陸上

【陸上競技】「箱根駅伝直前特集 シード権奪取へ―」 第1回 坪田駅伝監督、佐藤主将、中西主務


2015年12月13日(日)
法政大学多摩キャンパス体育館

いよいよ箱根駅伝も間近に迫ってきた。今回は2年ぶりに出場する法大の監督、選手に箱根への意気込みや思いを語っていただいた。
第1回は坪田智夫駅伝監督、佐藤和仁駅伝主将。中西正明駅伝主務。チームをまとめる方々からお話を伺った。

※この取材は12月13日に行ったものです。

kantoku R
箱根駅伝へ意気込みを語る坪田駅伝監督

 

監督、選手コメント

 坪田智夫 駅伝監督

―箱根が目前まで迫ってきましたが、今の心境は
いよいよここまで来たなと思っています。集中してやっていきたいなと思います。

―監督から見て今のチーム状態は
まずまずかなと思います。故障者が何人か出ているのですが、順調に練習はできています。あとは練習を落としながら、試合に向けた練習の質に上げていくという形なので、悪い状態ではないと思います。

―試走もされていると思いますが
試走はあまり選考には関わらなくて、山のところだけですね。試走を見てというより先日の合宿を見てメンバーを決めて、今はオーダーに頭を痛めているところですね。

―合宿ではどのような取り組みをされてきましたか
予選会が終わってから試合が続きましたので、一度体力づくりというか、溜めを作りました。体力を戻して長い距離を踏みました。それとロードの練習は多摩キャンパスではなかなかできないので、ロードの足に慣らしていくというスケジュールをしました。

―先日エントリーも発表されましたが
予選会を走った佐藤(和仁)と磯田(和也)を外さざるを得なかったので、そういったところでは想定外だったのかなと。予選会終わった時点で考えれば想定外ではあったのですが、それに代わる2名は計算できる選手を入れることができました。実績の部分では痛いのですが、2人が外れたからと言って戦力が大幅にダウンするといったことはないと思います。

―外された2選手はケガということでしょうか
1人はケガで1人はコンディションが上がり切らなかったということですね。

―主将の佐藤選手が外れましたが、主将を外すのは勇気のある決断だったのでは
そうですね。私の中でも正直葛藤はありました。やはりこの1年間チームを作ってきたのは佐藤主将なので、彼を外すことを考えた時にチームの雰囲気の部分も考えました。ですが今考えうる、走ることのできるベストのオーダーというのを組みたいと私の中では考えていました。もちろん佐藤の実績は買うべき部分ではあるのですが、今後チームを作っていく上で下級生に対しても、過去の実績だけではなくて、今良い状態の選手揃えていくということを、選手に対しても伝えることができたと思います。まずはこの登録まででコンディションを合わせることが大事だと思います。

―外された佐藤主将が今後チームの中で担っていく役割は
チームを盛り立てることですね。腐って練習をやらないということでは問題外なのですが、1月3日が終わるまでが今年のチームなので、そこまで主将としてやるべきことをやってもらいたいと考えています。

―箱根での区間はもう決められているのですか
そうですね、大まかにポイントとなる区間は頭の中では抑えています。まだこの後選手個人のコンディションもあるので、最後までも見ながらつなぎの区間は決めたいなと思っています。

―ポイントとなる区間とは
もちろん1区です。あとは2、3、5、6区ですね。

―序盤の流れを作る1、2、3区の起用はどう考えているのですか
力のある選手を並べていくしかないと思います。今は高速レースですので。今どこの大学も同じようなことを監督会議の後に話していたのですが、前半から流れに乗って、というのはどこも同じだと思います。後ろに選手を回したとしても、取り返せるほど力のある選手がうちに関してはいないので、強い選手から並べていくしかないと思います。

―山の区間についてはどうお考えですか
ある程度計算は立っているかなと思います。登りに関しても関口(頌悟、平26年度卒)あたりのタイムで上ってくれるかなと思います。順位的にはまだわからないのですが。タイム的には関口くらい走れる算段は立っていると思います。そこで大きく外すタイプの選手ではないので、計算できると思います。

―これまで山は細川選手が候補と言われていましたが、やはり細川選手を中心に考えているのですか
そうですね。細川が有力になってくると思います。

―ほとんどの選手が箱根を走るのが初めてになります。この経験の少なさをどうお考えですか
選手がどう思っているかはわかりませんが、私はあまり気にしていないです。実際シードを取った時も箱根を走った選手がゼロだったと思うんですよね。前年に学連のメンバーに入った選手はいましたが。シードの年もチームとしての経験者がゼロの状態で、シードまで漕ぎ着けているので、経験があったとしても駄目な選手はこぼれていきますし、経験がなくても走れる選手はいますし、特にそういった経験の少なさを気にしていません。

―監督からは今年の箱根駅伝をどんな展開を想像されていますか
優勝は青学、東洋だと思います。これはシード争いも同じなのですが、前半から流れに乗っていって、取りこぼしたチームが優勝争いや目標値から外れていく。それが今の駅伝だと思うので、前半から前半から最後まで流れに乗り切ったチームが勝つと思います。  

―法大もそのシード争いをしていくチームだと思いますが、シード争いもそうなるとお考えですか
そうですね。うちは今年に関しては大砲がいるわけではないので、1区間でも取りこぼした時点で、間違いなくシード争いからは脱落すると思います。全区間手堅い走りをしていって、10区間走り切りたいです。

―シードを取るためには取りこぼしをなくして、確実につなぐことが大事なのですね
そうですね。区間で上位はなかなか難しいと思うので、できれば10位前後のところで、走ってもらえればなと。それも難しいとは思うのですが、10位前後で走るのが第一条件で、そこから15位以下、18、19、20位を取らないことも大事になってくると思います。

―改めて箱根での目標を
やはり出るからには走るだけでは、私自身も、チームも、法政を応援してくれる皆さまも満足してくれないと思います。走ったから良かったねではなく、シード争いをして、3日目にゴールを迎えればなと思います。

―2年ぶりの出場ということで注目も高まっています。法大を応援しているファンにむけて
2年ぶりということで、待たせてしまいました。昨年は非常に残念なお正月を迎えさせてしまったので、2日間とも良い位置で、テレビに映る位置で、走りたいなと思っています。また、その結果シードを取れれば皆さんも喜んでくれると思いますので、そういった期待を受けているのは十分わかっているので、期待に応えられるような走りができればなと思います。

(取材:佐々木岳)

 

kantoku R 

坪田智夫(つぼた・ともお)

77年6月16日生まれ。兵庫・神戸甲北高-法大出身。法大時代は第76回箱根駅伝で2区区間賞に輝くなど、エースとして活躍。卒業後は社会人の強豪、コニカミノルタに進み、日本代表として世界選手権にも出場。2010年から母校である法大のコーチに、13年から駅伝監督に就任。今年は2年ぶりとなる箱根出場へ導いた。

 

佐藤和仁 駅伝主将

―箱根駅伝まで1ヶ月を切りましたが、チームの状態は
合宿を終えて選手達もある程度いい状態に持っていけているのかなと思います。

―合宿で取り組んだことは
距離を踏む練習に取り組みした。

―今足りないと感じるところは
予選会の前みたいな感じで、少し盛り上がりに欠けるかなというのがあるんですけど、残り三週間あるのでそこで上げていけたらなと思います。

―佐藤選手ご自身はメンバーから外れる結果となりました
悔しい気持ちが強かったんですけど、最後自分がチームを盛り上げていけたら、それでいいのかなと思えてきています。

―佐藤選手は箱根を走った経験がありますが、それを踏まえてメンバーに伝えたいことは
厳しいレースが多いと思うんですけど、途切れない沿道の声援があると思うので、それを力に頑張っていけば、みんな走れる力があると思っています。あまり不安な気持ちにかられることなく、気負いすぎないように、と伝えていきたいです。

―先日行われた壮行会では多くの方が集まりました、ファンからの期待も厚いと思いますが
箱根駅伝はやはり注目度が高いので、プレッシャーはあると思うんですけど、ファンの方からの最後の一押しが力になりますし、そういう方たちの支えが自分の力にも選手を後押ししてくれる力にもなるので大事にしていきたいです。

―箱根駅伝当日はチームのどんなサポートをしていきたいですか
雰囲気作りですかね。カチンコチンで緊張でガチガチよりは、いつも通りに走れそうな雰囲気作りが自分に課せられているのかなと思います。

―ご自身にとっての箱根駅伝とは
陸上始めたきっかけでもあるので、自分が追い求めてきた最高の舞台なのかなと思います。

―法大のここに注目して欲しいという点は
うちは、ごぼう抜きとか区間賞狙えるような選手とか、そういう特別すごい選手はいません。ですが、着実に歯を食いしばって、一生懸命走る選手ばかりなので、そういう一生懸命な姿はどこにも負けないと思います。そんなひたむきさテレビを通しても伝わってくると思うので、そこは見て欲しいかなと思います。

―2年ぶりの出場は多くのOBOGの方々が待ち焦がれていました
去年予選会で敗退してから、自分たちも1日1日練習を積んできましたが、OBOGの方なくして一回一回の練習はできません。ご支援ご声援があって、練習を積んでこられたので感謝の気持ちでずっとやってきたので、シード権獲得という結果を残して恩返ししたいです。

―箱根駅伝が学生生活最後の大会になると思いますが
自分の競技生活最後の集大成でもあると思うので、胸張って自分の競技生活に悔いはないと、1月3日にレースが終わった時に強く思える自分でいるための取り組みや練習をやっていきたいです。

(取材:望月千草) 

 

satou R 

佐藤和仁(さとう・かずひと)

93年10月21日生まれ。171cm・61kg。福島・田村高校出身。スポーツ健康学部4年。
自己記録:5000m、14分20秒75。1万メートル:29分34秒01。ハーフマラソン:1時間4分01秒。
2年次に箱根8区で区間7位の好走。経験豊富な駅伝主将。箱根のメンバーからは外れたが、サポート役としてチームに貢献する。

 

 

中西正明 駅伝主務

―箱根駅伝が目前に迫ってきましたが、今の心境は
ここからは選手個々の力を強くすることはできないので、今の持っている力を最大限に発揮できるか、ということが大事になってくると思います。体調管理や、故障に気を付けるなど、基本的な面はしっかりやっていっていきたいです。シード権を獲得できる力はあると思っているので、獲得したいと思っています。

―中西さんから見て今のチーム状態は
予選会を走った選手の中でも外れたメンバーがいるのですが、予選会の時よりも状態の上がっている選手もいるので、悪くはないと思っています。

―先日まで合宿がありましたが、選手の取り組み、状態は
ここまでレースを重ねてきたので、多少疲れも全体的に見えてきています。その中で今まで目立たなかった選手が出てきたりしているので、悪い点も多少なりともあるのですが、良い点もそれ以上にあるので、良い合宿になるのかなと思います。

―具体的にその良い点、悪い点とは
良い点は園田(憲佑)や増田(真也)が今までは控えめで、練習でも前で走ることもあまりなかったのですが、積極的に走るようになったことです。あとは中村(涼)の状態が上がってきていることがチームの中では大きいかなと思います。悪い点は磯田の故障や佐藤の状態が上がらないということがあったのですが、そこはしょうがないので割り切っていこうかなと思います。

―エントリーも発表されましたが、エントリーを見ていかがですか
理想を言えば磯田も安定感のある選手ですし、佐藤も経験、実績のある選手なので、状態が万全であれば間違いなく入っていた選手なのですが、どの大学も選手が万全の状態で選手全員入っているわけではないです。それを良い意味で捉えれば他の選手にチャンスが回ってきたとも考えられるので、エントリーはポジティブに捉えていますね。

―主将の佐藤選手が外れましたが、主将が外れることでチーム内に影響は
特にはないですね。目標は変わらないので、チームの目標に対して個人に何かあったからチームに影響が出ることはないですね。

―前回の箱根の時はまだ選手でした。マネージャーとして、現在はコーチのような役割もされていますが、今の立場で迎える箱根駅伝の違いは
付き添いへの指示や補助員の配置、給水を誰がするかというのもこちらで考えて指示を出さなきゃいけないので、当日までにしっかり準備をしたいです。考慮しなければならない点も多いので。しっかり考えないといけないです。あとは運営管理者に乗りたい。ということが自分の中でのモチベーションだったのですが、それが叶うので、シード権獲得したいという気持ちも持ちつつ、運営管理者に乗れる喜びは非常に感じられるのかなと思いますね。

―箱根直前ですが、チームの雰囲気は
緊張感は高まってきていますし、今日も大事な練習が入っていたのですが、それも良い雰囲気でやれていたなと思います。

―目標はやはりシード権獲得だと思いますが、シードを取るために大事なことは
まずはうちのチームは1万メートルで28分台の選手がいないです。そこから考えられるのは1、2、3区で出遅れないことが大事だと思います。その後は他大学の隙につけ込んで、悪くても区間12、13位でつないでいくことがシード権争いに最後まで絡むカギとなってくると思います。誰か1人に期待するというよりも全員に確実に走っていくレースを期待したいです。

―先ほど運営管理者に乗りたいとも話されていましたが、運営管理者からは選手にどんな声をかけたいですか
声かけポイントでは選手はきついと思うので、元気が出る言葉や、足が動かないようなきつい場面でも足が動くような言葉をかけたいなと思います。ただの「頑張れ」とか「行け」とは言わずに、それぞれの選手に合った言葉をかけたいと思います。

―改めて箱根駅伝への意気込みを
中学1年から陸上を始めて、大学2年まで選手をして、そこからマネージャーをやってきました。来年からは社会人として働いて、陸上から離れるので、自分自身、選手ではないのですが、競技の集大成ですし、やはり笑顔で終わりたいと思っています。予選会の時の感動を上回るような感動、喜びを味わいたいなと思います。

(取材:佐々木岳)
 
 
nakanishi R 

中西正明(なかにし・まさあき)

93年4月23日生まれ。160cm・52kg。神奈川・日大藤沢高校出身。スポーツ健康学部4年。
選手として入部するが、2年の箱根後にマネージャーに転向。今年から駅伝主務を務める。チーム内ではコーチのような役割も果たしている。

 

今後の掲載予定選手

4年:有井渉、田中優大、中村涼、藤井翔太
3年:足羽純実、岡田悠、坂田昌駿、篠村政寛、城越洸星
2年:阿部泰久、園田憲佑、細川翔太朗、増田真也
1年:土井大輔、坂東悠汰、本多寛幸

フォトギャラリー

  • kantoku R箱根へ意気込みを見せる坪田駅伝監督
  • kantoku2 R真剣な表情で取材に応じる
  • satou Rメンバー外となったが、主将として箱根へ挑む
  • satou2 R取材に応じる佐藤主将
  • nakanishi R中西ら裏方にとっても最後の箱根となる

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み