陸上

【陸上競技】箱根駅伝直前特集 第2回 箱根路へ挑む1年生 青木、佐藤、坪井

2016年12月12日(月)
千葉県富津市

いよいよ箱根駅伝が間近に迫ってきた。今回は、今月前半に行われていた合宿期間中に監督、選手に箱根への意気込みや思いを語っていただいた。
第2回は青木涼真、佐藤敏也、坪井慧。箱根路を目指すルーキーにお話を伺った。

※この取材は12月12日に行ったものです。

IMG 0819 R
シーズン序盤から勢いを見せる青木

選手コメント

青木涼真

―今の心境をお聞かせください
まだ先輩方との差が大きいことは実感していて、自分が走れるかどうかもわからないのですが、自分の出来ることを最大限にこなしていこうと思っています。

―現在のコンディションは
1年を通して一番良い状態だと思います。

―ここまでの合宿の充実度は
チームも良い状態でこれていますし、自分自身もすごく充実していますね。

―春には関東インカレで3000SC6位入賞、秋にも10000mで自己ベストなど、順調なトラックシーズンのように思えましたが
自分も最初はここまでやれるとは思っていなかったなのですが、一つ一つの試合を終える度に少し欲が出てきて、まだまだ上を目指せたかなと。「よくやった」とは言っていただけたのですが、自分の中ではもう少しといった感じでした。

―シーズンを通してコンスタントに結果を残せてきた要因は
試合の一つ一つをあまり大きく考えてなくて、いい意味で深く考え込まずにリラックスして試合に挑めたのが良かったのかなと思っています。

一方で20km以上のレースというのは経験がありませんが、距離に対する不安というのは
少しはありますが、練習で20kmを超えることも珍しくなかったですし、そこまで不安ではないかなと。元々長い距離に対する苦手意識というのもそこまでないので。

―エントリーメンバーについて、1年生は青木選手を含め3人が選ばれました
そうですね。今回選ばれた3人以外にも力のある選手はたくさんいて、今回自分が選ばれたのはたまたま調子が良かったからだと思っています。

―青木選手から見た1年生の雰囲気は
普段は仲が良いのですが、競技になると互いのタイムに目を光らせるなど、いい意味での緊張を保てる雰囲気だなと思いますね。

―希望する区間はありますか
あまり希望というのはないですね。

―その理由は
力がついてきて自分が絶対に走れるという自信があれば、どこを走りたいというのは思うようになってくると思います。けれど今のチーム状態を見ると、自分は任された区間を全うするのがベストかなと。それくらいに穴がないっていうことが今のチームの状態の良さを表しているのだと思います。

―最後に意気込みをお願いします
箱根は大学で陸上をやるきっかけになったので、最後の最後まで気を抜かずにしっかりとやっていきたいと思います。

(取材:都築慧士)

 IMG 0819 R

青木涼真(あおきりょうま)
97年6月16日生まれ。166cm・55kg。埼玉県・春日部高出身。生命科学部1年。
自己記録:5000m、14分31秒99。10000m、29分44秒18。
高校時代、インターハイでは3000mSCで決勝進出を果たすなど活躍。今年の関東インカレでは3000mSC6位の結果を残すなどトラックシーズン序盤から良い流れを見せている。


佐藤敏也

―エントリーメンバーに入って、今のお気持ちは  
予選会については、メンバーに入れたのですが走ることはできませんでした。今回も(本戦)メンバーに入ったので10人に入って走りたいという気持ちです。

―箱根予選会後の調整は   
ほとんど試合に出ていなくて、練習をしていました。1回下りの練習をやり負けてしまったのですが、まだ平地を走るチャンスはあると思っているので、今のところ順調に練習はできています。下りの練習は、僕と坪井が選ばれて、8秒差で負けてしまい、走れるかまだわからないですが走りたいです。      

―エントリー発表前に様々な選手が好記録を出しましたが  
自分は全然試合に出ていなくて、良い刺激になりました。10人に入って負けていないということを示したいです。自分は10000mで30分18を出しているのですが、今は絶対に29分台を出せるという自信があります。1年生が何人か(29分台を)出していますが、彼らに勝ちたいです。          

―箱根予選会ではメンバーに選ばれるも走ることはできませんでした  
コンディション不足で走れませんでした。すごく悔しい思いをして、自分の調整を改めて見つめ直すことができました。1年生2人が走っているのを見て、悔しさを感じました。それでも、練習に関しては彼らの方が順調に積めていたと思うので、自分の調整不足という現実を突きつけられたという感じです。    

―コンディション不足というのは  
1週間前の練習で熱中症で倒れてしまったのが原因だと思います。そこから熱中症対策をして、コンディションを見つめ直すことができました。そのときの経験はとても活きていると思います。          

―現在の調子は  
練習は順調にできていますが試合に出ていません。練習でしかアピールしようがないので、監督次第だと思います。

―20km走るイメージはできてますか
この前何度も30km走などを積んでいるので、自信を持って臨めば走れると思います。          

―大学と高校の環境に違いは  
練習面に関しては質も量も圧倒的に違いました。高校は通いだったので、寮生活も最初は慣れず戸惑いました。      

―1年生同士の関係は  
仲が良いですね。普段の生活からみんなで楽しくやっています。          

―1年生からエントリーに3人入ったことについては  
前回も(1年生が)3人入っていました。ただ現在上級生の先輩方が非常に強いので、その中に入ったというのは自信持っていいかなと思います。          

―全日本大学駅伝の予選会には出場されましたが  
初の公式戦で緊張していて、体ががちがちであまり走れなかったです。箱根予選会や本選でリベンジしたい気持ちはありました。なので、予選会に選ばれなかったのは本当に悔しかったです。    

―箱根ではどういった走りをしたいですか  
悔いを残さない走りをしたいです。区間10番前後で走りたいです。    

―残りの時間ではどういった調整を  
あまり難しいことは考えず、普段通りの生活や練習をしていきたいと思います。    

―最後に、箱根に向けて意気込みを  
シードに向けて、支えてもらっている方々に結果で恩返ししたいです。    

 (取材:八木下伸一)

IMG 0815 R

佐藤敏也(さとうとしや)
98年3月11日生まれ。165cm・53kg。愛知県・愛知学院愛知高出身。社会学部1年。

自己記録:5000m、14分27秒32。10000m、30分18秒73。
1年生ながら全日本大学駅伝の予選会にも出場。箱根に挑むため6区を想定しての練習も行っている。6区での出場が濃厚か。

坪井慧

―エントリーメンバーに入ったことについて  
夏合宿のときにあまり走れていなかったので、少し厳しいかなというのはありました。それでも、夏明けから調子が上がってきて、1年生から食い込みたいと思って夏以降頑張ってこられたので、入れて嬉しいです。近年スピードでレースが進むことが多く、自分はスピードタイプなので、そこから距離を伸ばせたのが選ばれた要因かなと思います。    

―1年生としてメンバーに入ったことについては
1年目からメンバーに絡んでいきたいという気持ちがあったので、入れてほっとしているのですが、ほっとしただけでなくしっかり箱根を走りたいと思います。          

―箱根予選会では1年生2人が走り同級生の活躍が見られますが  
1年生はみんな速く、みんながライバルで良い感じで刺激し合って練習もできているので、良い仲間であり、良いライバルだと思います。夏合宿の1次2次までは普通に走れていたのですが、3次がボロボロでした。予選会を走った2人はすごく走れていて、1年生代表して走ってほしいという思いもありましたが、走っているのを見ると悔しかったです。          

―大学入学時は1年生の中で最も速いタイムでした  
春シーズンや夏は1500mなど、短い距離を中心に走らせてもらっていましたが、やはり予選会は出たかったので悔しかったです。          

―予選会を通過したときのお気持ちは  
本戦を走りたかったので、予選を通ってまだチャンスがあるから頑張らなくてはと思いました。          

―高校と大学では違いを感じますか   
高校では同じくらいのレベルの選手は1人いたのですが、なかなか刺激し合える環境ではありませんでした。大学では刺激し合いながらできているので良いと思います。高校のときは自分が走れなければいけないという気持ちでやっていたのですが、今は1回でも練習を離れてしまうとメンバーに入れないという緊張感の中でできています。タイムを出している先輩が沢山います。すぐに追いついてこの大学のエースになりたいという気持ちがあるので、1年生からもっと結果を出したいと思います。          

―直前の記録会等には出場されませんでしたが  
あまり試合は出ずに調整に回っていました。夏明けで自分が走れてきているというのはあって、タイムは欲しかったですが、それ以上に箱根に合わせていきたいという思いがありました。          

―箱根で走りたい区間は  
自分的には勝負所で1番を取りたいので、明確に1番がわかるのは1区なので1区を走りたいです。近年ずっとスピードレースで、序盤からハイペースが展開されるので、自分もその中に紛れたい思いはあります。          

―箱根での目標は  
どの区間を任されても個人では区間一桁、5番以内を目指して。チームではずっとシードを目指していて、予選会も4番で上がれて、4年生の先輩方の集大成にもなるので、シードは必ず取りたいと思います。      

―箱根に向けて意気込みを  
シードを取れるように頑張ります。

 (取材:八木下)

DSC 0009 R

坪井慧(つぼいけい)
97年6月22日生まれ。175cm・61kg。岐阜県・大垣日大高出身。経済学部1年。
自己記録:5000m、14分12秒82。10000m、29分48秒33。
高校時代、インターハイでは1500mで決勝進出を果たすなど活躍した。短い距離での経験からスピードが武器。

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み