陸上

【陸上競技】第29回出雲全日本大学選抜駅伝 展望記事

第29回出雲全日本大学選抜駅伝 開会式
2017年10月8日(日)

 いよいよ明日に迫った出雲駅伝。前日の8日、区間エントリーと開会式が行われた。

IMG 1446 R
開会式で並んだ選手たち

区間エントリー

法大オーダー

区間選手名
1区(8.0km) 坂東悠汰(スポ3)
2区(5.8km) 福田兼士(経3)
3区(8.5km) 青木涼真(生命2)
4区(6.2km) 強矢涼太(経2)
5区(6.4km) 佐々木虎一朗(スポ2)
6区(10.2km) 矢嶋謙悟(経3)

展望記事

 法大が最後に出場したのは第25回大会までさかのぼる。4年前のこの大会では、10000m28分台を2選手擁して臨んだ。同年の箱根で1区に起用されたエース西池和人(平26年度卒=現コニカミノルタ)が、出雲でも同区間3位と好スタートを見せるともう1人の28分台ランナー、3区の田井慎一郎(平25年度卒=現富士通)までシード圏内の3位を争う展開に。その後、上位争いからはこぼれるも、昨季主将を務めた足羽純実(平28年度卒=現Honda)も学生三大駅伝デビュー戦を区間5位でまとめ、法大は総合8位でのフィニッシュとなった。
 あれから4年。東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)の出場を逃すなど苦汁をなめることもあったが、見事なV字回復を見せ、出雲路に戻ってきた。当時の西池と同じ学年となったエース坂東悠汰は1区に起用。有力な留学生を擁する山梨学大、日大のいない今年、競ることになる外国人選手は第一工大のジェフリ・ギチアとアイビーリーグ選抜のジョウダン・マン(ブラウン大)の2人のみ。「日本人トップ」にこだわり続けた坂東だが、主要大会で初めての日本人トップは区間賞となるかもしれない。日本学生対校選手権の5000mで日本人トップに入った阪口竜平(東海大)や箱根駅伝1区4位の梶谷瑠哉(青学大)らとの争いになりそうだ。
 2区には同じく3年生の福田兼士を起用。大学入学後しばらくは苦しい時間を過ごしたが、昨秋から持ち前の能力を発揮。今年3月の学生ハーフではチームトップとなり猛アピール。今季は関東学生対校選手権や全日本大学駅伝関東学生連盟推薦校選考会にも出場し、主力の仲間入りをしている。田村和希(青学大)や相澤晃(東洋大)、館澤亨次(東海大)とこの区間も強者ぞろいだ。
 レースの鍵となる3区の青木涼真は1ヶ月前に日本インカレで3000mSCを走ったばかり。坂東と同じく今年の箱根駅伝を走ったが、今季トラックで見せた安定感をロードでも発揮できれば、チームを上位に押し上げることができそうだ。下田裕太(青学大)、永山博基(早大)、工藤有生(駒大)、更には同じ3000mSCを主戦場とする塩尻和也(順大)ら各大学のエースが名を連ねるが、存在感を示したい。
 4区の強矢涼太は昨秋の箱根駅伝予選会に出場したが、チーム内11位でのフィニッシュ。箱根駅伝本戦のエントリーメンバーには入ることができなかった。今季最初の駅伝で悔しさを晴らすことができるか。新迫志希(早大)や越川堅太(神大)、鬼塚翔太(東海大)と同学年の選手との争いにも注目だ。
 宮城の強豪・東北高校出身の佐々木虎一朗は5区に抜てき。10000mの自己記録29分43秒14は今春に叩き出した記録だ。主要大会初出場となるが、実力を発揮できればチームの勢いを加速させられるだろう。神林勇太(青学大)や野田一輝(順大)など比較的下級生の多いこの区間では、区間順位にも期待がかかる。
 アンカーとなる6区には矢嶋謙悟。昨秋の箱根駅伝予選会ではチームに貢献する走りを見せ、10000m記録挑戦会では当時チーム4番手となる29分14秒03をマークした。しかしその後、体調を崩して箱根駅伝は出場できずに終わった。全国高校駅伝では先頭を走った経験を持つ矢嶋が出雲の舞台で違いを見せつけられるか。この区間では東海大エースの關颯人の強さが群を抜いているが、早大主将の安井雄一らは矢嶋の実力であれば捉えることも可能なはずだ。
 他大学では青学大が全員5000m13分台、次いで東海大も5人が13分台の布陣。まさに「スピード駅伝」にふさわしい優勝争いが展開されそうだ。ただ、前述した通り関東の大学に在籍する有力な留学生が出場しない今回は、最終6区でのどんでん返しが起こりにくい。そのため、後ろのチームの猛追に怯える心配は例年ほど必要ではないだろう。反対に、各大学のエース級の選手が名を連ねる1〜3区での順位が最終結果を大きく左右する。法大としては、持ちタイムでは格上の相手と戦うことになるが、坂東がつくった流れをたすきと共に引き継いでいきたい。 駅伝シーズンの幕開けを告げる出雲路の号砲は、いよいよ明日鳴らされる。(小島雄太)

選手紹介

1区 坂東悠汰

bando R

坂東悠汰(ばんどう・ゆうた)
スポーツ健康学部3年 津名高校(兵庫県)
5000m:13分47秒26 10000m:28分44秒87
15年度 箱根4区15位 16年度 箱根:1区9位

 

2区 福田兼士

hukuda R

福田兼士(ふくだ・けんし)
経済学部3年 須磨学園高校(兵庫県)
5000m:14分19秒28 10000m:30分14秒81

 

3区 青木涼真

aoki R

青木涼真(あおき・りょうま)
生命科学部2年 春日部高校(埼玉県)
5000m:14分31秒99 10000m:29分30秒64
16年度 箱根8区9位

 

4区 強矢涼太

goya R

強矢涼太(ごうや・りょうた)
経済学部2年 高崎健康福祉大学高崎高校(群馬県)
5000m:14分33秒61 10000m:30分00秒14

 

5区 佐々木虎一朗

sasaki R

佐々木虎一朗(ささき・こいちろう)
スポーツ健康学部2年 南光学園東北高校(宮城県)
5000m:14分32秒45 10000m:29分43秒14

 

6区 矢嶋謙悟

yajima R

矢嶋謙悟(やじま・けんご)
経済学部3年 市立船橋高校(千葉県)
5000m:14分20秒38 10000m:29分14秒03

フォトギャラリー

  • IMG 1446 R開会式で並んだ選手たち
  • bando Rエース坂東は箱根駅伝と同じく1区
  • hukuda Rスピードランナーの福田は距離にも対応しつつある
  • aoki R各大学のエースが集う3区を走る青木
  • goya R強矢も学生三大駅伝初出場となる1人だ
  • sasaki R佐々木は個人でも好順位を狙いたい
  • yajima Rアンカー矢嶋は箱根駅伝の悔しさを晴らす
  • IMG 1437 R開会式で披露された須佐太鼓
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み