バドミントン

【バドミントン】東日本学生選手権 男子 団体戦 確かに得られた手応え チームでつかんだベスト4!

東日本学生選手権
2017年8月26日(土)27日(日)
北海きたえーる

昨年はベスト8という結果に終わった男子。今大会も順調に2回戦まで勝ち進むと、3回戦では宿敵・日体大と対戦。シングルスで2連勝するとそのまま勢いに乗り、セットカウント3-1でベスト4に駒を進めた。2日目の準決勝ではシングルスで2連敗するもダブルス陣が巻き返し、勝負を第3シングルスへと持ち込んだ。流れを取り戻せず一歩及ばず敗戦となったが、昨年を超えるベスト4という結果を残した。

IMG 9189 R
全勝でチームを勢いづけた西川(奥)・野村ペア

試合結果

詳細結果(男子)

試合試合結果試合詳細(後者が対戦相手)
1回戦  ○3-0北大 ○S1桐田和樹2-0片沼(21-10,21-10),○S2山澤直貴2-0加藤(21-6,21-8),○D1西智寛・小森園隆平2-0佐藤・平木(21-11,21-8)
2回戦 ○3-0東経大 ○S1荒木惇2-0中村(21-19,21-9),○S2野田悠斗2-1工藤(21-12,22-24,21-12),○D1西川裕次郎・野村拓海2-1己訓・松原(19-21,21-19,21-13)
3回戦 ○3-1日体大 ○S1野田2-1古本(21-17,16-21,22-20),○S2桐田2-0森田(21-17,23-21),●D1西・小森園0-2市川・馬屋原(21-23,17-21),○D2西川・野村2-1中峰・斎藤(14-21,21-11,21-15)
準決勝 ●2-3日大 ●S1藤原圭祐0-2猪熊(19-21,17-21),●S2桐田0-2小倉(12-21,17-21),○D1西川・野村2-0谷口友・原口(22-20,21-19),○D2西・小森園2-0緒方・谷口拓(21-18,21-14),●S3野田0-2原口(12-21,15-21)

戦評

 1回戦、2回戦を順調に突破し3回戦の日体大戦に臨んだ法大。第1シングルスには桐田和樹(経3)が出場。接戦となりながらも第1ゲームを21-17で奪取して、迎えた第2ゲーム。先にマッチポイントを取られるも、冷静に対応して相手のミスを誘発。第1シングルスを制した。第2シングルスには野田悠斗(経2)が出場。第1ゲームを先取するも、第2ゲームを奪われフルゲームとなる。序盤は自身のミスなどから押されるも、我慢強く食らいつき22-20で勝利をものにした。
 第1ダブルスには西智寛(経4)・小森園隆平(社3)ペアが出場。好戦を演じながらも、あと一歩及ばず21-23、17-21で悔しいストレート負けとなった。西川裕次郎(社4)・野村拓海(社2)ペアは第2ダブルスに出場。第1ゲームを奪われが、そこから抜群のコンビネーションを見せ21-11、21-15と安定した強さで勝利をものにした。この結果、男子は2日目の準決勝進出を決めた。

  準決勝の日大戦。第1シングルスとして藤原圭祐(経1)が今大会初出場。自身のミスが目立ち、第1ゲームを19-21で落としてしまう。第2ゲームもインターバルまで1点差に詰め寄るも、後半に連続ポイントを決められ17-21で敗北した。第2シングルスには桐田が登場。ここまで全勝と好調を維持するが、今日は思うようなプレーができない。1ゲーム目はワンサイドゲームとなり12-21で落とした。続くゲームも流れを引き返せずあっけなくストレート負けとなった。
 ゲームカウント0-2と後がなくなった中、第1ダブルスには西川・野村ペアが出場。序盤から積極的な攻めのプレーで相手を打ち崩していく。マッチポイントで同点に追いつかれるも、22-20で先取。第2ゲームも21-19とストレート勝利を収めた。第2ダブルスは西・小森園が登場。緊張感のある中でのプレーとなったが、テンポの良い攻撃を見せる。1ゲーム目は接戦となるも、最後に連続得点を決めこのゲームを奪取した。第2ゲームは完全に流れをつかむ。攻めの姿勢で得点を重ね、21-14で勝利した。第3シングルスには今大会全勝中の野田が出場。だが、相手の力強いスマッシュに手が出せず大差で第1ゲームを落としてしまう。続く第2ゲームも相手の勢いを止めることができない。終始リードを奪われたまま、15-21で敗戦となった。
 
 ベスト4で今大会を終えた男子。升監督も「だいぶ層は厚くなった」と振り返ったように、チーム力の底上げが証明された大会となった。明日に続く個人戦、さらに秋リーグに向けさらなる飛躍を誓う。(大平佳奈、石川大悟)

監督・選手インタビュー

升 佑二郎 監督

ーまず今大会の結果については
良かったですね。ベスト8で春リーグ負けている日体大に勝てたことがまず進歩です。日大戦もずーっと負けていた2ダブが勝てました。シングルスが負けたらうちはもう文句は言えないというか、シングルスは絶対の自信をもって勝負しているものなので、それが3本落としていることに関してはもうしょうがないかなと。練習してやるしかないですし、むしろ相手のシングルスがひとつ上だったということなので、もう一踏ん張りすれば絶対結果は出ると思います。シングルスは負けてはいけないメンバーが揃っているので、次に繋がるかなと思います。優勝目指して頑張りましたが、よく3位になったなというような気持ちもある感じですかね。

ートップシングルスや第3シングルスでの出場のあった野田選手にはやはり期待を寄せられているのでしょうか
今回の団体戦はシングルス野田と桐田を2つの軸として、ダブルスは西川・野村がいるので基本的にその3つを押さえておけば、勝ち負けを競えるところまでは持っていけるというところで考えていました。なので野田と桐田が負けた時点でもうキツイかなという感じですね。最後の3シンは昨日の試合を見て野田なら勝つかなと思っていたんですが、ゲーム内容を見れば相手の方が強かったですし、そう甘くはいかないという感じですね。

ー日大戦の第1シングルスに藤原選手を起用した意図は
藤原は実力があるのと、関東選手権で日大のエース2人に勝っている実績があるので、育てるというよりは彼だったら勝つ可能性が高い、という戦略的なところを踏まえて起用しました。試合にはなっていたんですが、結局最後は自分のミスで負けてしまっているので、もう一踏ん張りかなと思いますね。

ー西・小森園ペアも徐々に頭角を現しているように思いますが
嬉しいですね。なかなか勝てないなかで、勝てるようになっているということがあるので、自分のなかでも満足して、楽しいなと思える試合ができていると思います。一番成長したのはコンビネーションと、自分たちが勝ちを望むようになったというところだと思います。前まではなんだかんだ勝ちたいと言っても、他が勝つから、他のペアがいるから、といろんな理由づけによって結局頑張りきれていないところがありました。でも西が4年になって、なんとしても勝ちたいというモチベーションを持てるようになったのが一番大きいかなと。小森園はそれについていくというところで、やはり西の勝ちに対する気持ちが表に出てくるようになったのが一番いいところかなと思いますね。

ー春リーグで出場していた桐田・山澤ペアについては
彼らは合わせて良くなることもあるんですけど、ある程度組んでいるとマンネリ化してしまって。基本的にダブルスは上がって下がってもう一回上がるという周期で来るんですね。多分野村たちも組み慣れてくるとマンネリ化してくるというか、今は下がってまた上がってきているんですが、桐田たちは上がっている状態でポーンと出してしまったのですが、意外といいダブルスをします。なのであまり組ませすぎると逆にその周期に入ってしまうので、それよりは彼らはそういうようにやっていこうかなと。

ー夏の間の合宿ではどのようなことに力を入れてきましたか
個々のレベルアップですかね。技術的にもっともっと改善しなければいけないところです。練習メニューも基本的に全員でというよりは個別の課題を持ってできるだけやるようには工夫したので、それが少しずつ良くなっているところもあれば、やっていないものも出てきます。それをまた今後詰めていかなければいけないと思うので、そういう意味ではやってきたことはちゃんとできてるかなと思います。

ー秋のリーグ戦に向けて
今回の決勝もそうですけど、いろんな選手を起用できるオーダーが組めていたので、そういう意味では全体的なレベルが試合に出てもちゃんと勝ち負けを競えるところまでこれる選手が増えてきています。層はだいぶ厚くなってきていて、あとはやはり最後どう勝つかだと思うので、もう一回厳しく練習して、あとは後悔のない試合を最後のリーグとインカレでしていってほしいです。やれることはやっていってほしいですね。

西川裕次郎・野村拓海ペア

ー今回の結果については
西川:自分は今回所用で抜けていたのであまりチームは見れてないんですけど、そんなに仕上がりが悪いわけではなかったですし、あとはどこで勝負できるかだと思います。それをインカレ前に一人ひとりやっていけるようにしたいですね。
野村:今回は全部の試合がギリギリだったんですけど、それでも一応勝つということはできたのでそれは良かったのかなと思います。でもまだまだ内容的には修正しないといけないところがありますし、まずは個人戦でしっかり勝てるようにしたいと思いますが、団体は3位ということで、またインカレに向けて頑張っていきたいと思います。

ー3戦全勝ですが、手応えとしては
西川:よくなっている点をもっと活かしつつ、細かいミスで競っている部分があるので、そこをなくしたら余裕が生まれると思いますし、個人戦はそういう風にやっていきたいと思っています。

ー夏の間に力を入れてきたことは
西川:自分はあまり練習に行けてないんですけど、個人個人で自分の課題を見つけて意識して練習してくれていると思います。
野村:自分がちゃんと前入るところは入ったり、うまくコンビネーションができればもっと西川さんを活かせると思っています。基本的に弱いので全体的なレベル上げと、まだまだできないんですけど、前衛に入った時の対処などの練習は頑張っているつもりです。

ー合宿ではどういったことに取り組んでいましたか
野村:西川さんが合宿にいなかった間もいろいろな人と組んでいたので、そういう時にも対応できるように、というかこれから西川さんが卒業してしまったらまた組めなくなるので、そういうところで誰と組んでも勝てるようにはやってきました。西川さんとだけではなくてそういうところも考えて練習していました。

ー夏を終えてチームの成長した部分は
西川:少しですが、試合を見ていて安心して見られるという部分があります。チーム力は結構上がってきていると思うので、もう少し上げられれば相手よりも分がある試合になると思います。ただもう少し、何かが足りないんです。その何かを見つけてやっていきたいです。

ー個人戦に向けて
西川:ダブルスにかけているので、まずはインカレ出場の権利をとって、そこからどこまで自分たちができるのかやっていくことと、シングルは怪我をしないように頑張ります。
野村:ダブルスはほぼ一緒のことなんですが、シングルスもある程度、せめてインカレに出られるくらいには頑張りたいと思っています。あとはダブルスでしっかり勝てるように頑張ります。

西智寛・小森園隆平ペア

ー試合を振り返って
西:昨日の日体大戦まで反省点としては、スピードが遅かったのでそれは今日意識してやっていて、詰められていたのでよかったかなと思います。
小森園:自分たちの得意なサーブ場面からの展開で、多く点数が取れて、競ったときに自分たちから攻めていけたのでよかったと思います。

ーお2人が心掛けたことは
西:ハーフ球というのがあるのですが、そういうのに下からも上からも入れるように意識したりとか、上から打ったときも打ち返されないようにちゃんと角度をつけることを意識しました。
小森園:上から打つ球が浮いてしまうことが多かったので、それを沈めるように意識しました。

ー合宿ではどんな練習をしましたか
西:前衛のネット前で、相手がレシーブしてきた球に対して前衛で決める練習をしていたのですが、まだまだミスが多くて課題になっています。
小森園:前衛とゲームの練習をしましたが、まだまだミスが出る部分が多いですね。

ー全試合出場されましたが、チーム内での役割は
小森園:今日みたいにシングル2本取られる展開はうちは少ないとは思うのですが、そうなったときに自分たちのダブルスが勝たないといけないと思うので、そういう意識でやっています。

ー北海道はいかがですか
西:僕は3回目なんですが…この後の個人戦が終わってから美味しいビール飲んで、美味しいご飯食べて、帰ります!!(笑)

ー個人に向けての意気込みを
西:2回戦に第1シードの選手と当たるのですが、そこに勝たないとインカレにいけないのでそこはしっかり集中してやりたいと思います。
小森園:2回戦は山場だと思うので、自分たちが引いてじゃなくて、押して押して攻めていけるようにやっていきたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 9189 R全勝でチームを勢いづけた西川(奥)・野村ペア
  • DSC 0465 R競る場面でもエースダブルスとしての意地を見せつけ勝利した
  • DSC 0668 Rシングルスの柱のひとつにまで成長を遂げた野田
  • DSC 0440 R日大戦では勢いに押され悔しい敗戦を喫した桐田
  • DSC 0629 R緊迫した状況でストレート勝利を収めた西(左)・小森園ペア
  • DSC 0595 R気迫のこもったプレーで相手を圧倒した
  • DSC 0086 Rひさびさの団体戦出場ながらしっかりと勝利を飾った荒木
  • DSC 0347 R重要なトップシングルスを任された成長株の藤原
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み