陸上

【陸上競技】「箱根駅伝直前特集 シード権奪取へ―」 第3回 法大の未来を担う2年生 園田、細川、阿部、増田真


2015年12月13日(日)
法大多摩キャンパス体育館

いよいよ箱根駅伝も間近に迫ってきた。今回は2年ぶりに出場する法大の監督、選手に箱根への意気込みや思いを語っていただいた。
第3回は園田憲佑、細川翔太朗、阿部泰久、増田真也。法大の未来を担う戦力、2年生にお話を伺った。

※この取材は12月13日に行ったものです。

sonoda R
「楽しんで走る」園田に期待が懸る

 

選手コメント

園田憲佑

―エントリーが発表されましたが、今のご自身の心境は
エントリーされることはまず第1だと思っていたので、エントリーされるまでにしっかり自分の走りをアピールできたかなと思っています。

―ご自身初となる箱根駅伝となりますが
初の箱根なので少し緊張するところもあるのですが、しっかり走る気持ちで今は練習に取り組んでいます。

―プレッシャーはありますか
特にプレッシャーなどはありませんが、応援している方が沢山いると思うので、その応援に応えられるような走りをしたいと思っています。

―現在のご自身の調子はいかがですか
合宿明けで少し疲労がありますが、しっかりケアしてやっていけば、しっかり走れる状態には持っていけるかなと思います。

―合宿での収穫は
箱根駅伝は1人で走らなければいけないので、合宿では1人で走る練習があってしっかり走れたとは言えませんが、1人で走る感覚というのは少しずつつかめてきたかなと思います。

―上尾ハーフではスタミナがないとおっしゃっていましたが、その点については改善されてきていますか
徐々に改善はされてきてはいるのですが、完全に長い距離に対応する走りはできていないです。その中でもしっかり箱根駅伝の任された区間を全て全力で走れるような状態に持っていきたいと思っています。

―今季を振り返ってご自身の走りはいかがでしたか
今季は1年間通して走りきるという目標で、箱根駅伝を目標というのはなかったのですが、1年間通して大きな故障もせずやってこられたので、この箱根のメンバーという結果につながったと思います。今年の目標達成というかそれに近い結果にできたかなと思います。

―走りたい区間はありますか
4区か7区です。

―なぜその区間なのでしょうか
自分は上位の力があるわけではないので、しっかりつなぎの区間で自分の走りをして強い選手に襷をつないでシード権獲得につながる走りをできたらいいなと思っています。

―箱根駅伝における目標は
チームとしての目標は、1年前から言っていますがシード権獲得が目標です。個人としては走ることだけではなくて、シード権獲得に貢献できるように、走ったとしても走らなかったとしてもシード権獲得のためにやれることはやっていきたいです。

―最後に意気込みをお願いします
正直厳しい戦いになるとは思うのですが、しっかり全員が持っている力を出せればシードは確実に取れると思うので、しっかりそれに向けてこれから調子を合わせてやっていこうと思います。

(取材:羽根田萌) 
 
sonoda R
 

園田憲佑(そのだ・けんすけ)

1995年9月24日生まれ。170cm・53kg。熊本・熊本国府高出身。社会学部2年。
自己ベスト:5000m、、14分24秒70。1万メートル、30分20秒17。ハーフマラソン、1時間04分42秒。
箱根予選のメンバーからは外れたが、11月の上尾ハーフで自己ベストでチーム内トップの成績。

 
 

細川翔太朗

―現在の調子は
1回夏の頃に怪我をして、ここまで急に上げてきているので、少し疲れが出ている状態なんですけど、そこまで悪いっていう状態でもないです。この後調子を上げていけば間に合うとは思っています。
 
―全日本予選以来、半年ぶりの試合となりますが、不安な点は
特にはないですね。この間の千葉の富津合宿でも練習を積めていますし、大学での練習もしっかりこなせていて、ジョグも結構距離を積めているので、不安要素とかは今はないです。
 
―春と比べて今の状態は
まだ8割くらいですね。ここから100%に持っていけるように調整しているところです。
 
―希望する区間は
5区です。
 
―その理由は
適性とかよりも、まず自分が走ってみたいというのが1つです。あとは神野さん(大地、青学大)に勝ちたいという気持ちがあるので。
 
―細川選手から見て神野選手はどのような選手ですか
名前の通り神ですよね。速すぎます。トラックでも1分くらい差もありますし、やっぱり山上ることにおいては大きな目標というか、偉大な方です。
 
―5区での目標タイムは
81分ですね。
 
―細川選手にとって佐藤主将は
この1年本当に頑張っていた主将でした。結構色々とコミュニケーションを取ったりして、頑張ってくれたんですけれども、エントリーに漏れてしまって、個人的には残念かなという感じです。
 
―最後に意気込みを
今回の箱根が初めての箱根になるんですけど、気負わずにしっかりと、自分の役割を果たしていこうと思います。
 
(取材:小島雄太)
 
hosokawa R
 

細川翔太朗(ほそかわ・しょうたろう)

1996年3月3日生まれ。171cm・55kg。長野・大町高出身。経済学部2年。
自己ベスト:5000m、14分41秒12。1万メートル、29分22秒65。ハーフマラソン:1時間4分1秒。
全日本予選では4組目で15着の好走。夏場の故障で箱根予選は欠場したが、箱根では山登りの5区が期待される。 

 

阿部泰久

―箱根は大学陸上での折り返しとなりました
この2年間は入学した時より遥かに自分のレベルが上がってきているのを感じるので、折り返しで気が抜けないように、もっと上を目指して頑張って行きたいなと思います。

―レベルアップしたのはどのような点ですか
走力がついてきたこととスタミナの強化ができたので、坪田監督の練習を考えながらやっていくというのが良かったかなと思います。

―坪田監督は選手それぞれに考えさせることが多いのですか
そういう面もあるという感じですね。坪田監督の考えとしては、選手から自発的にやりたいことを発信して、それに関してアドバイスをしてくれるという考えだと思います。

―箱根のメンバーに選ばれた要因は
1年生の頃から1度も故障していなくて、継続して練習に取り組んだところを評価してもらえたのだと思います。

―合宿で取り組んだことは
目的としては、競技場の足になっている、自分たちを箱根のようなロードに合わせるための合宿という意図があるなと自分は読み取りました。少しでもロードの地面を踏むということを意識してやりました。

―走りたい区間はありますか
6区ですね。

―ロードでの練習はそこをイメージしたのですか
そうですね。富津は平坦が多かったので、登り降りの練習というわけにはいきませんでしたが、頭の中でイメージして少しスピードを入れる部分、降りは特にスピードが出るのでストライドをできるだけ落とさないように練習していました。

―箱根の本選ではどのような走りを見せたいですか
6区を走れるとしたら復路スタートになるので、とにかく次の選手に阿部が頑張ってくれているから続かなければと思わせることが自分の役割だと思います。

―6区を走りたいというのはみんなを鼓舞したいという気持ちの表れなのですね
そうですね。そういう気持ちの面もありますし、走りのフォーム的にも自分にはそういう適性があると思います。

―箱根でのライバルや意識している選手はいますか
山降りは足にくるので、相手を意識するよりは自分との闘いだと思っています。なので、周りは意識せずに自分の走りを見せていきたいです。

―箱根に向けての抱負は
チームに勢いを与えられる走りをしたいです。

―最後に法大ファンにむけてのメッセージを
任せて下さい!(笑)

(取材:原口大輝)

abe R

阿部泰久(あべ・やすひさ)

1995年6月29日生まれ。168cm・53kg。佐野日大高出身。理工学部2年。
自己ベスト:5000m、14分40秒98。1万メートル、30分22秒19。ハーフマラソン、1時間5分15秒。
トラックでは3000m障害で活躍。箱根予選ではメンバー入りも出場ならず。

 

増田真也

―エントリーメンバーに入っての現在の気持ちは
予選会で外れていたので、メンバーになれたことは嬉しいです。

―予選会を終えてからどういった練習をされてきましたか
予選会外されてしまって、足りないところは自分でちゃんと考えられていないところと、アピールが足りないところと言われたので、そこを意識していこうと思いました。

―現在の調子は
最近少し右足が気になっていたのですが、走りには問題がないので、調子をどんどん上げていきたいと思っています。

―自身にとって箱根駅伝とは
憧れであったし、今までお世話になった人に、走りで感謝を返せる機会だと思っています。

―走りたい区間は
まだ自分は力が付いているとは思っていないので、4区とか距離が短いところを走れればいいかなと思っています。

―箱根駅伝ではどういった走りをしたいですか
自分の力を出し切る走りをしたいです。

―現在のチームの雰囲気は
悪くはないと思うのですが、その中でけがもできないし、体調も崩せないし、多少なりとも緊張感というのはあると思っています。

―主将をはじめメンバー外の選手が多くいると思いますが
やっぱり、実力的に本来入っている人がいないということで、自分はボーダーライン上の人間で、そのおかげで入れたというのもあるので、その人たちの分まで頑張りたいというのはあります。

―最後に箱根駅伝での目標や意気込みをお願いします
今回選ばれたのはチャンスだと思っているので、選手として走っていい結果を残したいと思っています。

(取材:八木下伸一)
 
masuda R

増田真也(ますだ・しんや)

1995年10月17日生まれ。167cm・53kg。兵庫・島田高校出身。社会学部2年。
自己ベスト:5000m、14分41秒47。1万メートル、30分20秒69。ハーフマラソン、1時間5分08秒。
上尾ハーフでチーム内3位。法大競技会では1万メートルのベストを記録。

 

フォトギャラリー

  • sonoda R「楽しんで走る」園田に期待が懸る
  • sonoda1 R2年では5000mでトップタイムを持つ
  • hosokawa R5区山登りで期待される細川
  • 201503012 R久々のレースとなる
  • abe Rけがなく練習を積んできた阿部
  • abe R2年生ながら多くのレースを経験
  • masuda R「力を出し切る」走りをしたい増田
  • masuda R合宿でも積極的な練習を積んできた

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み