準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対立大2回戦 打ち砕かれた夢 一球の怖さに泣き法大が立大に惜敗 リーグ三連覇達成ならず

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対立大2回戦
2018年10月21日(日)
早大東伏見グラウンド

三連覇をかけた立大との第2戦。1回戦と同じく法大が主導権を握るかに思われたが、序盤から好機を潰し、5回に先制点を許してしまう。6回には逆転に成功するも、立大打線の粘りに屈し、最後はこれまで投手陣を支えた1年生石橋錬が勝ち越し本塁打を浴びて、敗戦。これで2位以下が確定となって、あまりにも悔しい惜敗となってしまった。 

syugou
痛い敗戦で三連覇の夢は途絶えた

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 8 1
立 大 0 0 0 0 1 1 1 0 0 3 7 0

(法大)西村、●石橋錬、竹内–乘松
(立大)○泰道、濱崎–木村一

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (8) 大石悠月(経2) 静岡 5 1 0 0
2 (6) 大石智貴(経3) 静岡 4 1 0 1
3 (7) 鳴川宗志(社4) 鳴門 5 0 0 0
4 (3) 石橋優一郎(法4) 徳島北 2 1 0 3
5 (9) 土倉徳(社3) 遊学館 3 0 0 0
6 (5) 三品勇人(社4) 報徳学園 4 1 1 0
7 (2) 乘松幹太(現3) 新田 4 0 0 0
8 (1) 西村勇輝(経1) 日本文理 3 3 0 0
  石橋錬(社1) 遊学館   - -  -  - 
  PH 堀皓貴(社3) 鳴門   1
   1 竹内悠(社4) 藤代   - -  -  - 
9 (5) 細木雄斗(社1) 報徳学園 4 2 1 0
二塁打:西村(2回)
盗塁:大石智(1回)石橋優(1回)三品(6回)
 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
西村 6 6 2 2 2
石橋錬 1 1 0 0 1
竹内 1 0 0 0 0

 

 

戦評

 9回表、2死走者なし。ツーストライクと追い込まれた4番石橋優一郎(社4)は最後の1球を見送ると、見逃し三振。試合終了の瞬間、思わず天を仰ぎ、悔しそうに整列へと向かった。

 1回戦を快勝し、迎えた2回戦。優勝をつかむには2連勝が絶対条件だった。『あと1勝』を目指した法大ナインは、先発西村勇輝(経1)の好投が光り、立大打線を4回まで1安打に抑える。しかし5回、先頭の上原和人に左中間二塁打で出塁を許すと、一ゴロで進塁し2死三塁のピンチに。9番泰道勇伊の難しい打球を三品勇人(社4)が食い止めるも、送球できず。先制を許した。しかし、6回に法大打線が動き出す。先頭の石橋優が四球で出塁すると、犠打や捕逸が絡み1死三塁に。6番三品の中前適時打で1点を返すと、一塁にいた三品がすかさず盗塁。加えて西村の内野安打で2死一、三塁となる。ここで昨日からスタメン出場を果たした9番細木雄斗(社1)が中前適時打で勝ち越しに成功する。

 7回からは石橋錬(社1)が登板。立ち上がりからテンポよく2つのアウトカウントを稼ぎ、迎えた3番今川大輔との対峙。7球目だった。バットの芯に当たった打球は右中間へ。この打球がソロ本塁打になり、快活にダイヤモンドをかけ巡る今川の一打が、敗戦の決定打となった。8回には最上級生エース竹内悠(社4)が立大打線を三者凡退に抑えるも、8、9回と打線が沈黙。『あと1勝』の果てに描いた優勝は、かなわなかった。

 試合終了後、しばらくグラウンドに座り込み、動くことができない選手たちの姿がすべてを物語っていた。それでも「大学でのプレーは最後になるので、笑顔で終わりたい」と4年生の三品が語ったように、最終戦は明日へと持ち越された。最後は、笑顔で終われるように。明日の最終戦へと挑む。

 (記事:梅原早紀・写真:具志保志人、磯田健太郎)

監督・選手インタビュー

本間隆洋監督

―今日の試合を振り返って
序盤の攻撃で何度か好機を潰してしまって、ずるずる自分たちの流れに持っていけなかったことが敗因だと思います。

―試合前からどういう気持ちで臨んでいましたか
試合前は、勝ったら優勝ということで気持ちも入っていたし、この試合に懸ける思いは強かったと思うのですが、試合の中で相手のベンチに雰囲気とかを合わせてしまったことが悪かったのかなと思います。

―一時は、逆転する場面もありました
今までは、粘り強さのなかった場面が少し見えてきたのかなっていう感じです。

―本塁打で勝ち越しを許した場面について
まぁ、石橋錬が打たれたのですが昨日も良い投球をしていたし、投手の責任ではないと思うので、これから頑張ってほしいです。

―明日に向けて
ここで明日の試合を放棄してしまうような感じではいけないので、主将としての最後の公式戦になると思うので、4年生含めて後輩たちをまとめていけるように試合に臨めたらと思います。

 

鳴川宗志(主将として三連覇に導けず)

―今日の試合を振り返って
序盤の攻撃で何度か好機を潰してしまって、ずるずる自分たちの流れに持っていけなかったことが敗因だと思います。

―試合前からどういう気持ちで臨んでいましたか
試合前は、勝ったら優勝ということで気持ちも入っていたし、この試合に懸ける思いは強かったと思うのですが、試合の中で相手のベンチに雰囲気とかを合わせてしまったことが悪かったのかなと思います。

―一時は、逆転する場面もありました
今までは、粘り強さのなかった場面が少し見えてきたのかなっていう感じです。

―本塁打で勝ち越しを許した場面について
まぁ、石橋錬が打たれたのですが昨日も良い投球をしていたし、投手の責任ではないと思うので、これから頑張ってほしいです。

―明日に向けて
ここで明日の試合を放棄してしまうような感じではいけないので、主将としての最後の公式戦になると思うので、4年生含めて後輩たちをまとめていけるように試合に臨めたらと思います。

 

三品勇人(持ち味の堅守で今試合もチームに貢献)

ー今日の試合を振り返って
投手陣がよく投げてくれたので、2点しか得点できなかった野手陣が(敗戦の)原因だと思います。

ー攻守ともに好ゲームだったが
そうですね、特に目立った失策はなく、こちらの内野も良い動きで守備に関しては非常に良かったと思います。打撃の面だとあと少しのところで走者を進められなかった場面は非常に勿体無かったと思います。

ー今季通してご自身の打撃の評価は
そうですね、春はあまり良くなかったので、昨秋ベストナインが取れた時の打率は超えたいと思っています。ですが少し厳しいので、前カードの慶大戦とこの試合は良かったですが(シーズン通して見ると)普通ですね。

ー守備の要として貢献しているが
守備は飛んできたらさばくだけなので(笑)。他大の二塁手に比べると少し深めの位置で構えているので、アウトにする範囲は広いという印象を(相手に)植え付けられていると思います。

ー今季優勝を逃したことについて
そうですね。最後優勝をして関東王座に行きたかったのですが、やはりそんなに簡単ではないなと思ってしまいました。

ー副将という立場からチームを見て
鳴川がしっかり引っ張っていてくれるので、鳴川が手の届かない部分を少し指摘して、2人で選手起用や練習内容は決めてきました。

ー最終回も次打者として控えていた選手に声をかけていたが
鎌田がネクストバッターサークルにいたので、2年生でまだ若いということもあって投手の特徴や、なんとかつないでくれ、という話をしに行きました。

ー明日の最終戦へ向けて一言お願いします
大学最後の試合になるので、優勝は消えてしまいましたが最後笑顔で終われるように頑張ります。

石橋錬(勝ち越し本塁打を浴びる)

―今日の試合を振り返って
結果的には打たれてしまいましたが、頑張って投げました。

―立大の印象は
よくバットを振ってくる選手が多い印象でした。

―勝てば優勝が決まる大事な試合、選手や監督と試合前に話したことは
とにかく勝とう、という話をしました。

―救援投手として登板することはいつ伝えられたか
試合中ですね。3回くらいだったと思います。

―試合の勝負を分けたポイントは
僕が打たれたこと、それだけです。

―新人戦、そして今後に向けて一言お願いします
負けない投手になりたいです。

  

フォトギャラリー

  • syugou痛い敗戦で三連覇の夢は途絶えた
  • isibasiren2痛恨の一発を浴びた石橋錬
  • isibaiyuこの一球が最後の球となった
  • hosoki細木は貴重な逆転打を放った
  • takeutiエース竹内(右)も最後には登板
  • nisimura投打に渡って活躍した西村
  • misina三品は同点打を中前へ
  • isibasirenここまで法大を支えてきた石橋錬
 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み