 5 0 0 3  2.36
阿部 1 2 0 1 0  0.00
竹内 1 0 2 0 0 3.50

 

 

戦評

 いざ頂点へ。勝ち点をより多く積み上げたい現在単独首位の法大は慶大とのカード初戦に臨んだ。府中市民球場で行われたこの一戦は、前日の雨でグラウンドがぐずつく中、波乱の展開を見せた。

 不安定になりがちな試合の立ち上がり、アクシデントが法大を襲う。先発を任されたのは、ここまで右の豪腕エースと呼んで遜色(そんしょく)ない活躍を見せている尾崎海晴(社2)。しかし、少し様子がおかしい。自慢の直球を唸らせるのではなく打ち取る投球で2死を稼ぐと、3番打者に死球。その後4番打者に5球を投げたところで緊急降板。何かしらのアクシデントを感じさせながらわずか12球でマウンドを去る。後を受けたのは石橋錬(社1)。ここは後続を打ち取り切り抜けるが、迎えた2回表。先頭打者に安打を許すと、犠打、四球を挟み1死一、二塁。ここで9番打者の投前犠打を処理した石橋錬が一塁へ悪送球し走者の生還を許す。その後も犠飛で1点を加えられ2点を先制される.

 早いうちに追いつきたい打線は5回まで副将三品勇人(社4)の安打のみに抑えられていたが、6回裏、四球で出塁した大石悠月(経2)を犠打で進め、3番鳴川宗示(社4)の中前適時打で1点を返す。その後7回表に再びリードを広げられるがその裏、2死から乘松幹太(現3)が四球を選び、代打堀皓貴(社3)の内野安打で好機を広げる。ここで打席には三品。「前カードの明大戦から手応えをつかんできた」と語るいぶし銀の放った打球は、中堅手の前に弾む適時打となり1点差に迫る。その後の8回表、9回表を阿部敏之(スポ2)、最上級生エース竹内悠(社4)らの投手陣をつぎ込んでしのぎ切り流れを引き寄せたかのように思えたが、好機であと一歩及ばず。接戦を落としカード初戦に黒星をつけた.

 1点差ゲームをものにできなかった。投手陣の柱に不安が見られた。結果だけを見るとネガティブだが、ポジティブな部分も見受けられた。特に終盤の粘りある攻撃は結果にはつながらなかったものの、スタメンの主力のみならずベンチの代打攻勢や代走要員の可能性を感じさせるものだった。また守備の局面でも、スクランブル登板となった石橋錬が試合を作り、阿部、竹内も流れを引き寄せる力投で投手陣の層の厚さをアピールしたかと思えば、ピンチでマウンドに集まった場面で笑顔がこぼれる一面もあるなど、精神面の状態にも不安を感じさせなかった。この敗戦を糧とした法大の次戦の勝利を願うばかりである。

(記事:磯田健太郎、写真:梅原早紀)

 

監督・選手インタビュー

三品勇人(3打数2安打と攻守において活躍)

ー今日の試合を振り返って
そうですね、接戦といえば接戦でしたが、負けてしまったので、負けは負けだと思います。

ー勝ち切れない印象を抱いた試合でしたが三品選手が思う敗因は
好機をものにすることは出来ていたと思いますが、全体的に今日は好機を作ることができた回数自体が少なかったように思いました。

ー3打数2安打と打撃は好調が見受けられるが
そうですね、前カードの明大戦から少しずつ手応えをつかんできました。今日も最初の打席で1本打てたので、そこから徐々に良い調子を保てていると思います。 ー終盤では好機の場面で出塁することが多いが 今日は四球で出塁は出来ました。普段意識していることはなるべく相手投手に球数を多く投げさせて次へつなぐということに気をつけています。

ー今季も守備の要として活躍が見受けられるが
守備は…特に意識していることはないですね。ただ飛んできた球を取るくらいです。いつもは打者のスイングを見て立ち位置を変えることは少し考えて守っています。 ー8回には1死満塁の場面で内野手陣でタイムを取っていたが話したことは 出来るだけ流れが悪かったら、断ち切りたいのでタイムを取っています。「頑張れ、気楽にいこう」という感じで声かけをしました。

ー明日へ向けて一言お願いします
明日負けてしまったら勝ち点を取られてしまうので、明日明後日で勝ち切りたいと思います。頑張ります!

 

乘松幹太(今試合も多彩な投手陣をリードした扇の要)

-今日の試合を振り返って
試合への入り方があまり良くなく、チーム全体が動けていない感覚はありました。また、試合の後半で粘って反撃することはできたのですが、要所であと1本が出せませんでした。そこが今のチームの弱さだと思います。

-慶大の印象は
細かい野球、正確な野球をやってくる印象です。

-タイプの違う投手をリードしたが、それぞれで意識したことは
石橋錬に関してはポーカーフェイスで制球が安定しているので、低めのボールは自分が止めるから思い切って投げ込んで来いと声をかけました。阿部は今日少し制球の不安からかマウンドで表情がかたかったので、投球を楽しませること、持ち味である直球を引き出せるように意識しましたね。竹内さんはいつも落ち着いて投げるので、ほとんどお任せしました。

-7回、8回のピンチでマウンドに集まったが、どのようなことを話したか
法大は二遊間の大石、三品さんを中心に守れるので、困ったらそこに打たせればなんとかなる、と言って少し笑いを取りました。守備の要点を確認したらあまりかたくならずに場を緩ませることを大切にしています。

-秋の目標は
ここまで打撃成績がボロボロなのですが、僕以外の選手が打って勝てている、かつ僕は下位打線なので、守備で失点を少しでも減らして、チームとしての結果を求めたいと思います。

 

フォトギャラリー


  • DSC 0016 R先発を務めた尾崎は1回を終えずして無念の降板

  • DSC 0049 R今季安定した投球を見せる石橋錬

  • DSC 0079 R6回には中前適時打を放った鳴川

  • DSC 0103 R慶大に終始試合展開を譲ることとなった

  • DSC 0160 R乘松は攻守ともにチームをけん引

  • DSC 0172 R3打数2安打と前カードから調子を上げている三品

  • DSC 0417 R1死満塁の場面を抑えきった阿部

  • DSC 0534 R竹内は最終回を三者凡退で抑える貫禄ある投球を見せた

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 45

定期購読の申込み