バドミントン

【バドミントン】平成30年度関東学生選手権 女子 主将勝俣がシングルス準V、ダブルス3位のW受賞!!

平成30年度関東学生バドミントン選手権
2017年6月4日(月)~6月23日(土)
千葉商科大学ほか

シングルス、ダブルスともに多くの法大勢が勝ち上がった。シングルスで6選手がベスト16、ダブルスでは2組がベスト8入り。難敵相手に敗者が増えていくなか、シングルスでは、勝俣莉里香(営4)、東久留望(法3)の同校対決が実現し、熱戦が繰り広げられた。また、ダブルスでは勝俣・工藤ひな子(人4)ペアが準決勝で相手にあと一歩及ばず敗戦したものの、勝俣、工藤、東の3選手が堂々の表彰台入りを果たし大健闘を見せた。

mmm R
勝俣はシングルス準優勝、ダブルス3位のダブル受賞となった。

試合結果

シングルス

選手名結果 スコア
勝俣莉里香(営4)  準優勝 2回戦:○2-0佐藤(日体大) 3回戦:○2ー0桃井(早大) 4回戦:○2ー0桶田(専大) 5回戦:○2ー0石橋(青学大) 準々決勝:○2ー1十河(明大) 準決勝:○2ー0東(法大) 決勝:●0ー2池内(日体大) 
東久留望(法3) ベスト4 2回戦:○2ー0石上(青学大) 3回戦:○2ー0長谷部(日大) 4回戦:○2ー0池上(神大) 5回戦:○2ー0中静(法大) 準々決勝○2ー0吾妻(早大) 準決勝:●0ー2勝俣(法大) 
甲斐妃美子(人4) ベスト16 1回戦:○2ー1巻口(専大) 2回戦:不戦勝  3回戦:○2ー1藤田(青学大) 4回戦:○2ー1上村(日大) 5回戦:●0ー2十河(明大) 
伊東佑美(営3)  ベスト16 2回戦:○2ー0大上(専大) 3回戦:○2ー0柳瀬(東京女体大) 4回戦:○2ー0上杉(明大) 5回戦:●0ー2池内(日体大) 
中静日向子(営2) ベスト16 2回戦:不戦勝 3回戦:○2ー1三木(日体大) 4回戦:○2ー0柳原(日大) 5回戦:●0ー2東(法大) 
岡部天(国2)   ベスト16 2回戦:○2ー0木村(東京女体大) 3回戦:○2ー0長谷川(日大) 4回戦:○2ー0岩谷(青学大) 5回戦:●0ー2財津(日体大) 
清水一希(人3) ベスト32 2回戦:○2ー0白間(青学大) 3回戦:○2ー1吉村(東情大) 4回戦:●2ー0十河(明大)
今野聡子(人2) ベスト32 2回戦:○2ー0武田(専大) 3回戦:○2ー0菊池(日本女体大) 4回戦:●1ー2日野(作新大)
工藤ひな子(人3) 3回戦敗退 2回戦:○2-0河野(東女体大) 3回戦:●0-2森(専大) 
山口萌(人1) 3回戦敗退 2回戦:○2ー0河野(東京女体大) 3回戦:●0ー2池内(日体大)
柳井咲耶(国1) 3回戦敗退  2回戦:○2ー1縄田(青学大) 3回戦:●0ー2西口(明大)
工藤ひな子(人4) 2回戦敗退 2回戦:●1ー2川端(専大)
鈴木優香(国3) 2回戦敗退 2回戦:●0ー2内田(日大)
高山美月(文1) 2回戦敗退 2回戦:●0ー2甲斐(東情大)

ダブルス

選手名結果スコア
勝俣・工藤 ベスト4

2回戦:不戦勝 3回戦:○2ー0福島・長谷部(日大) 4回戦:○2ー0遠山・神尾(立大) 準々決勝:○2ー0石橋・岩谷(青学大) 準決勝:●1ー2桶田彩乃・谷澤安衣(専大)

 清水・今野  ベスト8 2回戦:不戦勝  3回戦:○2ー0安荘・巻口(専大) 4回戦:○2ー0三木・池内(日体大) 準々決勝:●0ー2桶田・谷澤(専大)
 伊東・鈴木 3回戦敗退  2回戦:○2ー0瀬下・熊倉(東情大) 3回戦:●0ー2仁平・由良(明大) 
甲斐・山口 2回戦敗退 1回戦:○2ー0大手・西谷(専大) 2回戦:●0ー2石橋・岩谷(青学大)
東・高山 2回戦敗退 2回戦:●0ー2上村・村井(日大)
中静・岡部 2回戦敗退 2回戦:●0ー2鈴木・田代(日体大)

 

戦評

 女子シングルス準決勝は勝俣莉里香(営4)と東久留望(法3)の同校対決となった。日頃一緒に練習しているせいか、第1ゲームは16-16の場面までほぼ互角の戦いを見せる。しかし、ここから勝俣がラストスパーとをかけると徐々に東を突き放し21-18で奪い取る。続く第2ゲームも両者攻めの姿勢で長いラリーが何度も続く展開に。東が必死にシャトルに喰らいつくもあと一歩及ばず同校対決は勝俣に軍配が上がった。

 東を下した勝俣は決勝へ進出。相手は春季リーグで敗北を喫した日体大の池内萌絵とのリベンジ戦となった。この日、シングルスとダブルスの両方を兼任している勝俣。短時間での連戦に少し疲労が見え始め、強打のスマッシュを放つもコースアウトとミスが目立つようになる。また、相手の的確な配球についてくものの自身のチャンスにつなげることができず、21-15、21-15のストレート負けを喫した。
DSC 0880 R

 一方のダブルスでは、勝俣・工藤ひな子(人4)が準決勝に出場。第1ゲームは、同学年らしい息の合ったコンビネーションで相手の勢いを封じ21-18で奪取。しかし、続く第2ゲームでは第1ゲームとは打って変わり劣勢に。相手に連続したスマッシュを浴びて中々得点をさせてもらえずあっという間に7-21で奪われた。迎えたファイナルゲームは第1ゲーム同様に互いに主導権を握り会う状況が続いた。終盤までリードしていたものの、最後に点差をひっくり返されゲームセット。19-21で奪われ準決勝で姿を消した。

 今年度初の個人戦となるが、シングルス、ダブルス共に表彰台に上がる大健闘を見せた。次の舞台は東日本インカレとなるが、更なる活躍に期待したい。(杉本ひかり)

選手インタビュー

勝俣莉里香・工藤ひな子ペア

ー今日の試合を振り返って
勝俣:悔しいです。
工藤:3ゲーム目で気持ちで追い上げましたが、後半自分が2本くらいバックアウトしたのが勿体なかったと思います。

ー第1ゲームを先取しての敗戦でしたが
勝俣:第2ゲームは相手に打たれすぎたと思います。あの点差だったらちょっときつかったです。
工藤:1ゲーム目で攻めていたのに2ゲーム目で守りに入って攻められてたのが良くなかったです。

ー専大は今後もリーグ戦で戦う機会もあると思いますが
勝俣:負けません。5-0で勝ちます。
工藤:勝ちます。

ー勝俣さんはシングルスにも出場されましたが
ベスト4に入ることが目標だったので、それを達成して気持ち的に良い試合ができたと思います。東とも学校で試合をすると互角で、先輩だからやりづらいとかもなかったです。

ー同校対決でしたが
後輩なので、負けたくないとは思っていましたが、負けたらやばいというような気持ちもありませんでした。我慢できたのかなと思います。

ー東日本インカレに向けて
勝俣:シングルスもダブルスも優勝できるレベルにはいると思います。ちょっとしたことだと思うので練習を頑張ります。
工藤:サーブの練習を頑張ります。

東久留望 

ーシングルスでベスト4となりました
目標が、ベスト4だったので目標を達成できてうれしいです!

ー準決勝では勝俣選手と対戦しましたが
やっぱり普段の練習の時からも強いのですが、試合になるともっと強いと感じました。勢いが違うなと感じました。

ー準々決勝では、早大の吾妻選手と6度目の対戦となりましたが
去年はずっと負け越していて、まだ1勝しかできていなかったので、昨日は去年のリベンジも含めて頑張ろうと思って臨みました。個人戦はどの大会でも全部当たっているので、ここまできたらもう運命を感じちゃいますね(笑)。

ー春季から修正した点は
春リーグはレギュラーとして出させてもらったのですが、勝つことができなくて、自分の持ち味である粘るプレーと、それにプラスして攻めるプレーを織り交ぜながらできるように練習しました。

ーダブルスについては
私はシングルプレイヤーなので、ダブルスはできない部分があるのですが最初に負けるのはダメだと思うので、東日本ではインカレの出場権を得られるように頑張りたいです。

ー次回の東日本に向けて
関選でベスト4を取れたことをバネに、この勢いで東も頑張りたいです!

フォトギャラリー

  • mmm R勝俣はシングルス準優勝、ダブルスの3位のダブル受賞となった。
  • fff R2度のフルゲームを制したが、ベスト16で敗れた甲斐。
  • ccc R伊東はシングルス王者相手にベスト16で姿を消した。
  • ddd R強敵を相手に無念のベスト16となった岡部。
  • eee R中静は東との同校対決に敗れベスト16。
  • iii R先輩勝俣と終盤まで互角の戦いを繰り広げた東。
  • aaa R徐々に実力をつけてきている今野(左)、清水(右)ペア。
  • kkk Rフルゲームの末敗れ、悔しさを滲ませた勝俣(右)、工藤(左)ペア。

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 S 8166915573882 R

定期購読の申込み