バレーボール

【バレー】第71回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会 トーナメント1回戦 対甲南大 関西1部リーグ相手に快勝し初戦突破!明日の関学戦へと駒を進める!

第71回全日本バレーボール大学男子選手権大会 1回戦 対甲南大
2018年11月27日(火)
墨田総合体育館

今年度最後の大会となる全日本バレーボール大学男子選手権大会(全日本インカレ)。トーナメント1回戦の相手は、関西1部リーグで、秋季リーグ戦6位と確かな実力のある甲南大だ。初戦を突破したい法大は、試合の序盤から積極的に相手を攻め続け、1セット目を奪うと、2セット目を接戦で落としたものの、相手の勢いにおされず、直後の3、4セットを連取し、無事初戦を突破した。

 

 

DSC 0148 R
序盤から積極的に攻め二回戦へと駒を進めた

試合結果

トータル試合結果

3
法 大
25 1セット 13 1
甲南大
26 2セット 28
25 3セット 17
25 4セット 22

法政大学スターティングメンバー

背番号選手名(学部/学年)ポジション
9 伊元幸正(営3) WS
8 前田隆二(営3) MB
16 佐藤優弥(文2) WS
15 大村翔哉(営2) WS
24 緒方悠大(法1) MB
12 西田寛基(営3) S
10 三木祐人(文3) L
20 大吉匠(営2) L
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ

途中出場選手

背番号  選手名(学部/学年) 

7

竹田健太郎(文3)
17 中田啓貴(文2)
19 竹田将也(法2)
21 村岡拓海(経2)

戦評

 悲願の一部復帰とはならなかった秋季リーグ戦から約1ヶ月。今季最後の大舞台とも言える全日本インカレが幕を開けた。  

 第1セット、伊元幸正(営3)の落ち着いたスパイクで最初の得点を奪うとその後は前田隆二(営3)の連続エースが決まり終始流れは法大に。終盤には途中出場の竹田将也(法2)が自らレシーブしたボールをスパイクで得点するなど攻守による活躍もあり、気づけば25ー13と大差をつけてこのセットをものにした。  

 続く第2セット、果敢に攻めるも相手も粘りのあるプレーを見せる。1セット目とは異なり終盤まで競り合う展開に。佐藤優弥(文2)の鋭いスパイクで先に20点台に乗ったものの相手の攻撃に押され、デュースへともつれ込んだ。このセットもものにしたい法大であったが、最後は相手のブロックに捕まり26ー28で第2セットを落とした。  

 気持ちを切り替えて臨みたい第3セット。序盤は中々点差を広げられなかったものの、大村翔哉(法2)の相手のブロックを利用したスパイクや力強いバックアタック、途中出場の竹田健太郎(文2)、中田啓貴(文2)もしっかり得点に貢献。緒方悠大(法1)のクイックも効き、2セット目の流れを断ち切った法大が25ー17でこのセットを奪取した。

  第4セット、相手のスパイクを拾うことができず7ー10と一時追う展開となった法大。すかさずタイムアウトをとるとタイムアウトアウト明け、しっかりブロックを3枚揃え、相手の攻撃を封じ込める。一気に4連続得点で逆転すると今度は相手にタイムアウトをとらせる。しかしその後も法大ペースを保ち着実に点を重ねていく。相手も粘りを見せたが最後は佐藤か鋭いスパイクを決め逃げ切った法大が25ー22で勝利した。

  初戦ということもあり、ところどころにミスがあったもののしっかりと勝利をつかみ、初戦を突破した法大。しかし大会はまだ始まったばかりだ。次なる相手は関西1部2位の関学。序盤から自分たちのペースに持ちこみ、勝利することができるか。あすの戦いも目が離せない。(春名結衣)

選手コメント

佐藤優弥 

ー今日の試合を振り返って
初戦ってこともあって、みんな硬くなっていたと思うんですが、しっかり勝つことができて、よかったと思います。
 

ー2年目のインカレということで、1年目と比べて                                                   
1年の時より、やっぱり緊張という面では今年の方がなかったかなと思います。ただ、大きい大会なので、硬さは抜けてなかったなと思います。

ーインカレに向けて、取り組んだことは
リーグ戦は結果がよくなくて、個人個人の技術やチーム力、ブロックは法政は弱いのでしっかり練習しました。今日は結構(相手に)利用させてもらったので、明日は修正していきたいと思います。
 
ーメンタル面の課題については
こっちが乗っている時は、何もしなくても進んでいきますが、競ってくると、こちらもサーブレシーブであったり、つなぎのミスなどの初歩的なミスが出てしまいます。やっぱり大きい大会通じて克服していかないと治らないと思うので、これを機に修正していきたいと思います。
 
ー明日の関学戦に向けて
しっかり、自分達のバレーをするというのと相手の波に合わせないで勝ちに行きたいと思います。

大村翔也

ー今日の試合を振り返って
今日は初戦ということもあって、硬さもありましたが、それなりに良いゲームができたと思います。
 
秋季リーグ戦から修正したことは
主力のメンバーは全てのプレーを見直して、短い期間でしたが、強化をしてきました。
 
ー課題にあげているメンタル面について
 大事なゲーム終盤に弱いことはわかっているので、そこをいかに取り切れるかをゲームで練習していました。
 
ー対戦経験が少ない甲南大への対策は
 ビデオとかを見て対策をしていて、自分たちが主導権握れたので、楽に勝てました。
 
ー明日の関学戦への意気込みをお願いします
 4年生の分もしっかりと自分らがバレーして、ストレートで勝って、早稲田戦に繋げたいです。

フォトギャラリー

  • DSC 0148 R序盤から積極的に攻め初戦を突破した
  • DSC 0053 R途中出場も勢いあるプレーをみせた竹田将
  • DSC 0011 R幸先よくトーナメントを突破した法大
  • DSC 0075 Rブロックする大村(左)と緒方
  • DSC 0090 R大村の力強いスパイクは健在
  • DSC 0119 Rブロックをかわしフェイントを決める竹田健
  • DSC 0063 R怪我から復帰した緒方(右)
  • DSC 0072 R伊元のサーブは威力抜群
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み