陸上

【陸上競技】「箱根駅伝直前特集 シード権奪取へ―」 第2回 箱根路へ挑む1年生 本多、土井、坂東


2015年12月13日(日)
法政大学多摩キャンパス体育館

いよいよ箱根駅伝も間近に迫ってきた。今回は2年ぶりに出場する法大の監督、選手に箱根への意気込みや思いを語っていただいた。
第2回は本多寛幸、土井大輔、坂東悠汰。箱根路を目指すルーキーにお話を伺った。

honda
感謝の気持ちを胸に箱根へ挑む

 

選手コメント

本多寛幸

―今の調子は
予選会が終わってから少し調子を落としてしまったんですけれども、先週の合宿を終えてから調子も上がってきています。溜めも作れてきているので、しっかり走れると思います。

―予選会以降はどのような練習をしてきましたか
自分はどちらかというとロードに対応していくという練習をしていたので、トラックレースとかは出なかったんですけど、確実にスタミナをつけてロードに対応していく練習をしています。レースには出ていませんが自信はありますし、トラックレースに出ても記録は出せると思います。

―合宿での雰囲気は
しっかりシード権獲得に向けてチーム一丸となって、いい雰囲気でできていたと思います。何より代表として選ばれて合宿に行っているということで、それなりの自覚と覚悟を持って挑んだ合宿でした。自分なりにも、状態が悪い中で、しっかり追い込みました。

―希望する区間は
前までは5区と言っていたんですけれど、正直なところ、自分は上りにあまり適性がないというのもあります。それなら1年生ですが、エース区間というところを走りたいという気持ちがあります。2区や9区、10区など長い距離の区間に行きたいなと思っています。

―本多選手が目標としている選手は
今SGホールディングスという実業団に、去年神奈川大学を卒業された柿原聖哉選手という方がおられるんですけど、僕のお母さんの友達のお兄さんが柿原さんのお父さんで、話を聞いていたら人として尊敬できる選手だなと僕は思いました。一緒に1回話をしてみたいですし、尊敬しています。

―山の適性がないとおっしゃっていましたが、万が一アクシデントがあった場合は5区でも走られますか
その時は自分がやるしかないと思います。何よりも1年生で、経験が大事になってくるので、今回の箱根駅伝も1年生として出るということで、色んな経験をしていきたいと思います。何かあったら自信を持って山を上っていきたいなと思っています。

―高校時代は駅伝で全国の舞台を経験されていますが
当時は自分自身に自信を持っていました。5000mも高3の時にベストを出せましたし、その勢いで都大路も、そこそこいい順位で帰って来られました。ただ、まだまだ甘いところがあったという感じもありました。まだ実力的には成長していく、伸びしろもあったと思うので、今後の大学に向けての駅伝という位置付けでの都大路だったかなと思います。

―この1年間でどのような成長がありましたか
この1年間は、春先は本当に苦しい思いをしましたが、ただその苦しみや悔しさがバネになったと思います。6月初めからの2カ月間ずっと距離を踏んでいたので、自分でも驚くほどのスタミナがついて成長しました。それが予選会につながったかなと思っています。

―同学年に土井選手、坂東選手と勢いのある選手がいますが
同じ学年の選手がこうやって上がってきてくれるというのは刺激を受けます。自分も負けてられないと気持ちになりますけれども、周りがどうであろうと自分は自分なので。自分自身に集中して僕はやっているので、今負けていようが別に気にしていません。最後に勝てばいいというか、自分は力をつけていく、という形でやっています。今はやっぱり経験する年だと思っています。ただこうやって競い合いながら学年を上がっていけるというのはいいことかなと思います。

―本多選手にとって佐藤主将とは
我が強いというところは一切ありませんし、学年関係なく優しく見守ってくれていると思います。一生懸命チームのために考えて引っ張ってきてくれているなと思います。佐藤主将は今回メンバーから外れてしまいましたが、なんとしてもシード権を勝ち取って佐藤主将を始め4年生に、自分たちが恩返しをしてあげるんだという気持ちがあります。その気持ちを踏まえて今回の箱根に臨みたいと思っています。

―監督とは何かお話されましたか
監督とはあまり箱根に関しては話はしていないのですけど、普段から僕にアドバイスをくれます。練習終わった後とかに「お前やっぱり強いよ」とか、そういうプラスの言葉をかけてもらえるので嬉しいです。何より坪田さんを信じて法政大学に来ているので、そういう信頼関係は大事にしていきたいと思っています。まだ1年で監督との付き合いは短いんですけど、いつかはいい結果を残して恩返ししていきたいという気持ちを持って、頑張っていきたいなと思っています。

―最後に意気込みを
先輩方が沢山いますし、長距離部員も沢山いるんですけど、その中で1年として、また長距離部員の代表として舞台に立たせてもらえるというのは本当に感謝していかなければならないと思います。自分1人の力でここまで来られたわけではなくて、家族とか支えてくれる方に感謝したいと思っています。1年生なので区間賞とかそういう目標は難しいと思いますけど、1秒でも速く次の走者に襷をつないで、シード権になんとしてでも貢献して、恩を返していきたいなと思っています。

(取材:小島雄太)

 honda

本多寛幸(ほんだ・ひろゆき)

1996年9月3日生まれ。167cm・56kg。京都・京都外大西校出身。社会学部1年。
自己記録:5000m、14分28秒91。1万メートル、31分58秒72。
高校時代は全国高校駅伝で活躍。箱根予選では1年生ながらチーム内4位となる1時間1分13秒、個人89位と活躍。

 

土井大輔

―箱根駅伝まであと1カ月を切りましたがご自身の調子のは
12月の頭にあった合宿で少し疲れが出てしまって、練習の方もみんなと同じ流れで出来てなくて、少し調子は上がりきれてない状態です。

―その中でどんな取り組みをなさっているのですか
足に痛みがあり、走る練習はなかなかできないので、できる範囲で追い込む練習をしています。

―メンバーから外れる可能性はあるのでしょうか
16人の中に入れてもらったので、その次の10人の中に入れるかは今の状態的には厳しいかなって思います。

―チーム全体の仕上がりはいかがですか
予選会が終わってから多少調子が上がらない選手の方もいましたが、全体としてはみんな練習に取り組めていますし本番に合わせることができたらいい結果が出るのかなと思います。

―合宿ではどんなことに取り組んだのでしょうか
12月の合宿では監督から疲労が出ている選手も多いという指摘があり、その中でも箱根まであと1カ月ということで最後の追い込みを、しっかり距離を踏む練習を行いました。

―土井選手ご自身は1年生ながら16人の選抜メンバーに選ばれました
自分自身春に入学してから、先輩はもちろん同級生にも僕よりタイムが速い選手がいて、今年は箱根に出るのはどうかなという気持ちがありました。ですが、順調に練習ができて秋の予選会もチームの代表として出たので、箱根駅伝では先輩後輩関係なく出場できたらいいなと思います。

―チーム内で果たしていきたい役割は
チームのエースというわけではないので、もし任されるのなら復路とかの区間になると思うんですけど、そういう区間をしっかり走れないとシード争いとかはできないと思うので、つなぎの区間をしっかり走れるような役割が求められているのかなと思います。

―走るうえで大切にしていることは
練習の時に周りの選手に流されないで自分自身の練習をするということです。あとは今回故障してしまいましたが、練習を1日1日で捉えるのではなく長期的な目で見て、ちゃんとこなせるプランを自分で考えて、調整しながらやっていくというのを大切にして取り組んでいます。

―アピールポイントは
長い距離にも比較的自分は強い方だと思います。単独走が得意なので、周りに人がいなくても自分のペースでコツコツと刻んで行ける点は他の選手と比べても自分の強みなのかなと思います。

―箱根駅伝を観るときここに注目したら面白いと思うポイントはありますか
関東の大学の代表の選手が走るのですが、ほとんどの選手が箱根駅伝に向けて一年間準備してきています。その成果を本番当日に発揮しているので、全力で走っている姿を見てもらいたいなと思います。

―法大は2年ぶりの出場となりますが、全国のファンの方に向けて
昨年は出場できずに、皆さんに残念なお正月を過ごさせてしまいました。今年はシード権目指してチーム一丸となって戦います。そしてオレンジエクスプレスが走る姿を応援していただけたらなと思います。

―意気込みをお願いします
自分が箱根駅伝を走るのは目標ですが、チームとしてはシード権を取ることが一番の目標なので、自分ができることをしっかりやってチームに貢献して、シード獲得に向けて残りの時間を頑張っていきたいと思います。 

(取材:望月千草) 
 
doi2

土井大輔(どい・だいすけ)

1996年11月6日生まれ。172cm・55kg。九国大付出身。経済学部1年。
自己ベスト:5000m、14分32秒20。1万メートル、30分03秒02。
1年生ながら、全日本予選、箱根予選に出場。箱根予選では1時間1分34秒で個人123位。11月には1万メートルでも自己ベストを更新。

 

坂東悠汰

―エントリーメンバーに入っての現在の気持ちは
目標の1つであった、メンバー16人に入るということが達成できたことは1番嬉しいです。しかし、ここから10人に絞られるわけで、そこに入れるように気を緩めないで、頑張っていかなきゃいけないなという気持ちがより一層強まりました。
 
―法大記録会での好記録がメンバー入りにつながったと思いますが
その前の週に上尾ハーフマラソンを走って、結果はそんなに良くなくて、自分としても不甲斐ない結果に終わってしまいました。でも逆に上尾が悪かったというのもあって、監督からも次の法大記録会で巻き返さないとメンバーに入れないぞと言ってもらえました。それで気が引き締まって、頑張れました。
 
―1年生としてメンバーに入ったことについては
そんなに気負わずに、楽しむことを1番に考えて楽しんで走りたいです。外れている同じ1年生とかに走った経験を伝えられるような役割ができたらなと思います。
 
―主将をはじめメンバー外の選手が多くいると思いますが
自分はたまたま調子が良くて、外れた人は調子が悪かったという感じです。自分が入って、走れるから嬉しいというだけじゃなくて、外れた人の気持ちをくんで、走っていかないなといけないなと思っています。
 
―ここ最近どういった練習を
箱根駅伝では予選会と違って単独走になるので、1人でしっかりリズムを刻んで同じでペースで粘って走るというのが大事になってくると思います。そういうところを強化してきました。
 
―単独走には対応できそうですか
合宿でも16kmの単独走をしました。自分は単独走に不安な部分もあったのですが、実際走ってみて、粘れるところは粘れていたと思うので、自信にはなりました。そんなに不安はないです。  
 
―現在の調子は
調子はずっと上がってきていて、合宿までに大会等が続いていて疲れがあったのですが、ようやく疲れが抜けてきて、調子もちょっとずつ上がっているという感じですね。
 
―自身にとって箱根駅伝とは
小学校、中学校くらいから見ていて、1つの襷にみんなの思いが乗っていて、感動する部分もあります。自分だけの力だけじゃなくて、支えてくれている力も大きいです。自分が100%の力を持っているとすれば、周りに支えられて120%の力が出せると思います。支えというのが凄くあるなという感じですね。
 
―走りたい区間は
まだスタミナの部分で課題があるので、4区を希望しています。
 
―箱根駅伝ではどういった走りをしたいですか
自分は持ち味である粘りをしっかり見せられたらいいかなと思っています。ラストでも他の選手と競っていたら、その選手より先に襷を渡して、粘りというのを見せられたらいいかなと思います。
 
―残りの期間どんなことをしたいですか
特別何かをするというよりもいつも通りのピーキングをしていって、しっかり箱根駅伝に自分の調子を最高の状態に持っていけるように調整したいと思います。
 
―最後に箱根駅伝での目標や意気込みをお願いします
全体の目標である、シード権獲得に向かっていきたいです。もし走ることがあれば自分の走りをして、いい位置で次の走者につなげられるような走りをしたいと思っています。
 
(取材:八木下伸一)
 
bandou

坂東悠汰(ばんどう・ゆうた)

1996年11月21日生まれ。190cm・64kg。兵庫・津名高出身。スポーツ健康学部1年。
自己ベスト:5000m、14分23秒71。1万メートル:29分55分65秒。ハーフマラソン:1時間7分47秒
身長190cmを誇る大型ルーキー。1年では唯一、1万メートルで29分台を持つ。

 

フォトギャラリー

    • honda感謝の気持ちを胸に箱根へ挑む
    • honda予選会ではチーム内4位と好走
    • doi21年ながら多くのレースに出てきた土井
    • doi R単独走もできる土井
    • bandou勝負にこだわる、坂東
    • bandou R長身ルーキーが力を見せるか

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み