テニス

【テニス】2020年度関東学生テニストーナメント大会 男女単複2回戦~4回戦 春関開幕!男子Sでは主将・中川、男子Dでは4ペアが準々決勝に進出した!

2020年度関東学生テニストーナメント大会
2020年10月30日(金)~11月5日(木)
大宮けんぽグラウンド

 『春関』がついに開幕した。例年の5月開催とは違い、秋開催となった関東学生テニストーナメント、男子シングルスでは中川舜祐(社3)が準々決勝に進出。さらに男子ダブルスでは4ペアがベスト8入りを果たすなど法大硬式テニス部が今大会で大躍進を遂げている。

S  197550113 R
単複共にベスト8に進出した主将・中川

男子シングルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
岡垣光祐(経4) 6-3,6-3 上野浩太郎(立大)
賀川稜太(社4) 7-5,6-3 権藤宅巳(亜大)
柚木武(スポ4) 7-6(4),6-3 小坂竜大(明大)
横尾淳司(社4) 6-0,6-0  矢島淳揮(スポ2)
中川舜祐(社3) 6-0,6-3 畠山尚(早大)
大田空(スポ1) 1-6,4-6 高畑里玖(早大)

男子シングルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
岡垣光祐 6-3,6-1 堀内竜輔(亜大)
中川舜祐 6-0,6‐2 萩野颯太(青学大)
賀川稜太 3-6,2-6 石榑元晴(筑波大)
柚木武 6-4,2-6,9-11 丹下将太(早大)
横尾淳司 4-6,2-6 高見澤岳飛(亜大)

男子シングルス4回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
中川舜祐 6-1,6-1 藤原智也(慶大)
岡垣光祐 4-6,4‐6 丹下将太(早大)

男子ダブルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
佐野有佑(経3)・高清水研人(経3) 6-4,6-4 森田凌矢(社1)・大野文也(スポ3)
加藤木塁(経1)・守屋達貴(人2) 7-6(5),6-3 矢島淳揮(スポ2)・村田雄飛(社2)
中川舜祐・大田空 6-3,6-4 岡垣光祐・柚木武
田中諒弥(経3)・賀川稜太 6-2,7-6(2) 野田樹力・坂野唯 (日大)

男子ダブルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
佐野有佑・高清水研人 7-6(4),2-6,10-8 吉本優太・今鷹洸太(慶大)
加藤木塁・守屋達貴 4-6,7-5,12-10 田形諒平・弘光慎太郎(筑波大)
中川舜祐・大田空 6-2,6-3 平林輝・吉田響介(駒大)
田中諒弥・賀川稜太 6-2,7-5 小清水拓生・成耀韓(慶大)

女子シングルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
猪川結花(社2) 6-2,6-1 清水里咲(駒大)
小松茉莉奈(経4) 0-6,3-6 神鳥舞(早大)

女子シングルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
猪川結花 4-6,6-2,4-10 吉岡希紗(早大)

女子ダブルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
蛸井涼華(スポ3)・山﨑京花(経2) 7-6(2),5-7,10-8 小林彩夕里・木村菫(立大)
猪川結花・鵜飼日南乃(スポ1) 1-6,6-3,4-10 倉島愛・淺野汐香(立大)

女子ダブルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
蛸井涼華・山﨑京花 3-6,1-6 松田望愛・倉持美穂(早大)

戦評

第3日(10/30 男女シングルス2回戦)

 男子・女子シングルス2回戦では岡垣光祐(経4)、賀川稜太(社4)、柚木武(スポ4)、横尾淳司(社4)、中川舜祐(社3)、猪川結花(スポ2)の6名が3回戦に駒を進めた。この日は勝ち上がった全選手がストレート勝ち。連戦の疲れを感じさせない調子の良さがうかがえた。
S  197550109 R
3回戦進出を決めた猪川

第4日(11/2 男女シングルス3回戦、ダブルス2回戦)

男子シングルス3回戦
 男子シングルス3回戦に臨んだ岡垣は序盤は長いラリーを取られてしまうなどして、上手く流れをつかむことができない。しかし、徐々に立て直して着実にポイントを重ねていく。第1セットを奪うと、続く第2セットでも力強いショットを繰り出し、最終的にはセットカウント2-0。見事な圧勝を見せた。
 土日を挟んで行われたシングルス3回戦には中川舜祐が登場。前戦ではストレート勝ちを見せた中川だったが、今日も圧倒的なストローク力で相手を打ち負かす展開が目立っていた。第1、2セット共に隙の無いテニスで完勝。4回戦進出を決めた。
 横尾はネット際を狙ったショットを繰り出すなどし、積極的な攻撃を見せる。しかし、相手が打ち出すショットに対応することができず、試合の流れを引き寄せきることができない。最終的には0-2で敗退し、次の戦いへと駒を進めることはできなかった。
 順調に3回戦まで駒を進めた賀川稜太。この日も武器である強烈なストロークで流れをつかむべく、試合序盤から深くコースを突いたボールで相手にプレッシャーをかける。作戦が功を奏し、幾度となくチャンスを迎えるものの、この日の賀川は自らのミスに苦しむことに。打球がネットにかかるシーンも多く、試合中は終始自らのプレーに納得のいかない様子であった。その後も試合は相手ペースのまま進み、ストレートでの敗戦を喫した。
 この日柚木が迎え撃つのは、今年2月に行われた新進で優勝を果たした強敵・丹下将太(早大)。幸先よく第1セットを先取するものの、ストローク勝負となった第2セットを落とし、試合はファイナルゲームへと突入する。拮抗した好ゲームとなったが、最後は9-11で競り負け3回戦敗退。持ち前の体格を生かしたネットプレーで優位に試合を運びたい柚木だったが、試合を通じてなかなか前に出ることができず、分の悪いストローク勝負に持ち込まれての敗戦となった。試合を見ていた植村監督は柚木に対し、終始ミスを恐れているというメンタルを指摘。次の舞台であるインカレはすぐにやってくる。短い期間ではあるがそうした課題にどう向き合い、どんなプレーを見せてくれるのか注目したい。
 
男子ダブルス2回戦
 男子ダブルス2回戦では、加藤木塁(経1)・守屋達貴(人2)ペアと矢島淳揮(スポ2)・村田雄飛(社2)ペアの同校対決が繰り広げられた。試合前半、矢島・村田ペアが長いラリーを制するなどして試合の流れをつかんだかに見えた。しかし、加藤木・守屋ペアが巻き返しを図り第1セットを奪う。第2セットでは、矢島・村田ペアが抜群のチームワークで盛り返し、セットカウント1-1に。続く第3セットは両者が拮抗した対決で粘りを見せる。軍配が上がったのは加藤木・守屋ペア。2-1で同校対決を制した。
 同校対決となったこの一戦。森田凌矢(社1)・大野文也(スポ3)ペアはストロークを中心に試合を展開し、積極的な声出しもあってか試合をリードする。しかし、佐野有佑(経3)・高清水研人(経3)ペアも負けていない。佐野の強烈なサーブと高清水得意のネットプレーで、両者とも譲らない接戦に。キープの続く展開でリターンゲームを佐野・高清水ペアがものにし、第1セットを制すると、第2セットでも6-4と力を発揮し、同校対決を制した。
 予選から勝ち上がり、本戦に出場している田中諒弥(経3)・賀川ペアは第1セット、賀川の気迫こもったテニスと田中の落ち着いたプレーで危なげなくセットを制す。しかし、第2セットでは相手の粘りに苦戦し、なかなか思うようなテニスを展開できない。それでもここぞの場面で際どいコースに打ち込み、相手を翻弄(ほんろう)。タイブレークを7-2でものにし、ベスト16進出を決めた。
 これまで法大硬式テニス部を引っ張ってきた4年生ペア岡垣・柚木組と今後の部をけん引するであろう中川・大田空(スポ1)組の同校対決となった注目の試合。今大会絶好調の中川の勢いに乗せられてか、ルーキーの大田が躍動。のびのびと楽しそうにプレーする様子が印象的であった。対する岡垣・柚木組も意地を見せたいところであったが、ミスが多く流れをつかめない。終わってみればストレートで中川・大田組の勝利。世代交代を感じさせる一戦となった。
DSC0011 R
中川・大田ペアが岡垣・柚木ペアに勝利、世代交代が進んでいる
 
女子シングルス3回戦 
 女子シングルスで唯一3回戦へと進出した猪川は早大の吉岡希紗と対決。序盤から猪川の持ち味である力強いショット繰り出し、第1セットものにする。しかし第2セット相手のテクニカルなショットに翻弄されミスを連発。どうにか持ち直そうとする者の「調子が悪かった」と語るようにそのまま相手のペースとなり敗戦を喫した。
 
女子ダブルス2回戦 
 蛸井涼華(スポ3)・山﨑京花(経2)ペアは、序盤から接戦を繰り広げる。タイブレークに突入しながらもどうにか第1セットを獲得するも続く第2セットではミスが目立ち第2セットを落としてしまう。そして勝負の第3セット。一進一退の攻防を繰り返しながら試合はタイブレークに持ち込まれるも、見事粘り勝ちを果たした。
 猪川・鵜飼日南乃(スポ1)ペアは相手チームのテクニカルなショットに苦戦し、第1セットを落としてしまう。しかし、そこから巻き返しを図り、長いラリーを制するなど抜群のチームワークを見せ、第2セットを奪う。第3セットは相手に食らいつき粘りを見せるも、わずかに及ばず、このセットも落としてしまう。セットカウント1-2で惜しくも敗れた猪川・鵜飼ペア。インカレ出場権を得るべく、コンソレーションに挑む。
 

第5日(男女シングルス4回戦、ダブルス3回戦)

男子シングルス4回戦
 単複共に勝ち上がりを決めている中川がベスト8進出をかけ、シングルス4回戦に挑んだ。序盤から相手を左右に振り、絶妙なコントロールで試合を支配する。第1セットを6-1で制すと、第2セットでもその勢いは衰えず、6-1でストレート勝ち。シード順で格上の相手に1度もブレイクを許すことなく圧倒した。
 男子シングルス4回戦で、岡垣は早大の丹下将太と対決。鋭い角度の高速ショットを繰り出すなどしてポイントを重ねるが、流れを引き寄せきれずに第1セットを落としてしまう。第2セットでは積極的に仕掛けて巻き返しを図るが、相手の攻撃に苦しみ、このセットも奪われてしまう。0-2で悔しさをにじませながらコートを去ることとなった。

男子ダブルス3回戦 
 賀川・田中ペアは、序盤から積極的な試合を展開する。相手の隙間を狙った絶妙なショットや強烈なサーブを繰り出すなどして、終始試合の流れをつかむ。相手チームが粘りを見せ長いラリーにもつれ込む場面もあったが、抜群のチームワークでしっかりとポイントを重ねていく。最終的には、6-2,7-5のセットカウント2-0で見事なストレート勝ちを収める。
 男子ダブルス3回戦に出場した佐野・高清水ペアは前戦同様に、ネット際でのプレーをメインとして戦った。第1セット序盤からキープの続く展開となり、その流れのままタイブレークに持ち込み、7-4でこのセットをものにする。だが、続く第2セットではミスが目立ち始め、2-6でセットを落としてしまい試合は最終セット、スーパータイブレークに突入する。スーパータイブレークでも均衡した展開は変わらなかったものの、最後に意地を見せた法大ペアが10-8でセットを制しベスト8進出を決めた。
 2回戦で第1シード、そして同校の先輩である岡垣・柚木ペアに勝利し勢いに乗る中川・大田ペアはベスト8進出をかけて3回戦に臨んだ。第1セットから息のあったプレーで試合を優位に運ぶ。勢いそのままに第1セットを制すると、次のセットでも中川の落ち着いたネットプレーや大田のストロークが冴えわたり、ストレート勝ちを収めた。
 中川・大田ペアが熱戦を繰り広げる隣では、加藤木・守屋ペアがコートイン。第1セットでは相手の正確なショットに苦戦し、ミスを重ねてしまい4-6で落としてしまう。それでも必死に食らいついたペアは、ゲームを重ねるごとに調子を上げ第2セットを7-5。スーパータイブレークへと持ち込んだ。この最終セットでも最後まで粘り強く戦い、10-8で接戦をものにした。これで男子ダブルスは4本がベスト8に進出することとなった。
S  197550110 R
ベスト8に進出した加藤木・守屋ペアは試合中のコミュニケーションを欠かさない
 
女子ダブルス3回戦 
 女子で唯一ダブルス3回戦に駒を進めた蛸井・山﨑ペアは早大の松田望愛・倉持美穂ペアと対峙(たいじ)した。試合序盤はロブを中心とした緩急のあるテニスで相手の様子をうかがった。しかし、ゲームを経るにつれミスが目立ち始め、3-6でファーストセットを落としてしまう。後が無くなった第2セットではクロス展開中心だったラリーをストレート展開にするなど戦術を変更。だが、このセットも1-6で落としてしまい試合終了。ベスト8進出はならなかった。試合後「一つのことだけではなく、試合中にいろいろなことができるようになりたい」と語った両者。約2週間後に控えるインカレでその思いをぶつける。
 

(記事・写真:岩田かおり、加瀬航大、鳥越花音、宮川昇)

選手コメント

矢島淳揮・村田雄飛組

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
矢島:僕たちはシードでランキング的には向こうのほうが向かってくる感じだったので、自分たちもそれに負けずに向かっていきました。でも結局ファーストセット接戦で2ポイントの差で向こうに取られてしまってから相手に余裕が出てきてしまってそのままいってしまったという感じですね。
村田:大事なところを取り切れなかったという感じでしたね。

―同校対決という点はいかがでしたか
村田:僕は手の内が知っている分結構いいなと思ってました。でもさっき矢島が言ったとおり自分たちがシードだったんですけれど、向こうは最初の試合もスーパータイブレークで勝ってきていて試合を通して自身がついてきてたのかなと感じました。対照的に自分たちは最初の試合だったからそういう部分で負けちゃったのかなとも思います。
矢島:自分は正直やりにくくて、できれば当たりたくないなと思ってました。普段一緒に練習している言ってしまえば『仲間』なので、公式戦で当たるとなると少し私情が入っちゃうというか、結局試合中はそんなこと考えてる余裕もなかったですけどやりたくはなかったですね。

―今試合でうまくいったなと思う点は
村田:課題だったサービスゲームとかは前より確立されてきたのかなと思います。よくなったのはそこと前より崩れはしなくなったのかなと思います。今日もファーストとられてもそこでセカンド切り替えて取れたのは前よりはよくなったのかなと実感しました。
矢島:今、村田が言ったように僕たちは相手にリードされちゃうと引いてしまう癖があって、でも今日はファーストセット取られたとしても悔しさをばねにセカンドの最初とか戦えていたので、引いちゃう癖はよくなったなと思いました。

―今後に向けての意気込み、またどういう練習に力をいれていきたいか
村田:コンソレが残っているので2日空きますけれど、そこをしっかりコンディションあげて臨みたいですね。長期的な目標は、もしインカレに行けなかったら次は1月の夏関でどこまでとは言わないですけど(笑)。今よりレベルアップして臨みたいなと思います。
矢島:今日負けた敗因が最初のタイブレークなどの大事な場面でのミスがつながっていると思っています。大事なところでミスらないように練習中にもっと本番に基づいた練習をしてい大事なところで攻められるようになりたいなと思います。

森田凌矢・大野文也組

ー今日の試合を振り返って
森田:僕も大野さんもいい状態で。最初声を出して相手にプレッシャーをかけられていたというのがありました。佐野さんのサーブは固くて、もう片方の高清水さんのサーブの時にブレイクを狙おうと話していて、それがうまくいったところまでは、ファーストもセカンドも良かったんですけれど、そこから逆に自分のサーブゲームをキープできなかったというのが一番の敗因でした。
大野:出だしは2人とも良くて、自分たちのペースだったんですけれど、リードしてからすぐに流れが相手に行ってしまうというパターンが試合通してずっとありました。リードした時に自分たちで考えて、流れのままいけたら結果は違っていたのかなと思います。

ーペア間での戦略は
大野:最初から「行くところは行こう」という気持ちでチャンスがあったら前に行って、ボレーで決めるって感じでした。2人ともストロークの方が得意なので、ミスなくストロークで押していこうという感じですね。

ー同校対決となりました、やりにくさは
森田:僕的にはやりやすかったです。僕はファイターなので、圧をかけられるので向こうがひるんでくれたらラッキーだなと思っていて、今日も最初はそうだったのでやりやすかったですね。
大野:やりにくさはなかったですね。練習も一緒にしていましたし、そこまで無かったですかね。

ー大野選手はシングルスでも本戦に出場しました
大野:シングルスでもさっきの試合みたいにチャンスは何度もあって、今大会通してなんですけれど、チャンスを自分のものにできないことが目立ってしまったので、敗因としてはシングルスもそこですかね。

ーこれで春関はコンソレーションに回ります、意気込みは
大野:(インカレ出場は)2ペアしか行けないので、ショートセットですし、相手も強いですし厳しい戦いになると思います。自分たちのプレーをしてできることをやっていきたいです。
森田:上がるしかないです!

ーこれからもペアは続けていきたい
森田:僕は結構大野さんとマッチしていると思います!
大野:僕はちょっと、無理ですね(笑)。
森田:(笑)。らしいです。
大野:これから考えていきたいですね(笑)。

猪川結花・鵜飼日南乃組

―今日の試合を終えていかがですか
鵜飼:出だしがすごく悪くて、私は勝手になんとか行けるかなと思っていたので、惜しかったな、という感じです。勝負弱かったかな、と思っています。
猪川:2セット目に良い感じになってきて、ファイナルで乗り切れなかったのが、うーん、という感じです。

―今回の試合でうまくいったと思う部分は
鵜飼:1セット目は全然だめだったんですけど、2セット目で、私はストロークメイン、(猪川選手は)ボレーメインで、というふうに分けている部分があったので、そこは上手くいったかなと思っています。

―逆に課題だと思った部分はありますか
鵜飼:30-30やテンポイントといった大事な場面で、自分たちのプレーができないことや、ミスが早くなることや、勝負弱いところがまだまだだな、と感じました。
猪川:粘られたときなど、おくられることが結構あったので、そこを気を引き締めていかないとな、と思いました。

―今後強化していきたい部分は
鵜飼:もっと積極的にポーチに入れていくことと、ストロークも今は頼ってばかりなので、自立してポイントを取れるようにしたいです。
猪川:私はもっとストロークでミスが無いように、減らしていきたいなと思いました。

―今後に向けて一言お願いします
鵜飼:コンソレが残っているので、絶対に勝ってインカレ行きます!
猪川:一緒です!

猪川結花

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
出だしがかなり悪くて、相手のミスもあったりしたんですけど、それをゲームにつなげていくことができませんでした。ファイナルの集中力というか、それが続かなかったかなと思います。

―今日の試合に向けての調整はどのように行っていましたか
打っていくけれどミスはしない、というのを前提でやってきたのですが、風やコートの状況から思うようにできなかった部分はありました。

―今日の体のコンディションは
良かったと思います。

―今後の試合の予定は
シングルスは、2週間後にインカレが決まっています。思い切って頑張っていこうと思っています。

―インカレに向けて一言お願いします。
シングルスはシードだったので、1つでも多く勝てるように頑張っていきたいと思っています。

蛸井涼華・山﨑京花組

ー今日の試合を振り返って
蛸井:やりあえる相手だとは思っていたんですけれど、単純にミスが多かったですね。
山﨑:ファーストでリードしていた時に追いつかれてしまったところが悔しかったですね。そこでもっとリードを広げられていればチャンスがあったと思うんですけれど、ミスが多くなってしまって流れを戻せなかったのかなと思います。

ー試合前の戦略は
蛸井:相手選手の分析があって、ラリーをつなげるよりもロブ系の球が苦手というのが分かっていました。なので、ロブを使って試合動かしていこうというのは話していました。

ー試合中に変えた部分は
山﨑:クロス展開を意識していたんですけれど、ストレートに展開したりコースを色々と変えたりしないとってやっていたんですけれど、だめでした(笑)。
蛸井:3-3の時に私がダブルフォルトをしてしまって、その時に「あぁ、ファースト入れないとな」って思いましたね。

ー春関を総括して
蛸井:2次予選からインカレ本戦に出られるという目標が達成できたので、自分はインカレ初出場なので満足はいっています。
山﨑:競った試合を勝てたことは良かったですし、インカレ決まったこともうれしいんですけれど、まだまだ課題がたくさんあるのでインカレに向けて頑張っていきたいです。

ーインカレまでの期間で調整したいことは
山﨑:もっと引き出しを増やすことですね。一つのことだけじゃなくて、試合中にいろいろなことができるようになりたいです。
蛸井:一緒です(笑)。

ーインカレに向けて
蛸井:やるしかないかなという感じなので、声出して盛り上げていけるようにしたいです!
山﨑:一つでも多く勝てるように頑張りたいです!

フォトギャラリー

スポホウではウェブ及び速報に乗り切らなかった写真をInstagram上に公開!
こちらからご覧ください!

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2020-11-16

 

 

定期購読の申込み