バレーボール

【バレー】 春季関東大学男子2部リーグ戦 対桜美林大 実力の差を見せつけ4勝目をストレート勝利で飾る!

2018年度春季関東大学男子2部リーグ戦
2018年4月21日(土)
亜細亜大学体育館

先週の試合で2セット落としてしまった法大だが気持ちを切り替え、ストレート勝利を狙い試合に挑んだ。相手は昨秋最下位の桜美林大。2部リーグ戦自体のレベルが上がっている今季は下位だからといって油断はできない。第1セット序盤はシーソーゲームとなるが、危なげなく試合を運ぶ。その後のセットも終始リードを保ち、大差をつけて3-0で勝利した。

 MG 4181 R
3枚ブロックにも落ち着いて対応し、かわす大村

試合結果

トータル試合結果

3
 法大 
25 1セット 19 0
桜美林大
25 2セット 15
25 3セット 10

法大スターティングメンバー

背番号選手名ポジション
15 大村翔哉(営2) WS
8 前田隆二(営3) MB
11 蔵田大輝(法3) WS
9 伊元幸正(営3) WS
24 緒方悠大(法1) MB
12 西田寛基(営3) S
19 竹田将也(法2) L
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 

途中出場選手

背番号選手名
2 佐々木鴻輔(文4)
石川智章(キャ4)
7 竹田健太郎(文3)
10 三木裕人(文3)
17 中田啓貴(文2)
18 仲村将大(法2)
21 村岡拓海(経2)

戦評

 今季2部リーグ戦は昨秋下位のチームが上位のチームに勝利するなど、全試合予断を許さない状況だ。その状況下で1部昇格を目標としている法大に求められているのはきっちり3-0で勝利することだ。
 相手に少しでも隙を見せないためにも大差で獲得したい第1セット。序盤は少し立ち上がりの悪さを見せるが、仲村将大(法2)、大村翔哉(営2)のサービスエースがチームを勢い付ける。その後も相手に流れを持って行かせず、最後は蔵田大輝(法3)のキレのあるスパイクでこのセットをものにした。
 第2セットは藏田のスパイクで先制する。その後、相手のサーブミスや前田隆二(営3)のブロックで4連続ポイントを奪い試合の主導権を握ると、中盤には緒方悠大(法1)や伊元幸正(営3)のアタックで6連続ポイントを奪い、14-5とリードを広げる。終盤になっても勢いは衰えずに、最後は伊元の2連続サービスエースで、25-15と大差で第2セットを奪った。
 迎えた第3セット、勢いそのままに試合は終始法大ペースに。序盤、伊元のサーブが決まり6連続ポイントを奪い、序盤から大量リード。中盤になっても攻撃の手を緩めず、三木裕人(文3)が3連続でスパイクが決まるなど、またも6連続ポイントを奪い15-4と法大ペースで試合が進む。最後はピンチサーバーの仲村が相手を上手く崩すサーブで4連続ポイントを奪い、25-10で第3セットを勝ち取った。
 これで開幕4連勝と波にのる法大。ストレート勝ち出来た主要因として、前週の亜大戦で課題にあげていたサーブが上手く決まっていたことがあげられるだろう。リーグ戦第4節を終え、4勝全勝で3チームが並び1敗も許されない状況が続く。だが、この後も今日のような試合が出来れば全勝優勝も夢ではないだろう。法大バレー部の1部昇格にまた1歩近づく勝利となった。(滝澤智也)

インタビュー

伊元幸正

―今日の試合を振り返って
チームとしてそこまで大きなミスもなく、今までよりかは自分たちらしいプレーができたのではないかなと思います。

―今回は失セット無しでの勝利でした
今までもセットは落とさないというつもりでやっていたのですが、結果的にとられてしまって。後々響いてくるのがセット数なので、全部の試合でストレート勝ちを目指しています。なので今日はストレートで勝てて良かったかなと思います。

―今日はサーブが冴えていました
サーブが自分自身の調子のバロメーターみたいなところがあるので、サーブが良ければレシーブもスパイクもまぁまぁ決まってくるのかなとは思います。なので今日は全体的に調子が良かったですね。

―今季はポイントゲッターとしても期待が高まっています
自分が今目標としているのは、ミスをしない選手になるということです。ポイントゲッターは大村などもいるので、自分はとにかくキャッチを返して、上がってきたらしっかり決めていくということにこだわれたらと思います。

―今後に向けて
これからどんどん相手は強くなっていくのですが、それに惑わされず自分たちのバレーを見失わなければ勝てるとは思うので、しっかり自分たちのバレーをやっていくということを徹底できたらと思います。

西田寛基

ー今日の試合を振り返って
少しミスはありましたが、大きなミスとかはなかったので自分たちの流れを引き寄せてきっちり3-0で終わらせることが出来たんじゃないかと思います。

ーこれで4連勝となります
先週で1セットずつ落としてるので、もう格下相手にセットは落とせないです。とりあえず明日の宇都宮戦も相手のエースをきっちりつぶして、自分たちのバレーをやって3-0で終わらせるようにしたいと思います。

ーアタッカー陣の調子については
誰が出てもおかしくない状況ですし、みんな調子も上がってきています。練習でもしっかりやってくれていると思うので期待していいと思います。

ー今年の2部リーグは全体的に見ていかがですか
去年よりもレベルが高いのではないかなと感じますね。どこも若いチームですがそれなりにやってくるチームもいるので油断はできないなと思います。

ーその中で入れ替え戦に行くのは大変だと思いますが
そうですね。でもそこで1部に上がる力は法政はあるので、自分たちのバレーが出来れば上がれると思います。しっかり入れ替え戦に行けるように勝っていきたいです。

ー明日の宇都宮戦に向けて
自分たちのバレーをやりきるだけです!

フォトギャラリー

  •  MG 4181 R3枚ブロックにも落ち着いて対応し、かわす大村
  • DSC 0479 R常に冷静沈着に行動する法大のプレイメーカー西田
  • DSC 0495 R相手のブロックをもろともしない前田
  •  MG 4212 R伊元はサービスエースでチームを盛り立てた
  •  MG 4239 R今季目覚ましい成長を遂げる三木の活躍に目が離せない(写真:右)
  • DSC 0474 R昨秋同様に活躍を見せる蔵田
  • DSC 0493 Rストレート勝利するため、2セット目に向け気合を入れ直す選手たち
  •  MG 4242 R1年生ながら開幕戦からここまで全試合スタメン出場している緒方
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 Image 9afeafe R

定期購読の申込み