水泳

【水泳】第94回日本学生選手権 2日目 インカレさん、どうも初めまして柏崎清花です!!柏崎が1年生ながら銅メダルを獲得!!メドレーリレーでの奮闘もあり、シード権獲得へ大きく近づく!!!!

第94回日本学生選手権
2018年9月8日(土)
横浜国際プール

初日に続き2日目も法大勢にメダリストが誕生した。女子200㍍自由形の柏崎清花(営1)が予選を3位で通過すると、1年生ながらも決勝の舞台で動じることなく泳ぎ切り、銅メダルを獲得するという快挙を果たした。その他にも7人の選手が予選を突破し、リレーでも男女ともに決勝に進出するなどの結果を残し、男女ともにシード権内の総合7位で2日目を終えた。

 

初日の結果はこちら→【水泳】第94回日本学生選手権 1日目 夢の続きは100mへ 内藤が2年連続の2位で悔しい銀メダル獲得!! 他選手も奮闘し5種目が決勝へ まずまずのスタートを切る!!!!

kashiwazaki R
ルーキーで銅メダルを獲得した柏崎

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
200m自由形 3位 柏崎清花(営1) 2分1秒70 決勝進出
11位 柴田夏海(スポ1) 2分2秒72 B決勝進出
14位 長濱瑠花(経3) 2分3秒16 B決勝進出
100mバタフライ 11位 細川琴江(経1) 1分0秒79 B決勝進出
27位 平野香緒里(人4) 1分2秒13  
200m個人メドレー 23位 湯尻和佳(スポ4) 2分20秒54  
800m自由形 10位 河田華佳(スポ2) 8分52秒18  
22位 大塚妃呂子(経2)  9分1秒02  
4×100mメドレーリレー 8位 白井早弥香(現3)‐奈須田ゆうか(社1)‐細川‐森本優香(社1) 4分10秒71 決勝進出

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
200m自由形 11位 岡本拓巨(経2) 1分50秒77 B決勝進出 
29位 廣川剛己(経3) 1分52秒64  
40位 柳本純希(社3) 1分53秒70  
100mバタフライ 2位 赤羽根康太(人2) 52秒84 決勝進出
6位 林孝晟(経4) 53秒11 決勝進出
42位 塩澤雅人(スポ4) 55秒34  
200m個人メドレー 4位 常深皓貴(経4) 2分2秒38 B決勝進出
44位 林寛人(経4) 2分7秒67  
52位 滝本将大(社4)  2分8秒36  
1500m自由形 21位 吉岡康樹(経3) 15分49秒90  
24位 市丸貴之(経3)  15分54秒30  
4×100mメドレーリレー 3位 内藤良太(人3)‐宮本一平(人1)‐赤羽根‐後藤和真(経2) 3分39秒85 決勝進出

B決勝結果

種目順位選手名タイム備考
女子200㍍自由形 1位 柴田夏海 2分1秒40  
6位 長濱瑠花 2分3秒63  
男子200㍍自由形 5位 岡本拓巨 1分51秒64  
女子100㍍バタフライ 1位 細川琴江 1分0秒51  
男子200㍍個人メドレー 2位 常深皓貴 2分2秒40  

決勝結果

種目順位選手名タイム備考
女子200㍍自由形 3位 柏崎清花 2分0秒53 銅メダル獲得
男子100㍍バタフライ 6位 赤羽根康太 52秒94  
8位 林孝晟 53秒59  
女子4×100mメドレーリレー 7位 白井‐奈須田‐細川‐柴田 4分10秒06  
男子4×100mメドレーリレー 4位 内藤‐宮本‐赤羽根‐岡本 3分38秒94  
 

男子総合順位(2日目終了時点)

順位大学名得点
1位 中京大 215.0点
2位 明治大 194.5点
3位 早稲田大 194.0点
4位 近畿大 193.0点
5位 東洋大 157.0点
6位 日本体育大 130.0点
7位 法政大 126.5点
8位 中央大 120.5点

 

女子総合順位(2日目終了時点)

順位大学名順位
1位 日本体育大 220.0点
2位 中京大 218.0点
3位 東洋大 204.5点
4位 筑波大 189.5点
5位 神奈川大 182.0点
6位 日本大 180.0点
7位 法政大 118.0点
8位 早稲田大 100.0点
 

戦評

男子 

 初日を総合順位9位で迎えたインカレ2日目。法大男子は奮闘し、決勝に個人種目2人と4×100㍍メドレーリレー、B決勝に個人種目2人が駒を進めた。
 決勝進出を決めたのは、100㍍バタフライの赤羽根康太(人2)、林孝晟(経4)の2人だ。予選では、赤羽根は全体を3位、林孝は自己ベストを更新し6位で決勝を決めた。誰が勝ってもおかしくない決勝。林孝はなかなか順位を伸ばすことができず8位に終わる。しかし、赤羽根と決勝に出たいという想いをかなえ、チームに少しでも貢献できたことを喜び笑顔を見せた。昨年5位の赤羽根は表彰台も期待されたが、前半出遅れてしまい、追い上げることができずそのまま6位とする。
 また、200㍍自由形では予選11位で岡本拓巨(経2)がB決勝に進出。前半から積極的な泳ぎを見せる岡本だったが、なかなかタイムは伸びず5位に終わる。調子が良さそうであっただけに悔しい表情を浮かべた。
 200㍍個人メドレーでも、常深皓貴(経4)が0.2秒の差で惜しくも決勝を逃しB決勝に進んだ。迎えた決勝、得意の平泳ぎで一気に順位を上げるもタッチの差で2位に。昨年5位に輝いた種目でのこの結果は、悔しさの残るものであっただろう。
 最終種目の4×100㍍メドレーリレー。予選では、隣の中京大と競り合うレースになり敗れるも、全体を3位で通過する。自由形を岡本に入れ替え臨んだ決勝は白熱の表彰台争いとなった。1泳の内藤良太(人3)は徐々にスピードを上げ1位とわずかな差で2位につける。続く宮本は日本代表の渡辺一平(早大)が後から追いかけてくるも、自分の泳ぎだけに集中し順位をキープし次へバトンを渡す。後半戦、赤羽根は個人戦での結果を挽回しようと力強い粘りのある泳ぎを見せる。表彰台か否か。アンカー岡本は2位で引き継ぐも、その時点で3位、4位との差はわずか。逃げ切りたいところであったが、周りのトップレベルの選手には1歩及ばず、惜しくも4位と表彰台を逃した。レース後とても悔しそうな表情を浮かべた4人の選手を見るからに、表彰台に登れなかったその悔しさは計り知れないものであろう。
 しかし、多くの選手が大健闘した2日目は総合順位を2つ上げ7位とする。確実にシード権を取るためにも、最終日の法大男子勢の活躍に期待だ。

(記事:吉田あゆみ)

女子

 大会初日、シード権堅守に向けて好調な滑り出しを決めた法大女子陣。2日目の今日も若獅子たちの目覚ましい活躍が光る1日となった。
 今日最初の種目である200㍍自由形では、昨日の400㍍自由形で決勝進出を果たした柏崎清花(営1)が登場。予選では昨日の勢いそのまま全体の3番目に入る好順位で2日続けての決勝進出を果たした。また柴田夏海(スポ1)、長濱瑠花(経3)の両選手もB決勝へと駒を進め、この種目出場3選手全員が予選突破。幸先の良いスタートを切った。その後も、100㍍バタフライで細川琴江(経1)がB決勝に進出したかと思えば、800㍍自由形では河田華佳(スポ2) が前半から気迫溢れる泳ぎを見せ、全体10位で7点を獲得。予選を締めくくる4×100㍍リレーでは決勝進出が危ぶまれたが、まさかの昨年王者日体大の失格があり、奇跡の決勝進出を果たした。
 迎えた午後の決勝。200㍍のB決勝で柴田が1位を取りいい流れを作ると、決勝では柏崎が自己ベストを更新する2分00秒53の3位で銅メダルを獲得。個人種目では田中瑞穂(平28年度卒)以来、実に5年ぶりとなる1年生でのメダル獲得となった。柏崎は表彰後「今日が自分のメインレースだったので、すごく緊張していたが、しっかりと勇気を持ってレースをすることができた」と笑顔で語ってくれた。また3位という結果に関しては「表彰台に上れたということですごく自信が付いた。来年のレースではもっと上の順位、もっと上のタイムを狙いたい」と優勝への意欲を見せた。
 柏崎に刺激を受けたのか法大女子陣は、この後も奮闘を見せる。細川がB決勝でA決勝に残れなかった悔しさを晴らす泳ぎで1位を取ったかと思えば、4×100㍍リレーではアンカーに柴田を起用しも予選から順位を1つ上げ7位入賞の活躍を見せた。念願のシード権奪還へ、また一歩大きく近づいた。

 大会最終日も、400㍍個人メドレーの船木里菜(経1)や100㍍背泳ぎの白井早弥香(現3)など注目選手が続く。最終種目の4×200㍍リレーには今日表彰台に上った柏崎も出場が予想されるなど、シード権堅守に向けた法大女子陣の明日の決戦向けて期待が高まる。

(記事:中村祐悟)

選手インタビュー

柏崎清花

―レース前のお気持ちは
今日が自分のメインレースだったので、すごく緊張して体がガチガチになっていたんですが、しっかりと勇気を持ってレースをすることが出来ました。

―レースを振り返って
前半から積極的に行こうと思い、隣の白井璃緒(東洋大)ちゃんを目標に泳いでいました。少し離れてしまった時はやばいかなと思ったのですが、しっかりと自分のレースができたと思います。

―初インカレ初表彰となりましたが
3位を取れて、こんな風にお花を貰うのは初めてなので、すごくうれしい気持ちです。

―2日続けての決勝進出となりました
初めてのインカレだったので、すごく緊張をしていたんですが、チームの皆さんの応援と保護者の皆さんの応援が聞こえてきたので、すごくリラックスして泳げました。

―法大女子の目標である6位という結果にグッと近づく結果になったと思うのですが
明日のリレーもしっかりと結果を出して、みんなで点数をたくさん取って6位まで持っていきたいと思います。

―自己ベストも更新しました
目標タイムは59秒を出したかったので、ちょっと悔しいのですが、ベストということで少しずつ近づいていけたかなと思います。

―隣のレーンが白井選手ということで、同級生同士意識されると思うのですが
国際大会とかも出ている選手なので、すごい目標のとなる選手の隣で泳げたということは、すごくいいことだったと思います。

―今回に向けて泳ぎを変えたとの話でしたが
スピードがない選手だったの、練習の中でしっかりスピードをつけられるような練習を積んできました。

―どのような部分を変えたのでしょうか
呼吸の部分が長くなってしまっていたのを、素早く顔を仕舞うという部分と、足と手のタイミングをしっかり合わせるという練習をずっとしていました。

―3位という結果について
表彰台に上れたという結果で自信がすごく付いたので来年のレースでは、もっと上の順位、もっと上のタイムを狙っていけるように頑張っていきたいです。

―明日に向けて
明日は800㍍のリレーなので、しっかり自分がみんなを引っ張っていけるようなタイムを出せるように頑張ります。

kashiwazaki R初のインカレで大躍進

赤羽根康太

-個人種目のレースを振り返って
予選は2組目ということで、気持ちよく泳げるレースを陣どれて。ずっと本当にこの1年間、日本選手権、ジャパンオープンとタイムが出ない日々が続いて、泳いでる時もやっぱりきつかったのですが、タッチして52秒というタイムが見えて、1年ぶりにそのタイムが出せて安心したといいますか、これはA決勝に残ったなと思ったので自分の目標が1つ達成できたのかなと思った瞬間でした。決勝に関しては、あんまり予選のタイムも良くなかったので、もう楽しんで泳ぐことだけを。1年目には味わえなかった楽しさというか、何も背負わずに自分らしくできればいいのかなと思って泳いだレースでした。

-決勝のレースには高校の先輩である矢島優也(明大)選手がいました
高校の時は同じ高校に進学しまして。彼の元で彼がどれだけすごい選手なのか見定めるために、同じ春日部共栄高校に進学し、大学では敵同士として、3年間で培ったものを今度はこの大学4年間で彼を超えられるようにという目標を1つにやってきましたが、やはり代表レベルの選手はすごいなと思った瞬間でした。

-スウィン大宮勢が活躍しています
去年僕がA決勝に残って大きく取り上げてもらったのですが、実際自分の中ではそんなにすごいことと思っていなくて。いつでもメダルを取れたり、いつでもベストタイムで来れるような選手、一平にしても内藤くんにしても、彼らみたいな選手が今の法政チームには足りないのかなと思うので、あと2年しかないのですが僕ら3人がそこを補っていけたらなと思います。

-インカレ前の練習では少し疲労が溜まっていたように思えます
日本選手権、ジャパンオープンと結果が良くなかったので、インカレで不安も払拭できたら良いなと思って日々練習を頑張っていたので、やっぱり辛かったですね。もし僕がしくじったらシード落ちとか確定しちゃうので、ずっと普段からもそのことは頭の中にあって練習していました。僕がやらなきゃいけないんだ、僕がもっとしっかりしないといけないんだという感じで。そういう葛藤した日々がありましたね。

-これからに向けて
このタイムだったら日本選手権でもA決勝だったりB決勝に残れると思えるタイムだったので、いつでも52秒が出せるように。あとはチームの皆さんが優しい人ばかりで、本当に法政に進学して良かったなって思えるので、残り2年を使ってもう卒業された先輩方にも頑張ってるよって、法政大学強いよって証明できる選手になれたらなと思います。

akabane R赤羽根は惜しくも5位で昨年のリベンジとはならなかった

女子4×100mメドレーリレー

―今のレースを振り返って
白井:予選のタイムを見て、もうちょっと上げたいなと思っていて1分2秒台を出したかったんですけど出せなくて、ふがいない気持ちでいっぱいでした。だけど、後の3人の後輩が一生懸命やってくれたのでタイムを上げる事ができて良かったです。
奈須田:昨日の個人の100がふがいない結果だったので、今日は絶対に頑張ろうと思って泳いで決勝にも残れて良かったです。
細川:個人のタイムがあんまり良くなくて、この悔しさをここにぶつけて頑張りました。
柴田:今日までのレースで自分が取らなければいけない点数を取れていなかった中、リレーで8位に残ってもらえて決勝で順位を1つ上げられたので良かったです。

―レース前、話し合ったことは
白井:とりあえずタイムを上げることと楽しむことを話してました。
奈須田:そうですね。

―予選は日体大の失格があっての決勝進出でした
白井:正直、運もあったと思うんですけど決勝では順位を上げることができたので、ギリギリではなかったことを証明できたのかなと思います。
奈須田:運も実力のうちと言うので、ここで戦えたことは良い経験になったと思います。
細川:運が良いのも多かったと思いますが、それよりも1人1人が頑張ったからだと思うので、良かったです。
柴田:予選は森本に泳いでもらったので、正直8位って聞いたときはホッとしました。

―次に向けて
白井:私は個人の100があるので、1点でも多く稼げるようにしていきたいです。
奈須田:明日は200があるので1点でも多く法政に貢献でにるように頑張ります。
細川:今大会はベストが出なかったんですけど、それは来年にお預けとして明日は応援を頑張りたいと思います。
柴田:明日は8継があるので、優勝を狙ってそこまでいければ良いなと思います。

joshimedore R女子はチャンスをものにして7位入賞

男子4×100mメドレーリレー

-今日のレースを振り返って
内藤:4人の目標としては表彰台に上がることで、その上で個人個人がしっかりベストを尽くして泳ごうという気持ちで臨みました。
宮本:僕は自分の泳ぎをやろうと思っていたので、その点はできたのかなと思います。
赤羽根:僕は今日4本目だったのですが、個人の結果が不本意な結果になってしまったのでチームのために最後は泳ぎました。
岡本:4人の目標は表彰台だったのですが、2番でバトンを受けて最後4番まで落としてしまったのがすごい悔しいので、来年はまたこのメンバーでリベンジしたいなと思います。

-レース前に話し合われたことは
内藤:とりあえず力まず、あまりプレッシャーを感じずに、負けたら負けたでいいので悔いのないようにレースをしていこうと話しました。

-岡本選手は決勝からの出場でした
岡本:自分の個人が終わって、リレーも予選が終わってから決勝はお前でいくと言われたので、言われたからにはしっかり結果を残したかったので。この4人でリレーを組めたのはとても楽しかったです。

-宮本選手は渡辺一平(早大)が追いかけてくる中順位をキープしました
宮本:周りを意識していたら自分の泳ぎもタイムも順位も良い方向にいかないと思ったので、周りを気にせず自分の泳ぎをしていったのでやっぱり周りはどうこうじゃないなと思いました。

-内藤選手は宇野柊平(中京大)と予選決勝と隣で泳ぎました
内藤:やっぱりずっと隣で泳いだりだとかしてきた仲だったので、負けないようには意識しました。

赤羽根選手は4本目のレースでしたが疲労とかコンディションの方は
赤羽根:個人が潰れて、リレーで少し力を貯めてしまったところがあって。今年はもうチームのために全力で泳ぎきろうと思えたので、本数とか関係なくやっぱりタイムをもっと上げる必要があったレースなのかなと思います。

-練習の時からこのメドレーリレーがポイントになると仰っていました
内藤:順位を狙えるメンバーであるので、勝負に加わって来るのではないかと思っていました。

-(赤羽根選手以外の3人は)明日に向けて
内藤:まだ終わったわけではないので、明日も切り替えてレースしたいです。
宮本:明日は本命なので絶対に表彰台に登ります。
岡本:明日は800㍍フリーリレーと個人の100㍍があるので、個人ではしっかり自己ベストを更新して、1回でも多く泳げるようにするのと、リレーでは4人で力を合わせてA決勝を目指して頑張りたいと思います。
宮本:最後に一言言わせてください。来年は、このメンバーで組める最後のメドレーリレーで。今年は4番でしたが絶対に来年は1番高いところに登ります。

danshimedore Rこの雪辱は来年へ

岡本拓巨

―今のレースを振り返って
昨年は、17番で目標がA決勝の中でB決勝にも進めず、チームに1点も貢献できなかったんですけどB決勝に今回は残れて良かったです。ただA決勝を狙っていてB決勝だったので、絶対に1番を取りたかったんですけど、やはり後半の伸びが少し足りなかったのかなと思います。

―予選を通して調子は
今大会を通してそうですが、昨年よりは調子は全く悪くないと思ってます。最初は自分の良い泳ぎができたかなと思います。

―1年生の最初の時期はけがもありました
タイムが出ない時でも同期や先輩方が応援してくださっていたり、両親の方にも色々とサポートしてもらっていたので、タイムは良くなかったですけどB決勝を泳げたっていうのは昨年のリベンジを果たせたのかなと思います。

―まだリレーの出場があると思います
2時間後に行われるメドレーの方でもアンカーを務めさせてもらいます。そこで、しっかりスウィン大宮勢が1番できてくれると思うので、逃げ切って必ずメダルを獲って帰ろうと思います。

細川琴江

―今日のレースを振り返って
リレーの予選を泳いだ時に、タイムが上がっていたので、ベストが出せると思っていたのですが、そんなにいいタイムが出なかったので悔しいです。

―今日の調子は
悪くはない感じがしていたのと、チームの雰囲気もすごく良かったので自分的には行けると思っていました。

―レース前はどのような気持ちでレースに挑まれた
不安も大きかったのですが、チームのみんなが声を掛けてくれたので、そのおかげで頑張れました。

―決勝のレースはいかがでしたか
すごく自分の力不足を突き付けられた感じがして、たくさん課題が見つかったレースになりました。

―法大女子の好調が続きますが
シード校ギリギリというところなんですけど、チーム力は一番あると思うし、すごくいい雰囲気で来ていると思います。

―インカレを振り返って
満足のいく結果が出せなくて、悔しい気持ちが大きいので、その気持ちを次につなげたいと思います。

―今後に向けて
来年はちゃんと自分のレースをしてベストタイムを出せるようにします。

柴田夏海

-今日のレースを振り返って
昨日今日と決勝に残って戦って点数を取らなければならない場面だったのですが、それをB決勝まで落としてしまったのでB決勝での最大の点数を取れるように頑張りました。

-B決勝では自己ベストに近いタイムを出しました
高校2年生からベスト更新できてなくて今日こそはと思ったのですが、いつもほんの少しで逃してしまうのでそこは悔しいです。

-昨日の400㍍では調子が悪かったように思えます
緊張感というよりも自分の中での油断とかプレッシャーに打ち勝てないという気持ちの弱さが出たのかなと思います。

-初めてのインカレの雰囲気
タイムが悪い時でも先輩方が声をかけてくれたり、サポートしてもらった部分があるので、自分の中でも次頑張ろうって思える要因にもなるし、やっぱり応援をすごいしていただけるので、それを力に変えられる楽しい雰囲気です。

-昨日4本、今日2本と疲労の方は
正直なところは溜まっているのですが、でも今日は決勝に上がれたのでやっぱりまだいけるなと思うし、調子も悪くないと思うので、あと3本頑張りたいです。

-次のレースに向けて
今日のメドレーリレーでは少しでも順位を上げて、明日の800㍍フリーリレー では表彰台も狙えると思うのでしっかり狙っていきたいです。

長濱瑠花

―今のレースを振り返って
予選は絶対にB決勝かA決勝に残りたいと思って挑んだレースだったので、タイム的にはあんまり良くなかったのですが、まずB決勝に残れたことに安心しました。1年生の時に、それで気が緩んでタイムと順位を落としてしまったので今年は絶対にそうならないように頑張りました。

―調子自体はいかがですか
調子は良いんですけど、調子よりも気持ちの方が大事だなってことに水泳続けて15年くらいなんですけど、やっと気付きました。

―昨年のインカレから立て直せてこれた要因
きっかけは去年のインカレで、ふがいない結果で終わってしまった事で、自分自身諦めかけていたんですけど、それをコーチとか周りの皆が諦めないでくれていたので、そこから変わりたいと思って変われました。

―最後になる4年生への思い
本当に良いチームで、そのチームを作り上げてきてくれたのが4年生だったので、まずは結果で恩返しってことと4年生の泳ぎをしっかり見届けていきたいと思います。

―これからに向けて
ちょっとまだ昨年のインカレから1年で、復活までに時間が足りなかったので絶対に来年はA決勝に残れると思うし、そこで表彰台に絡んでいけるようなタイムをインカレの前から出せるようにして気持ちも高くしていけたらなと思います。

河田華佳

―今日のレースを振り返って
今日は前半から先頭の人について行こうと思っていたのですが、200㍍くらいから離され始めて心が折れそうになった時に、このまま折れたらいつも通りだなと思って踏ん張ってレースをしました。

―いつもとレースプランをだいぶ変えたように見えたのですが
いつもは、前半は楽に入って後半上げていこうと思っていたのですが、それだと結局いつもと同じなので、今日は前半から行こうと思ってやりました。

―いつ変えようと思われたんですか
練習の時は後半を上げる意識ばっかりしていたんですが、昨日の400㍍のレースでそれでは結局ダメだなと感じたので、今日は変えてみました。

―この結果を振り返って
このタイムじゃ決勝に残れないし、たぶん16位までの点数に絡めるか微妙な所ですけど、ここ最近のレースの中では一番いいレースが出来たんじゃないかと思います。

―インカレを振り返って
決勝に残って明日も泳ぎたかったのですが、今のこのタイムが自分の実力ということをしっかりと認識して、来年再来年に活かしていきたいです。

―今後に向けて
レベルがすごく上がっていると思うので、今のままでは何も変わらないのと思うので、しっかりとオフ明けから気持ちを切り替えて、来年はさらにステップアップできるように頑張りたいです。

林寛人

-今のレースを振り返って
着いてみて、思ったよりタイムが遅かったので、全体的にちょっとレベルの低い感じで泳いでしまったなって感じです。

-インカレまでどのように取り組んだか
6月にあった大会でベストよりかなり遅いタイムで泳いでしまって。心肺機能がすごく低下しているということで、心肺機能向上メニューを多く取り入れてきて、試合当日もかなり、ウォーミングアップがてら結構上げてく感じでやりました。

-4年生として迎えるインカレは
僕らが4年生の代は絶対シードを落としたくなくて。4年生の僕がしっかり点を取りたかったので悔しいです。

-今後期待したい後輩
今年入ってきた宮本一平(人1)くんが、昨日1ブレで5番という結構良い結果を残してくれたので、来年からもその勢いで法政を引っ張っていってくれたらなと思います。

-大学4年間を振り返って
4年間タイムは伸びなかったのですが、仲間と一緒に競技できるっていうのは大学の良い所かなと感じたので、とても良い思い出になりました。

-感謝を伝えたい人
両親ですね。広島から出てきたので、遠くから支えて下さった両親に感謝したいです。

-後輩にエールを
リレーもやっぱり2,3年生がメインとなっているので、今回も良い結果を残して、法政を強くしてくれたらなと思います。

塩澤雅人

―今のレースを振り返って
4年間で色んな思いが込み上げてきました。

―インカレに向けて調整したこと
自分腰を痛めていたので、一人よりしないといけない事が多くあって、しっかりコーチやトレーナーさんと話し合いながら練習を積んできました。

―4年間を振り返って
気付くの遅いなって感じなのですが、すごい感謝しかないです。

―主将の常深選手について
チームの事を毎日毎日考えてくれた1年間だったので、すごい感謝しています。

―金田コーチについて
(金田)和也コーチは、腰の事で色々あったのですが真摯に向き合ってくれてありがたかったです。

―チームの雰囲気
すごい良い雰囲気なので、男子は厳しい状況ですけど、法政の今の勢いならいけると思うので、頑張っていきます。

―これからの目標
この水泳を通して学んだ事は、いっぱいあると思うので、社会人になってもいかしていきたいです。

滝本将大

―今のレースを振り返って
ベストが出ると思ったのですが前半突っ込もうと思って力んでしまって。後半いつも出なきゃいけない所なのですが力が出なかったですね。

―1年生で出場して以来、久しぶりのインカレ出場でした
その時も予選落ちしているので気持ちがあった分、空回りしちゃったのかなと思いますね。

―同期について
初日から、皆最後に4年生の意地を見せてくれて頑張ってくれてるので、僕もその波乗りたかったのですが、うまくいかなかったです。

―4年間振り返って
結果が最後まででなかったのは悔しいですけど、最後までできたなって思います。

―同期について
本当に(常深)皓貴がまとめてくれて、皓貴が主将で良かったなと思います。

―4年間で思い出は
全部ですね。

―八塚監督への思い
恩返しできなくて申し訳できなかったですが、ここまで色々教えてもらって感謝しています。

―次に向けての目標
水泳は人間形成の道なりとの言葉があるんで、社会に出たときに法政の出身は違うなというのを見られるように人として成長していきたいなと思います。

―残りのインカレについて
結果で恩返しできなかったですけど、何かしらやってきたことは引き継げたと思うので、まだインカレは終わらないのですが、とにかく楽しくやっていきたいと思います。

市丸貴之

-今のレースを振り返って
きついっすね。昨日の400がすごいふがいなかったので、来年頑張ろってこともありますし、1500だけでも絶対良いところまでいってやろうと思ったのですが、力不足が身にしみました。

-昨日レースもありましたがコンディションの方は
みんなそんな中で戦っているので、それは言い訳にできないなと思いますが、正直ちょっと疲労はあります(笑)。

-インカレにおいてチーム全体としてどうか
僕は3年生なので3回インカレを経験しているのですが、雰囲気的には1番盛り上がっている大会かなと思いますし、結構惜しいところで取りこぼしているのは見られるのですが、チーム全体で盛り上がって、何としてでもシードを守ろうと頑張っているので、きっと良い結果につながるのではないかと思います。

-次期主将としてインカレをどのように臨んでいるか
第一は結果を残せるようにと思ったのですが、それはちょっとかなわなかったので、そこは1年、来年のインカレに向けて頑張ろうと。来年主将ってことで僕らの代が1番上になるので、自分の結果もそうですけど、周りもよく見なければならないと思っていて。特に4年生からはこの大会で学べる所はたくさん学んで、得るものをしっかり得て来年につながる試合にしたいと思います。

-4年生の存在というのは
僕らが入学してからすごい色々な面でお世話になってきたと思います。練習もそうですし、私生活の面でも。僕らの代みんなそうだと思うのですが、すごい4年生の存在というのは大きくて。人数も多いですし、抜けてしまうことはすごい寂しくて、来年不安に思うこともあるのですが、その中で4年生も、昨日の(森本)祥之(経4)さんもそうですし結果を残してきてくれているので、精一杯僕らで応援して、良い結果で笑ってもらえるように頑張りたいと思います。

-残りのインカレ期間どのように過ごしたいか
僕はもうこれで終わったので、しっかり残りの選手のサポートをして応援して。あとはさっきも言ったのですが、4年生から得るものをちゃんと得て、来年につながるようにあと1日過ごしていきたいです。

吉岡康樹

-今のレースを振り返って
今までの大学の1500の中で1番状態の良いレースだったので、絶対にベスト出してやるぞって気待ちで泳いだのですが、あと2秒ちょっと届かなくて。それは悔しいのですが、大学水泳始めてから16分の壁にずっと付き合っていて、超えられないことが自分の自信の無さだとかの原因になっていたので、その壁を1枚2枚も取り払えた気分で。ベスト出ないのは悔しいですけど、すがすがしい気持です。

-16分の壁を乗り越えられた要因
1年目と2年目と全く違うのは、チームの雰囲気だと思っていて。今のチームは絶対に点数を取らなきゃいけないぞみたいな、そういう雰囲気じゃなくて、とりあえず自分のベストを出せば、チームに流れもくるし、チームのシードも絶対に取れるぞっという、そういう楽しい水泳ができているチームで。その中で、僕の泳ぎは少し固くなるとダメになる泳ぎで、楽に泳ぐことを課題としていたので、その気持ちが晴れた分、だいぶ楽に泳げるようにはなってきたと思います。

-インカレまで取り組んできたこと
今年は比較的自分で練習メニューを考えてやる機会っていうのをもらえたので。いかに楽に速く泳いで、自分の目標としている点数を刻むかっていう練習をしていました。

-次期寮長として
まずは寮生が安心して暮らせる寮を作ること。それから新しく入ってくる1年生にも、体育会の上下関係だとかを怖がって萎縮するような寮にするのではなくて、今のチームの状態ののような全員で楽しく水泳をやって、なおかつ結果も出せるようにしたいです。

-今回のインカレでほとんどの4年生が引退します
今の1個上の先輩たちには本当にお世話になったことばかりだったので、本当に悲しいです。ただ悲しいですけど、今の4年生があって今のチームが成り立っていると思うので、その先輩たちが築き上げてきたチームを絶対に僕達の代で崩してはいけないと思っていていて、そこには責任感を感じています。

-残りのインカレ期間どのように過ごしたいか
僕はもう競技が終わってチームのサポートをするだけなので、全力を出しつくしたいと思います。

廣川剛己

-今のレースを振り返って
全然目標にしてたタイムと程遠くて。昨日の最後の400㍍リレーで調子が上がっていたので、今日はいけると思ったのですか、全然目標タイムに届かなくて残念です。

-昨日のレースによる疲労は
そこまで溜まっていたわけではないのですが、思ったようなタイムが出なかったので残念です。

-インカレまでに取り組んできたこと
前半からいくことを目標にしていたので。今日は前半から遅れをとってしまったので残念です。

-昨日の時点で総合順位は9位でした
初日はみんな取れる分だけ取っていて、9位という順位はまだまだ焦る順位ではないかと思います。

ー明日のレースに向けて
全くこのタイムでは通用しないので、もっともっとタイムを上げて明日に調整したいと思います。

大塚妃呂子

―今のレースを振り返って
9分を切りたかったので、本当に悔しかったです。

―前半から積極的にいっているように見えました
周りは速いので、前半置いていかれると気持ちがまいっちゃうと思って、落ち着きながら突っ込んでいきました。

―後半は疲れたように見えました
そうですね。

―前のレースでは河田選手が好タイムを出しました
そうですね、(河田)華佳は昨日の悔しさを晴らすと思っていたので、その波に乗っていこうと思いました。

―インカレの雰囲気
去年は、緊張していたのですが今年は地元ってこともあって楽しめたのかなと思います。

―4年生への思い
昨日も引退レースを迎えた方がいてその度に泣かされたので、本当に今までの感謝の気持ちが溢れてます。

―最後にこれからに向けて
来季は何に出るかまだ分からないのですが、色んな種目に挑戦していこうと思います。

フォトギャラリー

  • kashiwazaki R笑顔がはじけた(柏崎)
  • kashiwazaki2 R終盤での逆転で銅メダルを獲得(柏崎)
  • akabane R赤羽根は来年にリベンジだ
  • danshimedore2 R3強に及ばず、来年こそ表彰台へ
  • hayashik Rラストレースとなった林孝はA決勝まで進出
  • joshimedore R女子はうれしい7位入賞となった
  • hosokawa RB決勝で1位となり、来年はA決勝へ(細川)
  • shibata R柴田は2日目にして7本のレースを泳ぎ、疲労困憊。それでもラスト2本力を振り絞ってくれ
  • nagahama R帰ってきた長濱、来年のインカレはA決勝に残って完全復活へ。
  • okamoto R岡本は昨年17位の悔しさを晴らすも、次はA決勝へと闘志を燃やす
  • tsunefuka R主将常深、最後のインカレで始動
  • tsunefuka2 R思うようなタイムが出ずチームに謝る場面も(常深)

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 Image 9afeafe R

定期購読の申込み