バドミントン

【バドミントン】関東大学バドミントン秋季リーグ戦 第1戦   男子は惜敗するも女子は昨季の借りを返す白星発進!

関東大学バドミントン秋季リーグ戦
2018年9月15日(土)
日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館

今季リーグ戦の初戦は、男女とも日体大との対決となった。男子は相手の実力者ダブルスに苦戦し、2-3で惜しくも黒星。一方女子は、主将の勝俣莉里香(営4)が第1シングルスで宿敵に勝利するなど、開幕白星を挙げた。

DSC 2549 2 R
宿敵を撃破し、チームを勝利に導いた勝俣

試合結果

総合試合結果(男子)

法政大学

2

-

日本体育大学

3


詳細結果(男子)

試合試合詳細(後者が対戦相手)
第1シングルス ●桐田和樹0ー2小本翔太(17-21、23-25) 
第2シングルス 〇野田悠斗2ー0山田尚輝(21-13、21-15) 
第1ダブルス   ●小森園隆平・野村拓海0ー2市川和洋・馬屋原大樹(11-21、14-21)
第2ダブルス ●山澤直貴・藤原圭祐0ー2玉手勝輝・山下恭平(19-21、16-21) 
 第3シングルス  嶺岸洸2ー0成田達彦(21-15、21-17)

総合試合結果(女子)

法政大学

4

-

日本体育大学

1

詳細結果(女子)

試合試合詳細(後者が対戦相手)
第1シングルス 勝俣莉里香2-0池内萌絵(21-17、22-20) 
第2シングルス   〇東久留望2-1菊池さやか(11-21、21-16、21-12)
第1ダブルス   〇勝俣・工藤ひな子2-1鈴木咲貴・田代愛妃(15-21、21-15、21-11)
第2ダブルス   ●甲斐妃美子・山口萌1-2油上芽恵・宮内公佳(21-19、16-21、14-21)
 第3シングルス  岡部天2-0財津穂(21-17、21-11)

 

戦評

男子

 混戦を制せず昨季は4位に終わった男子。団体優勝を目指す全日本学生選手権(インカレ)前の、最後の公式戦となる秋季リーグ戦が開幕した。

 第1シングルスには桐田和樹(経4)が登場。第1ゲームを17-21で落とすと、第2ゲームは一進一退の攻防を繰り広げてデュースに持ち込み、手に汗握る熱戦を演じたが、サーブミスなどでジリジリと追い込まれ、23-25で悔しい敗戦となった。

 第2シングルスに出場したのは野田悠斗(経3)。長身から繰り出す強打で序盤から試合のペースを握り第1ゲームを奪うと、その勢いは止まらず、相手のミスを誘発して第2ゲームも21-15で勝利。ストレート勝ちを収めた。
IMG 5764 R野田悠斗選手

 第1ダブルスには小森園隆平(社4)・野村拓海(社3)ペアが出場。第1ゲームからミスが重なった上、相手ペアの勢いに圧倒され11-21で敗れる。続くゲームも1-11でインターバルを迎え、苦しい状況が続く。その後は何とか食らいつき、少しずつポイントを奪っていったものの14-21で落とし、ストレート負けとなった。

 チームの勝利に向けて後がなくなった法大は、第2ダブルスに藤原圭祐(経2)・山澤直貴(経2)ペアを送り込む。互いをうまくカバーしあう息の合ったプレーを見せたが、昨年のインカレ王者ダブルスにあと一歩及ばす第1ゲームは19-21で敗戦。続く第2ゲームも後半から詰め寄られ16-21で落とした。

第3シングルスには嶺岸洸(社1)が出場。鋭いスマッシュを武器に着実に点を重ね、第1ゲームをものにする。第2ゲームでは相手にリードを広げられる場面もあったものの、粘りのプレーで追い上げ、21-17で勝利した。
IMG 5998 R嶺岸洸選手

 2-3で黒星発進となった法大。巻き返しを図る上で、エースの復調とダブルスでいかに勝利を挙げられるかが次戦以降の鍵となるだろう。(渡辺詩織)

女子

 春季リーグ戦5位、東日本インカレ準決勝敗退と悔しい結果が続く女子バドミントン部。今季で結果を残し、インカレに向けて弾みをつけたいところだ。

 第1シングルスは勝俣莉里香(営4)が出場。昨季敗れた池内萌絵とのエース対決となった。第1ゲーム序盤は、シーソーゲームが続き硬直した状態が続く。しかし、徐々に持ち前を発揮し始めた勝俣が均衡を破り、先に11点を奪う。その後もヘアピンで相手を崩し、甘くなった返球をプッシュで押し込む理想的な攻撃パターンで21-17でこのゲームを奪取する。続く第2ゲームは、相手にリードされる展開となる。相手に必死に食らい付くものの、中々点差を埋めることができず先にゲームポイントを奪われる。しかし、エースらしい堂々たるプレーでゲームポイントを奪い返すと最後は持ち前のスマッシュが決まり22-20で勝利。昨季の借りを返した。
DSC 2616 2 R勝俣莉里香主将と勝利に湧く選手たち

 エースの勝利に幸先の良いスタートを切った法大。第2シングルスは東久留望(法3)が投入された。第1ゲームは、相手の威力のある打球に押し負け中々配球が定まらない。また、コースを狙うショットもサイドアウトのミスが目立ちこのゲームを11-21で早々と奪われる。しかし、第2ゲームに入ると流れは一変。リードされる劣勢の状況でも動じない落ち着いたプレーで相手のミスを誘発。ここから流れをつかむと、一気にギアを上げ始める。厳しいコースへの配球やアウトコースギリギリの見事なクリアが決まりこのゲームを21-16で奪う。イーブンに持ち込んだ東はファイナルゲームでも冷静な試合運びで優勢に立つと、最後までシャトルを追い続ける粘り強さを見せ21-12で圧倒。チームに大きな勝利をもたらした。

DSC 2642 2 R東久留望選手

 勝利に大手がかかった法大はエースダブルスの勝俣・工藤ひな子(人4)ペアが登場した。出だしに苦戦し、簡単なショットをミスするなど相手のペースに流され15-21で第1ゲームを落とす。続く第2ゲームは、後衛の勝俣が強打で攻め工藤が前衛で守備を固めるペアの持ち味が出るプレーで奪い返す。第3ゲームも相手の攻撃球をドライブで切り返し自分たちが主導権を握るプレーを展開。このまま21-11で勝利を収めると同時にチームも勝利をつかんだ。

 第2ダブルスは甲斐妃美子(人4)・山口萌(人1)の上級生、下級生ペアが担う。1点ごとに互いに声を掛け合うなど、コンビネーションの良さが垣間見え、息のあったプレーにより21-19でゲームを先取する。しかし、第2、3ゲームでは一転。相手の勢いに飲まれると、焦りからかミスが連発。ゲームカウントを押し返され敗戦を喫した。

 この試合最後は岡部天(国2)が登場。強敵相手に臆することなく自らのリズムで試合を進める。軽やかなステップで球に反応し、危なげなく第1ゲーム、第2ゲームを21-17、21-11で勝ち取りストレート勝利を収めた。

 春季リーグ戦で敗れた日体大相手に4-1と快勝し、春の借りを返した法大バドミントン部。開幕戦勝利もつかみ、リーグ戦で幸先の良いスタートを切った。連戦が続く中でどれだけチーム力が発揮できるかが鍵となるだろう。日々成長し続ける彼女たちの活躍に期待したい。(杉本ひかり)

監督・選手インタビュー

勝俣莉里香

ー今日の試合を振り返って
相手が日体大で、春に負けていますが勝てる相手だと思っていました。初戦で残り4戦を考えたとき大事な試合だと思っていました。

ー昨季は敗戦している相手でしたが
敗戦の要因は、私がシングルスを落としたところにあるのかなと思っています。その部分では、しっかりと自分の役割を果たせたのかなと思います。

ー昨季のシングルスでも池内選手(日体大)に敗戦していますが
今日まで、4戦4敗で苦手な相手ですが、ある意味やりやすかった部分がありました。敗戦するイメージが出来上がってしまっていたので、そこを払拭できたのはうれしかったです。

ー今季の目標は
インカレ優勝をするために、秋季リーグは重要になってくると思うのでしっかり優勝したいです。

ーラストイヤーですが
入学してから2・3・4・5位は取ったことがありますが、1位と6位は取ったことがありません。6位は取りたくないので、1位を取って個人的にも全勝したいです。シングルスとダブルスの2つに出ていて、自分が負けるとチームも負けてしまうと思うのでそのためにもしっかりと勝ちたいです。

ー明日の試合に向けて
明大の今日の試合の調子などは分かりませんが、自分たちのほうが調子も雰囲気も良いと思っています。春は5-0で負けているので、今回は5-0で勝ちたいです。

嶺岸洸

ー今日の試合を振り返って
床が滑って難しい試合だったのですが、先手を切ってネットなどで勝負できたので良かったかなと思います。

ー昨季に引き続きスタメン出場となりました
一応レギュラーなのですが、今は認めてもらうにはまだまだだと思うので、リーグ戦などで結果を出して本番のインカレ(全日本学生選手権)で勝負できるようになれたらと思います。

ー先日の東日本選手権の個人戦では、ベスト16でしたが
東はふがいない結果でした。ベスト4とかも狙える山だったと思うので、そこを取りこぼしたのは痛かったです。個人戦はトーナメントで連戦が続くので、体力面を強化していきたいと思います。

ー今季の個人としての目標
やっぱり全勝です。出た試合は必ず勝って、チームに貢献したいです。

ー明日の早大戦への意気込み
東で負けているので、明日も負けてしまうと差ができてしまったという印象になるので、何としてでも勝てるように食らいついていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • DSC 2786 R第2ゲーム以降、しっかりと立て直し試合をものにした工藤(左)・勝俣ペア
  • DSC 2863 2 R健闘及ばす敗戦した甲斐(左)・山口ペア
  • DSC 2890 2 Rシングルスの支柱の一つとして、チームを支える岡部
  • IMG 5702 R桐田は第2ゲームでゲームポイントを奪うも、勝ちきることができなかった
  • IMG 5778 R安定感のあるプレーで快勝した野田
  • IMG 5796 R公式戦で初ペアとなった小森園(奥)・野村ペアは、苦戦を強いられた
  • IMG 5826 Rインカレ王者ダブルス相手に好戦演じるも、惜敗した山澤(右)・藤原ペア
  • IMG 6019 R嶺岸は劣勢の場面でも落ち着いてプレーし、ストレート勝利
 
 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み