バドミントン

【バドミントン】関東大学バドミントン春季リーグ戦 第1戦 男子は悔しい敗戦も、女子はリーグ戦白星発進!

関東大学バドミントン春季リーグ戦
2017年4月29日(土)
葛飾水元総合スポーツセンター

ついにリーグ戦開幕を迎えた。初戦となる今日は男子が日体大、女子は明大と対峙。男子は第3シングルスまでもつれるも、あと一歩のところで敗戦。初戦を勝利で飾ることはできなかった。
 一方の女子はインカレ王者の宮浦玲奈(国4)・勝俣莉里香(営3)が敗戦するものの、シングルス勢が安定した試合運びを見せ、4-1で勝利。リーグ戦優勝に向け幸先の良いスタートを切った。

IMG 2163 R
シングルスとダブルスで勝利し大車輪の活躍の伊東

試合結果

総合試合結果(男子)

法政大学

2

-

日本体育大学

3


詳細結果(男子)

試合試合詳細(後者が対戦相手)
第1シングルス 〇桐田和樹2ー0小本翔太(21ー16、21ー19)
第2シングルス ●山澤直貴0ー2森田慎司(14ー21、19ー21) 
第1ダブルス  〇西川裕次郎・野村拓海2ー0山下恭平・玉手勝輝(21ー12、23ー21)
 第2ダブルス ●西智寛・小森園隆平0ー2市川和洋、馬屋原大樹(10ー21、18ー21)
 第3シングルス ●西川0ー2山下(17ー21、16ー21)

総合試合結果(女子)

法政大学

4

-

明治大学

1

詳細結果(女子)

試合試合詳細(後者が対戦相手)
第1シングルス 〇勝俣莉里香2ー1西口涼子(19ー21、21ー16、21―11)
第2シングルス  〇伊東佑美2ー1十河茉由(21ー15、19ー21、21―17)
第1ダブルス  ●勝俣莉里香・宮浦玲奈0ー2瀬川桃子・村上晃(15ー21、14ー21)
第2ダブルス 〇伊藤・清水一希2ー0鈴木いよ乃・上杉夏美(21ー11、21ー19)
第3シングルス 〇前田悠希2ー0後藤にこ(21ー19、21ー15)

 

戦評

男子

 春リーグ開幕戦の相手は去年の団体戦で一度も勝利していない日体大。今回も厳しい戦いが予測されたが、出場した選手たちはそれぞれ粘りを見せ、第3シングルスまでどちらに転ぶかわからない手に汗握る試合となった。

  第1シングルスには今季エースとしての期待がかかる桐田和樹(経3)が出場。「すごく勝ちたい相手」と語る小本翔太との対戦は、前に落とされたショットにも機敏に反応し、序盤からリードを奪うと、相手のミスにも助けられ第1ゲームは21-16と危なげなく勝利を奪う。続く第2ゲームは相手の決め球にもレシーブで動きをけん制し、軽いフットワークで前後左右に相手を揺さぶる。またスピードを活かした球運びで相手に思うような攻撃をさせない。終盤こそ点差を縮められるも最後は低い展開から落ち着いて相手のミスを誘い21-19で第1シングルスは勝利を収めた。  

IMGP0517 R相手を寄せ付けないプレーの連続でガッツポーズを見せる

 第2シングルスには1年生の山澤直貴(経1)が初出場。持ち前の強打で攻め込みたいところだったが、緊張からかそのプレーに持ち込む前のネット際での攻防でミスが目立ち今ひとつ流れに乗ることができない。試合が進むにつれ動きの固さは徐々になくなるがすでについた点差を取り戻すことはできず、14-21で第1ゲームを落とす。第2ゲームでは第1ゲームの最後のいい流れのままリードを奪い、アタックにもしっかりと対応。自身の武器である破壊力抜群のスマッシュもさらにキレを増す。しかし相手は大学バドミントンの経験値がはるかに勝る4年生。粘りのプレーを見せ長いラリーを制し流れをじわじわと引き寄せられると、最後には逆転を許し19-21でストレートで敗戦。ほろ苦いデビュー戦となった。  

IMGP0562 Rこれからのさらなる経験が山澤をより成長させるだろう

 第1ダブルスには西川裕次郎(社4)・野村拓海(社2)ペアが出場。互いに素早くカバーに回り、勢いのあるドライブで相手に攻撃の選択肢を与えない。11-4と大幅にリードを奪うとその後も西川がスマッシュを打ち込み浮いたシャトルを野村が押し込むなど巧みなコンビネーションを見せ、21-12と第1ゲームを奪う。第2ゲームは序盤からストレートやカウンターなど多彩な攻撃を展開しリードを奪うも、自身のミスから相手に逆転を許し、そのまま相手をリズムに乗らせてしまう。しかし長いラリーで粘りを見せるとその後は一進一退の攻防が続き、2度のデュースに。それでも最後は野村のスマッシュやネットプレーを制して23-21で勝利に王手をかけた。  

IMGP0650 Rエースダブルスとしての期待がかかる

第2ダブルスに出場したのは西智寛・小森園隆平ペア。対するは昨年のインカレベスト4だった市川・馬屋原ペアだ。相手のパワフルなプレーに押され、試合は防戦一方の展開を強いられる。また勢いのあるシャトルに追いつけず、10-21と大差をつけられこのゲームを落とす。しかし第2ゲームでは相手のアタックにも食らいつき、逆サイドへの返球でしっかりとチャンスメーク。11-10と僅差でインターバルを挟むとその後も互いに流れを譲らず試合はきっ抗。西が甘くなった球を確実に仕留め18-18となるが直後に相手の3連続得点を許し、18-21で万事休す。勝敗の行方は第3シングルスに託された。

IMGP0757 R試合には敗れたものの2ゲームでは意地を見せた 

 第3シングルスには再び西川が出場。勝負を決する重要な場面だがプレーの消極性が目立ち、攻撃において後手に回ってしまう。独特のリズムで応戦するも点差を縮められず第1ゲームは17-21で落とす。第2ゲームはインターバルまで10-11と接戦となるもインターバル後は相手に連続5得点を許す。「気持ちの問題だった」とその後は相手に最後までリードを保たれたまま、16-21でこのゲームも落とし、同時にセットカウント2-3で日体大に敗戦となった。  

IMGP0850 Rシングルスへの課題が残るか

 「物足りなさのある試合だった」と升監督。すべてストレートで決まった2勝3敗がそれを物語る。これからのリーグ戦では勝利することと試合内容を充実させることが必要となるだろう。明日の対戦相手である中央大も難敵であるが、優勝に向け、成長の真価が試される。(本間美来)

 

女子

 開幕戦の相手は明大。昨年のインカレ戦で敗北を喫したが、その雪辱をはらす結果となった。

 第1シングルスには勝俣莉里香(営3)が出場。第1ゲーム序盤は互いに主導権を譲らず進んでいたものの、終盤になるとミスを連発しこのゲームを19-21で落とした。続く第2ゲームは徐々にリズムを取り戻し始め、相手のミスを誘い21-16でこのゲームを奪った。その良い流れのまま迎えた第3ゲーム。相手をコートの左右に動かし、甘くなったシャトルを確実に決めるプレーで相手を圧倒し21-11でこのゲームを取り幸先の良いスタートを切った。

IMG 1874 R
3年目を迎えさらにプレーに磨きがかかる

 続く第2シングルスで出場したのは伊東佑美(営2)。終始安定していた第1ゲームに比べて、第2ゲームはミスが目立ち始め19-21で落とす。しかし、第3ゲームは逆転される場面があったものの、持ち味の配球の良さで相手を動かし21-17で奪い、昨季のインカレ団体戦で負けた相手に対しリベンジに成功した。

IMG 2404 Rチームの主軸となる活躍を見せる

 2連勝で迎えた第1ダブルス。昨季インカレダブルス優勝の宮浦玲奈(人4)、勝俣ペア。インカレ決勝で戦った瀬川桃子・村上晃と再び対峙した。第1ゲームは順調に得点を重ねていたが、中盤になると8連続失点。このポイントが響き、このゲームを落とす。第2ゲームも相手に主導権を握られ14-21。インカレ王者の実力を見せることができなかった。

IMG 2555 R難敵相手に悔しい一敗となった

あと1勝で勝利する法大。第2ダブルスは伊東とリーグ戦デビュー飾った清水一希(人2)のペアが挑んだ。第1ゲームはこの試合で初めて組んだペアとは思えないコンビネーションの良さで終始相手を圧倒。続く第2ゲームは相手の攻撃を受け、ミスも続いたものの我慢強く相手に食らいつき21-11、21-19で終えた。

IMG 3005 R2年生同士のペアで勝利を手にした

法大はこの時点で勝利が確定。最後の第3シングルスは前田悠希(営4)が出場。第1ゲーム、第2ゲームとも序盤は互いに点を取り合うシーソーゲームが続いた。しかし、徐々に相手を左右に動かし、甘くなったところを高い打点から放つ角度のあるスマッシュで決め危なげなく21-19、21-15のストレートで勝利した。

IMG 3063 R練習時間が少ないながらもしっかりと勝ち切った

この結果、法大は4-1で明大に勝利。昨季インカレで負けていた相手だけに大きな1勝となった。次戦の相手は青学大。リーグ戦優勝に向け、自分たちの実力を発揮し1つずつ勝利を重ねていってほしい。(杉本ひかり)

監督・選手インタビュー

升佑二郎 監督

―今日の試合の総括を
負けた試合は全部0-2で負けて、勝った試合は2-0で勝って、1日を通して味のない試合でしたね。何かを得たとか失ったというよりも何かを学ぶ前にすべてが終わってしまったというか、そんな物足りなさがあるかなという感じです。シングルスの最初の2本は勝たなきゃいけないですが、負けるにしても1ゲームとってほしかったですね。法政としてはエースシングルスを2つ持ってきているので勝てるシングルスと踏んでいるものが簡単に0-2で負けてしまうということがやっぱりチームとしては痛いです。こっちが逆に弱くて相手が強かったとしたらそれは負けたとしてもそんなに精神的なダメージはないと思うんですが、今回立場は逆だったのでそこで負けてしまったとはチームとしては痛いなという感じですね。

―第2シングルスに山澤選手を起用した意図というのは
1年生はいい試合をあまりしないんですよね。実績がいくらあっても。なので実績的には山澤が一番強いんだけれども、第1シングルスに持ってくるリスクは高すぎるなと思います。第2シングルスだったら桐田が頑張って勝てば負けてもいいかなぐらいのつもりで、そのリスクを考慮して第2シングルスで使ったって感じですね。第1シングルスや第3シングルスだと負けた時のダメージが大きいのでそこに置いたという感じです。大学のバドミントンにも慣れてはいないですよね。彼は色々日本代表の合宿にも行っていてなかなか大学での練習もできないし、気持ちの部分でどうしても自分は強いと思い込んでしまう。でも実際プレーを見れば普通の大学1年生です。そこの温度差や自分の見ている世界と実際の自分の実力との差がやっぱりあるから、そこがそのリスクのある部分ですね。今回の敗戦を糧に大学生も強いんだぞってことをわかってくれればいいかなと思います。

―ミーティングではどういったことをお話されましたか
今年はとにかく成長する、ということです。いろんなことをとにかく成長させていくということを課題にしています。ダメなところはいっぱいあるので、そのダメなところを少しずつよくしていこうというところですよね。初戦が終わって、まだまだこういうレベルだと。少しずつ、特に気持ちの部分であったりとかそういったことをよくしていくということがとにかく大事です。これが始まりなので、そこだけとにかく確認して、明日につながるようなかたちで、と話をさせてもらいました。

―チームのカラーは
例年法政はシングルスが強くて、ダブルスが結構課題だったんですが、今年は第1ダブルスが強いので、それは例年になくいいところだと思います。今後は第2ダブルスが課題になってくるので、そういう意味では戦力的にここ数年に比べれば高い位置にあると思います。いくら強くても結局流れの持ちようっていうところでまだまだ幼さがあるので、そこが物足りなさというか成長しなきゃいけない部分ではあるのかなと。技術より心の部分が大事だと思います。

―それでは第1ダブルスの西川・野村ペアは今後も固定して出場する予定なのですか
固定するかは第2ダブルス次第ですかね。第2ダブルスはあまり育っていないので(西川と野村の2人を)分けさせることも必要ですし、いろんなことを今回は試しながらという感じでした。練習でも試したんですけど、第2ダブルスはやっぱり見つからなかったので、なかなか2人を崩せなかったんです。西川単体野村単体のそれぞれはいいんですけど、他の人と組み合わせた時になかなかペアリングがうまくいかなかったんですよね。やっぱり2人じゃなきゃだめなのかなというところもあったので、ある程度はこのペアでいくと思います。

―西川選手が今年主将を務めていますが
なかなかダブルスのほうが頑張っていけるんですが、シングルスのほうはなかなか気持ちが入っていないですね。自分の好き嫌いというか練習に対してもそういうところがあるかなと思うので。シングルスはちょっと練習不足かなって感じですね。

―トレーニング合宿や新潟で合宿を行ったとお聞きしました
効果はだいぶ出ていると思いますね。体力的な部分というよりは気持ちの部分がすごく良くなったと思います。今回だと西とか小森園が出られるレベルに達したこと。本来であればなかなかそのレベルには達していなかったんですけど、新潟での合宿で厳しく指導して、心も入れ替えて頑張ろうという意識でやっていたので、普段の練習の雰囲気も良くなったと思います。その分勝ちたかったですけどね。次の試合に活かせればと思います。彼らは自分たちのペースになれば点が取れるんですがまだまだ足が動かない。ここ1ヶ月、彼らは頑張っているんですが、今まで怠けていた部分があるのでそこを補うためには少し時間が足りなかったかなと。それを続けてもらえればもっと足も動いてくると思いますし、もっと勝てる試合ができるようになると思います。

―升監督自身、コーチから監督へと立場を移されていかがですか
楽しむことを意識しています。どうしても監督の方がプレッシャーもかかってくるので、自分が楽しまないと選手たちも楽しめないし、楽しくやっていれば苦しい時でも乗り越えられると思うので前向きに楽しむということですかね。そこだけちょっと心がけるようにして、自分が悩みすぎたりプレッシャーに押されたりしないようにできれば明るい雰囲気でやろうと思ってます。

―明日の試合に向けて
明日はまた今日とは違うオーダーを使おうと思っているので明日は明日の楽しみがあると思います。次は頑張っていい結果を出せるように頑張ります。

西川裕次郎 主将

―試合を振り返って
ダブルスは自分からペースをつくってできたので良かったんですけど、シングルスはずっとモヤモヤした感じで最後までやり続けちゃったので、結果的にはまったく良くなかったです。ダメでした。気持ちの問題でしたね。

―ダブルスではストレートでの勝利を収めました
自分たちが優勢になれるようにサーブを打ったりして、ああいうかたちになったのかなと思います。

―チーム全体の戦いぶりとしてはいかがですか
最後自分が勝たないといけなかったんですけど、それができなかったのがすべての敗因です。負ける相手ではなかったです。今回も負けた試合はどこも勝てたと思いますし、個人的にはですがレベル的には自分たちの方が上なんじゃないかと思いました。

―先月の野村選手と出場した大阪インターナショナルチャレンジを振り返って
全試合ファイナルで勝ち上がっていきましたが、自分たちは国際大会も初めて出て、とてもいい経験ができました。それによって今回の試合も結構いい流れで入れて自信もついたので、また経験できたらいいかなと思います。

―明日の試合に向けて
今日のような負け方をしないように明日はまた切り替えて自分たちが優勢に立てる応援したりしてやっていきたいと思います。

桐田和樹

ー今日の試合を振り返って
初戦だし、大学一年生から当たっている相手で一勝二敗くらいだったので本当に勝ちたくて、はじめから攻めていったら相手もミスしてくれたので初戦の入りは良かったと思います。

ー初戦の第1シングルスを務めるにあたってどのように試合に臨みましたか
団体戦ではあるんですけど、個人的にすごく勝ちたい相手だったので、団体どうこうじゃなく「自分が勝つ」という気持ちで臨みました。

ー試合前に何か監督から声がけはされましたか
ラリープレーで長い試合になるから、しっかりラリーをしていけばチャンスはあると言われました。

ー今日見つかった課題は
自分はいつもロブが甘くなって決められるというパターンが多くて、ラリー中に1本でも甘い球があれば決められるので、明日からは甘い球を出さないということを意識していきたいと思います。

ー1年生の山澤選手も出場しましたが、何かアドバイスはされましたか
自分も1年生の時に初めて出た試合は、すごい悪くて勝てる相手にも負けていたので仕方ないというのはあるんですけど、山澤もレベル的には高いので明日から修正していってもらえればと思います。

ー明日の試合に向けての意気込みを
明日はもっと強い相手と当たるので、強敵を倒すということでおごらずに挑戦者の気持ちでしっかり頑張りたいと思います。

野村拓海

―今日の試合を振り返って
初戦の第1ダブルスってことで自分は緊張してミスもあったんですけど、その中で西川さんがカバーしてくれました。相手も1年生だったので、最初はどっちかというと余裕を持てて自分たちのペースで回せたので楽に勝てたと思うんですが、2ゲーム目からは相手も慣れてきて、そこから追いつかれてしまいました。でも初戦で勝ち切れたということは良かったと思います。

―今後もこのペアで出場する予定なのですか
個人戦はわかりませんが団体戦は基本この感じでいくのかなと思います。

―話は変わりますが西川選手とのペアで大阪インターナショナルチャレンジでベスト4という結果を残しました
第1シードの人と当たって、相手は格上だったので、そのなかで自分たちはチャレンジャーだという風に思ってやっていきました。自分たちが攻めていったからあそこで勝ててそのまま流れで準決勝までいけたと思うので、3位になったということは自分にとって大きい経験でした。そういう意味でも今日みたいな第1ダブルスに選ばれているのでそこでしっかり勝ってチームに貢献できるようにしたいと思っています。

―ダブルスでの確実な1本として期待されていると思います
そこはさすがにプレッシャーはあるんですけど、逆に自分たちが勝てばチームの勝利に一番近くなると思っています。そういう意味でプレッシャーは感じているんですが、そのなかでもしっかり自分のプレーをしてミスしないように全勝目指して頑張ろうと思います。

―明日の試合に向けて
明日は中央大学でどうなるかはわからないんですけど、自分たちのやることをしっかりやってまず一勝してチームに貢献できるように頑張りたいと思います。

宮浦玲奈 主将

―試合を振り返って
2人のコンビネーションが噛み合わずに、一方的にやられてしまったのが原因かなという感じですね。自分が後ろにいきすぎて勝俣が前というかたちになってしまって、お互いしっかり打てるというという体勢ができていなかったかなというのがありました。しっかり2人でプレーしていかなければいけないのに、私1人でプレーしてしまうところが多くて、そこが出てしまったのかなという感じがします。

―お2人で合わせる練習はどのくらいされていたのでしょうか
私はずっとダブルスなんですけど、勝俣は両方やっていて、シングルスやったあとのダブルスという面も考えるととてもキツイと思うんですけど、そこでしっかりと2人でプレーできるようにしていきたいです。

―チーム全体の戦いぶりとしては
今日は下級生の強さだったり我慢強さがとても見られた試合だったので、このチームはそういうところに関してはみんなで助け合えるいいチームだとまた実感しました。

―伊東・清水ペアも勝利を収めました
いつも一緒に練習していたのでそこに関しては信頼があるので、このまましっかり勝ちにいってほしいですね。

―明日の試合に向けて
今日自分たちが勝てば5-0で勝てる試合だったので、そこを反省して明日は自分たちがしっかり引っ張っていけるように頑張りたいと思います。

前田悠希

ー今日初戦でしたがどのように試合に臨みましたか
出だしが大事なので、絶対に勝とうと意気込んで試合に臨みました。

ー今日の試合を振り返って
仕掛ける球が同じパターンになってしまって、相手に合わせたプレーになってしまったので自分の思い通りに打てなかったです。

ー4年生として迎えるリーグ戦ですが
4年生は勝って当たり前と思われるので、しっかり勝って、先に3本とればメンチェンもできて、後輩に経験を積ませてあげられるので、勝ってチーム全体を盛り上げていきたいです。

ー2年生ペアが勝ちましたが
ダブルスではリーグ戦に初めて出たので、特に清水は緊張してる部分があったと思うんですけど、自分たちのプレーができていたので、そこはプラスに捉えて頑張って欲しいです。

ーあまり練習できていない中の試合だと思うのですか
就活で練習に参加する時間が少なくなっていて、練習に参加できる時は流すんじゃなくて、同年代の強い選手は今頑張ってると思いながら試合を想定した練習をしました。

ー第3シングルスでの出場ですが
堅くなってしまって自分のプレーができない状態が続いていたので、何も考えずに応援はするんですけど、自分の試合にだけ集中しようと思っています。

ー今日の勝利について
シングルスの出だしで接戦ながら、勝俣と伊藤が頑張って勝ってくれたのでそこは助かりました。あと、エースの1ダブが負けても他の人でカバーできるのはプラスに考えられるので、これからもお互いにカバーしあいながら戦っていきたいです。

ー明日への意気込みを
明日は5-0で勝ちにいきます。

伊東佑美・清水一希ペア

ー今日の試合を振り返って
伊東:苦しい場面もありましたが、相手よりも我慢できたことが勝てた要因だと思います。
清水:私はデビュー戦でしたが、緊張せずに自分たちらしくできたと思います。

ーチームの勝利がかかってた試合でしたが
伊東:そういうことはあまり気にせず、自分たちのプレーをしてミスを少なくしていこうと話し合って試合に入りました。
清水:私もあまり気にしないで自分たちのプレーをやろうと思ってました。

ー対戦相手の印象は
伊東:高校が埼玉県であたったこともあったので少し知っていました。凄く強豪校から来ていたので、レシーブや技とかも上手いなぁという印象です。
清水:何回かやったことがありましたが、年下なので負けられないなぁと思っていました。

ー監督やコーチの方々からのアドバイスは
我慢をすることと、自分たちのミスをしないということを言われました。

ー今日の試合の収穫は
伊東:ダブルスは初めて組んだペアでしたが、いいかたちで終われて、最後も勝ち切れたので自分たちのプレーの仕方が分かってきたかなと思いました。
清水:1勝してチームに貢献できたことが嬉しかったし、良かったです。

ー伊東さんはシングルスも出られましたが
シングルスはいつもより攻めていて、最初は決まっていましたが、最後のほうになって競ってきて自分のミスでファイナルセットまでいってしまいました。最後は我慢勝負になりましたが、インカレの時に団体戦で負けていた相手にリベンジできて良かったです。

ーファイナルセットまでいった時の心境は
切り替えていこうと思っていました。

ー次戦に向けて
伊東:次に誰が出るか分からないですが、出た時は1つでも多く勝って勝利に貢献したいです。
清水:誰が出てもおかしくないと思うので、出たら1勝してチームに貢献できればいいと思います。

フォトギャラリー

  • IMG 2163 Rシングルスとダブルスで勝利し、大車輪の活躍の伊東
  • IMG 2764 R粘りのプレーを見せる宮浦
  • IMG 2989 R伊東・清水ペアはリーグ戦初勝利となった
  • IMG 3048 R優勝へ向け最高のスタートを切った
  • IMGP0445 R危なげなく勝利し、チームを勢いづけた桐田
  • IMGP0616 R健闘するもほろ苦いデビュー戦となった山澤
  • IMGP0706 R西川・野村ペアは圧倒的な力を見せつけた
  • IMGP0834 R手痛い一敗となってしまった(西川)
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み