フェンシング

【フェンシング】全日本学生個人選手権・第58回全日本大学対応選手権 男子エペはエース村山が個人戦と団体戦の2冠!! 女子サーブル団体戦では1年の吉田が躍動するも勝利とはならず惜しくも5位

全日本学生個人選手権
2017年11月14日~18日
大山崎町体育館(京都)

学生王者を決める大会、インカレ。5日間の戦いの最終日に嬉しい優勝が。男子エペは村山が個人戦と団体戦を優勝と強さを見せた。女子サーブルは、個人戦では初のインカレ出場で稲野邉が6位入賞。団体戦では朝日大相手に1年のルーキーコンビの1人である吉田が1試合で42得点中23点をマークするなど存在感を発揮。惜しくもチームは6位に終わったが、1か月後の全日本選手権が楽しみな活躍ぶりを見せて今大会を終えた。

S  66035720 R
個人戦と団体戦の2つを優勝で飾った村山

試合結果

種目出場選手順位
男子エペ 村山健太郎(デ工3)  優勝
  沢村拓哉(営2) 8位
  川北信海(文3) 11位
  塩原智輝(生命4) 26位
  名倉京佑(文1) 31位
 女子サーブル 稲野邉南(国文1) 6位
  和田佳奈(文2) 21位タイ
  吉田真花(法1) 34位
  服部妃冬未(法3) 35位
 

団体戦結果

種目試合詳細順位
男子エペ 2回戦○45-37龍谷大 準々決勝○45-32明大 準決勝○45-22専大 決勝42-37早大 優勝
女子サーブル  1回戦○45-40関学大 準々決勝●42-45朝日大 5位

男子エペ戦評 

個人戦

 男子エペ個人には塩原智輝(生命4)、村山健太郎(デ工3)、川北信海(文3)、沢村拓哉(文2)、名倉京佑(文1)らが本戦に出場。勝ち進むにつれ、同校対決も行われた今種目は、村山がインカレ個人初優勝を飾った。

 名倉が1回戦を通過すると、2回戦も全員が通過。3回戦からは川北と村山の同校対決となり、手の内を分かり合った2人の試合はじっくりと攻撃の契機を探る展開に。村山が7-4で勝利すると準々決勝では沢村と対戦。先輩の村山が沢村を制し準決勝へと駒を進め、準決勝も斎藤憲司(専大)を制し2年連続の決勝進出を決めた。

 決勝では安雅人(早大)と対峙。序盤は互いに緩急をつけたプレーで互角の戦いを見せる。同時突きが多く、差がつかない展開が続く中、均衡を破ったのは村山だった。時間をゆっくりと使い、丁寧に得点を重ね15-13で勝利。昨年のインカレは先輩中村豪(平29年度卒)に優勝を譲り、準優勝。インカレ個人戦初優勝は、村山にとって待ちわびていたタイトルに相違ないだろう。のちに行われる全日本選手権へ向けて大きな弾みをつけた。(梅原)

団体戦

 2回戦からの登場となった法大。初戦の龍谷大戦、準々決勝の明大戦を難なく勝ち上がり、準決勝へ進出する。迎えた準決勝では専大と対戦。序盤は接戦となるも、1回り目の3番手で登場した川北信海(文3)が見事なプレーでチームに勢いをもたらし、その後は相手を圧倒。結果的に45-22とダブルスコアの圧勝劇を演じ、決勝進出を決める。

 続く決勝、早大との対戦となった法大は、準決勝までとは打って変わって立ち上がりから慎重な試合運びを見せる。一時は6ポイントのビハインドを背負った法大だったが、じりじりと相手を追い上げ、ラストを務める村山健太郎(デ工3)に23-23の同点でバトンを渡す。早大の安が相手と、男子エペ個人戦の決勝と同じ組み合わせとなった団体戦のクライマックス。先にポイントを挙げた村山がペースを握ると、最後までリードを保ったまま試合を締めくくり、6年ぶりの団体優勝を達成、村山は個人・団体の2冠となった。 (片山和貴)

女子サーブル戦評

個人戦

 女子サーブル個人には服部妃冬未(法3)、和田佳奈(文2)、稲野邉南(国文1)、吉田真花(法1)らが出場。和田、稲野邉、吉田らが本戦へと進んだ。

 和田、吉田はともに本戦へと駒を進めたものの初戦敗退と悔いが残った。

 今大会で結果を残したのは稲野邉だった。シード権のため、2回戦から登場した稲野邉は積極的に攻め、白星スタートを飾る。3回戦では相手の終盤の追い上げに対し、慌てることなく得点を重ね15-13で勝利。準々決勝では今大会同種目覇者の江村美咲(中大)に及ばず。法大勢の女子サーブル個人戦の最高位は、稲野邉のベスト8という結果でインカレを終えた。(梅原早紀)

団体戦

 初戦の関学大戦を45-40で制すると、2回戦の朝日大戦で今大会のハイライトを迎えた。

 一番手の服部妃冬未(法3)が3-5とリードを許し後続の稲野邉南(国1)に託すも、「緊張して自分の良い所を出せなかった」と振り返るように終始相手のプレーに圧倒され、リードを7ポイントに広げられる。
その後も苦戦を強いられ、4回り目までに最大10ポイントのリードを許す厳しい展開となった。しかし、5回り目の吉田真花(法1)が8連続ポイントを含む13ポイントを奪取する大車輪の活躍。7回り目に再び登場すると、ついに32-32の同点に追いついてみせた。後続の服部も吉田に続きたいところだったが、5ポイントを連取され、チームに勢いをもたらすには至らず。33-43とまたもや10ポイントをリードされる状況となった。
 最後回りを務めた稲野邉は「同期の吉田に刺激された」と言う言葉通り脅威の追い上げを見せたが、及ばず。42-45で力尽きた。
立ち上がりのプレー精度など今大会で浮き彫りとなった様々な課題を見つめ直し、全日本では悲願の今季初タイトル獲得を期す。(赤染徳光)

選手インタビュー

塩原智輝 チームリーダー

—団体戦優勝されました
素直に嬉しいです。

—決勝の早稲田戦は中々の接戦でした
無理に点を取りに行こうとして失点することが少なかったように感じます。

—優勝された実感とかありますか
まだ湧いてこないですね。家に帰ったから「ああ、優勝したんだな」って思うのかもしれません(笑)

—村山選手が個人戦と団体戦どちらでも優勝されました
頼れる後輩だなあと思います。個人戦で優勝してくれて嬉しかったです。

—8位に入賞された沢村選手は試合には出ませんでしたね
そこに特別な深い意図はなかったんですけど、僕の初戦の調子が良かったので僕が試合に出ました。もしダメだったら沢村(拓哉)が出てたかもしれないです。

—全日本選手権(団体戦)では
去年は4位だったので、それ以上の成績が出せるように頑張りたいと思います。

村山健太郎

―今大会を振り返って
目標としていた個人・団体の優勝が達成できてよかったです。

―大会前の心境は
今、加納選手、古俣選手、田尻選手が海外遠征でいない中で、しっかり優勝を取らないといけないなという使命感みたいなものがありました。

―団体戦に臨む中で、2冠のプレッシャーは
特にプレッシャーは感じることはなかったですね。

―チームの雰囲気は
だいたいいつも負ける流れは、最初にリードを奪われたままズルズルとやられるというのがあったんですけど、今回は点を取られてもみんなで1点ずつ取り返そうという気持ちがあって、非常いい試合運びができたかなと。

―決勝の早大戦では23-23の同点で最後に回ってきました
個人戦の決勝も安選手だったので、個人戦と同じように、ただ、相手も対策してくると思ったので、そこは気を抜かずに1点1点取ろうという気持ちで臨んだ結果がいい方向につながりました。

―応援してくれた方々へのメッセージをお願いします
今回は学生の大会で、個人団体優勝できたんですけど、あくまで学生の大会で、まだ今年は全日本選手権も残っているので、そちらも応援していただけたらと思います。

―全日本選手権の目標は
インカレと同様に個人・団体の優勝を目指して頑張りたいと思います。

稲野邉南

ー今大会を振り返って
出だしの調子が良くなかったので、それが心残りだなと思います。

ー今大会に向けて行った準備は
関カレでは勝ちきれなかった試合が多かったので、チームでビデオを観て分析してこの大学にはこういこうと対策を練ったりはしました。

ー初のインカレでしたが緊張は
めちゃくちゃ緊張しました(笑)。 どの大会でも緊張はしますけど、インカレは特に緊張しました。自分のチームには4年生がいなかったのですが、それでも勝たないといけないなというのはあったので、どの試合でも緊張しました。

ー朝日大戦の序盤は力を出しきれなかった印象がありますが要因は
緊張かなと思います。緊張して自分の良いところを出せなかったので、そこは反省点です。

ーそれでも後半は追い上げを見せました
同期の吉田真花がすごい点数を取って帰ってきたのでそれに刺激を受けて、「自分の同期も頑張っているし、ここで取らないとダメだな」という気持ちでした。相手の何かを見て、と言うよりも気持ちで取ってきました。

ー全日本選手権に向けて
今回はあまり納得いく成績が残せなかったので、全日本では優勝を目指します。

吉田真花

ー今日の試合を振り返って
私はいつもリザーブ(控え)なので、メンバーに入れなかったんですけど今回は最初からメンバーということですごくうれしかったです。活躍したいなという気持ちが強かったです。

ー朝日大との試合では42得点中23点が吉田選手が得た得点でした
自分の流れに持っていけた試合だったので、試合の流れとしてはすごく良かったです。自信を持ってプレーできました。

ー競った試合展開が多かったが
私は個人的に良かったのですが、先輩と稲野邉がいつも通りのプレーができていなくて、そのサポートをできなかった自分が悔しいです。でも、まだ伸び代があるチームだと思います。

ー個人戦を振り返って
個人戦は悔いのある試合だったので、団体でみんなの力になれたらと気持ちを切り替えたので団体戦の方がのびのびとプレーすることができました。

ー今後へ向けて一言お願いします
来年も一緒のチームで組めるので、来年こそはインカレ優勝を目指して頑張りたいです。

世界へ羽ばたけ!法大フェンサー

法大生として学生の試合だけではなく、日本代表として戦う法大フェンシング部。
ぜひ日本代表としても戦う法大フェンサーも応援をよろしくお願いします!

フルーレ(ワールドカップドイツ大会団体戦結果)

出場選手順位
西藤俊哉(法3) 、鈴村健太(法2) 銅メダル

 

 サーブル(ワールドカップソチ大会個人戦結果)

出場選手順位
稲野邉南(国文1) 13位(今大会日本勢最高順位)
吉田真花(法1) 51位
山本真太郎(営1) 111位(予選プール敗退)

フォトギャラリー

    • 8 0105 briR学生王者に上りつめた男子エペ
    • 111 181118 0545 R決勝では厳しい戦いをしいられたエースの村山
    • 11181118 0406 R逆転に成功しチームに勝つ勢いを与えた川北
    • 1171 R決勝では塩原の連続ポイントから法政に流れが
    • 111 181118 0121 R今大会初のメンバー入り。誰よりも優勝を信じ続けたえこぴょん(エペバージョン)
    • 11188 0593 R優勝候補のプレッシャーから解き放たれた
    • 111818 0227 R準々決勝ではチームの総得点の半数以上を吉田がマーク
    • 1118 0245 R団体戦で存在感を見せたサウスポーの吉田
    • 11181118 0276 R応援に笑顔を向ける稲野邉
    • 11118 0157 R善戦するも相手に45点目が入りうなだれる稲野邉
    • 1118181118 0256 Rチームリーダーとして下級生中心のメンバーを引っ張る服部
    • 111 181118 0241 Rチーム一丸となって応援する女子サーブル
    • 111881118 0610 R5日間にも及ぶ激闘を戦いきった選手たち
    • S  66035720 R個人戦と団地線で優勝を果たした村山
    •  

 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み