バレーボール

【バレー】2015年度秋季関東大学男子バレーボールリーグ1部2部入れ替え戦 対日大 熱戦制せず、2部降格…

2015年度秋季関東大学男子バレーボールリーグ1部2部入れ替え戦
2015年10月31日(土)
駒澤大学玉川キャンパス体育館

2015年度関東大学男子バレーボールリーグ1部2部入れ替え戦(入れ替え戦)の相手は2部2位の日大。豊富なアタッカー陣を揃え、2部を勝ち上がってきたチームだ。1セット目は硬さが見られた法大であったが、2セット目以降は粘りを発揮し、2,3セット目を連取。しかし、相手も勢いを盛り返し勝負はフルセットへともつれる。このセットを取り、残留を決めたい法大であったが、最後は相手に押し切られ敗戦。2年半ぶりに2部降格となった。

4
来季の2部降格が決まった法大

試合結果

トータル試合結果

2
法政大学
20 1セット 25 3
日本大学
25 2セット 19
27 3セット 25
30 4セット 32
12 5セット 15

法政大学スターティングメンバー

背番号選手名学部/学年ポジション
9 緒方賢史 法3 WS
2 小粥圭祐 営4 MB
3 千住治 営4 WS
14 榎本京祐 法2 WS
4 田中尚 法4 MB
1 長谷川優太 法4 S
19 小林慎平 営2 L
※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 
途中出場選手
背番号選手名学部/学年
6 進藤涼 文3
11 伊藤正義 法3
17 神谷翔 法2
25 渡邊和馬 文1
 
 

戦評

 第1セットは日大の得点で幕を開ける。日大は身長192㌢のエース郡浩也にボールを集め得点を重ねていく。対する法大は田中尚(法4)や榎本京祐(法2)を中心に攻撃を組み立て、試合を進めていく。リードを許したままの状態が続き、12-13の場面で試合が動く。日大に14点目を奪われるとそこから3連続失点。タイムアウトを挟み流れを断ち切るも、なかなか点差は縮まらず25点目を取られ、このセットを落とす。

 続く第2セット。榎本の相手レシーブを弾き飛ばす気迫のスパイクなどで、サイドアウトを取り合い序盤は進んでいく。中盤では連続失点を喫する場面もあったが、法大も得点を重ね食らい付く。ミスにも助けられ、終盤まできっ抗した展開が続く。18-18のシーンで小粥圭祐(営4)がスパイクをコートに叩き付けると、ブレイクが欲しい法大は粘りを見せる。相手のライトからのストレート側へのスパイクを見事に小林慎平(営2)が上げると、千住治(営4)が決め流れは法大に。その後もブロックカバーなどを拾い、一気に5連続得点。大きく突き放し最後は二段トスを田中が決め、2セット目を取り返した。

3
試合に臨む選手たち

 第3セット。セッターの長谷川優太(法4)は1,2セット目同様に田中を中心としゲームを組み立てる。レセプションも安定し持ち前のコンビバレーを発揮する。榎本のパイプ攻撃なども折交ぜ、終始リードした状態で終盤を迎える。このまま逃げ切りたい法大は、24-21でセットポイントを奪う。しかしここで、日大の郡にバックアタックを決められると3連続得点を奪われる。デュースに持ち込まれるも25-25で田中が一人時間差を決めると、最後は相手のミスで辛くもセットを連取した。
 
 第4セット。このセットを取れば残留が決定する法大は、千住、小林の安定したレセプションから確実に点を重ねていく。日大も豊富なアタッカー陣を駆使して攻めかかる。両者とも譲らずなかなか試合は動かない。中盤には3枚ブロックで相手のスパイクを2本連続で封じ流れを引き寄せようとするも、日大も粘りを見せる。
 そして、ついに試合が動く。22-20とリードしている場面で、3連続得点を許し一気に逆転される。ここで、濱口純一監督がタイムアウトを要求し立て直しを図る。タイムアウトあけは緒方賢史(法3)が1本で切ると今後は相手のミスにより、逆転に成功。セットポイントを奪う。しかし、日大の郡がエースの意地を見せる。スパイクを2本連続で決められ再び逆転を許す。その後は一進一退の攻防となって30-30に。31点目をエースの榎本に託すも放たれたボールは無情にもコートの外へ。セットポイントを握られる。デュースに持ち込みたいところだったが、叶わず。32点目を奪われ勝負はフルセットへと持ち越された。

2
得点を決め喜ぶ選手たち

 運命の第5セット。相手のミスが重なり、開始早々から3点のリードを奪う。このまま突き進みたい法大であったが、その前に日大のエース郡が立ちふさがる。郡の打点の高いジャンプサーブでレセプションを乱されると、切り返され郡にバックアタックを決められる。次のプレーではサービスエースを取られ、流れは日大へ。瞬く間に逆転される。タイムアウトを挟んで何とか同点に戻し、もう一度勢いを呼び込みたいところだが、このタイミングで日大の石井琢也が主将の意地見せた。レフトからのスパイクを立て続けに決め、隙を与えない。法大は完全に流れを明け渡し万事休す。最後はライトからのスパイクを決められ、その瞬間2部降格が決定した。

 この結果により2部降格を喫した法大。「何があるかわからない」(長谷川)入れ替え戦という独特の雰囲気の中、流れをつかむことはできず、4年にとっては最後となるリーグ戦で無念の結果となってしまった。残す大会はインカレのみ。この雪辱を何としても果たすべく、新たな戦いが始まる。(南高節)

監督・選手コメント

濱口純一 監督

-降格となってしまいましたが
リーグ戦を通しての課題であったスパイクの決定率が良くなかったです。相手は勢いのあるので、それに立ち向かっていったんですけど、結果が全てなのでここてなげやりにならずに基礎からやり直したいと思います。

-勝敗を分けたところは
ある程度粘ることができたのですが、こっちが決め切れなかったと思います。

-相手は13番の郡選手が中心となって攻撃を仕掛けてきましたが
クロスに打たせるということで、小林がレシーブに入るようにしましたけど、向こうのセッターもトス回しが良かったです。ただ、それよりもうちのサーブが弱かったところは良くなかったかなと。

-試合前の選手の心境は
入れ替え戦まで時間があったので、しっかり練習はやっていたのですが、ダメでしたね。

-試合中の選手の様子は
入れ替え戦は経験があるので分かっていますが、メンタル面の影響で半分以下の力になってしまうことがあるので、悔しいですね。

-リーグ戦よりはコンビが使えていたように思いますが
真ん中のクイックを使いながらいった方が良いと思ったのですが、結果にはつながらなかったですね。

-インカレまでに修正したい点は
気持ちの部分です。気持ちでいかに「やるぞ」という状態にするか、が僕の仕事だと思っているので、しっかりできれば良いなと思います。

長谷川優太 主将

―今の率直な気持ちを
チームのみんなに申し訳ないですね。

―今日の試合について
技術とかはあまり変わらなくて、気持ちの面でも負けてないと思うんですけど、僕自身入れ替え戦は2回目で流れというか、何があるかわからないなって感じでした。

―あと1本が遠い試合でしたが
そこで取りきれないのが1部で勝てなかった理由かなと思います。

―相手の日大について
エースが1人高いのがいるので、すごく警戒していたんですが、その人以外の選手にも自由にプレーさせてしまったなって感じです。

―リーグ終わってからの2週間はどのようなことを
コンビを中心にやってきました。

―試合前にチームで話したことは
絶対勝とうっていうことを話して試合に臨みました。

―残るは全日本インカレのみとなりましたが
悔いのないように頑張ります。

千住治 副将

―今日の試合を振り返って
結果が全てなので、負けたという事実を受け止めて全カレに臨みたいと思います。

―2部降格が決まってしまいました
後輩にすごく申し訳なく思っています。

―日大の印象は
1人エースがいて、時間差攻撃などを仕掛けてくるチームだと思っていたので、速攻をつぶして、相手のエースもつぶせれば勝てると思っていたんですが、それができず負けてしまいました。

―試合中のチームの雰囲気はいかがでしたか
最初は良かったんですが、第4セットを取り切れなかったことで、第5セットもやばいんじゃないかという雰囲気になってしまいました。

―第4セットをあと一歩のところで取り切ることができませんでした
夢中でやっていたので、あまり覚えていません。

―一番の敗因は
入れ替え戦ということに対して、気負いしてしまったことが一番の敗因だと思います。

―全カレに向けて意気込み
この結果を糧にして、いい結果を残したいと思います。

田中尚

―今のお気持ちを
悔しいです。もう、なんていうか、すごい落ち込みます。

―今日の試合を振り返って
4セット目がキーだったんじゃないかと思います。あそこで取っておけば良かったです。うちの焦りの気持ちというか、リードしていてこっちが優位なんですけどテンション的には負けている、という感じがありました。そこが勝ち切れなかった理由かなと思います。

―鍵だった4セット目が取れなかったことは、5セット目に響いたのでしょうか
5セット目も最初は勝っていたんですけど、やっぱり気持ちが弱かったんですかね。技術的な面でもうちの方が…とも思います。(法大は)みんなが自分以外の誰かが決めてくれるだろう、みたいな気持ちをどこかで持ってしまっている部分があって。勝ち気でやる、という気持ちが足りないかなと思いますね。

―田中選手は今日は強気のサーブでしたが
攻めるしかないなと思ったので。

―打数がかなり多かったですね
リーグの後半からずっとあんな感じです。僕がライト側にブロックを頑張って寄せているので、そこでレフト側からサイドの選手が決め切ってくれると、もう少し楽に試合が展開できるかなと思います。

―改めて2部降格について
2部に落ちてしまったのは、4年生として責任を感じています。でも後輩たちなら、頑張ってまた上がってくれるんじゃないかと思います。

小粥圭祐

ー試合の振り返り
負けたのが一番悔しくて…。来年から2部になっちゃうので、後輩に申し訳ない気持ちですね。

ー今の日大とは公式戦で初対戦となりましたが、その印象をお聞かせください
練習試合で何度かやってて、相手の癖とかもわかっていたんですけど、最後は気持ちで押し切られてしまいましたね。自分たちとしては、最後取り切れなかったことが一番悔やまれるところです。

ー4セット目であと一本が出ず、逆転負け。ここで流れが変わってしまったように思われました
しっかり決めなきゃいけないところを決めきれず、相手は逆にそこを拾ってきて、しっかり得点に結びつけてきたので…。その差が最後勝敗に大きく出たかなと思います。

ー相手に対してどのように対策をしましたか
相手の攻撃に対してしっかりブロックができるように、前衛と後衛でしっかり話し合ったりしました。それで、流れがいい時にブロックがかかったんですけど、中盤一本が欲しい時にでなかったのが自分としてはダメでしたね。そういう意味では、センターのポジションとしてやっぱり悔しいです。

ー入れ替え戦に向けて、最上級生としてどのようにチームを鼓舞しましたか
鼓舞というよりは、自分たち4年が4人出場しているので「しっかり自分たちで引っ張っていこう」という話を4年内でして、試合に臨みましたね。

ー全日本インカレが次に行われますが、どのように戦っていきたいですか
今回の試合でできなかった部分やまだまだ伸びしろがある部分が自分の中にありました。加えて、チームとしても欠点が見えてきたので、そういう部分を残り1ヶ月と少ないですけど改善していけたらいいなと思います。

ー最後に、具体的にどのように欠点を改善していきたいですか
(相手が)ブロックでワンタッチをかけてからの切り返しが改善点です。そこで一本取れるか取れないかによって試合を大きく左右するので。今日は、ブロックからの一本とか相手の攻撃をレシーブしてからの一本がうまく切れなかったところで、まだまだ弱いかなと思いました。そこをしっかりと改善していきたいですね。

フォトギャラリー

  • 4来季の2部降格が決まった法大
  • 8今シーズンは苦しい戦いが続いた主将の長谷川
  • 10高い決定率を誇った榎本
  • 6抜群のコンビネーションで得点を量産した田中㊨とセッター長谷川
  • 7Cクイックを打つ小粥
  • 5レシーブでチームを盛り立てた小林
  • 9相手にサービスエースを取られた千住㊨
  • 1堅実なプレーを見せた緒方
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み