スケート

【スピード】第88回日本学生氷上競技選手権大会1日目 ポイント獲得ならず、厳しいスタートとなる

第88回日本学生氷上競技選手権大会1日目
2016年1月6日(水)
日光市霧降スケートセンター

ついに勝負の時がやってきた。法大にとって連覇がかかる日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)。
1日目は500㍍のみが行われた。得点を稼ぎ、勢いをつけたい今種目には矢島友喜(営3)、阿部啓吾(営2)、杉本宇晃(営1)が出場。得点獲得となる15位以内を目指し滑るが、それぞれが思うような結果を残せず。法大の獲得点数は0点となり、厳しいスタートダッシュとなった。

abe5002
1日目の得点は0点に終わった

試合結果

種目選手名順位記録
500m(1回目) 阿部啓吾  15位 37秒38
矢島友喜 25位 38秒65
杉本宇晃 28位 40秒16
500m(2回目)  阿部啓吾 16位  37秒34
矢島友喜 26位 39秒03
杉本宇晃 28位 40秒19
500m(総合) 阿部啓吾  16位 74秒42
矢島友喜 25位 77秒68
杉本宇晃 28位 80秒35

 

戦評

連覇を狙う法大スピード部。

1日目は、500㍍のみが行われた。

この種目には中距離を本職とし、今大会はこの種目のみの出場となる杉本、矢島、そして昨年4位の阿部が登場。
杉本、矢島は1回目2回目共に、タイムが伸びず下位に沈む。500㍍が本職である阿部は狙っていた入賞を逃し、さらにポイントが与えられる15位に僅か及ばず16位に。ポイントを獲得できずに初日を終えた。

明日は5000㍍、1000㍍が行われ、法大からは昨年の優勝の立役者、藤野裕人(文4)、三輪準也(営4)らが出場する。優勝に向けて、大量得点が必要不可欠となるだろう。(八木下伸一)

選手コメント

矢島友喜

ー本日のレースを振り返って
本種目ではない500㍍だったので、力みも少なくて、気楽にやれたかなと思い、自分なりにはこんなもんかなという感じです。

ーリンクや天候について
最近、日光も全国的にも暖かかったので、こんなにリンク硬くなるとは思わなかったですね。でも、滑らないわけでもなく滑るわけでもなく、良くもなく悪くもなくという感じでした。

ー500㍍に出場した他2名について
1年の杉本もメイン種目ではないものの、頑張っていたかなと思います。本種目の阿部も明日の1000㍍に向けて頑張って滑ってくれたかなと思います。

ー阿部選手は転倒もありましたが
ゴールしてからなので、疲れもあってふらっとして転ぶこともあると思います。

ー今回は2連覇が懸っています
明日から法政の主力陣というかポイントゲッターが多く出てくるので、学連もやっていますが、チームとして支えていけたらいいなと思いますし、チーム一丸となって総合優勝二連覇を目指していきたいなと思います。

ーキーマンは
みんなです(笑)。チーム力なので。

ー伊香保以降、どんな練習を
年末は地元の長野の高校生に混ざって、合宿に参加し、地元のリンクで滑りこみをしてきました。

ー明日以降に向けて
みんな調子も上がってきているかなと思いますし、たぶん自分は明日ラップ板を出すので、出しながら、みんなの応援をしていきたいなと思います。また、全員が全力を出せば勝てない試合ではないと思うので、頑張っていただきたいです。

阿部啓吾

ー本日のレースを振り返って
調子は悪くないと思ったんですけど、2本とも望ましくないレースになってしまいました。

ー2度転倒されていましたが、ケガなどは
もともと腰が痛かったのですが、さらに悪化しました。打撲かなという感じです。

ー転倒の原因は
ちょっと分からないです。

ーリンクとの相性が悪かったということは
そういうことではないと思います。

ー本日のレースの目標は
入賞は絶対にしたいと思っていました。1本目が15位通過で、8位と0.3秒差だったので追い越せるように2本目頑張ったのですが、全然ダメでした。

ー前回のレースから取り組んだことは
スプリントに出られなかったので、その間に自分を追い込んで調整したのですが、うまく調整出来なかったのかなと。

ー去年のインカレと比べて
去年が4位と好成績だったので、今年もそれなりの成績を残さないといけないと思っていて。今季あまり成績も残せていなかったですし、好成績を残したかったです。

ーチームとして今日振り返って
チームとして、他の2人は専門の種目でなく、自分だけが専門だったので(自分に)期待がかかっていたので、上の順位を目指していましたのですが結果を残せず残念です。

ー今後の法大のキーマンは
1000㍍は藤野選手と自分も出場するので、ポイントを取りに行きたいです。
1500㍍では三輪選手、藤野選手、中村選手が点数を稼いでくれると思います。

ー明日以降への意気込みを
今日の情けない結果を挽回できるように1000㍍とリレーでチームに貢献したいと思います。

杉本宇晃

ー今日のレースを振り返って
課題の残るレースでした。本種目じゃないというのもあるんですけど、基本的な身体の動きができていなかったり、姿勢が低かったりしたので。

ー10000㍍での出場が濃厚でしたが、距離の変更については
元々インカレでは10000㍍に出る予定だったのですが、年明けてから調子が良くなくて、急きょ500㍍に出ることになりました。言い訳になってしまうのですが10000㍍の練習ばかりしていて、500㍍の練習をしていなかったので練習不足が出てしまいました。河野が元々10000㍍が本種目なので、変わってもらいました。

ー初インカレでしたが
雰囲気だけでだいぶ緊張しました。あまりレースに関わっていないと思っていても、いつもの大会と雰囲気が違いました。

ー臨む前の心境は
昨日、500㍍に出ると決まったのでやるしかない、という感じでした。

ー残り3日間サポートに回りますが
ラップ板出したり、選手のサポートをしていきたいと思います。ちょっとでも先輩方のレースに貢献できるよう、裏方でサポートできるようにしっかり応援します。

フォトギャラリー

  • abe5002入賞には届かなかった阿部
  • abe5001明日以降、挽回を目指す
  • sugi5002インカレ初出場の杉本
  • sugi5001課題の残る結果となった
  • yajima5002今年は短距離での出場の矢島
  • yajima5001学連の仕事と両立しての出場だ
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み