バレーボール

【バレー】 春季関東大学男子2部リーグ戦 対平国大  スタートで苦戦するも徐々に流れをつかみストレートで勝利!開幕5連勝!!!

2019年度春季関東大学男子2部リーグ戦
2019年4月20日(土)
亜細亜大学体育館

リーグ開幕から2週が経過し4戦全勝と入れ替え戦に向け好調をキープする法大。来週から始まる上位校対決に向け勢いをつけたい法大は、中学大を下し波に乗る平国大と対戦。1セット目の序盤からリードされ苦しい展開も、終盤サービスエースで流れを掴み逆転し、1セットを奪取すると、勢いそのまま相手を押し切りストレートで勝利した。

2019-04-20 11-44-18
西田主将を中心にした円陣

試合結果

トータル試合結果

3
法 大
25 1セット 23

平国大

25 2セット 21
25 3セット 21

法大スターティングメンバー

背番号選手名ポジション
10 佐藤優弥(文3) WS
17 前田隆二(営4) MB
15 村岡拓海(経3) WS
5 伊元幸正(営4) WS
18 緒方悠大(法2) MB
1 西田寛基(営4) S
 14 大吉 匠(営3) L
27 森山陸人(営1) L
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 

途中出場選手

背番号選手名
2 三木裕人(文4)
13 竹田将也(法3)

戦評

開幕4連勝と勢いに乗る法大。3試合連続となるストレート勝利を飾れるか。
 
伊元幸正(営4)のサーブから始まった試合は、佐藤優弥(文3)のスパイクを皮切りに前田隆二(営4)の速攻も決まり、序盤から果敢に攻め込む。しかし、ミスを連発し相手との差を広げられず一進一退の攻防が続いた。終盤17-20と3点を追いかける展開となったが、ここで伊元のコートの左隅を貫ぬくサーブで点を取ると続けて相手リベロの手を弾くほどの強烈なサーブで連続得点。その勢いのまま最後は佐藤のスパイクで25-23と接戦をものにした。
 
2セット目は、村岡拓海(経3)がブロックだけでなくサービスエース、スパイクも次々と決める活躍を見せ、それに負けじと前田も得意の速攻を決め、囮としても躍動し、フリーで打つ場面が何度も見られた。上級生2人が活躍を見せる中、負けじと下級生の緒方悠大(法2)もブロックや速攻を決めるなど活躍し、チームを鼓舞した。3人で15点を取る安定した試合展開で危なげなく2セット目も奪取した。
 
ストレート勝利が目前に迫った3セット目もあの3人が躍動。序盤は村岡のスパイクが次々と決まり、点差をつける。緒方も2本連続でサービスエースが決め、主将の西田寛基(営4)や前田のブロックもあり相手を寄せつけない。終盤にはラリーが続く中、最後は緒方の強烈なスパイクで決める粘りのあるバレーも見られ、25-21で見事にストレート勝利を飾った。
 
3連続ストレート勝利と勢いに乗る法大。明日の立正戦も勝利し、来週当たる上位校との試合を制することができるか注目だ。(木場悠斗)

インタビュー

佐藤優弥

—今日の試合を振り返って
結果としてはストレートで勝利できて良かったです。監督に今日の試合の内容だと上位勢のチームには勝てないと言われたので反省して次に生かしていきたいです。

—具体的に反省すべき点は
ブロックには触っていましたが、ブロックポイントをあまり取れなかったことと点を取れる場面でスパイカーが決めきれなかったことやサーブミスなどの個々のミスも多かったですね。

—ラリーが続く場面が多い印象でしたが
ラリーが続いて最後まで粘れずに自分たちのミスで相手に点を与えてたので修正していきたいと思いました。

—ご自身のプレーを振り返って
バックアタックも含めてスパイクはラリー中に決めきれない場面も多くあったんですけど、普段に近い感覚でやれました。

—5連勝中ですが、チームの状態は
自分たちが上手くいかない時とかは、相手のしたいことをさせてしまってるので、上手くいかない時でもしっかり戦えるようにしたいです。

—下級生の活躍に関して
下級生が活躍してくれることで上級生として本当に良い刺激をもらってます。

—立正戦への意気込み
立正戦では毎年毎年、セットを落としたりしているので来週に向けて良いイメージが持てるように3-0で内容にまでこだわって勝ち切りたいと思います。

大吉匠

ー今日の試合を振り返って
(平国大は)格下かといえば格下かもしれないですが、同じ対等な目線で戦わなくてはと自分個人では思っていましたが、1セット目が競る展開になってしまいました。結果的にはセットを落とさずに勝てたので良かったですが、やっぱり個人個人で課題がいっぱいあると思いました。

ーその課題とはなんでしょうか
サーブカットがまだ3人ともちゃんと上げられてなかったりとか、ブロックフォローに入れてなかったり、アタッカーが大事なとこでミスしてしまったりすることです。点を取らなくていいけどミスしてはいけないところでミスしてしまったり、自分たちからの失点を無くしていけるようにしたいです。自分たちが得点して、相手が失点してという点の積み重ねの方がやっぱりいいので、個人個人もチームで意識して明日の試合も臨まなければいけないと思います。

ー同じリベロとして出場している森山陸人(営1)選手のプレーをどう感じますか
森山選手がいるとコートの中に安心感があるのかなと思います。森山選手がいるだけでボールが落ち着くというか、慌ただしくプレーしないので、森山選手の存在は大きいと思います。

ー森山選手とは交代の時にどんな言葉を交わしていますか
森山選手が「こうしたほうがいいですか?」と聞いてくるので、「好きなようにやりな」とか、「もっとこうしたらいいんじゃない?」とコートの中でのプレーのやり取りをして、チームがより点を取りやいように話しています。

ープレー中に意識していることはありますか
個人的にはサーブカットだけのポジションなので、サーブカットを返さなきゃいけないのはもちろんですが、自分が狙われない時に、伊元選手と佐藤選手がちゃんと返せるような声かけを意識しています。あとは自分がボールを触らない時の他の選手たちの動きなどを自分の中でコントロールできれば、リベロとしての仕事をできていると思います。あとは一本できれなかったり、ラリーが続くときに自分もレシーブの中に参加してボールを上げれるように意識してます。

ーあすの立正大戦への意気込みを
立正大は自分たちが入学してからずっと絶対にセットを取られているので、明日は点数は何点であれ、1セットも取られないよう意識して、チームで勝てるように頑張りたいです。

フォトギャラリー

  • 2019-04-20 11-44-18開幕5連勝!
  • 2019-04-20 11-46-37開幕から好調をキープする村岡
  • 2019-04-20 11-48-37強力なスパイクで得点を積み重ねた
  • 2019-04-20 11-48-45相手のブロックをかわし得点する前田
  • 2019-04-20 11-49-40西田のブロックで相手の攻撃を封じ込めた
  • 2019-04-20 11-53-02フリーで得点を決める佐藤優
  • 2019-04-20 12-00-57緒方の速攻
  • 2019-04-20 12-04-02応援席に挨拶をする法大バレー部
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

1koスポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み