バドミントン

【バドミントン】第70回全日本総合選手権 女子 予選・本戦ともに、健闘見せるも初戦敗退

第70回全日本総合選手権大会
2016年11月28日(月)〜12月4日(日)
代々木第二体育館

女子からは予選から前田悠希(営3)、伊東佑美(営1)が参戦し、本戦からは上野亜実(人4)・長谷川由季(法4)ペアと、今年のインカレ女子ダブルス王者の宮浦玲奈(人3)・勝俣莉里香(営2)ペアが出場した。張り詰めた緊張感のなか、格上の選手や同じ大学生のライバルたちに挑むも勝利には届かず。予選本戦含め、すべての試合での1回戦敗退となった。

IMG 3354 R
息のあったコンビネーションを見せ、格上に食らいつくも敗れた長谷川(写真左)・上野ペア

試合結果

女子シングルス

選手名結果
前田悠希  予選1回戦敗退
伊東佑美  予選1回戦敗退

女子ダブルス

選手名結果
上野亜美・長谷川由季  ベスト32
勝俣莉里香・宮浦玲奈  ベスト32

 

戦評

女子シングルス

 東日本インカレで見事優勝を果たしたものの、全日本インカレでベスト8と苦渋をなめた前田。全日本総合は予選からの出場となった。対戦相手は永野陽子(JR北海道)。
 開始から点の奪い合いとなるも強打で攻め、前半をリードで折り返す。しかし13-9から相手に流れを握られてしまい、6連続失点。前田らしい粘りのプレーを見せるものの逃げ切られてしまい、17-21で1ゲームを失った。
 第2ゲームは5-4からドロップを巧みに使い、一挙7連続得点を挙げた。そのままこのゲームを奪うかと思われたが、13点を連続で取られ、17-21の大逆転負け。悔しさの残る敗戦となった。(石川大悟)

 同部卒部生の北はるな(JP日本郵政)と対戦した伊東は第1ゲーム、序盤こそシーソーゲームを繰り広げるが、相手のペースに持ち込まれ7-21で敗戦。それでも第2ゲームでしっかり修正。ラインギリギリのロブなどの繊細なショットも見え始め、僅差でインターバルをはさむ。しかし、社会人9位の実力は伊達ではなく、点差は縮まらないまま17-21で試合終了。ストレート負けで1回戦敗退となった。(伊藤華子)

女子ダブルス

 本選からの出場となった上野・長谷川ペア。相手は久後あすみ・横山めぐみ(山陰合同銀行)だ。
 第1ゲーム。相手の攻めに必死に喰らいつくも、流れを掴めず7-11でインターバルを迎える。一時は11-12と1点差に迫る奮闘をみせるが、鋭いスマッシュに太刀打ちできない。15-21でこのゲームを落とした。
 続く第2ゲームはさらに苦戦を強いられた。序盤こそ相手にリードをされながらも、その後は6-6の同点に追いつく。しかしそこから1点の得点も許されず、13連続ポイントを奪われ点差を大きく広げられた。終始相手のペースで試合は進み、このゲームも8-21と差をつけられて落として敗戦。同時に彼女たちの大学生としての闘いはここで幕を閉じた。
 4年生の2人にとって学生最後の試合となった今大会。実業団との実力の差を見せつけられる結果となったが、どこか清々しい顔して会場を後にする姿は4年間バドミントンと真剣に向き合ってきた証だ。(大平佳奈)

 宮浦・勝俣ペアは筑波大の加藤美幸・柏原みきペアと対峙。序盤から激しい打ち合いとなり、息の詰まるような接戦となる。10-11でインターバルを折り返した後、相手コートの空いたスペースに連続でショットを沈め、流れを引き寄せたかように思われた。しかしその後も要所でのミスが目立ち、19-16の場面から一気に相手の5連続得点を許し19-21で第1ゲームを落とした。
 続く第2ゲームは、取れない球も互いにカバーしあい、1ゲーム目を終えて勢いづいた相手と再び接戦を繰り広げる。しかしインターバル後に立て直しを図ってきた相手に「1本2本のミスで最後まで決めきれなかった」(勝俣)と、またしても大切な局面でミスを犯してしまう。結局ここで生まれた点差を詰めることができず、19-21でこのゲームも落とし、宮浦・勝俣ペアも1回戦での敗退が決まった。
 僅差での敗戦となったためやはり悔しさを隠せないでいた2人。この悔しさを糧とし、今回見つかった課題点を来季の勝利につなげてほしい。(本間美来)

選手コメント

前田悠希

ー試合を振り返って
全日本総合に出るのが初めてで、大学生や実業団などの色々なチームの強い人であったり、日本のトップでさえも出ている試合なので、そこで試合に出れることはいい経験が出来ると思いましたが、その中でもやっぱりひとつでも勝ち残ろうと思っていました。1ゲーム目は雰囲気に飲まれた部分があって、2ゲーム目は点差が開いて勝っていたところで気持ちに油断があり、そこで少し追いつかれただけで焦って急ぎすぎたのかなと思います。  

ー社会人との対戦で普段との違いはありましたか
年上の方だったのでパワーを使ったシングルではなく丁寧なプレーをしていて、そういう部分では自分の方がパワーはありますが丁寧さの部分では負けていたのでそこが敗因かなと思います。  

ー初戦敗退という結果に対して
目標は本戦に行きたいと思っていたのでやっぱり悔しいです。  

ー来季は最高学年となりますがそれをふまえ抱負を
最高学年になるので団体では私が確実なポイントとして取らなければならないし、この全日本総合にも他大学のエースが出ているのでそういう子たちには負けないという思いで、インカレでは優勝したいなと思います。

伊東佑美

ー今日の試合を振り返って
1ゲーム目は、風とかそういうのも全然わからなくて相手のペースになっちゃったんですけど、2ゲーム目は1ゲーム目よりは自分のプレーができたかなと思います。

ー今日は実業団の選手との対戦でした
法政のOGの方でたまに練習にも来てくれていたので少しは知っていたんですけど、やっぱり経験があって風への対応とかがうまいなと感じました。

ー全日本総合の感想は
初めて出させてもらって、こういう経験ができたというのは次に生きると思うのでこの経験をしっかり春のリーグや関東学生選手権に生かしていきたいなと思いました。

ー法政大学での一年を振り返って
自分が全日本総合に出られるとは思っていなかったので、出られたことは良かったなと思うんですけど、ラッキーだったから出られるとかではなくて来年も出られるように頑張っていきたいなと思います。

ー来季の目標を
今年以上の結果を出して、団体戦で優勝できるようにチームに貢献できるように頑張りたいと思います。

上野亜美

ー今日の試合を振りかえって
相手が実業団選手で、レベルが高いことは知っていたので、どこまで通用するかなと。集大成として楽しんでやりました。  

ーどのように試合にのぞみましたか
一応これで引退と決まっていたので、インカレで3位になって、総合に出ることができて、4年間で初めて出場できて、まずそれが嬉しくかったです。この舞台に立ててよかったです。  

ー全日本総合と他の大会の違いは
実業団の選手は自分のためにプレーしているので、それを体感させられたし、学生と比べて気持ちも違うし、バドミントンに対する姿勢も全然違いますね。  

ー長谷川選手とのペアについて
ガンガンスマッシュを打って攻めていくのが、自分たちの持ち味だったので、そこを最後まで出せたのは良かったと思うし、元気よくやるのが目標だったので、元気よくプレーできたかなと思います。  

ー大学4年間を振りかえって
1,2年の頃は団体も出られなくて、サブの選手だったのですが、3,4年生になってシングルス出させてもらって、最後こうやって試合ができるまで成長できたのはこの先にも自信が持てるなと思います。  

ーミックスダブルスについて
なかなか練習できていないくて、正直かみ合わなかったし、やりたいことができなかったのです。でも1年生のときもミックスの全日本の学生の大会にであたんですけど、1回戦負けで、次出た時はベスト8に入ることができて、成長を感じました。  

ー今後の進路は
日本郵政に進みます。一応リーグもチャレンジリーグがあるので、これでバドミントンをすっかり辞めるわけではないです。  

ー今後どんなバドミントン選手になりたいですか
仕事が忙しくて、練習も週1くらいしかできないのですが、楽しくできたらいいと思うし、日本郵政の人も応援してくれるので、それに答えられるようになりたいです。

ー後輩へのメッセージを
こうやってインカレ優勝する選手もでてきたし、総合にも多くの選手がでられたので、そういう経験をでてない子にも教えてあげてほしいし、団体でリベンジをしてほしいです。  

ー応援してくれた人にメッセージを
本当に感謝しかなくて、自分一人ではここまで来られなかったです。どんなことがあっても見捨てずにいてくれた監督、コーチや両親についていけて本当に幸せでした。

長谷川由季

ー今日の試合を振りかえって
引退ということで気持ちも楽に楽しく試合ができたかなと思います。

ーどんな気持ちで試合に臨みましたか
前みたいに練習もできていなかったので、声を出して元気よくプレーできたらいいなと思いました。  

ー全日本総合の雰囲気は
会場がいつもより見にくかったり、風もあったりするので他の会場よりも難しいですね。  

ー上野選手とのペアについて
私たちは右利きと、左利きのペアで、私が後ろでスマッシュ打って、上野が前で決めてくれるというダブルスでした。  

ー大学4年間を振りかえって
苦しいことの方が多かったし、練習もきつい時の方が多かったのですが、竹内さんとか宮さんとか、周りの方々のおかげでここまで続けられたかなと思います。

ー今後の進路は
普通の一般企業なので、バドミントンは完璧にやらないです。  

ー後輩への一言
これから辛いこともたくさんあると思うけど、最後に笑って終われるのが一番だと思うので、1試合1試合楽しくバドミントンしてほしいと思います。  

ー応援してくれた人にメッセージを
ありがとうございます!

勝俣莉里香

ー今日の試合を振り返って
向こうは去年のインカレチャンピオンで、自分たちは今年のインカレチャンピオンの学生同士だったのですが、実業団と当たると思っていたので気持ち的にはやりにくさがありました。  

ー実業団の選手との対戦に向けた対策などしましたか
大学生とは球の質などが違うので、そういうところを練習して慣れようとしていました。  

ー1、2ゲームとも接戦でした
どっこいどっこいでしたが、自分たちの方が1本2本のミスがあって、最後まで決めきれなかったのが敗因だったと思います。  

ーインカレ優勝を経ての敗戦となりましたが
自分たちは優勝したけれど、実力的には相手の方が上といいますか、大きな大会にも出ていて、結果も出しているのでそんなにプレッシャーはなかったです。去年のインカレ優勝者だったので、やはり強いなと感じました。  

ー全日本の雰囲気はどうでしたか
会場は証明や風の影響で普段よりやりづらかったです。でも、周りはそういうことにも合わせてやってきているので、自分もそこに合わせてやっていれば結果は違ったのかなと思いました。  

ーこれからどんな練習をしていきますか
これで今年の試合も終わって、また4月から春リーグが始まります。自分たちは組み始めて半年もたってないくらいなので、この4月までにもっと練習したいです。今日やった相手にも勝てるチャンスはあると思うので、リーグで確実な一本のダブルになれるように4月まで練習を頑張りたいと思います。  

ー今後の目標は
一番の目標はやはり、インカレの団体で優勝することなので、とりあえず団体に向けて練習したいです。今はシングルをあまりやっていませんが、自分はシングルもやらなきゃいけないので、この試合が終わってからまたやると思うので、春リーグで2本、自分が取れるように頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • IMG 3354 R息のあったコンビネーションを見せ、格上に食らいつくも敗れた長谷川(写真左)・上野ペア
  • IMG 3382 R前からショットをたたきこむ上野(写真右)
  • IMG 3407 R学生最後の試合を楽しむかのように、試合中には何度も2人の笑顔が見られた
  • IMG 3662 R攻め込む勝俣(写真前)とうしろでしっかりと構える宮浦
  • IMG 3574 R前に落とされた球にもすばやく反応し、堅い守りをみせる
  • IMG 3737 R悔しい初戦敗退に肩をおとした
  • IMG 2791 R目標としていた本戦出場には届かなかった(前田)
  • IMG 2822 R1年生として、今大会で大きな経験を積んだ伊東
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み