卓球

【卓球】春季リーグ戦開幕!選手インタビュー

2016年3月14日(月)
法政大学市ヶ谷キャンパス体育館

昨季2部を全勝で優勝し、2季ぶりに1部で戦う法大。
開幕に先立ち、活躍の期待される選手たちにお話を伺った。

DSC 0149r
練習中の選手たち

選手インタビュー

村井桂 主将

 ー昨年を振り返って
春に2部に落ちて、秋にすぐ昇格したという波の激しいシーズンで、他大にはないような経験ができたのは良かったと思います。

ー個人的には
1、2年次は実力がなく結果がふるわなかったのですが、3年次ではそれぞれの大会で自分の目標を最低限クリアできたので、今年はより良い成績を出したいです。

ー降格後のチームの雰囲気
2部に降格後すぐに、1部に昇格できたことが大きいかなと思います。チームも春季のあとは、暗い雰囲気もあったのですが、今年は良い雰囲気で試合に臨めると思います。

ー秋季リーグでは無敗で殊勲賞を獲得しましたが
ちょっとできすぎかなと思う部分もあるのですが、それを実力で証明したいので、ラストシーズンで春秋ともに同じ賞を取りたいです。

ー1部と2部の違いは
1部だとどの選手も自分と同等の実力かそれ以上なので、向かっていく気持ちを全面に出してプレーできて、2部ではレベルが下がってしまう分、受け身でプレーしてしまうので、精神的な部分で全然違います。

ーリーグ戦の醍醐味は
孤独な戦いである個人戦にはない、ベンチの選手やベンチ外の選手も全員で戦うということです。

ーリーグ戦で難しいことは
みんなの気持ちも背負っているので、生半可なプレーはできませんし、個人戦とは違う緊張感があるので、普段できているプレーもできなかったかりしますね。

ー主将ですが
最上級生として引っ張っていかなければならないとは思います。

ー1部について
どのチームも強いので挑戦者の気持ちで戦うだけです。

ー警戒する選手
自分が対戦して勝たなければならない選手というのは、その大学の1番手か2番手の選手なので、そういうエース格の選手はマークしたいです。

ー期待の新入生は
今年の新入生は今までの中でもトップクラスの実力を持った選手だと思います。全員レベルが高いので、全員期待しています。

ー期待の選手は
新入生が入ることで、引っ張っていく立場の3年生にはそろそろ結果が求められると思います。南波と藤森には勝って欲しいですね。

ーどのような練習を
競って負ける展開が多かったので、決めなければならないチャンスボールをミスして負けることがあったので、その基本的なチャンスボールを確実に決めるというような練習をしています。

ー目標は
チームとしてはAクラス入りです。個人的には昨年は負けがないので、今年も負けなしでチームを結果で引っ張っていきたいです。

DSC 0236r
主将としてチームを引っ張る

村井桂(むらい・けい)

国際文化学部4年
東京都・日大豊山高校出身

南波裕輝

ー昨年1年間を振り返って
昨年の春の学生リーグは完全に自分のせいで負けたのでけっこう落ち込みました。そのだめだった時期があったからこそ、自分にはなにがたりないかわかって、春が終わってからは調子も右肩上がりになってきて、ここ最近2月の半ばくらいに海外での試合に参加させていただき、結果はだめでしたが、なかなか自分の中では良くなってきてるなと感じましたし、大阪での試合も良い試合はできたので、あとは勝ちきるという能力がつけばいいと思います。昨年はそう考えると自分の中では良かったかなと思います。

ー昨年の春から秋での変化は
自分の得意なパターンとか自分がなにをすべきなのかとか。少しですが、相手のことを分析できるようになったと思います。

ー自分の持ち味は
粘り強いということとブロックとかカウンターが得意なところだと思います。

ー2部での試合について
正直、全勝しないといけないと思っていましたが、2敗もしてしまい、自分の中では満足していないです。

ー1部復帰しましたが
相手は格上ですし、自分の中ではレベルが違うのですが、向かっていく気持ちは大事だと思います。どれだけ自分が受け身にならずにできるかということと自分の一番の課題である、競ったときに勝ちきれなかったりするのを克服したいです。メンタル的な部分に問題があるので、そこを克服できたら良いかなと思います。

ー課題克服のためにしていることは
競った場面での自分の得点パターンですね。競った場面でこういう展開にもっていったら絶対に勝てるという戦術を組み立てたりしています。

ー現在、実践ではいかされていますか
いや、まだなかなか。試合になると受け身になりますね。

ーどういった練習をされていますか
技術的というよりも戦術パターンを意識して練習してきました。

ー新入生について
自分の高校の後輩2人はレベルが高いので、負けないようにという感じです。

ー後輩が入ってきたことの影響は
大学生になると大学生の卓球みたくなってしまうのですが、高校から来てばかりで。
ボールの威力もありますし、これから1部で戦う人たちに近いボールなのでいい感じです。

ー主将について
奇想天外というか、なにを考えているかわからないですが、逆に相手からしたら嫌がる選手なので心強いです。部内の中でも雰囲気を盛り上げたりしてくれるので頼もしいです。いろんな大学の主将は人が変わって厳しくなったりするのですが、村井さんは僕らの意見を尊重してくれるので良い主将だと思います。

ー現在のチームの雰囲気は
良いと思います。まとまっている感じはありますね。

ーリーグ戦の目標は
Aクラス入りですが、後輩も言っていたように、優勝を目指していきたいです。

ー個人としては
正直、1年の春が絶好調だったと思っているので、その時を越えられるようにしてチームのために貢献して、自分のおかげで勝てれば良いと思います。 

 DSC 0240r
主力としての活躍が期待される

南波裕輝(なんば・ひろき)

経営学部3年
山口県・野田学園高校出身

瀬川賢矢

 ー昨シーズンを振り返って
自分自身が前に立って試合に出るってことはなかったです。でもサポートしてた側から見て、試合前になるとみんな集中して調整してるんですけど、2,3か月前とかは集中力が乱れてるってことが多かったと思います。これから新入生で相当強いのが2、3人入って来て関東学生リーグ優勝も狙えなくはないと思います。全員がリーグ戦では試合に出られるわけではないので、一人一人が役割を認識すればチーム全体の奮起につながってくると思うのでそういうのがこれから大事だと思いますね。

ー2、3か月前の集中力という話がある中で今リーグ2か月前ですが
自分たちは他の大学に比べて練習量が多いわけではないので、半日なら半日短い時間でしっかりやる。1日やるとなると集中力が乱れてくるので2時間なら2時間しっかりやるという感じでやるときとやらないときのメリハリをつけて練習してる感じですね。

ー今シーズンに向けてどんな練習を
実力はみんなあるので実戦でどれだけ実力を出せるかが大事です。なので部内でやってる相手にどれだけ緊張感持って出来るかで本番でどれだけ力出せるかにつながってくるので、集中力を持ってということを大事にして練習しています。

ー昨秋は1試合のみの出場となりましたが今季は
新入生の強い子が入ってきてチャンスは少ないとは思いますけど、好不調の波はみんなあると思うので、チームの一員として試合に出られるように調整していきたいと思います。

ーチーム内での役割は
自分はチームの中でおとなしい方ではないので、練習の雰囲気が沈んでて気迫がないときとかは元気を出していけるかなとは思いますね。そういった全体のモチベーションを上げるのが自分の役割だと思いますね。

ープレーの持ち味は
フォアでどんどん攻めていったり、前につくタイプではなく台と距離を開けてラリーをするっていうのが得意ですね。

ーチームの中心である村井選手の凄さは
戦術面が悪く言えばずる賢い部分があって普通にやってたら勝てないので相手は何を嫌がるのか。自分はなにが出来るのかっていうのを最大限引き出してるところですね。技術力ももちろんあるんですが、頭の良さと体格の良さを生かして結果を出してると思います。

ー村井さんは普段どんな人か
あの人もおとなしいタイプではないです。はっちゃけてますね。元気よく明るくふるまってる人ですね。

ー今年の目標と意気込みを
目指すべきところとしてリーグ戦へ向け1年間頑張ってるんですけど、それ以外にも個人戦で大きな大会があるので、リーグ戦に出れなくても個人戦へ向けて全日学とか全日本選手権で活躍できるようにすればチーム全体の雰囲気につながってくると思うので頑張っていきたいと思います。

 DSC 0235r
リーグ戦メンバーに定着できるか

瀬川賢矢(せがわ・けんや)

国際文化学部3年
大阪府・大阪桐蔭高校出身

藤森文人

ー昨シーズンを振り返って
昨シーズンは前半までは3勝していて、結構良かったんですけど、次の日体大戦の時に相手が結構向かってくる気持ちでやってこられたので、ちょっと受け身になってしまって、ストレート負けしてしまいました。今シーズンからは相手が格上ということで、僕も向かっていくようなプレーで行きたいと思っています。それと今年は1年生も強くて、もっと上を目指せると思うので、Aクラス入りを目標にしてやっていきたいと思います。

ー昨年の秋は2部で、春から1部に昇格しましたが
1部は一応去年の春に経験してるんですけど、2部とは違った緊張感があります。やっぱり1部は2部と違って雰囲気とかも全然違うので、最初から声を出して、向かっていく気持ちでやっていきたいと思います。

ー自身の持ち味などはありますか
前について相手を下がらせるようなプレーが僕は得意なので、相手を下がらせて、前で自分から振り切っていきたいと思います。

ー今意識して取り組んでいる練習などはありますか
サーブレシーブの練習です。まずはやっぱりサーブが良くないと、相手のレシーブとかが甘くならないので、サーブ練習に結構時間をかけてますね。あとレシーブも、相手がどこにサーブを出してくるのかとかを予測しながら練習しているんで、今は結構サーブレシーブに自信を持って練習をしています。

ー他大で意識している選手は
僕の同年代で中大の宮本君っていう、結構今急成長している人がいるので、その人に勝ちたいなっていう目標はあります。

ー注目している新入生は
青山君っていう子を僕は注目しています。

ー今シーズンの目標は
リーグ戦全勝して、チームに貢献したいと思っています。

ー主将の凄さは
村井さんのすごいところは、やっぱりどんな試合でも気を抜かないでしっかり勝ってくるので、味方からしたら心強いです。あと何と言ってもサーブがすごくて、誰にも結構取られないサーブを持っているので、僕もそれを見習ってやりたいと思っています。普段も明るい性格で、皆を引っ張ってくれるような人です。

ー今後への意気込みを
去年は試合が初めてということで、勝率も少し下がってしまったので、今年は(リーグ戦では)全勝、インカレなどでは優勝を目標にやっていきたいと思います。

 DSC 0232r
全勝を目指す

藤森文人(ふじもり・ふみと)

法学部3年
青森県・青森山田高校出身

矢野雅大

ー昨年の春季リーグを振り返って
法大は自分が入学するまで、1部のBクラスだったのですが、自分が出場して、自分が負けて、チームが負けて、あげくの果てに2部落ちしたときは、法大の看板を背負っているのに情けない試合をしてしまったなという感じです。

ー秋季リーグは
全国屈指の実力をもつ法大を背負っているので絶対に負けられないと思ってプレーしました。

ー2部落ちからの気持ちの切り替え
落ちるところまで落ちたので、ここからはいあがるだけでした。

ー秋季は好調でしたが
常に負けられない思いながら練習してきたことが、好調の要因だと思います。

ー1部と2部の違いは
1部は出る選手のレベルが高く、実力が拮抗しているので気持ちだけの戦いで、2部はレベルが落ちるものの、気は抜けないリーグだと感じました。

ーリーグ戦の醍醐味は
卓球は個人競技なんですが、団体戦ではチームみんなで喜びを共有できるとこです。

ーリーグ戦の難しさは
伝統ある試合で、独特の緊張感があるので、とても怖いです。

ー引退した4年について
卒業生は試合にでられていない選手も陰で支えてくれたり、応援してくれていたので、感謝しています。

ー村井主将はどんな主将ですか
楽しさを大事にしていて、良い意味で楽しく卓球できています。

ー村井選手の凄さは
普通の選手がしないようなプレーをするところです。普通では考えつかないファンタスティックプレーを見せてくれるので、応援していても楽しいです。

ー強豪ぞろいの1部を戦っていくにあたって
技術的には同じくらいだと思うので、気持ちで絶対に負けないようにしたいです。そういう気持ちを日頃の練習から意識していきたいです。

ー警戒する選手は
明大と専大はチームの層が厚いので、そこの2つは警戒しますね。

ー目標の選手は
自分はカットマンなのですが、今日本の大学生のカットマンのレベルが下がっているので、少しでも自分が上げたいと思います。

ーカットの面白さは
卓球台を縦横無尽に動いて、球を拾ってチャンスを待つところと、回転の駆け引きが楽しいです。

ー期待の新入生は
インターハイベスト4の野田学園の青山と、そのチームの2番手の高取くんに期待しています。

ー期待の選手は
やはりエースの村井さんです。村井さんに強い選手を倒してもらって、チームに流れを持ってきてもらって、強豪校を倒したいです。

ー調子は
リーグ戦が近づくにつれて、右肩上がりです。

ー練習は
フットワークを中心としてやっています。

ー今季の目標は
リーグ戦でAクラス入りとインカレでベスト4です。個人的にはシングルスで勝てるようにしたいです。

DSC 0242r
今季も中心選手として活躍なるか

矢野雅大(やの・まさひろ)

法学部2年
大分県・明豊高校出身

宮崎友

 ープレーの持ち味は
元気ですね。高校まではこれといった特色がなくて、今はフォアハンドの課題に取り組んでます。回り込みの精度とか、打球点を高くして精度を上げていて大学でも生かせていければと思ってます。

ーエリートアカデミーの出身ですがどういったことをしているところですか
部活ではなくクラブチームという形で所属してました。スポーツだけじゃなくて私生活から勉強から全てにおいて頑張っていこうって感じでしたね。

ーなぜ法大へ進学されたのですか
瀬川選手と前から仲が良くて、瀬川選手がいるので行こうかなって思いました。

ー大学に入ってからの環境の変化はなにがあるか
高校の時は全寮制なのでご飯も出てくるし、寝る時間も決まっている。何を考えずとも規律のいい生活が出来たんです。でも大学入ると寝る時間も自由、食べるご飯も自分で作る。移動もあるから時間も電車で取られる。だから自分で一つ一つ考えていかないと落ちるところまで落ちると思うので、寝る時間一つとっても考えていかないとすべてがうまく回っていかないので、大学のほうが何倍も大変です。

ー慣れは出てきましたか
いや、結構寝れないタイプなので深夜の3時に寝て起きるのが寝坊して8時半とか。8時半でも5時間寝てるんで大丈夫なのは大丈夫ですけど、3時は正直ダメだと思うので、ちょっと浮かれすぎてるなって思います。

ーチームの中心である村井選手の凄さは
卓球が好きという気持ち。勝ちたいっていう欲がすごいです。凄いそういうのを感じます。

ー今年の目標を
関東リーグの優勝です!

 DSC 0237r
ルーキとして活躍できるか

宮崎友(みやざき・とも)

デザイン工学部1年
エリートアカデミー出身

フォトギャラリー

  • DSC 0149r練習中の選手たち①
  • DSC 0154r練習中の選手たち②
  • DSC 0236r主将でありエースでもある村井
  • DSC 0240r1年から出場の南波は今季も主力を担う
  • DSC 0235r昨季は1試合のみの出場となった瀬川
  • DSC 0232r目標を全勝と口にした藤森
  • DSC 0242rカットマンの矢野
  • DSC 0237rエリートアカデミー出身の新入生宮崎
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み