テニス

【テニス】関東学生新進テニス選手権 6日目 男子単複準決勝 楠原、藤井・柚木ペアが決勝進出!!佐野・高清水ペアは決勝進出ならずもベスト4と健闘!

関東学生新進テニス選手権
2019年2月20日(水)
早稲田大学東伏見テニスコート

新進本戦大会6日目。男子シングルスには楠原悠介(経3)、ダブルスには藤井俊吾(社3)・柚木武(スポ2)ペア、佐野有佑(経1)・高清水研人(経1)ペアが出場。決勝には楠原、藤井・柚木ペアが進み、法大からは2年連続で単複共に決勝進出者が出た。

sanotakashi4 R
予選から勝ちがった佐野・高清水(左)ペア

試合結果

男子シングルス準決勝

勝敗選手名スコア対戦相手
楠原悠介(経3) 6-3,6-0 橋川泰典(日大) 
 
 

男子ダブルス準決勝

勝敗選手名スコア対戦相手
藤井俊吾(社3)・柚木武(スポ2) (6)6-7,6-1,11-9 合戸廉太朗 ・田中瑛士(明大)
佐野有佑(経1)・ 高清水研人(経1) 4-6,4-6   平山浩大・ 伊藤竹秋(慶大)

戦評

 男子シングルス

  「自分の気持ちがいいプレーが出来て良かった」。試合後、このように振り返った楠原悠介(経3)。今日も、楠原らしい鮮やかなプレーで決勝進出を決めた。
 楠原は、第1セットから仕掛ける。互いにサービスゲームをキープした状態で迎えた第4ゲームをブレイク。しかし、次ゲームでブレイクバックを許すも、試合は楠原のペースで展開。単複共に得意とする楠原はネットプレーもおり交ぜながら試合を展開し、第8ゲームをブレイク。セット先取に成功する。
 第2セットは確固たる強さを見せた。相手に1ゲームも与えない圧巻のプレーを見せ、決勝進出を決めた。「先に優勝して、後ろのダブルスに好影響を与えたい」。法大は単複共に決勝の舞台に立つ。新年度から副将を務める楠原。法大テニス部の好発進の起爆剤となるか。
 

kusuhara5 R

 明日の決勝で優勝がかかる楠原
 
男子ダブルス
 

 これまで快勝で準決勝まで駒を進めた藤井俊吾(社3)・柚木武(スポ2)ペア。その強さは健在だった。

 第1セットでは第3ゲームをブレイクされるも、第6ゲームでブレイクバック。その後もブレイク、ブレイクバックを経てタイブレークに突入。しかし、タイブレークも6-3とリードするも連取を許し、6-8で落としてしまう。しかし、「淡々とプレーした」(柚木)と語った第2セットでは序盤からブレイクに成功すると、勢いそのまま第2セットを取り、勝負の行方はスーパータイブレークへともつれ込んだ。スーパータイブレークはシーソーゲームのような展開に。序盤はストロークのミスが目立ち、リードされるも柚木の力強いサーブを始め、藤井の積極的なボレーが勝り、11-9で辛勝。決勝進出を果たした。

huziiyuzuki R

スーパータイブレークを制し抱き合う藤井・柚木ペア
 

 1年生ながら準決勝の舞台を踏んだのは佐野有佑(経1)・高清水研人(経1)ペア。予選から息の合ったプレーで勝ち上がり、このセミファイナルまで駒を進めた下克上ペアだ。

 第1セットでは互いにキープをし合う展開が続く。サービスゲームで流れを作るもなかなかブレイクをすることができない。均衡した試合が動いたのは第7ゲーム。高清水のファーストサーブが入らず、それにつけ込んだ相手の鋭いショットに押され、この試合初のブレイクを許す。その後もキープゲームが続き、このセットを4-6で落としてしまう。第2セットでは第3ゲームでブレイクを奪われるとそのまま試合は動く。結局このセットも4-6で奪われ、敗退。しかし、この試合に負けはしたものの、佐野のサーブ、高清水の前衛を抜く強烈なショットなど光るプレーも随所に見られた。初出場ながら予選から勝ち上がり、ベスト4進出という大躍進を果たした1年生ペアに拍手を送りたいのと同時に、今後どのようなペアに成長していくのか、楽しみでならない。

sanotakashi4 R

 予選から勝ち上がった佐野・高清水ペア
 
(記事:梅原早紀、加瀬航大)

選手コメント

楠原悠介(経3)

ー今日の試合を振り返って

今日は出だしが昨日より良くて、先にブレイクができたので試合自体は自分の気持ちがいいプレーができて良かったです。

ー試合中考えていたことは
自分から打つプレーが出来たので、最後までそれを貫こうと思っていました。

ー良かった点は
相手より先に前に入ってネットにつくプレーが上手くいってよかったです。

ー明日への課題は
サーブが少しファーストの入る確率が悪いので自分からしっかり攻めていきたいです。

ー明日へ向けて一言お願いします
法政の試合は単複両方あるので、僕が先に優勝したて後ろのダブルスに好影響を与えたいです。

藤井俊吾(経3)・柚木武(スポ2)

ー今日の試合を振り返って

柚木:僕は相手の打球が最初早いと聞いていて、僕たちは2ボレーで展開していくスタイルなので相手が打ってこなくて焦ってボレーなどのミスが出ました。あと藤井さんのサービスゲームでブレイクされることが多かったので、僕のボレーミスだと思います。第2セットからはリターンも良くなってきてなんとかとれて良かったです。
藤井:最初は柚木が言っていたように打球が早いということを聞いていたので、イメージの違いが大変でした。少し修正するのに時間がかかったのですが、決めなければいけないポイントで僕のミスも目立ってしまって。セカンドは途中で相手が諦めてくれたので、その流れでスーパータイブレークも決めることができました。

ー第2セットは流れをつかんだが
柚木:あの時はほとんど考えてなかったです。淡々とやって上手くできてよかったです。
藤井:とりあえず流れのままやるしかないという気持ちでした。

ー今後の課題は
柚木:僕は藤井さんのサービスゲームの時にボレーがミスしてしまうことがあるので、ポーチをちゃんとして返さなくてはならないと思います。
藤井:柚木を使ってポイントを取るということです。具体的に言うと自分がパターンを作って得点するパターンと、柚木が作って自分がポイントを決めるパターンがあって。自分が作って柚木が決めたパターンが少なかったので、そこは修正していきたいです。

ー藤井選手は2年連続の決勝進出ですが
基本的に去年優勝すると、制限にかかって出ることはないんですけど、賀川が制限に入っているので、自分はぎりぎり(制限にかからず)出ることになりました(笑)。

ー2連覇がかかっています
藤井:2連覇ではないですね、昨年準優勝だったので(笑)。
柚木:(笑)。

ー明日に向けて意気込みをお願いします
柚木:もうやることは気持ちで持っていくしかないので、頑張りたいです。
藤井:スポホウの人が2連覇を目指して頑張って下さいと言われたので、2連覇目指して頑張ります(笑)。

佐野有佑(経1)・高清水研人(経1)

ー今日の試合を振り返って

佐野:いつも通り僕達は練習通りで挑んだのですが、やっぱり、ストロークのラリーが思ったよりも僕達が不利になってしまって。いつもであれば僕は特にラリー負けすることは無かったんですけれど、今日の相手は球も鋭く、速かったので中々、自分達の力を生かしきれなかったのかなと思うので、そこがやっぱり敗因だったのかなと思ったのと、僕が前衛の時にちょっと機能しきれなかったのでそこでサービスキープができれば良かったなと思います。
高清水:敗因というのはいくらでも挙げればあるんですけれど、正直、このペア組んだばっかりで、練習もあまりできていなくて。でもやることは限られていて、それで行こうと話してはいたので、やることはやり切って負けたということなので、悔しいですけれど割と清々しいなと。次、春関などに向けて色々なバリエーションを増やすとやろうと思っているので、これからもっと練習をしていけたらなと思います。

ー佐野選手のサーブ、高清水選手のストロークなど良いプレーも見られました
佐野:サービスゲームは1回も僕は落とさなかったので、相手ももちろん強かったんですけれど、それに負けないくらいのサーブでしっかり押せていたので。そこがやっぱり僕らのペアの強みでもあるのでちゃんとできたのかなと思っています。後はやっぱり、ダブルスはサーブだけじゃないのでダブルスにおいてのストロークであったりだとか、ネットプレーも積極的に使っていかないと簡単にはキープできないし、そういったプレーもできないとリターンゲームも中々ブレイクができないので、足りない部分がたくさんある試合でした。
高清水:(相手の選手が)ストロークが深く、速くて、前はボレーがうまいのでポーチで決めるというのは分かっていたので、いいボールが来ても前衛を意識していつでも抜くっていうのを考えていたので予想通りというか作戦どおりでした。

ー新進ベスト4という結果について
高清水:率直に言ってうれしいですし、ここまで来れるとは思っていなかったのでびっくりしていますけれど、相手もやっぱり慶応だったので僕にとっては高校からの悔しさというか、高校でも団体戦で負けたりしてすごい悔しい思いがあったので、慶応だけには負けたくないというのもあって悔しいですけれど、ここまで来れたというのは、パートナーのおかげでもあるし、色々な人の支えもあっての結果だと思うのでそこはうれしいと思います。
高清水:ほとんど同じですね。大学同士でも法政と慶応っていうのは結構ライバルでずっとやってきていて、本当だったら勝って、同校対決にしたかったんですけれど1年生でベスト4に入れて信じられない感じで本当にうれしいですね。

ーペアの課題は
高清水:課題はまず僕のサーブで、セオリーっていうのはやっぱりセンターに打つことなんですけれど僕はあまりセンターへのサーブが得意ではないのでそこを練習して僕のサーブからの形というのを作っていきたいというのと、後は、ペアで言うと、相方の佐野がサーブはいいんですけれど、ボレーがあまり得意ではないので前にあまり来ないというのを、前に来てボレーとかできたら、さらにバリエーションが広がるかなという感じです。
佐野:そうですね、ネットプレーはやっぱり使えていないわけでは無いですけれど、ダブルスのスキル、様々な駆け引きであったりとか色々習ってきたんで、そこを使えればもっと前でもいけると思うし、接戦になった場面でいかにプレッシャーをかけられるかどうかというのがすごくかぎになってくると思うので、常にどういった状況でもフェイントとかポーチとか積極的にできればサービスゲーム、リターンゲーム両方関係なくポイントが取れると思うので、そこをできればいいなと思います。

―今後もペアは続けていくのか
高清水:そうですね、先輩とかランキングとかの関係もあってよく分からないんですけれど、できればこのペアでやっていきたいなとは思います。
佐野:僕もやっぱりそうですね。僕だけの力でここまで来れたわけでは無いと思うので、可能であればこのまま行きたいので。このペアで今後も結果を残してインカレとかにつなげていけたらないいなと思っています。

ーペアとしての目標は
高清水:まずはインカレに出て、しっかり勝っていきたいというのがあるので、当面の目標は春関でベスト4、8にしっかり入って入賞するというのがまずですね。それを乗り越えたら今度はインカレでどこまで行けるかというのがあるので、今はインカレ出場ですね。
佐野:これで新進は終わったので、春関に向けてしっかり準備して、そこでインカレにつなげて、夏関に向けてもし僕達が出れることになったらしっかり自分達のプレーを見せて、特にリーグ戦ではチームに貢献できるように頑張りたいなと思います。

フォトギャラリー

  • kusuhara5 R明日の決勝で優勝がかかる楠原
  • kusuhara6 Rストレート勝ちで勝利を収めた楠原
  • huziiyuzuki4 R接戦を制した藤井・柚木(左)ペア
  • huziiyuzuki Rスーパータイブレークを制し抱き合う藤井と柚木(左)
  • sanotakashi4 R予選から勝ち上がった佐野・高清水(左)ペア
  • sanotakashi6 R佐野・高清水(左)ペアはベスト4で大会を終える
 
 
 
 
 

最近の記事

 

1koスポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み