水泳

【水泳】第58回日本選手権(25m)FINA競泳ワールドカップ2016東京大会 2日目 内藤が2日連続でB決勝へ進むもチームは厳しい結果に

第58回日本選手権(25m)FINA競泳ワールドカップ2016東京大会
2016年10月26日(水)
東京辰巳国際水泳場

大会最終日を迎えた法大水泳部。8名の選手がレースに臨むも予選を通過したのは内藤良太(人1)のみという結果。新体制となって初の大会を厳しい結果で終えた。

naitou R
昨日に引き続きB決勝に進んだ内藤

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
50m平泳ぎ 23位 神宮司瀬里奈 32秒14  
 200mバタフライ 16位 平野香緒里  2分11秒52  スイムオフ進出
400m自由形  35位 長濱瑠花  4分18秒86  

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
 200m自由形 25位  齊藤凌 1分49秒10  
 100mバタフライ 41位  林孝晟 53秒82  
200m個人メドレー 24位 齊藤凌 2分00秒62  
50m自由形 43位 平沼晃多 23秒24  
200m背泳ぎ 15位 内藤良太 1分56秒85   
1500m自由形 24位 市丸貴之 15分45秒11  

スイムオフ結果

種目順位選手名タイム備考
女子200mバタフライ  2位 平野香緒里  2分10秒66 スイムオフ敗退 

B決勝結果

種目順位選手名タイム備考
 男子200m背泳ぎ 4位  内藤良太 1分56秒89  
 

戦評

 大会2日目、内藤良太(人1)が1日目の男子100㍍背泳ぎに続いて男子200㍍背泳ぎで2日連続B決勝に進出した。男子200㍍背泳ぎ予選に出場した内藤は、あまり経験の無い短水路で日本選手権の自己記録を大きく上回るタイムをマーク。全体15位で見事にB決勝進出を果たした。決勝のレースでは序盤必死に上位に食らいつくも、後半疲れが出たのかうまく水中で潜ることができず、4位に終わった。これまでの大会では予選のタイムに比べて決勝のタイムが大きく落ちてしまうことが多かったが、今回は予選、決勝とほぼ同タイムで泳げたことは今後への収穫となった。

 1日目に男子400㍍自由形、400㍍個人メドレーの2種目でB決勝進出を果たした齋藤凌(経3)が2日目得意の男子200㍍自由形、200㍍個人メドレーに出場した。しかしながら、タイムは伸び悩み2種目とも全体24位、25位の結果に終わり予選敗退。女子200㍍バタフライ予選に出場した平野香緒里(人2)は、全体16位で同タイムの選手がいたため、熊本真季(山梨学大)とのスイムオフとなり、競り負けて惜しくも決勝進出を逃した。女子50㍍平泳ぎに出場した神宮司瀬里奈(現3)は全体23位、男子100㍍バタフライ予選に出場した林孝晟(経2)は全体41位、女子400㍍自由形に出場した長濱瑠花(経1)は35位、男子50㍍自由形予選に出場した平沼晃多(経1)は43位、男子1500㍍自由形予選に出場した市丸貴之(経1)は24位で予選敗退となった。

 内藤をはじめとした楽しみな選手が出てきた中で、まだまだ絶対的エース格がいない法大。次なる目標は来年の4月に行われる日本選手権だろう。そこでの活躍には冬の鍛錬は間違いなく必要になる。今大会が来季のHUST躍進へ向かうための足掛かりになることを祈りたい。(染矢翔)

選手コメント

内藤良太

―レースを振り返って
200㍍のレースを2本泳ぐということでとてもきつかったのですが、予選のタイムより決勝のタイムが落ちることがないようにしようと意識して泳ぎました。タイムはあまり変わらなかったのですが、最後まで諦めずに泳げたことは良かったです。

―決勝のタイムは予選と同じくらいでしたが
レースに対して気持ちをどういう風に持っていけばいいか少し掴めたと思います。

―短水路は細かいところが大切だとおっしゃっていましたが
短水路は潜って泳ぐ方が有利なのですが、今日のレースでは自分は苦しくなってあまり潜れなかったのでそういうところはまだまだ甘いなと思いました。

―この大会を振り返って
このようなシニアの大会では2回泳げるというのはなかなか無いことなので2種目とも決勝まで泳げたことはとても収穫となりました。

―日本選手権よりタイムが上がりましたが
シーズンが開けて泳ぎ始めてからあまり経っていませんでしたが、自分が思ってたよりも速いタイムが出たので良かったです。

―次のレースまでに改善したいこと
水中動作をしっかりしてきっちり潜れるようにすること、スピードをつけること、最後まで諦めない気持ちを身につけることです。

―今後の目標
来シーズンのインカレに向けた戦いは始まっていると思うので、1日1日を大切にして自信を持って来年の夏を迎えられるようにしたいです。

 

 

平野香緒里

―レースを振り返って
シーズン始まったばかりでまだ手探りの状態なんですが、今できることをできたので、次に活かせるかなと思います。

―短水路でのレースでした
もともと短水路は苦手なんですが、普段短水路で練習しているので、ターン後とかを意識してやりました。

―現在取り組んでいることは
今はバタフライじゃなくて自由形とか個人メドレーを中心にやっていて、基礎体力をつけようかなと思っています。ウェイトも始めたので、力をつけている時期かなと思います。

―今シーズンの目標は
来年の選手権でインターを切って、できれば表彰台に上りたいです。そのために今キツいことをやって、練習で力をつけていきたいと思います。

―次に向けて
次は最低でもベストが出せるように、頑張っていきたいと思います。

(スイムオフ後)

―レースを振り返って
予選よりは上げたんですけど、勝てなかったのは凄く悔しいです。

―残り25㍍での逆転となりました
来ているのは分かってたんですけど、結構キツキツだったので上げることができなかったです。

 

齊藤凌

―レースを振り返って
200㍍自由形を朝泳いで、昨日の疲労が抜けきらせることができなかったのが、率直な感想です。ちょっと不甲斐ないですね。

―得意な種目で苦しいレースとなりましたね
もったいないです。200㍍だったのでいけると思ってたが考えが甘かったです。

―2日間での収穫は
初日にあれだけレースやって、タイムを落とさずにいけたのが、2日目でここまで落ちてしまいました。来年のインカレを見据えたときに、インカレは3日間あるので、そこで落ちないように練習内容を考えてやっていかないといけないと思います。

―今後の目標は
4月の日本選手権では、自分の納得いく結果を残して、代表に入りたいと思います。

 

 

神宮司瀬里奈

―レースを振り返って
選手権を切ることを目標に泳いだんですけど、切れなかったんで。また次頑張ろうと思いました。

―短水路での泳ぎづらさは
いつも自分はクラブ練で短水で泳いでいるんです。なのでありませんでした。

―現在取り組んでいることは
今はスピードと言うよりベース作りをやっているので、体力をつけられるようにやっています。

―次に向けて
次は11 月に試合があるので、そこで選手権は切れるように頑張りたいです。

 

 

林孝晟

―レースを振り返って
この試合の位置付けは今どれくらいの力を出せるかを知ることなので、こんなものかなという感じです。

―100㍍でしたが、200㍍と同じく後半が伸びませんでしたね
やはり、まだ体が重くてスピードに乗りきれない部分があるので、仕方ないかなと思います。

―昨日からの変化は
あまり変えようとかはないです。レースを楽しむとか感覚を確かめることを意識してました。

―今後へ向けて
冬場のうちに体力をつけて、来年のインカレでは100でも200でも決勝に残れるようにやっていきたいです。

 

 

市丸貴之

―レースを振り返って
オフ明けから1ヶ月くらいで、思った以上に体が動いていなくて。さすがにもう少しタイムもいいかなと思ったんですけど、自分の想像以上に体がついてこなかったなと感じています。

―短水路での大会でした
得意と言えば得意な方なんですけど、ずっと長水路で練習していて、結構久々の短水路でしたね。もうちょっと出ても良いかなと思っていたんですけど。

―現在取り組んでいることは
インカレまでにベースのところは練習してきたので、ベースを活かしながらスピードを上げていけるようにという練習をしました。

―今季の目標は
とりあえずは選手権切って、選手権に出られるようにというのと、あとはインカレで得点を取れるようにして、法政大学に貢献できたらなと思います。

―次に向けて
次は1週間後かな。大会に出て1500㍍泳ぐので、頑張りたいと思います。

 

 

長濱瑠花

―レースを振り返って
最初の100まではいい感じかなと思ったんですけど、200、300と泳いでいくにつれてだんだん前の人たちと差ができてしまいました。キックとか入れるんですけど全然打てなくて、あっという間に終わっちゃったという感じですね。

―体調は昨日と比べて
昨日より悪くなってしまって。咳き込む感じでアップも全然できなかったです。

―今シーズンの課題は
ウェイトと体幹トレーニング。まずベースしっかりしてからスイムに持っていけたらいいなと思います。

―次に向けて
個人競技はこの400㍍自由形で終わってしまったんですけど、まだリレーがあるので、気を抜かないで頑張っていきたいと思います。

 

 

平沼晃多

―レースを振り返って
思ってたより、タイムが遅くて悔しいです。

―狙っていたタイムはありましたか
日本選手権の標準タイムを切れていないので、今回はその22秒58を切ろうと思ってました。

―短水路のレースとなりましたが
普段は長水路での練習なので、短水路ではいいレースができなかったですね。

―今後の目標は
とりあえずは去年は突破していた日本選手権の標準タイムが切れていないので、11月12月の試合でタイムを切りたいです。

 

 

 

フォトギャラリー

  • naitou R昨日に引き続きB決勝に進んだ内藤
  • hirano R平野は惜しくもB決勝出場とはならなかった
  • saitou R昨日の疲労からか失速した齊藤
  • serina R神宮寺は今後基礎体力の向上を狙う
  • kousei Rレースの感覚を確かめた林孝
  • itimaru R市丸は久々に短水路でのレース
  • hiranuma R平沼は日本選手権の標準突破を誓った
  • nagahama Rうなだれる長濱
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み