バレーボール

【バレー】 秋季関東大学男子2部リーグ戦 対国武大 最終戦で白星を飾り、全勝優勝!次週の入れ替え戦へ弾みをつける!!

2019年秋季関東大学男子2部リーグ戦
2019年10月26日(土)
大東文化大学東松山キャンパス

全勝優勝をかけた最終戦。第1セットは相手のプッシュなどの攻撃で接戦となるもなんとか奪取。その後は終始主導権を握り、相手の得点をロースコアにに抑え、見事ストレート勝利。2部優勝を収めた。

 

DSC 2954 R
チーム一丸となり入れ替え戦へ挑む

試合結果

トータル試合結果

3
法大
36 1セット 34
国武大
25 2セット 13
25 3セット 11

法大スターティングメンバー

背番号選手名ポジション
9 大村翔哉(営3) WS
17 袴田智己(営2) MB
10 佐藤優弥(文3) WS
13 竹田将也(法3) WS
18 緒方悠大(法2) MB
1 西田寛基(営4) S
14 大吉 匠(営3) L
27 森山陸人(営1) L
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 

途中出場選手

背番号選手名
2 三木裕人(文4)
5 伊元幸正(営4)
6 蔵田大輝(法4)

今季最終成績(上位6チームのみ掲載)

順位大学名勝敗
1位 法大 11勝0敗
2位 慶大 10勝1敗 
3位 大東大 9勝2敗
4位 亜細亜大 8勝3敗
5位 国武大 7勝4敗
6位 国士大 6勝5敗
 

戦評

リーグ戦最終戦となる今試合。相手は昨季リーグ戦で上位にくい込んだ国武大だ。入れ替え戦進出は確定しているものの、リーグ戦全勝優勝へ向け負けられない1戦となった。

第1セット、序盤からお互いにスパイクが決まらずサイドアウトやアタックミスで得点を積み重ねる展開に。中盤にはブロックに捕まり、3連続ポイントを奪われるなど苦戦する。しかし、意表を着いたセッター西田寛基(営4)のスパイクや、佐藤優弥(文3)のダイレクトなどで徐々にリードを広げる。先に20点台に乗せセットを奪ったかに見られたが、土壇場で相手のエースが決まる。ここからお互いにブレイク出来ずに30点台まで粘られるも、最後は佐藤優のスパイクが決まり36ー34で第1セットを奪う。

第2セットは終始法大ペースで試合が進む。袴田智己(営2)のクイックやスタメン復帰した竹田将也(法3)のバックアタックなどで、大量リードを奪うと、25ー13で2セットを連取した。

第3セット、流れそのままに法大が序盤から佐藤優や大村翔哉(営3)らのスパイクで相手を圧倒。また、佐藤優はサーブでも相手を崩し得点に繋げる。終盤では相手のスパイクを封じ込め、25ー12で第3セットを奪い、ストレート勝ちを納めた。

2部を全勝優勝した法大。入れ替え戦の相手は1部リーグ全敗といまひとつ調子の上がらない駒大だ。入れ替え戦に勝利し、目標としていた1部昇格へ。西田主将を中心にした4年生の活躍に期待したい。(滝澤智也)

インタビュー

吉田康伸監督

ーリーグ戦の総括をお願いします 

久しぶりに全勝で優勝出来て良かったです。選手が一生懸命ケガもなくプレーしてくれたおかげだと思います。この勢いを来週の入れ替え戦につなげたいです。

ー今季全勝優勝を果たした要因は
夏場の合宿から選手が一生懸命やっていてくれてて、試合に出るメンバーだけでなく、他のメンバーも含めて、状態を上げてくれましたので、その結果がリーグ戦に出たと思います。

ー今季のMVPは
唯一4年生でスタメンで出場していた西田選手がチームをよくまとめてくれました。セッターとして、サントリーへとこれから進みますが、技術的にもワンランク上に上がったようなトスワークをしてくれましたし、ネットを超えるようなボールも片手(トス)を含めて上げてくれました。チームとして助けられたので、活躍をしてくれたと思います。

ー今季見つかった課題は
1セット目の勝敗が6勝5敗だったので、スタートダッシュが上手くできない部分がありました。2セット目以降の修正力は着いたきたの思いますが、チームに勢いを付けるためにも、1セット目を意識して来週につなげたいです。

ー入れ替え戦に向けて意気込みをお願いします
2部リーグでは全勝で内容も結果も出ていますが、入れ替え戦に勝たなければ1部昇格できないので、選手も全勝で優勝して大喜びしている訳ではなく、既に来週に向けて準備をしてくれているので、来週は内容よりも勝つことを目標にやっていきたいと思います。

西田寛基(キャプテン、司令塔としてチームを引っ張り優秀選手賞、セッター賞を獲得)

ーきょうの試合を振り返って
1セット目は接戦になって、相手のプッシュの攻撃に対してレシーバーが全然拾えていなくて、それで点数がとられてしまいました。なのでそこをもっと速く対応しとけば良かったなと思います。

ー全勝優勝で終えることができました
セットを取られることもあったが、そこから立て直す力がついてきていると思うので、そこは力がついてきている証拠なのかなと思います。

ー春季リーグと秋季リーグで変化したと思うことはありますか
レシーブ練習を主に取り組んできたので、つなぎという部分に関しては春よりも秋の方が良くなっていたと思います。

ーサーブ賞と優秀選手賞を受賞されましたがご自身の今シーズンのプレーの評価をお願いします
まだ波があると思います。その波をなくしていかないと上に行っても通用しないと思うので、そこは改善点かなと思います。

ー入れ替え戦で鍵となることは何だと思いますか
やはり向こうも負けられないという気持ちで戦ってくると思うので、それを上回るくらい熱い気持ちを持って、やってきたことをしっかり最大限出し切れるようやっていきたいです。

ー入れ替え戦への意気込み
4年間プレーしてきて、入れ替え戦も何回か経験してきましたが、中々昇格できずにきました。最後の入れ替え戦ですし、気持ちを持って全員で、チーム一丸となって勝ちにいきたいと思います。

ー先日Vリーグ(サントリーサンバース)への入団が発表されましたが心境や意気込みをお願いします
大学を卒業してもトップリーグでバレーを続けられることはとてもうれしいことですし、今まで支えてくださった方に感謝しないといけないなと思います。


DSC 3328 2 R

緒方悠大(リーグ戦序盤から攻撃力を発揮しスパイク賞獲得)

ーきょうの試合を振り返って

入れ替え戦が決まっていたのもありますが、全勝で優勝出来て嬉しいです。1セット目は崩れてしまったのですが、その後しっかり修正できたので良かったです。

ー全勝優勝の要因は
西田主将を中心とした4年生の勝ちたい気持ちが強かったのと、いままで出場してきた選手のプレーが上手くかみ合ったからだと思います。

ースパイク賞を受賞されました
対角に袴田選手がいるので、かなり手強いと思いましたが、結果スパイク賞を受賞出来て良かったです。このまま入れ替え戦に勝って、春リーグにつなげでいきたいです。

ー今季見つかった課題は
ブロックに関してもう少し貢献できれば切り返しの攻撃チャンスが増えると思いますし、サーブももっと攻められる場面があったので、もっと突き詰めていきたいです。

ー入れ替え戦への意気込みをお願いします
1部に昇格するの昨年からのチーム目標だったので、昇格できるようにしっかりと来週にコンディショニングを整えて1部昇格をみんなで勝ち取りたいです。

 

DSC 3318 2 R

森山陸人(正確なレシーブでチームに貢献、リベロ賞を獲得)

ーきょうの試合を振り返って
チームとしては良かったですけど、個人的にはできれば1セット目からもっと(ボールを)上げたかったなと言う反省があります。

ー具体的な反省点などはありますか
そこまで強打はなかったですけど、プッシュやフェイントに対してもう少し反応を速くして攻撃につなげられるようにしていきたかったと思います。

ーその中でもリベロ賞を受賞することができましたがいかがですか
自分としては満足していなくて、良いプレーが多いとは思わなかったが、周りの人から評価してもらえたのは嬉しいです。

ー春季リーグと秋季リーグでご自身が変わったなと思うことはありますか
春はおどおどしていて最初からボールが上がらなかったが、秋は声も出せたし、春よりもチームに良い貢献ができたかなと思います。レシーブに関してはもしかしたら春の方が上がっていたかなというイメージがあるのでこれからももっと頑張っていきたいと思います。

ーご自身の入れ替え戦での鍵は何だと思いますか
相手は1部でやってきてスパイクも強いと思うので、粘り強く勝ち切っていきたいです。

ー入れ替え戦への意気込み
相手も強いので、接戦の時こそ頑張って、勝ち抜いて1部に上がりたいと思います。

 

DSC 3315 R

フォトギャラリー

  • DSC 3109 R竹田巧みな攻撃でチームはチームを勢いづけた
  • DSC 3112 R力強い大村のスパイク
  • DSC 3155 R相手の攻撃を封じ込めた西田と緒方のブロック
  • DSC 3176 R佐藤のプレーが今季何度もチームを救った
  • DSC 3201 R蔵田の強烈なサーブで連続得点を奪った
  • DSC 3280 Rストレート勝ちで全勝優勝を決めた
  • DSC 3306 R最後のリーグ戦となった4年生
  • DSC 3061 Rチーム一丸となり入れ替え戦へ挑む!

 法大今季アーカイブ

試合日対戦校結果
9/7 平国大 〇3-1
9/8 中学大 〇3-1
9/14 立大 〇3-1
9/15 立正大 〇3-0
9/21 桜美林大 〇3-0
9/22 山梨大 〇3-0
9/28 大東大 〇3-1
9/29 国士大 3-2
10/19 亜大 〇3-1
10/20 慶大 〇3-1
10/26 国武大 〇3-0

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み