フェンシング

【フェンシング】全日本学生個人選手権・第58回全日本大学対抗選手権 男子フルーレは団体戦で29度目の優勝で5連覇を達成! 女子フルーレは個人戦で髙田が6位入賞 団体戦では強豪日体大に善戦も勝利とはならず…

全日本学生個人選手権
2017年11月14日~18日
大山崎町体育館(京都)

5日間にわたって行われた学生王者を決める大会、インカレ。男子フルーレでは鈴村が初めて決勝の舞台に駒を進めた。だが、決勝では強敵松山恭助(早大)相手に3点に抑えられるという悔しさの残る準優勝となった。団体戦では敷根崇不在の中他校を寄せつけない安定した戦いぶりで5連覇を達成した。
女子フルーレは髙田が東女体大のエース西岡を破って堂々の8位に入賞。団体戦では優勝候補の日体大に序盤はリードする展開だったか、惜しくも逆転を許し6位に終わった。

 181117 0009 R
5連覇を達成した男子フルーレの団体戦メンバー
 
 
 

試合結果

種目出場選手順位
男子フルーレ 鈴村健太(法2)  準優勝
  西藤俊哉(法3) 3位
  敷根章裕(法4) 11位
  野口凌平(営4) 14位
  北村透海(社1) 16位
  岩田圭介(法1) 27位
女子フルーレ 髙田真帆(法2) 8位
  梅津春香(国2) 10位
  緒方実奈海(法4) 25位
  山口萌々(文1) 57位
 
 

男子フルーレ団体戦

出場選手試合詳細順位
敷根章裕(法4)、野口凌平(営4)、西藤俊哉(法3)、鈴村健太(法2) 2回戦○45-21龍谷大 準々決勝○45-29明大 準決勝○中大○44-32 決勝○45-34日大 優勝
 
 

 女子フルーレ団体戦

出場選手試合詳細順位
緒方実奈海(法4)、梅津春香(国文3)、髙田真帆(法2)、山口萌々(文1) 1回戦○4-15同大準々決勝●38-45日体大 6位
 

 男子フルーレ戦評 

個人戦 

 1回戦を勝ち上がった岩田圭介(法1)、北村透海(社1)とシード選手である敷根章裕(法4)、野口凌平(営4)、西藤俊哉(法3)、鈴村健太(法2)が2回戦に登場した。
初戦の西藤は試合中に足を痛めるも、気迫のプレーで相手を寄せつけず勝利をあげた。他の敷根章や野口、鈴村、北村も順当に3回戦へと駒を進めた。
だが、岩田が第1シードである拓大の安倍に対し善戦するも勝利とはならず。27位で初めてのインカレを終えた。 3回戦では西藤が北村と対戦。先輩である西藤が15-7と力の差を見せつけた試合となった。
野口が3回戦では岩田を倒した安倍と対戦。序盤の失点を中盤で取り返そうとするも徐々に点差を離されてしまい、敗戦。14位という結果に終わった。また敷根章もナショナルチームに所属する早大の絶対的エース松山を相手に敗戦した。鈴村はプール(予選)を全体で2位通過する良い勢いそのままに3回戦も難なく突破した。
 続く準決勝では西藤が安倍と対戦。ロースコアの展開になり、両者15点に達せず試合時間である9分間の勝負となった。6分間までは同点と両者一歩も譲らない展開が続いたが、終盤に西藤が連続ポイントで引き離し、勝利。
鈴村も中大のエースである上野に対してシーソーゲームが続くも最後に連続ポイントで15-12とした。お互いに準決勝へ。
準決勝の相手は西藤が同じくナショナルチームのメンバーである松山と対戦。果敢に攻め続け前に出るものの、離された点差まで追いつくことができずに敗戦。3位決定戦へ回った。
一方の鈴村は高校時代のチームメイトである日大の伊藤と対戦。お互いの手の内が分かっているだけにきっ抗した展開になるも、最後の連続ポイントでなんとか勝利を収めた。初めての決勝へ進んだ。 決勝では強敵松山相手になすすべなく3-15と圧倒的な力の差を見せつけられてしまった。3位決定戦に回った西藤は鈴村に敗れた伊藤と対戦。序盤はリードするが、8-8と中盤まで追い詰められる。だが冷静な試合運びで15-13で勝利を収めた。(京岡沙寿乃)
 

団体戦

 男子フルーレ団体には、敷根章裕(法4)、野口凌平(営4)、西藤俊哉(法3)、鈴村健太(法2)らが出場。5連覇を懸けた今種目は、圧巻の強さを見せ、優勝を果たした。 2回戦を快勝し、準々決勝では明大と対戦。1回り目で失点が目立った野口は、2回り目ではプレーを修正し無失点で後続へつなぐなど、試合中の細かな修正が功を奏し、43-29で勝利を挙げる。準決勝の中大ではルーキー上野優斗に苦戦したものの、2回り目で鈴村が積極的にアタックを仕掛け、無失点で弾みをつけると、チームは44-32で決勝へと駒を進めた。 決勝では日大と対峙。序盤から得点を重ねると鈴村がフェイントを仕掛け、胴へアタックするなど積極的なプレーを展開。リードを丁寧に守り切るも、最後回りではエース西藤が思わぬ苦戦を強いられる。ベンチから飛んだ「1ポイント1ポイントを楽しめ」という仲間からのげきに応えるかのように試合を締め、笑顔で5連覇を成し遂げた。(梅原早紀)
 
 

女子フルーレ戦評

個人戦

 1年生の山口萌々(文1)が惜しくも本戦へと進むことはできなかったが、緒方実奈海(法4)、梅津春香(国文3)と髙田真帆(法2)が2回戦へと駒を進めた。
 
 2回戦では緒方は早大エースの溝口と対戦。1点に抑えられ、大敗を喫した。梅津と髙田は2回戦でも優位に試合を進め勝利をあげた。
 
 3回戦では梅津が早大の千葉に序盤はリードをし点差を話すも千葉が驚異の追い上げを見せる。14-14と最後の一本勝負にまでもつれたこの試合を制すことができず10位で今大会を終えた。髙田は躍進を見せた。日女体大のエース西岡に対し、序盤からリードする。制限時間の9分間を使い切ったものの最後までリードをし勝利。大金星をあげた。
 
 その勢いのままに準々決勝では優勝候補でもある東晟良(日体大)と対戦。序盤は7-0と大量リード。そのリードを守り切りたかったが、相手が本領を発揮し追いつかれる。完全に勢いは東に流れ、12-15で敗戦した。(京岡)
 

団体戦

 団体戦メンバーは、緒方実奈海(法4)、梅津春香(国文3)、髙田真帆(法2)、山口萌々(文1)が登場。
 
 3回り目で髙田から1年の山口も試合に途中出場し失点を1に抑える好プレーを見せた。また、序盤から一度もリードを許さず圧倒的な強さを見せた。
 
 準々決勝では、優勝候補の日体大と対戦。昨年の全日本選手権の個人戦で優勝を果たした東晟良や姉で全日本2位にも輝いたことのある姉の莉央を擁す強豪だ。1回り目の緒方が東莉央が5-3に抑える気迫のプレー。その勢いのまま、2回り目まではリードを許すも審判の誤審が相次ぎ、数十分待たされることに。すると徐々に流れが日体大に傾き逆転を許した。追いつきたいところだったが3回り目の緒方がその試合で7点の失点を許し敗戦を喫した。
  
今大会、優勝を果たした日体大。日体大相手にどの学校よりも善戦した法大は連覇をかけて1か月後に全日本団体に臨む。(京岡)

選手インタビュー

野口凌平 チームリーダー

―個人戦を振り返って
遠征帰りでみんなコンディションが悪かったんですけど、それなりに個人も団体も各自調整していい動きができたんじゃないかなと思います。
 
―男子フルーレの団体戦では5連覇がかかっていました
今初めて5連覇がかかっているって聞いたんですけど、そんなにプレッシャーはなくて自分たちの動きをすれば絶対に勝てる自信があったので、そこだけに集中していました。
 
―今大会も見事な試合運びでした
各々の実力を出すこと、それができれば勝てることが分かっていたので、試合に出るメンバーはそれを徹底して、出ていないメンバーもベンチからチームワークをつくっていこうと、言っていたので、それが出来たんじゃないかなと思います。
 
―この後には全日本選手権も待っています
団体では特に去年五冠して今年も五冠とがかかっているので、それを確実に取りに行きたいと思います。
 
―応援してくれた方にメッセージをお願いします
応援の力があったからこそ、気持ちよく試合に臨めたと思うので、すごく感謝していますし、また個人も団体でも全日本があるのでそこでも応援よろしくお願いします。
 

緒方実奈海 チームリーダー

ー大会を振り返って
関カレの時よりは全体的に良くなったと思いました。
 
ー初戦で出場した山口萌々選手の印象は
リーグ戦の時よりは良くなっていますし、強くなっていると思います。
 
ー日体大戦で逆転を許してしまった要因は
(東)晟良という強い選手と当たった時にみんなそれぞれ点数を取られてしまっていたので、そこをもっと抑えることができれば逆転されることはなかったなと思います。
 
ー個人戦からの切り替えは
個人戦は悔しかったのですが、団体戦はみんなで勝ち取らないといけないなと思っていたので、切り替えは普通にできました。
 
ー全日本に向けて
個人戦は全日本が最後なので、悔いが残らないようにやりたいです。団体戦も団体で組むのは最後なので、去年優勝したので今年も優勝できるように頑張りたいと思います。

 

フォトギャラリー

  •  181117 0009 R5連覇を達成した男子フルーレメンバー
  • PB140751 R日体大戦では強敵相手に善戦した緒方
  • 111 181117 0152 R最後回りを今年も務めた梅津
  • S  66019335日女体大のエースを打ち破った髙田
  • PB161321 Rフルーレ仕様のえこぴょんと応援するベンチたち
  • 1116R敷根崇不在の中活躍を見せた野口
  •  181117 0015 RW杯の遠征の疲れも見せず3位入賞を果たした西藤
  • 111157 R予選プールから好調の鈴村
 
 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み