バレーボール

【バレー】 春季関東大学男子2部リーグ戦 対亜大 昨季敗北を喫した相手に見事勝利!フルセットに及ぶ激闘制す!

2019年度春季関東大学男子2部リーグ戦
2019年5月11日(土)
立正大スポーツキューブ

青学大や国士大の上位校対決に2連敗を喫し、入れ替え戦進出のためあと1敗もできない法大は、昨季敗れた亜大と対戦した。試合は1セット目のシーソーゲームを制し、勢いに乗りたかったが、2セット目をデュースの末に奪われてしまう。勢いに乗る亜大を止められず、3セット目も奪われ後がなくなった法大は、4セット目からケガから復帰した主将の西田寛基(営4)をスタメン起用する。主将の復帰に勢いを取り戻したチームは4、5セットを連取しフルセット末勝利した。

S  22609930
入れ替え戦へ黄色信号、残り3試合を全力で臨む

試合結果

トータル試合結果

法 大

26 1セット 24

亜 大

24 2セット 26
19 3セット 25
25 4セット 19
15 5セット 13

法大スターティングメンバー

背番号選手名ポジション
10 佐藤優弥(文3) WS
17 前田隆二(営4) MB
15 村岡拓海(経3) WS
5 伊元幸正(営4) WS
18 緒方悠大(法2) MB
11 中田啓貴(文3) S
 14 大吉 匠(営3) L
27 森山陸人(営1) L
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 

途中出場選手

背番号選手名
1 西田寛基(営4)
2 三木裕人(文4)
竹田健太郎(文4)
6 蔵田大輝(法4)
13 竹田将也(法3)

戦評

上位校との試合で2連敗を喫した法大。気持ちを切り替え亜大戦へと挑んだ。

亜大のサーブミスにより先制点を取ると、続けて伊元幸正(営4)の相手リベロの胸元をえぐるサーブで2点目も取り、順調な滑り出しな法大。中盤には村岡拓海(経3)、緒方悠大(法2)が連続でスパイクを決め、相手のミスなどもあり15-6と9点差をつける。しかし、23-18で迎えた終盤から4ポイント連続で取られ、1点差に。さらにそこから村岡が決め、残り1ポイントとするも亜大に2連続で入れられ、デュースとなった。再び村岡のスパイクが決まりアドバンテージを取り、最後は相手のミスによりこのセットをものにした。

続く2セット目も中田啓貴(文3)の相手の意表を突くツーアタックなどで法大が主導権を握る展開に。しかし、中盤まさかの5ポイント連続で失点し、リードを許す。ここで佐藤優弥(文3)との交代で入った竹田将也(法3)が、森山陸人(営1)の横っ飛びで上げたボールを沈め、差を拡げさせない。1セット目同様にデュースとなり、前田隆二(営4)が1人時間差を仕掛けるもブロックに捕まりアドバンテージを取られる。また、村岡の放ったスパイクはコート外に。2セット目を取ることはできなかった。

2セット目を取り勢いに乗る亜大が法大に猛攻撃を仕掛ける。序盤のミスも影響し、中盤までに5点差をつけられる。反撃に出たい法大は、西田寛基(営4)、竹田健太郎(文4)を投入。しかし、流れを変えることができず、19-25でセットを落とし、追い込まれた。

セット数1-2で後がなくなった法大であったが、4セット目は竹田健が躍動。サービスエースや次々とスパイクを決めていく。また、伊元、西田もブロックを決めた。終盤では、三木裕人(文4)もピンチサーバとして出場。4年生らが活躍をみせ、このセットをものにした。

勝負の最終セット。相手に先制点を取られるも中盤で前田、竹田健がスパイクを連続で決め、それに続いて緒方も決め、相手を一気に追い放した。しかし、亜大も粘りをみせる。勝利目前となった終盤からなかなかスパイクが決まらず、亜大の猛追を受けた。たが、中盤につけた差を終始守り抜き、最後は伊元のクロスのスパイクによって幕を閉じた。

残り2試合となり入れ替え戦行きが危うい法大。しかし、「どんな形であれ勝って残りの2試合勝って終わりたい」と語った竹田健。来週で閉幕となる春季リーグを2連勝を飾れるか注目だ。(木場悠人)

インタビュー

竹田健太郎

—1、2セット目はデュースにまでもつれ込みました
サーブカットは今までの試合よりは返っていた印象があるんですけど、コンビの面だったり、スパイカーと噛み合わない部分というか、うまく使えていなかった印象があります。
 
—ご自身のプレーを振り返って
状態的には悪くはないと思っていて、村岡選手がちょっと崩れた部分があって、そこを自分が4年生としてカバーしていかないといけないという思いがあったのですが、のびのびとプレーできたかなと思います。
 
—最上級生となりました
本当に今まで散々自分たちの代の選手が試合に出させてもらって、でも1部に上がれていませんでした。今季も入れ替え戦が遠のいてしまっていますが、自分たちとしても最後までやりきる気持ちがあります。今回含めて残り3戦、最後までしっかり戦い抜こうというのはずっと言っていたことなので、そこは上の学年が気持ちを持っていけば下も必ずついてくるのかなと思います。
 
—後輩たちの活躍を見て
本当に後輩たちももともとうまい選手がいたり、上達した選手もいたりして今後期待できる後輩が集まったかなと思います。
 
—春季リーグ残り2試合となりました
どんな形であれ、とりあえず勝って終わろうと思います。

フォトギャラリー

  • S  22609930ブロックで相手の攻撃の手を止めた
  • S  22601733竹田将のアタック
  • S  22601732佐藤優のブロックを避けるスパイク
  • S  22601731最上級生としてチームを引っ張る竹田健
  • S  22609928途中出場でチームに勢いをもたらした西田
  • S  22601736緒方(18番)と前田(4番)の強力MB陣
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

6スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み