バレーボール

【バレー】 春季関東大学男子2部リーグ戦 対青学大 入れ替え戦をかけた全勝対決!昨季王者をフルセットまで追い詰めるも・・・主将不在響きリーグ戦初黒星

2019年度春季関東大学男子2部リーグ戦
2019年4月27日(土)
亜細亜大学体育館

前半6戦を全勝、失セット1と好調なスタートを切った法大。勝負のリーグ後半戦7戦目の相手は、昨季2部リーグ優勝校の青学大だ。全勝対決となったこの試合。主将の西田がけがで欠場し、厳しい戦いが予想されたが、第1セットから互角の戦いに。お互いセットを奪い奪われ、迎えた第5セット。気力を振り絞り4ポイント差を追いつくなど見せ場を作ったものの、あと一歩及ばず敗戦した。

2019-04-27 14-56-55
中田の活躍もあり王者相手に互角に戦った

試合結果

トータル試合結果


法 大
23 1セット 25

青学大

25 2セット 21
22 3セット 25
25 4セット 19
12 5セット 15

法大スターティングメンバー

背番号選手名ポジション
10 佐藤優弥(文3) WS
17 前田隆二(営4) MB
15 村岡拓海(経3) WS
5 伊元幸正(営4) WS
18 緒方悠大(法2) MB
11 中田啓貴(文3) S
 14 大吉 匠(営3) L
27 森山陸人(営1) L
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 

途中出場選手

背番号選手名
2 三木裕人(文4)
13 竹田将也(法3)
17 袴田智己(営2)

戦評

昨年の秋季リーグ戦王者、青学大との勝負の一戦に臨んだ。入れ替え戦行きをかけたまず最初の山場であった。
 

1セット目、シーソーゲームの展開に。セッターは今季初スタメン中田啓貴(文3)が務めた。緊張からかトスが合わない場面も見られたが、ブロックを2本決めるなどチームを盛り上げる活躍も見せる。しかし相手に一歩リードを許したまま終盤を迎え、23ー25で惜しくもこのセットを落としてしまった。

切り替えて臨みたい第2セットだったが相手に連続得点を許し、一時5点差に。だが、伊元幸正(営4)の威力あるスパイクとブロックなどで追いつき、相手にタイムアウトをとらせる。その後も緒方悠大(法2)のクイックや、終盤での3枚ブロックで相手の攻撃を封じ込め、第2セットを奪い返した。

第3セット、緒方のスパイクで先制する。勢いに乗りたい法大であったが相手に鋭いスパイクを決められなかなかリードを奪えない。伊元の強烈なサーブや巧みなフェイント、村岡拓海(経3)の思い切ったスパイクで相手に食らいつくも最後は相手の攻撃に押され、このセットを落としてしまった。

フルセットへ持ち込むしか後がない第4セット。いきなり村岡のスパイクとブロックで連続ポイントを奪う。また、途中5連続ポイントで会場からも大きな歓声が上がる。中盤の相手の粘り強い攻撃にも、森山陸人(営1)のレシーブを中心に安定感を見せ、流れを掴んだ法大が25ー19で勝負を最終セットへと持ち込んだ。

勝負の最終第5セット。出だしは佐藤優弥(文3)の強烈な一打、ブロックなどで4ー2とするが、ここから相手にスパイク、フェイントを決められ、4連続得点を許す。その後サーブポイントを決められ6ー9とされると堪らず法大がタイムアウトをとる。タイムアウト明け、中田がツーアタックで相手の意表を突き、点を奪うも流れを掴むことができず8ー12とされてしまう。しかし今季の法大は「粘り強いチーム」だ。相手のサーブミスから4連続得点で12ー12と同点に追いつき会場も今日1番の歓声を上げる。しかし、最後まで粘り切ることはできなかった。相手のスパイク、ブロックの3連続得点を決められ、今季初黒星となった。

昨季の王者を相手に客席からの応援、ベンチからの声に応え、粘り強く戦った法大だったが白星をあげることはできなかった。明日は1部から降格してきた国士舘大との一戦。相手は今季まだ1セットも落としていない。その相手を打ち負かすべく、一丸となり明日の試合へ臨む。(春名結衣)

インタビュー

中田啓貴

ー今日の試合を振り返って
キャプテン(西田寛基・営4)が昨日けがをしてしまって急遽出場することになったのですが、内容はそんなに悪くなかったけれど、負けは負けなので明日は切り替えて頑張りたいです。

ー急遽出場することになってどのような気持ちで臨みましたか
やるしかないのでとりあえず自分にできることをやろうと臨みました。

ー1セット目はあまりアタッカーとトスが合わない印象を受けました
そこは合わせれなかったところと自分の緊張があったからなので、後半は合わせれたので大丈夫だと思います。

ー明日の国士舘大戦への意気込み
明日は絶対勝って、入れ替え戦に行って1部に上がれるように頑張ります。

フォトギャラリー

  • 2019-04-27 14-56-55明日の国士大戦に全てをかける
  • 2019-04-27 14-22-27西田に変わりチームを盛り上げた中田(左)
  • 2019-04-27 15-18-25ピンチサーバとして出場した三木
  • 2019-04-27 15-02-21相手の強烈なスパイクをレシーブする森山
  • 2019-04-27 14-15-44中盤連続ポイントで相手を突き放した
  • 2019-04-27 14-56-54粘りあるバレーを見せた
  • 2019-04-27 15-06-09伊元のサーブでリードを広げた
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み