重量挙

【重量挙】全日本学生個人選手権大会 1日目 ルーキー西田が4位に

全日本学生個人選手権大会
2018年4月27日(金)
はびきのコロセアム

新入生を加え、新チームとして本格始動となった今大会。個人戦が3日にわたって行われ、初日は入賞者こそいなかったが、ルーキー西田が惜しくも4位など、今後の可能性を垣間見た。

DSC 1989 R
爪痕を残したルーキー西田

試合結果

個人成績(丸数字は順位)

階級選手名スナッチクリーン&ジャークトータル
56kg

河尻龍之介

(文3) 

 93× 93×  93○  8位 115○  120○  123×  6位 213 8位

香西竜兵 

(法1)

90×  90○   95× 9位  110○ 115○  118×  10位 205  9位

比嘉龍

(文1)

94× 

94× 

94×

-

120○ 

122× 

123× 

5位

-

62kg

西田陽風 

(人1)

 100○ 105○ 107○ 5位 135×  135○  138×  3位 242  4位

津波古拓也 

(法1)

 97× 97○  100×  13位 123×   123× 123×  -  0 -

77kg

渡邉竣

(法2)

 115× 115○  120×  10位 140○  145○  148×  8位 260  9位

平仲康太郎

(法4)

112×  112○  116×  19位 143×  143○  148×  11位  255 12位
 ※単位はすべてkg

戦評

56kg級に法大からはルーキー2人を含む3名が出場。スナッチでは3名とも1本目を落としてしまい苦しい展開に。河尻と香西はその後スタート重量を挙げるも、それ以上の記録を出せずに終わる。大学初の大会で緊張したという比嘉はスナッチで3本全て落としてしまい記録なしに。しかし、ジャークでは1本目に120㌔を挙げ、その記録がジャーク5位に。ルーキーながらに健闘してみせた。

続く62kg級には西田と津波古の1年生2人が出場。西田は1年生とは思えない安定感でスナッチ3本全てを挙げ、ジャークにつなげる。ジャークでは2本目に135㌔を挙げ、ジャーク3位に食い込む。3本目を成功させればトータル3位であったが、成功ならず。試技終了後、西田は悔しさをにじませた。対して津波古はジャークを3本落としてしまい記録なしに。しかし、最上級生である神谷亮磨(文4)から期待できる後輩にあげられるなど素材としては十分なようだ。

77kg級では、渡邉と平仲が出場。平仲はスナッチ、ジャークともにスタート重量を記録するに終わり、好成績を残すことはできなかった。渡邉は自身の目標としていた記録までそれぞれスナッチ10㌔、ジャークは5㌔届かなかったが、着実に力はついてきているという。

今大会初日ではそれぞれの目標記録に届く選手が少なく表彰台にのぼる選手はいなかった。新入生が加わり上級生への刺激になるか。新チームの道のりはまだ長い。(上野翔)

選手コメント

比嘉龍×香西竜兵

―試技を振り返って
比嘉:反省しかないです。
香西:スタート重量を失敗してしまって悔しかったです。

―今までのベストは
比嘉:練習ではスナッチ95㌔、ジャーク115㌔です。試合ではスナッチ87㌔、ジャーク111㌔です。
香西:練習ではスナッチ95㌔で、ジャークは115㌔です。試合はスナッチ88㌔、ジャーク107㌔です。

―大学初の大会ということで、緊張などはありましたか
比嘉:緊張は、ありました。
香西:特になかったです。逆にわくわくしました。

―高校時代に全国大会に出ていますが以前から面識はありましたか
香西・比嘉:なかったです。

―お互いの印象は
香西:いい人だなと思います(笑)。
比嘉:フォームが安定しているなと思います。

―法政大学に入った理由は
香西:都会で…都会だからですかね(笑)。地元は三重です。
比嘉:地元が山梨です。(山梨出身で重量挙の)法政の先生の方とかOBの方が人間力がある人が多くて、そういうところで法政いいなと思いました。

―大学での練習を始めて体重や筋力に変化は
香西:体重が5kgぐらい増えました。
比嘉:体重は1kgアップですが、スナッチのベストが3㌔、ジャークが8㌔伸びました。

―現時点での課題は
香西:成功率を挙げて基礎的な重量を挙げていきたいです。
比嘉:成功率の改善と足の強化です。

―今後の目標となる数字は
香西:今大会の一位の重量ぐらい(スナッチ104㌔・ジャーク125㌔)は挙げたいです。
比嘉:スナッチ100㌔、ジャーク130㌔です。

河尻隆之介

ー昨年のこの大会で「1年と2ヶ月ぶりの大会ですごく緊張した」とコメントされていましたが、今回はいかがでしたか
緊張はしなかったです。

ー試技を振り返って
スナッチの方は安定感がなくて1・2本目落としてしまって、3本目はなんとか挙げましたが課題が多く残った試技になったかなと思います。ジャークは、自己ベストが120㌔でそのタイの記録は取れて、自己ベスト更新狙って123㌔に挑戦しましたが落としてしまいました。悔しいですけど、試合のベストはジャークとトータルで更新できたので、次につなげられれかなと思います。

ースナッチの課題とは
ウエイトコントロールの中での調子の持って行き方です。思った通りに体が使えなかったです。練習の時は体重が今より1kg上でやってたので多少誤差は出るんですが、アップの中で修正していけなかったとのが大きいと思います。

ースナッチの今回の目標は
自己ベストが100㌔なので、100㌔挙げたいと思ってましたが、スタート重量でつまづいてしまって、なかなかうまくいかなかったです。

ー同じ階級で一年生2人との参加になりましたが上級生の立場から見ていかがですか
高校から強いといった形で入ってきてもらって、自分と同じ階級の人が大学内にいなかったので、すごい刺激をたくさんもらっています。一緒に練習を組んでもらってるので、自分からもいい影響を与えれたらなと思って練習できてて、相乗効果を生めているかなと思います。これからも頑張っていきたいです。

津波古拓也×西田陽風

ー試技を振り返って
西田:スナッチは3本取って自己新も取れてよくできた。ジャークで2本目は取ったが1本目を落としてしまい試合の展開的に苦しくなった。そして3本目を落としてしまいあまりよくなかったです。
津波古:スナッチは1本目から落としてしまった。2本目は取りましたが3本目を落としてしまい、結局スタート記録しか取れなかった。ジャークに関しては3本とも全て落としてしまって、自分もフォームの大切さと不用意な減量はしないということを痛感しました。

ー本日の目標は
津波古:自分はスナッチ105㌔、ジャーク130㌔です。
西田:自分はスナッチ108㌔、ジャーク142㌔を目標としていました。

ー今までのベスト記録は
津波古:スナッチ103㌔、ジャークは126㌔です。
西田:スナッチ102㌔、ジャークは130㌔です。

ー津波古選手はジャークを3本落としてしまい記録なしとなってしまいましたが
言葉にすることができないです。

ー西田選手はスナッチでは3本すべて成功させ、ジャークでは3位に入りなかなかいい出来だったと思いますが
スナッチの順位が5位、トータル4位でしたが、ジャーク3本目の138㌔を取っていればトータルでも3位だったので悔しい試合です。スナッチはジャークにつなげることができたが、そのジャークで落としてしまった。

ー今後の課題は
津波古:自分は今まで力に頼った挙げ方をしていたので、フォームの改善に努め、柔軟性を改善していきたいです。
西田:自分は前の試合の全日本ジュニアでも逆転となるジャークを落として表彰台を逃してしまう展開があったので、最後の最後に決めきれるような試合をしたいと思います。

ー高校と比べて大学の大会はいかがですか
津波古:高校の大会とは記録が桁違いで、トータルでも20㌔違ったりして、その点に関しては全然違うなと思いました。
西田:高校との違いかどうかはわかりませんが、全く緊張しなかったです。高校2年の時に競り合う試合をしたことがあって、そういう試合展開ができるように目指したいです。

ーなぜ法政大学に
津波古:大学に行きたくて、監督さんに声をかけてもらいました。
西田:高校の監督伝いに法政の顧問の先生と高校の時からよく話をさせてもらっていたので行こうと思いました。

ー今後の目標の数字は
津波古:スナッチ150㌔、ジャークが180㌔です。
西田:スナッチ130㌔のジャーク160㌔です。

渡邉竣

ー試技を振り返ってみて
スナッチの1本目が取れなかったのが結構手痛かった感じですね。

ー目標としていた記録は
スナッチ125㌔、ジャーク150㌔です。

ー昨年はスナッチ110㌔、ジャーク140㌔という記録でしたが
階級は一つあげたんですけど、成功率は良くないなと思います。

ー3月の全日本ジュニア選手権より記録が上がりました
その大会は調子が悪くて、今回は調子が良かったです。良かった分もう少しいけるかなと思ってたので残念です。

ー今大会で見えてきた課題などは
いつも「力をつける」と取材でお答えさせてもらってますが、だんだん力づけはできてきてるのかなと。もっと体重を増やして、大会で記録が出せたらなと思います。

ー今後見据えている目標
77㌔級でスナッチ130㌔、ジャーク165㌔くらい挙げないと12月のインカレで使ってもらえないので、12月までにそのくらいの記録は挙げたいです。

フォトギャラリー

    • DSC 1989 R爪痕を残したルーキー西田
    • DSC 1834 Rジャークで自己ベストタイを出した河尻
    • DSC 1909 R緊張はしなかったと言う香西
    • DSC 2167 R本調子でなかった平仲
    • DSC 1925 Rジャークを挙げる比嘉
    • DSC 2023 R期待の後輩にあげられた津波古
    • DSC 2153 R地力が上がる渡邉  

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 Image 9afeafe R

定期購読の申込み