テニス

【テニス】関東大学テニスリーグ 対中大 痛恨の敗戦 王座への道、黄信号

関東大学テニスリーグ
第4戦 対中大
2017年9月13日(金)
亜細亜大学テニスコート

IMG 4961 2 Rタイブレーク耐え、勝利した鈴木

試合結果

トータル試合結果

3

法政大学

2

ダブルス

1

6

中央大学

1

シングルス

5

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
D1 寒川雄太(スポ4)・鈴木保貴(スポ2) 7-6(7),5-7,4-6 大和田秀俊・望月勇希
D2 小見山僚(スポ3)・楠原悠介(経2) (3)6-7,7-5,6-1 宇佐美晧一・正林知大
D3 太田悠介(経4)・前崎直哉(経3) 6-4,6-0 玉城翔平・小峰亮

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1 前崎直哉(経3) 4-6,2-6 望月勇希
S2 太田悠介(経4) 4-6,2-6 大和田秀俊
S3 藪巧光(経2) 2-6,3-6 正林知大
S4 岡垣光佑(経1) 6-3,3-6,1-6 斎藤和哉
S5 鈴木保貴(スポ2) 6-1,7-6(5) 田中凜
S6 松尾魁人(社3) 3-6,6-1,3-6 宇佐美晧一
 

戦評

 

ダブルス

D1は早大戦に引き続き寒川雄大(スポ4)・鈴木保貴(スポ2)。相手は夏関優勝者大和田秀俊と望月勇希ペアで中大の中でも強豪の2人だ。ファーストセットはブレイクを取ったり取られたりと接戦を見せる。そして、そのままタイブレイクが始まると、鈴木のバックハンドが綺麗に決まるといった良い面が光りこのセットをものにした。しかし、セカンドセットでは、何度かあったデュースを決められず、ファイナルセットまで持ち込まれてしまう。結果、法大は2度のブレイクを取られ、強豪の2人を倒すことはできなかった。  

D2では早大戦のダブルスで唯一健闘を見せた小見山僚(スポ3)・楠原悠介(経2)ペアが再び亜大に登場した。ファーストセットは、D1コートと同じく両者譲らずタイブレイクへ。始め、相手に5ゲーム差をつけられその巻き返しを図ったものの、6-7でタイブレイクをものにすることはできなかった。しかし、終盤を得意とする小見山・楠原ペアはセカンドセットから徐々に調子を上げてくる。セカンドセット、序盤は2度のデュースを取られてしまったものの、2-4から5-4まで一気に巻き返すといった肝心なところを決めるプレーを見せ、7-5でセカンドセットを奪い返した。さらに、ファイナルセットでは、相手のペースに乗せられることなく、安定した自分たちのプレーを見せ6-1で圧勝を喫した。

D3では、2度のブレイクを果たし6-4でファーストセットを取った太田悠介・前崎直哉ペアが奮闘していた。セカンドセットでは、4-0時点で長めのデュースを見事に制すと、相手に点を一切与えることなく6-0と圧巻のストレート勝ちを喫した。(下石川愛実) 

シングルス

S6の松尾魁人(社3)は第3セットでブレイクするも第6セットで返されると第8セットを落としてしまい、その後もキープされファーストセットを落としてしまう。  だがセカンドセットは5セット連続で奪って勢いに乗り最終的にはセットカウント6-1で五分に追いついた。  ファイナルセットはいきなりブレイクするもすぐにブレイクバックされてしまう。するとその後は相手に左右に振られるテニスに苦戦し、徐々にポイントを落としていく。結局ブレイクを2つ許してこのセットを落とし敗れた。  

S5の鈴木保貴(スポ2)は第3ゲームをブレイクすると第5ゲームもブレイク。有利なまま第7ゲームをキープし、このセットを奪った。 セカンドセットもこの勢いでいきたかったが、ブレイクして迎えた第9ゲーム。ここを取れば勝利だったが、相手の粘りに合いブレイクバックを許してしまう。その後は互いにキープして勝負の行方はタイブレイクに持ち込まれた。  いきなり4ポイント連続で取られ絶体絶命に陥る鈴木。だか相手のネットミスで1点返すと驚異の反撃が始まる。リターンエースを決めるなど、一気に6ポイントを奪って逆転に成功。そして6-5で迎えた場面、緊迫したラリーが続く中で鈴木が放ったダウンザラインはコート内に決まり勝負が決した。鈴木はシングルスで法大勢唯一の勝利となった。  

S4で登場した岡垣光佑(経1)は第5ゲームでブレイクすると、持ち前の粘りのテニスでポイントを積み重ねていく。第8ゲームもブレイクバックされるもその後のゲームでブレイクして、このセットを奪った。 好調な岡垣だったが、腰を痛めてしまい動きが鈍くなってしまったところを相手に痛打されていく。セカンドセットはいきなりブレイクにされて出鼻を挫かれるとブレイクバックを出来ないまま、第7ゲームも落としてしまい窮地に追い込まれる。第8ゲームはブレイクバックされるも、続くゲームを落として勝負はファイナルセットに持ち込まれた。 ファイナルセットも復調の兆しがないまま、ゲームを落としていく。第2ゲームをブレイクされて、第4ゲームも落として苦しい展開に。第5ゲームをブレイクバックするも、その後連続でゲームを落として、敗戦が決まった。  

S3の藪巧光(経2)は序盤から調子が上がらず、いきなりブレイクを許す。その後何度もブレイクを許しこのセットを落とした。巻き返しを図ったセカンドセットもダブルフォルトなどのミスもあり、ゲームポイントを落としていく。第8ゲームをブレイクバックするも万事休す。続くゲームをブレイクされ、悔しいストレート負けとなった。  

S2の太田悠介(経4)主将は夏関(関東学生選手権)準優勝の強敵の対戦。太田が得意としないラリー勝負に持ち込まれ、苦戦を強いられる。第5ゲームをブレイクされ、第7ゲームも落としてしまう。その次のゲームも落としてこのセットを奪われた。  反撃に出たい太田だったが、相手の力強いショットに太刀打ちできずにミスを連発。太田らしい圧倒するテニスが出来ずにこのセットも落とし、ストレート負けとなった。  

S1の前崎直哉(経3)は一進一退の攻防が続くがファーストセットは1つのブレイクに泣き落としてしまう。セカンドセットも第6ゲームのブレイクが響いて、奪われてしまい、また勝利することは出来なかった。  タブルスで勝ち越すもシングルスで大幅に負け越してしまい、王座進出に向けて大事な中大戦を落としてしまい、厳しくなった法大。だが下を向いているだけではいられない。入れ替え戦回避に向けて、亜大戦では圧倒的な勝利が求められる。来年に繋げる戦いをみせ有終の美を迎えたい。(渡辺拓海)

選手コメント

鈴木保貴

ー今日の試合を振り返って
今日の相手だった中央大学は手強いことは予想して試合に臨んだんですけど大事なところで自分たちのミスが目立ちましたね。シングルスの試合に入る前も対抗戦で一度戦っていたので自分の戦略は立っていたんですけど途中から相手のミスが減ってきて少し焦りました。  

ーダブルスではインカレ4強のペア(大和田秀俊・望月勇希:中大)との対戦だったが手応えと課題は
手応えというか純粋に勝ちたかったですね。負けてしまったのは残念ですし少し自分のミスが目立ったので申し訳なかったです。  

ーリーグ戦での調子は
今回はシングルスも出れたらいいな、ぐらいに思っていましたね。基本はダブルスの練習をしていたんですけど、シングルスも出る可能性があったので練習していくうちに調子はあがりました。感触としてはインカレの時よりもいいです。  

ーシングルスではタイブレークの末、勝利しましたが
最初は自分の戦略通りにいったので相手のミスが多かったんですけど中盤から少し流れを持っていかれました。かなり競った試合だったので途中から攻める姿勢にプレーを切り替えたことが良かったです。  

ー次の亜細亜大学戦に向けてひとこと
次の試合は入れ替え戦にも関わってきますし、4年生の引退試合でもあるので皆で勝って気持ち良くリーグ戦終えられたらと思います。頑張ります!

太田悠介(経4)・前崎直哉(経3)

ー今日のダブルスを振り返って
太田:最初のセットで相手がいいプレーしていたんですけど、セカンドセットはしっかりプレーすれば大丈夫かなって思いました。ダブルスは安定してできたので良かったです。
前崎:取りに行ったというか、勝てる試合だと思って臨みました。ファーストセットは相手のいいプレーに圧倒されたんですけど2人で一本ずつ集中することで勝つことができました。

 ーシングルスについては
太田:去年負けた相手だったので勝つために1年間やってきたんですけどなかなか上の選手に勝つテニスができなかったです。自分のこれまで練習してきた攻めるプレーを相手のペースに乗ったことでできなかったでかなと思います。相手が長いダブルス終わったあとだったので行けるかなって思ったんですけどね。相手のいいプレーとか攻めたいときの自分のミスとかが敗因だったかなと思います。夏関(関東学生選手権)優勝者ということで強いのは分かっていたので粘って体力勝負で行こうかなと思ったんですけど勝ちきれませんでした。
前崎:次元が違うというかレベルが違うというか。1つも2つも格上でした。試合前に対策をいろいろしたんですけどそれ以上のプレーをされました。相手の方が余裕がありました。力不足でした。最終戦が残ってますけど、来年のことも考えて強い相手とやってこれたっていう経験になったと思います。来年リベンジできるようにしたいと思います。  

ーこれまでのリーグ戦で印象に残っている試合は
前崎:慶応の上杉(海斗)さんとの試合ですね。S1を初めて任されて自分で勝敗が決まるっていう感じでした。相手は学生でトップレベルの選手だったのでいい経験になりました。負けてしまった試合なんですけど印象に残っているというか…。1番悔しかった気持ちが強いです。
太田:シングルスよりもダブルスですね。ダブルスリーグ戦初めて出たんで。でも勝てる相手には勝って負ける相手には負けるって感じなので印象に残ってる試合はそんなにないですかね。  

ー最終戦への意気込みをお願いします
太田:しっかりダブルス、シングルスで2勝して後輩たちに自分のプレーを見せつけていきたいっていう気持ちはあります。9-0を目標にしてます。完封勝ちして気持ちよく引退します!
前崎:4年生が気持ちよく引退できるように勝ちます!

フォトギャラリー

  • IMG 4961 2 Rタイブレークに耐え、勝利した鈴木
  • IMG 4904 2 R鈴木(左)・寒川は次戦が最後のダブルスとなる
  • IMG 5047 2 R今年も来年も主軸としての活躍が期待されている前崎
  • IMG 5033 2 R藪は試合後も練習に励んでいた
  • IMG 4965 2 R太田は背中でチームを引っ張る
  • IMG 5061 2 R松尾はフルセットで敗れた

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み