バレーボール

【バレー】 秋季関東大学男子2部リーグ戦 対桜美林大 危なげない試合運びで今季2度目のストレート勝ち!2部昇格組を撃破!

2019年度秋季関東大学男子2部リーグ戦
2019年9月21日(土)
大東文化大学東松山キャンパス

開幕4連勝と波に乗る法大。桜美林大は今季から2部に昇格してきた勢いのある相手だ。昇格組相手にセットを落とさずに勝利したい法大は、第1セットから力強い攻撃を見せ、ストレートで勝利。危なげない試合運びで開幕5連勝となった。

DSC 0544
1部昇格を目指す法大

試合結果

トータル試合結果

法  大

25 1セット 21

桜美林大

25

2セット 23
25 3セット 22

法大スターティングメンバー

背番号選手名ポジション
10 佐藤優弥(文3) WS
17 袴田智己(営2) MB
大村翔哉(営3) WS
13 竹田将也(法3) WS
18 緒方悠大(法2) MB
1 西田寛基(営4) S
 14 大吉 匠(営3) L
27 森山陸人(営1) L
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 

途中出場選手

背番号選手名
2 三木裕人(文4)
4 前田隆二(営4)
5 伊元幸正(営4)
6 蔵田大輝(法4)

戦評

リーグ4連勝と順調な滑り出しを果たした法大。秋季リーグ3週目の相手は今季3部から昇格してきた桜美林大だ。1部昇格のためセットを落とさずに勝利したい一戦だ。

第1セットから法大は多彩な攻撃を見せる。今季途中からスタメン起用されている大村翔哉(営3)の相手ブロックを吹き飛ばす強烈なスパイクや、竹田将也(法3)のコースを狙う攻撃などで、中盤からリードを奪う。守備面ではブロック決定率の高い袴田智己(営2)らが相手に攻撃の隙を与えない。終始法大ペースで25−21で第1セットを奪う。

第2セットでは、序盤3−5とリードを奪われる場面があったものの、佐藤優弥(文3)やピンチサーバーの蔵田大輝(法4)の活躍もあり中盤に逆転する。さらに、セッター西田寛基(営4)と緒方悠大(法2)のコンビが決まり、終盤に粘る相手を振り切り25−23でセットを連取した。

第3セットでは、今季初出場の前田隆二(営4)や蔵田ら頼れる4年生が出場する。第3セットも中盤までシーソーゲームを演じるも、最後には相手のミスが重なるなど、流れを相手に渡すことなく第3セットを奪いストレート勝ち。開幕5連勝を収めた。

 リーグ3週目の相手はどちらも2部昇格組と格下だが、勢いのある相手に油断は禁物だ。入れ替え戦に向け、明日もストレート勝ちを目指したい。(滝澤智也)

インタビュー

袴田智己

ー今日の試合を振り返って
格下と言われる相手と試合をして、自分たちが練習でやっていることを出しているつもりですが、相手のリズムに合わせてしまい、自分達のリズムで試合ができていなかったです。毎年見られる形なので、明日は自分たちのリズムが掴めるようにしたいです。

ースタメンで出場するにあたって4年生や監督からのアドバイスはありましたか
西田(寛基)主将から「実力はあるから自信持ってプレーしよう」と秋リーグが始まる前からアドバイスをいただきました。自分は会場の雰囲気に飲まれてしまう時があるので、会場の空気感に慣れてノリに乗って行きたいです。

ー4年生は最後にシーズンになります
4年生には試合に勝たせてあげたい気持ちがあるので、もっと貢献できるように頑張ります。

ー次戦に向けて意気込みをお願いします
要所では決まっていましたが、もっと決定率を上げていかないと余裕を持って勝てないので、ブロックもさらにチームの中で機能できるように、コンディションを整えて次戦に臨みたいです。

フォトギャラリー

  • DSC 0544開幕5連勝を果たした
  • DSC 0674今季初出場の前田
  • DSC 0617コースを打ち分ける竹田将
  • DSC 0683試合後応援席に挨拶をする法大
  • DSC 0655ブロックで相手の攻撃を防いだ
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み