テニス

【テニス】関東大学テニスリーグ 対中大 ダブルスで全勝!リーグ戦初白星を挙げ最終戦へ

関東大学テニスリーグ
第4戦 対中央大
2016年9月5日(月)
亜細亜大学日の出キャンパス内テニスコート

いよいよ決戦の日がやってきた。関東大学テニスリーグ(リーグ戦)第4戦、中大との試合だ。この試合で敗北すると入れ替え戦が決定するという大一番。法大はダブルスで全勝し、シングルスでも健闘。6-3で今季リーグ戦初白星を手に入れた。

IMG 4705 R
今試合初白星をあげた米田㊧・楠原ペア

試合結果

トータル試合結果

6

法政大学

3

ダブルス

0

3

中央大学

3

シングルス

3

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
D1 塚越雄人(経4)・山田晃大(社4) 6-1,7-6(6),6-2 松浦優太・大和田秀俊
D2 長田和典(スポ4)・前崎直哉(経2) 6-3,5-7,6-4 古田海人・望月勇希
D3 米田崇人(社2)・楠原悠介(経1) 6-3,7-6(3) 宇佐美晧一・正林知大

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1 塚越雄人(経4) 6-2,0-6,1-6 望月勇希
S2 前崎直哉(経2) 5-5ret* 正林知大
S3 太田悠介(経3) 4-6,4-6 大和田秀俊
S4 藪巧光(経1) 4-6,2-6 齊藤和哉
S5 村上彰啓(経4) 7-5,6-2 田中凛
S6 寒川雄太(スポ3) 6-0,6-1 菱田亘槻
*相手選手が負傷のため、棄権。 

戦評

 亜細亜大日の出キャンパス内テニスコートで行なわれた関東大学テニスリーグ(リーグ戦)の中大戦。2試合を残し、いまだ勝ち星がない法大にとって、負けたくない一戦だ。
 ダブルスにはD1として塚越雄人(経4)・山田晃大(社4)、D2には長田和典(スポ4)・前崎直哉(経2)が、そしてD3は米田崇人(社2)・楠原悠介(経1)となった。
 米田・楠原ペアはファーストセット、序盤からアクセル全開で試合に挑む。第2ゲームでブレイクすると、ブレイクを重ね、6-2でセットを先取する。セカンドセットは第2ゲームでブレイクに成功する。その後米田のリターンや楠原の前での動きが生き、第4ゲームでもデュースに持ち込むがここはブレイクならず。しかし相手も粘りを見せ、第7ゲームではブレイクバックされてしまう。そして勝負はタイブレイクへ。米田・楠原が得意とするタイブレイクでは徐々にポイントの差をつけ、ものにした。
 D2の長田・前崎ペアは第1、2ゲームとブレイク、ブレイクバックを経てまたもやブレイクを追加する。1つブレイクを返されるも、集中したプレーで第9ゲームもブレイク。6-3でファーストセットを奪取すると、セカンドセットでは好調の長田が繰り出すサーブや、決定力のある前崎のボレーでサービスゲームではキープすることができるものの第9ゲームでブレイクポイントを握られ、そのままブレイクされてしまう。なんとか試合の流れをイーブンに戻したい長田・前崎は巧妙なコースのショットを繰り出し、第10ゲームでブレイクに成功。しかし続く第11でまたもやブレイクされてしまい、セカンドセットは5-7で落としてしまった。ファイナルセットではいち早くブレイクしたいところであったが第1ゲームでブレイクされる。直後のゲームでブレイクを返し、一進一退の攻防が続く。しかし最後は主将である長田、そして彼を支える前崎の意地が彼らを駆り立てた。第9ゲームでブレイクすると6-4でファイナルセットをとり試合に勝利した。
 
IMG 4708 R
連戦の中でも、勝ちきった長田㊧・前崎
 
 最後まで試合を行なっていたのは、塚越・山田ペアだった。出だしは好調。第4ゲームでブレイクし、相手の甘いショットにも確実にスマッシュで対応する。第6ゲームでもブレイクし、ファーストセットは6-1。セカンドセットでは相手サービスゲームである第1ゲームでデュースまで競るもブレイクはならず。その後もブレイク、ブレイクバックを通し第9ゲームではブレイクポイントを3度にぎるもブレイクすることは叶わず。そこから苦戦を強いられる塚越・山田。試合はタイブレイクへと運ばれていく。ここでもミスが目立ち、惜しくもセットをとられてしまった。ファイナルセットでは最上級生ペアが再度覚醒する。ブレイクに成功すると試合の流れは優勢。6-2でセットをわが物にしダブルス全勝となった。
 
IMG 4662 R
このペアの勇姿を見るのもあと少しだ(写真:塚越㊧・山田) 
 

 負けられない一戦に挑む法大を勢いづけたのは寒川雄太(スポ3)。クロスやスマッシュなどを次々と決め、試合を完全に掌握。6-0で第1セットを終えた。第2セットでは第3ゲームにブレイクされたがそれ以降隙を与えず、6-1で完全勝利を果たした。

 快勝した寒川とは対照に、苦境に面していた選手がいた。藪巧光(経1)だ。序盤から相手にブレイクされたものの、鋭いリターンで巻き返しを図る。途中、4-3で勝ち越していたが、デュースの末ゲームを取られる場面が多く見られた。4-6と逆転され、第1セットを相手に譲ってしまう結果となった。第2セットも再び第1ゲームをブレイクされてしまう。第3ゲーム、粘り強さを発揮し、ゲームをキープ。勢いそのまま第4ゲームもブレイクしたが、その後はなす術もなく全てのゲームを相手に取られてしまう。2-6でセカンドセットを終え、本日初黒星となった。

IMG 4826 R
1年生ながらもリーグ戦2試合目となる藪

 予想外の展開に直面したのはS2として出場した前崎直哉(経2)といえる。ファーストセットでは互角の戦いを続け、ゲームカウントは5-5となった。緊迫した状況の中、アクシデントが起きる。ダブルスの疲れも溜まっていたのか対戦相手の正林知大が足首を抑えてうずくまってしまった。試合続行不可とみなされ、正林が棄権。前崎の勝利が決まった。

 ハプニングに目もくれず試合に没頭し、白熱した試合を繰り広げていたのは副将、村上彰啓(経4)。ラリーに持ち込んで相手の体力を削り、ミスを誘うプレイスタイルの村上。1分30秒前後にも渡るラリーを平然とやってのけた。ラリーの末、相手に得点される場面もあったがいくら打っても返ってくる村上からのボールは着実に相手から体力と気力を奪っていった。しかし、相手も得点を積み重ね、第1セットのゲームカウントは5-5となった。ここで接戦でこそ燃える男、村上が相手を突き放しにかかる。第11ゲーム、第12ゲームを連取。5-7で第1セットを制した。第2セットも第1セットの流れを引き継ぎ、村上の粘るテニスが相手を苦しめ、6-2でゲームセットとなった。この時点で法大の勝利が確定。

IMG 4743 R
この日の勝利を決めたのは村上だった

 これまで全勝していた太田悠介(経3)にストップがかかった。太田は全日本学生テニス選手権(インカレ)で塚越が敗れた相手、大和田秀俊に苦戦する。第1セットも第2セットも第1ゲームからブレイクされるという出だしの悪さが試合に影響した。惜しくも6-4、6-4で太田はリーグ戦初の黒星を挙げてしまった。

 塚越はインカレ準優勝の実績を持つルーキー、望月勇希相手に6-2で第1セットを取る上々の出だしを見せる。しかし、第2セットに入り、相手が頭角を現した。塚越のミスと相手のテクニックが相まって0-6と完封されてしまう。1-6で取られたファイナルセットでは積極的に走るというよりかは相手に走らされているという印象を受けた。エース対決は中大に分売が上がった。

 中大相手にダブルス全勝、そして早い時点で勝利を決めることができたのは大きな収穫といえるだろう。本日のシングルスには1年生から4年生まで幅広い年代が出場した。選手層も厚くなりつつあるということの現れか。4年生は次戦が最後の試合という可能性がある。持てるだけの力を出しつくし、笑顔でリーグ戦を締めくくりたい。(宮下尚子・高野茜)

選手コメント

村上彰啓

―今日の試合を振り返って
(試合勝敗数)3-0で初めてリードして進んできて、隣が早く終わって。4-1になった時にしっかり決めたのはとても嬉しかったですし、相手が予想よりもしつこかったので長くなりましたけど、しっかりチームの勝利を決められたっていうのはチームが初勝利なので。よかったです。

―今日のシングルスのオーダーについて
相手がやっぱり齊藤っていう藪(巧光)とあたったのが全勝していて強いと分かっていたのでそこをリスクを控えるじゃないですけど、1年生で思い切ってやってもらおうという感じで藪を入れて。本当は望月がS2で前崎と望月だったんですけど、塚越と当たっちゃっていろいろありましたけど、勝てたので。良かったです。

―今日の試合は大事な一戦だったと思います。どのような心境でしたか
勝ち方の本数によってはまた入れ替え戦の5位にもなりえるし、いい方向に勝てれば3位になれるしということで快勝を狙うじゃないですけど、僕はそういう思いでやりました。多少、緊張はありましたけどね。

―コートの感触は
ちょっと早いかなと。でももう前々から亜細亜ではやっているので、4年目なので。今さらなんですけど、中央よりもさらに早いなと感じました。

―法大生としての試合も残すところあと1試合ですね
もっと後輩に伝えればよかったなというのは今頃になってあるので、同じ思いじゃないですけど、勝った方が気分もいいし楽しいので。残り少ないですけど、後輩に伝えられるものを伝えられればなって思っています。

―試合後の掛け声はずっと村上選手がされているのですか
僕が大学2年生の時に代が変わって先輩からお前やれってずっとやっていたので、主将永田からもお前うまいからやってって言われてそのままずっとですね。

―寂しくなりますね
社会人でも続けるので!

―亜細亜大戦に向けて
亜細亜戦の勝ち負けによって3位だったり5位だったり順位が変わってくるので、快勝じゃないですけど差をつけて勝って。入れ替え戦いかずに、むしろ3位になって、来年の後輩が楽になるように頑張りたいと思います。

IMG 4751 R
次戦も村上副将にに期待したい

塚越雄人・山田晃大

―今日の試合を振り返って
塚越:そうですね、(山田)晃大と最後のリーグ戦で。まだ1回も勝てていなくて、今日の試合も勝たないと入れ替え戦に回ってしまいますし、それだけは絶対に避けようと誰もが思っていたと思うので、ちょっとあぶない時間帯もあったんですけど、結果的にはうまくゲームをコントロールできて。勝てて、そこは安心してます。
山田:ダブルスは絶対に勝たなきゃいけないっていう試合で、(試合勝敗カウント)3-0にできたのが最初の勝利で。良かったのと、二人でインカレから全然勝てなかったので、勝てて良かったと思います。

―セカンドセットタイブレイクを落としたあと、ファイナルセットの前は何か話し合われましたか
山田:修正点を決めて、これでいこうっていうのを自分たちで決めて、作戦を組めたのでそれが一番良かったのかなと思います。

―このペアでのダブルスの試合も残り少なくなってきました
山田:2年間一緒に組んできて、亜細亜戦で組んで出れるか分からないんですけど、(塚越)雄人と組むのが最後なので。悔いのないように、二人で声出して勝ちたいと思います。
塚越:晃大とペアを組んできて、最後になると思うので、最後は勝ちたいです。

IMG 4668 R
チームには欠かせぬ存在となっている塚越㊧・山田

塚越雄人

―風がある中での試合となりましたが
僕はそんなにあんまり風は苦手ではないので嫌ではなかったんですけど、相手がちょっと嫌がっていたので、そこを狙って浅いボールを打ったりして、ファーストとれたのは良かったと思います。

―セカンドセット、ファイナルセットは相手の調子が上向いていました
正直、ファーストセットは相手が集中できていないのが分かっていたので、たまたまってわけじゃないですけど、セカンドセット以降はいつもだったら相手が劣勢になってくれるようなボールもうまくてそこから切り替えしとか、自分でもどうしたらいいんだろうと考えちゃって。そこが、セカンドセットとファイナルセット悪かった要因だと思います。

―ベンチコーチに村上選手が入られていましたが
いや、なんか気づいたら村上がいて(笑)。びっくりしたんですけど。なんか外から見ていて戦略的な部分でできていないところがあったらしいので…村上に代わってました。

―亜細亜大戦に向けて
1年生からリーグに出させてもらって。あっという間だったなっていうのは感じるんですけど、シングルス1でで1勝もできていないので全然負け越してるんですけど、最後勝って終われればいいかなと思うので、出れたらしっかり勝ちたいです。

 IMG 4978 R
亜細亜大戦では勝利なるか

 

米田崇人・楠原悠介

―今日の試合を振り返って
楠原:ファーストセットいい感じでお互いいけて、しっかり足も動かせて良かったんですけど、セカンド入って、40-0で守りに入ってしまって…。次からは勢いよくいけたらいいなと思います。
米田:1セット目と2セット目の3-0まではすごく良かったんですけど、そこから勝ちを意識した部分もあったり、あとは少し受け身になってしまって相手のペースに合わせてしまったのがせった原因かなと思います。

―セカンドセットはタイブレイクまでもつれました
米田:タイブレイクは本当はもっと簡単に終わらせたかったんですけど、でもタイブレイクは負けないという自信があったので、そこは自信をもって自分たちからというプレーができたので良かったと思います。
楠原:タイブレイクは得意って言っていて、タイブレイク入ってからリターンもちゃんと入ったし、プレーがまとまったかなと思います。

―今日初勝利の試合となりましたが
米田:ダブルス3-0でいきたい中で、他のコートがすごいせってるとこもあったんですけど、しっかりと2セットで終わらせられたのは大きかったかなと思います。

―中大戦は負けられない試合だと思いますが、どのような心境で臨みましたか
米田:そうですね。これで負けちゃうと入れ替え戦も見えてくる中で、ダブルスしかない自分たちがしっかりと役割を果たせたかなと思います。
楠原:中大戦は負けられないということもあって、緊張もあったんですけど、しっかりと自分たちのプレーができてファイナルまで行かずセカンドで終わらせることができたので良かったかなと思います。

―亜細亜大戦に向けて
米田:次は9-0でいくくらいの勢いで行かないといけないので、しっかりと僕たちが最初に終わらせられるように、攻めるダブルスでしっかり勝ちたいと思います。
楠原:今回セカンド手こずったので、亜細亜戦では今回のようにならないように、しっかりファーストセカンドも勢いよく声を出して頑張りたいと思います。

藪巧光

―今日の試合を振り返って
最初から不安だったのですが、最初リードができていい感じかなと思いました。しかし、やっぱり相手は粘り強くて⋯。そこは自分の実力不足でした。

―リーグ戦2回目の試合だったと思うのですが、緊張しましたか
はい、前回あまりいいテニスができなくて悔しい負け方をしたので、次で挽回しようと思ったんですけど、結果こういうことになってしまって残念です。

―前回の慶應戦、悔しいとのことですが
僕はインカレでは調子が良くて、このリーグ戦に臨みました。僕はフォアハンドが得意で攻めていくプレイヤーなのですが、やっぱり相手が左利きでバックにボールを集められてしまいました。自分の思うようにテニスができなかったのがすごい悔しかったです。

―慶應戦との変更点はありますか
そうですね。みなさん先輩方にも気楽に行ってこいと言ってもらったので、気楽に思いっきりやろうというところは変わりました。

―今回の中大戦でベンチコーチに長田(和典)選手が入られていましたが
それは僕がお願いしました。僕は高校生の頃から怖い人がベンチコーチにいるといいと思ってるので信頼している先輩をベンチコーチにして良かったです。心強かったです。

―今日の試合全体を通して課題などは何か見つかりましたか
ストロークの安定ですね。勘の自分の無さがよくわかりました。

―亜細亜戦に向けて
出るかわかんないんですけど、出ることになったら1年生でリーグ1勝できるように全力で頑張りたいと思います。

IMG 4803 R
注目株の一人である藪

フォトギャラリー

  • IMG 4705 R本日初勝利をもたらした米田㊧・楠原
  • IMG 4682 R連戦の疲れかシングルスには出場しなかった長田㊧、本日はS2であった前崎
  • IMG 4686 Rタイブレイクでは安定した強さを見せた米田㊧・楠原
  • IMG 4766 R終始試合をコントロールし好調さを見せつけた寒川
  • IMG 4934 R太田は惜しくも個人としてリーグ戦初黒星
  • IMG 4961 R前崎は単複の試合をこなした
  • IMG 4974 Rハプニング発生にも落ち着きを見せていた前崎
  • IMG 4988 R「最後勝って終わる」という文言を有言実行してほしい(写真:塚越)

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み