水泳

【水泳】第96回日本学生選手権 女子 柏崎が苦しみながらも3年連続の表彰台!目標としていたシード権をチーム一丸で掴みとった!

第96回日本学生選手権
2020年10月1~4日
東京辰巳国際水泳場

男子同様、昨年は10位でシード権を逃した女子も、シード奪還を掲げ大会に挑んだ。チームを牽引したのは昨年400㍍個人メドレーで金メダルを獲得した柏崎清花(営3)。200㍍個人メドレーは予選全体1位で通過するも、決勝では6位となり表彰台入りを逃した。しかし、最終日に行われた400㍍個人メドレーでは見事3位に輝き自身として3年連続、女子選手では唯一となる表彰台入りを果たした。齊藤涼夏(社2)、田中瑞姫(現2)は惜しくも決勝進出は逃したものの、自己ベストを更新し来年以降につながる結果となった。最終種目となる4×200㍍フリーリレーは6位入賞を果すと、昨年から順位を三つ上げ6位の早稲田大学と0.5ポイント差の7位となりシード権を奪還した。熊谷笑里(経4)は「シード奪還することができ、最高の試合を行うことができました。」と今大会を振り返った。

S  187613194 R
決勝進出を果たした4×200㍍フリーリレー

試合結果

予選結果

種目順位選手名タイム備考
50m自由形 23位 森本優香(社3) 26秒71  
31位 松浦麻理亜(経1) 26秒93  
27位 熊谷笑里(経4) 26秒85  
100m自由形 17位 森本優香(社3) 57秒22  
34位 鈴木奈々花(経2) 59秒34  
25位 松浦麻理亜(経1) 58秒12  
200m自由形 6位 柴田夏海(スポ3) 2分02秒16  決勝進出
400m自由形 22位 大塚妃呂子(経4) 4分23秒18  
13位 河田華佳(スポ4) 4分18秒21 タイム決勝 
4位 柴田夏海(スポ3) 4分14秒80  
800m自由形 15位 河田華佳(スポ4) 8分55秒47  
14位 篠田沙彩(経1) 8分54秒49 タイム決勝 
12位 中島千咲代(現1) 8分50秒47 タイム決勝 
100mバタフライ 20位 船木里菜(経3) 1分01秒48  
24位 山川唯巴(法2) 2分20秒91  
200mバタフライ 14位 船木里菜(経3) 2分14秒17  
24位 山川唯巴(経2) 2分20秒91  
12位 中島千咲代(現1) 2分15秒11 タイム決勝 
100m背泳ぎ 13位 船木里菜(経3) 1分03秒47 決勝進出 
14位 関口真穂(スポ2) 1分03秒53  
200m背泳ぎ 7位 小川真穂(経3) 2分15秒31  
5位 関口真穂(スポ2) 2分13秒97  決勝進出
100m平泳ぎ 12位 奈須田ゆうか(社3) 1分10秒93  
13位 齊藤涼夏(社2) 1分11秒37  
200m平泳ぎ 9位 齊藤涼夏(社2) 2分30秒10  
17位 庄司朋世(スポ1) 2分32秒84  
200m個人メドレー 1位 柏崎清花(営3) 2分15秒09 決勝進出 
9位 田中瑞姫(現2) 2分16秒91  
13位 庄司朋世(スポ1) 2分19秒21  
400m個人メドレー 2位 柏崎清花(営3) 4分49秒74 決勝進出 
9位 田中瑞姫(現2) 4分53秒72  
21位 森柄花菜(法1) 4分59秒92  
400mフリーリレー 9位 森本‐柴田‐松浦‐柏崎 3分49秒68  
800mフリーリレー 6位 柴田‐柏崎‐田中‐河田 8分15秒37 決勝進出 
メドレーリレー 10位 関口‐奈須田-船木‐柴田 4分12秒46 決勝進出

決勝結果

種目順位選手名タイム備考
200m自由形 5位 柴田夏海 2分01秒69  
400m自由形 13位 河田華佳 4分18秒21  
8位 柴田夏海 4分16秒96  
800m自由形 14位 篠田沙彩 8分54秒49  
12位 中島千咲代 8分50秒47  
200m背泳ぎ 7位 小川真菜 2分15秒37  
5位 関口真穂 2分14秒72  
200m個人メドレー 6位 柏崎清花 2分15秒56  
400m個人メドレー 5位 柏崎清花 4分45秒80  
800mフリーリレー 6位 柴田-柏崎-田中-河田 8分13秒52  

女子総合順位

順位大学名得点
1位 神奈川大 390.0点
2位 東洋大 355.0点
3位 日本体育大 331.5点
4位 中京大 253.0点
5位 日本大 249.0点
6位 早稲田大 197.0点
7位 法政大 196.5点
8位 明治大 190.0点
9位 新潟医福大 180.5点
10位 筑波大 177.5点
 

選手コメント

小川真菜

ーインカレを振り返って
200背泳ぎで、目標にしていたA決勝に残ることができました。10月に体をベストコンディションまで合わせることが大変で、タイムが予想以上に遅かったです。
400のメドレーリレーのレギュラーに選ばれたかったですが、それが叶わなかったのが残念でした。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
4月に開催予定だった日本選手権に向けて、2月3月合わせて1ヶ月以上高地合宿に行っていて調子が良かったので、日本選手権がなくなり身が入らないこともありました。試合がない間は無我夢中で練習していました。普段当たり前に練習したり、試合をしていることはありがたくて本当に幸せなことだと非常に強く感じた1年でした。

ー4年生との思い出
1つ上の学年で、私たちが入学した時は沢山怒られたりもしました。当時は反抗的な気持ちも強かったですが、上級生になり、いまではありがたかったと感じています。主将の下田さんには、日頃から気にかけて頂いていて、クラブ練でも居やすい環境を作ってくださっていて、本当に感謝しています。

ー来年への意気込み
1年生では予選落ち、2年生ではB決勝、3年生では決勝と階段は登ってきているので、ラストイヤーの4年では自己ベストとインカレメダル獲得を目標に頑張りたいですね。

柏崎清花

ーインカレを振り返って
今年は思うように調子を上げられず不安がとても大きい中でのインカレでした。正直決勝も残れるか不安でした。そんな中色々な方から声をかけていただき、レース中の声援はありませんでしたが今までの中で1番周りの方々に支えられていると感じました。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
久しぶりに体調を崩したり体の痛みが出たりと調子とメンタルの浮き沈みが比較的多かったような気がします。

ー4年生との思い出
今の4年生が部活で一緒にいた時間も多くとても関わりが多かったです。私はクラブで練習をしているので法政のプールで合宿をする時や試合などでしかお会いできませんでしたが、そういった時は必ず声をかけていただいて可愛がっていただいたので引退してしまうのは本当に寂しいです。

ー来年への意気込み
来年はついにオリンピックが開催されるということで最後まで諦めずオリンピックを狙います。

柴田夏海

ーインカレを振り返って
今年のインカレは感染対策がされ、普段と違う状況でしたが開催されることに感謝をしてレースに出ました。その中で3年生になりやっと2種目決勝に進むことができました。タイムや順位は目標に届かず悔しい思いばかりでしたが、レースの楽しさを思い出せました。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
今年は2月にベストも出て、良いトレーニングが詰めた年だったと思います。課題を克服するために苦手な練習も積極的に取り組めました。

ー4年生との思い出
たくさん思い出があり、一緒にリレーを組んだりいつもレース前に声をかけてもらったりとても心強く、感謝でいっぱいです。掲げた目標「下剋上」を男女シード奪還という形で達成できてとても嬉しかったです。

ー来年への意気込み
来年は最上級生となるので結果でチームを引っ張っていけるように、そして同期全員笑顔で終われればと思っています。ラスト一年水泳を全力で楽しみ、最高の結果を出せるように頑張ります。

奈須田ゆうか

ーインカレを振り返って
タイムは全く満足できないですが、感覚や試合の雰囲気を久しぶりに感じることができて、収穫の多い試合になりました。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
自分史上一番泳がなかった年

ー4年生との思い出
たくさん怒られ、たくさん笑いました。毎日が思い出です。

ー来年への意気込み
ラストなので、絶対決勝残ります!

船木里菜

ーインカレを振り返って
インカレまで調子がなかなか上がって来ず、コロナウイルスの影響で合宿に行けず、長水路で1度も練習が出来ずにいたりと、不安だらけだったのですが、泳ぎたくても泳げない人がたくさんいる中、チャンスをもらったからには胸を張って自信を持って泳ごうと決めていました。個人の結果としては、今できることを出し切り、少しでも点を取ることができてチームに貢献できて良かったです。ですが、今年は決勝ラインが例年より1秒近く下がっていて、チャンスだったと思うのでとても悔しいです。チームとしては念願の男女共にシード奪還できてとても嬉しいです!

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
約2ヶ月間泳げなかった時期があったり、目標を見失い気持ち的に辛い時もありましたが、その時間は自分自身を見つめ直すきっかけとなりましたし、良い時間だったと思います。とても濃い1年でした。

ー4年生との思い出
私はクラブ練なので、共に過ごした時間は少ないのですが、試合や学校でお会いした時にふなき〜と呼んでくださったり、小まめに連絡をくださったり、とても良くしてくださいました。1番関わりがあった学年なのでとても悲しいです。

ー来年への意気込み
私は今まで最後の最後に追い込まれると強い傾向にあるので、来年は爆発します!!また水泳人生最後の年なので、悔いのないように楽しんで、笑顔で終われるよう、今までお世話になった方に恩返しができるよう頑張ります!!

森本優香

ーインカレを振り返って
タイムは徐々に戻ってきました。でもやはりチームの皆の活躍を前にすると悔しさ、虚しさが込み上げてきました。それと同時に来年こそはやってやる、とプラスな感情が湧いてきました。どちらの気持ちも忘れる事なく日々の練習の糧になればと思います。
そしてなにより、シードを奪還したこと、これはチームにとってとても大きな事だと思います。来年も死守。そしてさらに上を目指していきたいです。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
練習環境を変える決断をし、覚悟を決めた重要な年でした。自分への甘えを断ち切り前に踏み出せたのではないかと思います。

ー4年生との思い出
どの先輩方にもとてもかわいがっていただきました。学校で練習していた日々が充実していたのは四年生のおかげです。いてくださるだけで和む雰囲気、高まる士気、安心感。全てを私たちに与えてくださりました。感謝の気持ちでいっぱいです。

ー来年への意気込み
来年は絶対ガウンをきて決勝の舞台に立ちます。ずっと支えてくださる和也さんに結果で恩返しを!競泳人生、悔いなく終われるように日々邁進致します。

齋藤涼夏

ーインカレを振り返って
異例の開催形式で、探り探りの状態で戸惑いや不安もある中でも、100mで自己ベストを出すことができたのは嬉しかったです。でも、調子いいと感じている中で臨んだ200mでは、後一歩決勝進出に届かなかったのが悔しいところです。また、先輩と一緒に決勝に残ろうと約束をしていたけれど、その約束を守ることができなかった事が心残りです。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
幸先がわからない状況の中で改めて競技と向き合うことができ、いつ試合が行われるのかわからない状態でも、自身の出せる力を出せるように準備をすることの大切さを感じました。

ー4年生との思い出
コロナウイルスの影響で全員が集まって顔を合わせてのミーティングができない時に、オンラインでミーティングをしてくださるなど様々な方法を考えて交流する機会や、チームの意識を高めるために行動してくださったのがすごく印象に残ってます。
すごく頼りになって、かっこいい先輩方です。

ー来年への意気込み
今年200mで決勝に残ることを目標にしていたけれど果たせなかったので、来年は自己ベストを更新して必ず決勝進出を果たしたいです。
100mではまだ点数を取ることがやっとの状態なので、練習を重ねてスピードをつけ、今年より高い順位で少しでも法政大学水泳部に貢献できるようにしたいです。

鈴木菜々花

ーインカレを振り返って
個人レースは準備不足で良い結果は出なかったのですが、男女シードを獲得したということでチームとしては良い試合だったなと思います。

ーどんな1年だったか
怪我もあり思うように泳げない時期もありましたが、普段のトレーニングや生活を見つめ直す良い期間になったなと思います。

ー4年生との思い出
毎日たくさんお話ししていただきました。

ー来年への意気込み
ベストをだし点数を取って貢献する。

関口真穂

ーインカレを振り返って
私は今年の目標として、『自己ベストを出す、決勝に残る』としていました。普段私は大会で緊張をしてしまいがちですがインカレまでの残り1ヶ月位から調子が上がっていたので自信があり、本番でも自分らしい泳ぎができたと思います。得意の200m背泳ぎでは予選で久々にいいタイムが出て決勝にも残れたので嬉しかったです。しかし、自己ベストが出なかったことや100m背泳ぎで決勝に残れなかったので悔しい思いもあります。来年こそ今年よりもよりいい結果を残せるように頑張りたいです。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
今年はコロナウイルスの影響があり、インカレ前に開催された大会もほとんど無かったので、不安が大きかったです。しかし、その一方で自分の泳ぎを見つめなすことや強化をする時間が沢山とれたのでよかったこともあります。今までとは違った環境や出来事ばかりでしたがとても自分にもプラスになる1年だったと思います。

ー4年生との思い出
今年の4年生のみなさんはとても優しくて、普段一緒に練習をしないクラブ練習組の私にも沢山声をかけていただきました。後輩の面倒見がよくてとても頼りになる方々ばかりで、憧れの先輩方です。

ー来年への意気込み
今年は得意の200m背泳ぎで目標の1つであった決勝進出ができましたが自己ベストは出せず、まだまだ自分の力不足を感じました。来年は自己ベストを出すことはもちろん表彰台に乗れるように頑張りたいです。

田中瑞姫

ーインカレを振り返って
自己ベストを大幅に更新出来た種目もありましたが、2種目ど9位で決勝を逃してしまい、悔しさも残る結果となりました。しかし、ベストを大幅に更新出来たことは中学生以来で、素直に嬉しかったです。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
コロナの影響でたくさんの試合が中止になっていて、練習が出来ていない期間はとても不安でした。日本選手権にも出場する予定でしたが中止になってしまい、苦しい1年でした。しかし今こうして泳げているのはたくさんの支えがあってのことなので、感謝を忘れずにこれからも頑張っていきたいと思っています。

ー4年生との思い出
4年生とは、女子の先輩でいうと小さい頃からお世話になっている方が多かったので、たくさん私のことをわかってくれていました。みんながみんな優しくて、周りを見て行動をしていて、尊敬していました。男の先輩もたくさん話しかけてくれたり、場の雰囲気を盛り上げてくれたり、たくさん良くしてもらって嬉しかったし、4年生と2年間戦うことが出来てよかったと思っています。

ー来年への意気込み
来年は、インカレでしっかりと決勝に残って、いい記録出して法政大学に貢献したいと思っています。シードも死守します!

山川唯巴

ーインカレを振り返って
チームとして男女シード奪還できたことは良かったと思うが、個人としては悔しい結果で終わってしまった。

ーどんな1年だったか
思うような練習や結果が出なかったが、課題や改善点はたくさん見つかった。

ー4年生との思い出
クラブ練でほとんど関わることができないところ、合同練習などで交流する機会を作ってくださったり、定期的に声をかけてくださった。

ー来年への意気込み
必ず点を取ってチームに貢献する。

篠田沙彩

ーインカレを振り返って
チームに貢献するということがとても素晴らしいことなんだと実感でき、楽しめました。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
自粛期間などで、改めて水泳の楽しさを知ることが出来、水泳と向き合う時間が多かったです。

ー4年生との思い出
たったの半年しか関わることはありませんでしたが、先輩とはどういう存在なのかを4年生からたくさん知ることができました。

ー来年への意気込み
今年よりも多くの得点を稼ぎ、チームに貢献出来るようにやり切ります。

庄司朋世

ーインカレを振り返って
ベストが出なかったことはとても悔しいですが、点数を取れたことは大きな自信になりました。先輩や同期が決勝で活躍している姿を見て、来年は自分も決勝の舞台で戦いたいと強く思えた試合でした。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
嬉しさと悔しさのどちらも経験した一年でした。練習環境が、変わったりと大変なこともありましたが、充実した一年だったと思います。

ー4年生との思い出
自粛期間の際には気にかけてLINEをくださったり、普段もたくさん話しかけてくださったりと、とても優しくしていただきました。また、泳ぎに迷いがあったときには、色々とアドバイスをしてくださり、そのおかげもありインカレまでに調子を戻すことができたので、とても感謝しています。

ー来年への意気込み
どんな大会でも最高のパフォーマンスができるようにしたいです。
インカレでは、A決勝に出場し法政大学に貢献したいと思います。

松浦麻理亜

ーインカレを振り返って
思っていたよりも結果が悪く納得のいくレースが1つもできなかったので、悔いの残る試合になってしまいました。

ー今年は自身にとってどんな1年だったか
今まで経験したことがないことばかりで不安が多い日が続きましたが、自分にとってすごく貴重で良い経験になり少し自信にもなったと思いこの経験を水泳、生活に活かして行きたいです。

ー4年生との思い出
一緒に過ごす時間が少なかった分思い出といったものはあまりないですが、こんな異例の中でも活躍したりたくさんのことを教えて下さる4年生の姿を見て学ぶことばかりでした。

ー来年への意気込み
来年は必ず点数を取ってシード死守に少しでも貢献できるよう努力致します。また、インカレという全国の舞台でも自分のレースをしてベストを出せるように心身ともに強くなれるよう人一倍努力致します。

中島千咲代

ーインカレをふりかえって
私にとって初めてのインカレでした。例年とは違った形での開催となり、より動いてくださった方々への感謝、泳ぐことができている事への感謝をもち泳ぐことができました。シード奪還に向け気持ちが高まっていましたが、このようなチームとして戦うのは中学、高校では経験しておらず、プレッシャーを感じました。1種目でしか点数を取ることはできませんでしたが、全力を出し切ったと思います。同期、先輩方のかっこいい姿をみてもっと努力しようと心に決めました。

ー今年は自身にとってどんな1年だったか
今年はコロナの影響で思うような1年ではありませんでした。しかし水泳に対して気をゆるめることなく過ごしていたと思います。新しい環境になり刺激を受けることばかりで、自分の水泳に対しての考え方や気持ちを改めて考えることができました。

ー4年生との思い出
クラブ練の一年生の私にも優しく話しかけてくださり、とても嬉しかったです。もっと話したいと思うばかりでした。4年生の姿を見ていると、自分もああいうふうに考えることができるのか、ああいうふうに引退できるのかと考えさせられました。ありがとうございました。

ー来年への意気込み
来年は水泳も大学生活も充実させたいです。新しい環境にできたこと、泳げること、全てに感謝し、努力していきたいです。また、誰かのプラスの存在となれるよう努力していきます。来年は2種目点数取ります。

森柄花菜

ーインカレを振り返って
はじめてのインカレで緊張も不安もあったけど、今の自分が出せる全部の力で泳ぐことができました。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
全体的に良い練習ができていたが、泳ぎを崩してしまうことがあり、その修正がうまくいかなかった。

ー4年生との思い出
4年生の方と一緒に出ることのできるのが最初で最後の大会、インカレでシード奪還を果たしたことです。

ー来年への意気込み
今年のインカレは出るだけになってしまったので、来年は点数を稼ぎます。

橋口未亜(マネージャー)

ーインカレを振り返って
最終日に帯同させてもらいました。出場選手の人数も少なく、会場中の緊張を感じました。男女のシードが決まった瞬間、その時の男女主将の2人のお顔は一生忘れないと思います。私も2年後にこうありたいと強く思いました。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
選手のアスリートとしてのタフで頼もしい姿を見ることが出来ました。

ー4年生との思い出
マネージャーとしても、人としてもご指導頂いたのはこの4年生の代です。マネージャーが1つ上にいない私にとっては、必死に食らいつくしかない毎日でした。強いメンタルを作ることができたのもマネージャー陣のおかげです。そしてそれ以上にたくさん可愛がってもらいました。尊敬と感謝と大好きの気持ちでいっぱいです。

ー来年への意気込み
今の3年生が最後のインカレで全員レギュラーになる姿が見たいです。男子の選手は学校練が多くを占めているのでまずはそこを全力で支えます。そして、それに感化されたクラブ練組、同期、後輩たちが着いていく形を作りチーム全体を強くしたいです。

太田萌々子(学生トレーナー)

ーインカレを振り返って
シード奪還を目標に挑んだインカレは、想像以上の大健闘でした。予想よりも高い点数を取ったり、取りこぼしがほとんどなかったり、ベストを多く出したりと、選手一人一人がチームのために一丸となって泳いでいる姿がとても印象的でした。最終的に掴んだ男女シードは、本当に嬉しかったです。

ー今年は自身にとってどんな1年でしたか
コロナウイルスによって泳げない時期があり、選手のために何ができるかをスタッフ間でたくさん話し、トレーナーとしてはオンライントレーニングをしたりと、場所はバラバラでできることは限られているけれど、チームや選手と向き合う時間の多かった1年でした。

ー4年生との思い出
特にスタッフの4年生方には多くのことを学ばせていただきました。マネージャーからは選手への声掛けから事務仕事まで、トレーナーには、多くの知識とノウハウを学びました。4年生スタッフの存在は偉大です。とても尊敬できて、大好きな4年生です。そして、私たち後輩に男女シードを残してくださいました。

ー来年への意気込み
4年生が残してくれたシード権を必ず死守し、更に上を目指していけるように、より選手へのサポートをしていきたいと思います。

星野里緒(学生トレーナー)

ーインカレを振り返って
あっという間でしたが、インカレの雰囲気を味わうことができ、やはり楽しい大会だと思いました。

ー今年は自身にとってどんな一年でしたか
コロナがありましたが、逆に今までにないことが多く、成長できました。

ー4年生との思い出
特にスタッフの皆さんとのプールサイドでの時間が思い出です。練習中に良い雰囲気を作ってくださり、居心地が良く楽しかったです。

ー来年への意気込み
シード死守できるよう、トレーナーとしてサポートを頑張りたいです。

フォトギャラリー

  • S  187613192 Rシード奪還に貢献した柏崎
  • S  187613194 R決勝進出を果たした4×200㍍フリーリレー
  • S  187613195 R200㍍背泳ぎでは決勝進出を果たした小川
  • S  187613196 R柴田は来年こそ表彰台入りなるか

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み