重量挙

【企画】新人特集 法大を背負う未来のスター候補を発掘せよ!俺たちが選ぶイチ押しNO.1ルーキー 〜重量挙部編〜 

新人特集~重量挙部編~
2019年8月23日(金)

 昨年に続き、今年も新時代を担う1年生ルーキーたちをスポホウ記者がご紹介。法大に入学してきた1年生ルーキーのこれからの活躍を見逃すな!今回は重量挙部の山下憲一選手を取り上げる。

DSC 7143 R800
新人特集~重量挙部編~ 山下憲一

新人特集:山下憲一

インカレ制覇に導く鍵となれ

 東日本大学対抗選手権(東日本インカレ)では1年生ながらメンバー入りを果たした山下憲一(キャ1)。監督からの期待に応える試技を見せ、男子81kg級総合2位と大健闘を果たした。

 高校の監督の勧めや、平良朝順監督の誘いを受け山下は法大入りを決めた。しかし、入学後は決して順風満帆というわけではなかった。大学生として最初の大会である全日本学生個人をコンディション不良で表彰台を逃すと、その直後に高校時代インターハイで負った肘の古傷が痛み出す。練習に参加することもできなくなり東日本インカレ出場も諦めざるを得ない状況に。そんなもどかしい中でも山下は落ち着いてけがの治療に専念。苦しい時期を乗り越えた山下はなんとか調子を上げ東日本インカレに挑むとそのけがのブランクを感じさせない圧巻の試技を披露する。

 1年生ながら先輩たちに劣らない堂々とした活躍を見せた山下だが、「もっと練習して記録を伸ばさなければいけない」と勝ちに貪欲な姿勢を見せている。けがを負いながらも焦らず復活し圧巻の試技を見せた山下。ここからさらに成長し、全日本大学対抗選手権の法大の優勝に貢献する個人での「優勝」の二文字を目指す。

(記事:須藤大樹)

フォトギャラリー

  • DSC 7143 R800
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み