フェンシング
 
フェンシング

【フェンシング】第71回全日本選手権 男子サーブル ・女子エペともに2回戦で姿を消すも、柳は前回大会の覇者に前半はリードを奪う大健闘!

2018年12月7日
駒澤オリンピック公園体育館

男子サーブルからは柳嘉亮と横尾知浩の2名が、女子エペは富永恵美と新井ひよりの計4名が出場した。
男子サーブルの1回戦では柳と横尾がまさかの同校対決となるも、勝ち上がった柳が前回大会王者に善戦。
女子エペの2回戦では富永・新井ともに実力者相手に敗戦を喫し、悔しいベスト32に終わった。

 

suzumura R
全日本王者に善戦した柳

個人戦結果

種目出場選手順位
男子サーブル 柳嘉亮(営4) 23位
  横尾知浩(社4) 43位
女子エペ  富永恵美(法4) 22位
  新井ひより(営2) 23位
 
 

戦評 

男子サーブル

 柳嘉亮(営4)と横尾知浩(社4)が出場。予選プールを柳が全体の24位、横尾が41位で通過した。
1回戦ではまさかの学生最後の試合で両者が戦うことに。「今日の横尾は調子が悪かった」と話した柳だったが、中盤までお互いに譲らないシーソーゲームとなった。だが、柳が8点目を奪うと連続ポイントを重ね勝利をあげた。

2回戦では柳が昨年の全日本覇者であるストリーツ海飛(鹿児島クラブ)と対戦。序盤は柳が優位に進め、8点の折り返しをリードした展開で迎えた。だが、徐々に相手ペースへと持ち込まれ惜しくも12-15で敗戦。あと一歩で大金星だったために、悔やまれる23位入賞となった。(京岡)

女子エペ

 富永恵美(法4)と新井ひより(営2)が出場。予選プールを富永が19位、新井が23位で通過した。
本戦の1回戦では、富永が序盤に2-4とリードを許した。だが、冷静な試合運びで逆転に成功し徐々に点差は離し、勝利をあげた。新井は序盤からリードした展開になるも、中盤では相手の仕掛けた攻撃に苦戦し競った展開となった。序盤のリードをなんとか守り切り2回戦を突破した。

2回戦では富永がナショナルチームに所属している吉村(同大)と対戦。序盤から実力の差を見せつけられるかと思われたが、富永も得点を重ねた。だが、序盤の点差に追いつくことはできず善戦するも惜しくも敗戦した。
新井は試合開始から4分間両者ポイントが入らない展開に。新井が優位に試合を進めるも、終盤に逆転を許した。残り3秒で1点差に迫るも、点差を広げられてしまい7-10で敗戦した。(京岡)

選手インタビュー 

柳嘉亮

―初戦は同期対決でしたね
同期対決になることが分かって、すごく緊張したんですけど純粋に勝ててよかったです。

―対戦相手としての横尾選手はどうでしたか
今日の横尾は調子が悪いように感じました。自分のペースで試合ができました。

―2回戦では全日本王者と対戦しました
2人とも何回か審判の声が聞こえなかったりして、(イエローカードが出るなど)荒れた展開になってしまいました。その場面でのメンタルコントロールがうまくできませんでした。落ち着いて試合に臨むことができずに、プレーが雑になってしまいました。それが負けにつながってしまったのかなと思います。

―しかし全日本王者に善戦されました
リラックスして試合ができていたので、それはすごく良かったと思います。

―23位という結果に関しては
2回戦が惜しい負け方をしたので、もうちょっと上にいけたのかなと思います。ですけど、インカレが終わってから練習もあまりできていなかったのでこの結果には納得しています。

―全日本選手権の団体戦では
インカレで悔しい思いをしたので、リベンジを果たしたいです。

富永恵美

―1回戦では
相手の選手がフルーレを主にやっている選手がエペをやっているような戦い方をしてきたので、最初はどう点数を取っていけばいいのか分からなかったです。「もしかしたら負けるかもしれない」って思ったんですけど、試合中に冷静に相手のことを分析できたので点数を重ねることができました。勝ててよかったです。

―2回戦では同大のエース選手と対戦されました
この試合が引退試合になってはしまいましたが、吉村選手とはジュニアの日本代表としてアジア大会とか世界大会とかを一緒に回ってきた仲間でした。負けたので負けたこと自体はすごく悔しいですけど、引退試合の相手が彼女だったことはいい思い出になりました。

―22位という結果に対しては
もっと勝ちたかったです。その数字には納得いってないです。優勝以外は全て敗者だし2位でもビリでも同じだと私は思っているので。ただ、試合の内容自体は悪くなかったと思います。
2回戦で吉村選手と対戦するってなったときに彼女はナショナルチームのメンバーであって、一方で今は肩書のない大学生(かつてはジュニアの日本代表だったけど)である私が対戦して最初は「私が勝っていい相手じゃないな」と思ってしまいました。もちろん最後の方は頑張りましたけど(笑)

フォトギャラリー

    • PC060199 R全日本王者に善戦した柳
    • PC060077 R惜しくも学生最後の個人戦は同期対決の末散った横尾
    • PC060080 R柳(※小野選手ではありません)のアタックを交わす横尾
    • PC060113 R攻撃的なフェンシングを見せた柳
    • PC060159 R富永はジュニア時代のライバルと対戦した
    • PC060229 R容赦ない攻撃で攻め続けた富永
    • PC060173 R来年からは主軸となる新井
    • PC060180 R厳しい態勢で相手の攻撃をかわす新井

 

 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み