バドミントン

【バドミントン】関東大学バドミントン秋季リーグ戦 第2戦 男子は悔しい敗北を喫したが女子が2連勝で好調キープ!

関東大学バドミントン秋季リーグ戦
2018年9月16日(日)
日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館

男子は早大の勢いに押され、思うような試合ができないまま敗戦。悔しくも開幕2連敗となった。女子は昨季全敗で敗北した明大に雪辱を晴らし、4-1で快勝した。

DSC 6113 R
開幕2連勝と波に乗る女子

試合結果

総合試合結果(男子)

法政大学

1

-

早稲田大学

4


詳細結果(男子)

試合試合詳細(後者が対戦相手)
第1シングルス ●原口翔多1ー2古賀穂(20-22、21-17、20-22) 
第2シングルス  ○桐田和樹2ー0吉村徳仁(21-17、28-26)
第1ダブルス   ●藤原圭祐・山澤直貴1ー2渡辺俊和・鈴木朋弥(16-21、21-17、17-21)
 第2ダブルス  ●桐田・嶺岸洸1ー2古賀・友金利玖斗(21-19、13-21、15-21)
 第3シングルス  ●野田悠斗0ー2渡辺(19-21、24-26)

総合試合結果(女子)

法政大学

-

明治大学

詳細結果(女子)

試合試合詳細(後者が対戦相手)
第1シングルス  ○勝俣莉里香2ー1十河茉由(14-21、21-16、21-14)
第2シングルス   ○東久留望2ー1西口涼子(12-21、21-16、21-9)
第1ダブルス   ●勝俣・工藤ひな子1ー2上杉夏美・鈴木成美(18-21、21-13、19-21)
第2ダブルス   ○鈴木優香・今野聡子2ー0小原凛々子・桜井彩貴(21-19、21-9)
 第3シングルス ○岡部天1ー×鈴木いよ乃 (相手の途中棄権) 

 

戦評

女子

 開幕戦に勝利し勢いに乗った法大は、対戦相手に明大を迎えた。昨季リーグ戦で全敗を喫した因縁の相手であるが、本来の実力を発揮し、4-1で見事勝利を収めた。

 第1シングルスにはエース勝俣莉里香(営4)が出場。攻撃を決めようとしてミスをする展開が目立ち、第1ゲームを14-21で落とす。しかし第2ゲームからは自分のミスを抑え、相手のミスを待つ粘り強いプレーを披露。ミスを待つだけでなく、チャンスが訪れると果敢に攻めることで点を重ね、残りのゲームを21-16、21-14で連取した。

 続く第2シングルスには、昨日と同様に東久留望(法3)が出場した。試合後に「出だしが悪かった」と語るように、序盤から連取を許し、カウントは一気に1-10に。その後はスマッシュで攻め挽回を図ったが、間に合わず、第1ゲームを12-21で落とした。なんとか取りたい第2ゲーム。「コートを広く使って、自分らしいプレーをしろ」という監督のアドバイスを受けた東は、相手の強烈なスマッシュを粘り強く拾い、前後左右に振ることで相手のミスを誘発する。すると徐々に攻撃も決まるようになり、流れは一気に東のものに。21-16、21-9でゲームを連取し、見事監督の期待に応えた。DSC 6038 R東久留望選手

 あと1勝すれば勝利となる法大。第1ダブルスには勝俣・工藤ひな子(人4)ペアが登場し、手に汗握る試合を展開した。試合の序盤では工藤が狙われ失点を重ねると、18-21で接戦を制されてしまう。しかし第2ゲームでは勝俣がネットプレーを仕掛け、上がってきたところを工藤がスマッシュで攻めるという攻撃が上手く決まり、1ゲームを奪い返すことに成功。この勢いに乗ったまま第3ゲームを制したいところだったが、相手も粘りのあるプレーを見せる。互いに攻撃権を奪い合うシーソーゲームに競り勝つことが出来ず、悔しい敗戦となった。

 第2ダブルスは鈴木優香(国3)・今野聡子(人2)ペアが登場した。第1ゲーム序盤はお互い一歩も譲らないゲーム展開。10-11と相手にわずかに1点のリードを許し迎えた後半。2人は焦ることなく強烈なスマッシュを武器に相手を翻弄(ほんろう)し、21-19でこのゲームを先取。そして第2ゲームでは勢いそのままに21-9と圧勝。DSC 6457 R今野聡子(左)・鈴木優香ペア

 この試合最後は初日に続き岡部天(国2)が登場した。昨日の日体大戦同様に、軽やかなステップと緩急の巧みな使い分けで第1ゲーム序盤は8点連続ポイントなどで相手を突き放す。しかし、第1ゲームを後半から第2ゲームにかけては若干の疲れが見えネットミスが目立ったが、ゲーム中盤で相手選手が棄権したことにより、勝利を収める運びとなった。

 昨季においてストレート負けした明大相手に今大会では4-1と借りを返した法大バドミントン部。初日に続き勝利を収め勢いに乗る。しかし、明日は強敵筑波大。今までのように快勝とはそう簡単にいかないだろう。いかに、今の流れをつなげられるかが明日の突破口になるはずだ。まだまだ秋季リーグ戦での彼女たちの活躍から目が離せない。(村井美咲・大政欣也)

男子

 開幕初白星奪取に向け、今季2戦目に挑んだ男子は早大と対峙。先日の東日本選手権(東日本)の団体戦で敗戦している相手なだけに勝利を収めたいところだ。

 第1シングルスには、原口翔多(社2)が起用された。接戦の末、第1ゲームを落とすが、果敢に攻めて第2ゲームを獲得。相手の絶対的エース・古賀穂にも物怖じせぬ、気迫あふれるプレーが功を奏した。第3ゲームも自身のスピードを生かして得点を重ね、インカレ王者を追い詰めるも、わずかに及ばず20-22で惜敗となった。IMG 6467 R原口翔多選手

 第2シングルスは、桐田和樹(経4)が出場。エースらしい豪快なスマッシュを次々と決め、第1ゲームを制す。第2ゲームでは、終盤に両者譲らぬ展開となるが、力で押し切り、見事白星を飾った。

 東日本の団体戦と同じ顔合わせとなった第1ダブルス。東日本では同早大ペアに勝利を収めた山澤直貴(経2)・藤原圭祐(経2)の同級生ペアだが、今日はミスが目立った。第1ゲームでは持ち味が発揮しきれず、16-21で失う。第2ゲームは息の合ったプレーで巻き返しを図り、どうにか勝負を白紙に戻した。しかし第3ゲームは、相手の猛攻に加えてネット前でのミスが響き、悔しい敗戦となる。

 勝利に王手をかけられた法大は、桐田・嶺岸洸(社1)ペアを投入。第1ゲームは、序盤から桐田が積極的にスマッシュを打ち込んでいき、21-19で先取する。しかし、第2ゲームに入ると古賀穂(早大)の多彩なショットに苦しめられ、連続失点を許してしまう。後半に入るとミスも増えていき、終始リードを許したまま第3ゲームにもつれ込んだ。第3ゲームでは、インターバル後に同点に追いついたものの、ドライブの切り返しでのミスや、サイドを狙ってのコースアウトなどが重なり敗北を喫した。

 第3シングルスとして起用された野田悠斗(経3)は、悪い流れをうまく断ち切ることができない。勢いづいた相手の攻撃に苦しめられ、19-21で第1ゲームを落とす。第2ゲームでは何とか気持ちを切り替えようと、ラリー戦を展開してみせるも本来のプレーを発揮できないままにストレートで敗戦した。

 開幕から2連敗と今季はいまだ勝利をつかめなていない男子。少しの流れの傾きで、チーム全体が立て続けに崩れてしまうのが団体戦の怖さだ。明日は今季の折り返しとなる第3戦。泥臭くとも、1勝を手にしてほしい。(塚本花穂・大平佳奈)

監督・選手インタビュー

東久留望

ー今日の試合を振り返って
出だしが悪かったのですが、第2、第3ゲームでちゃんと取れて良かったです。

ー第1ゲーム後に監督からアドバイスされたことは
1ゲーム目は焦って打ってしまったり、狭い範囲で打ってしまったりしたので、(相手を)大きく動かして、自分らしいプレーをしなさいと言われました。

ー相手の西口選手の印象は
大学に入って今日で3試合目だったのですが、今までは2敗していました。相手も自分と同じラリー型でやり難いなとは思っていました。

ー今後のリーグ戦に向けて
明日は筑波戦なので、もし自分が出るのであれば、しっかり1本を取ってチームに貢献したいと思います。

鈴木優香・今野聡子ペア

ー今日の試合を振り返って
鈴木:1ゲームは21-19と競ってしまって自分たちの試合ができなかったんですが、2ゲーム目はパートナーのカバーもあり、大きな点差で勝つことができて団体戦として良い流れが作れたと思います。
今野:1ゲーム目は相手の流れに乗せられかけましたが、それを食い止めることで良い雰囲気を作ることができて良かったと思います。

ーこのペアの持ち味
鈴木:今野はスマッシュが速くて、私も結構攻めるスタイルのダブルスなので、2人でガンガン攻めていくところです。
今野:早い展開で持っていくダブルスで、私が後ろから攻めて鈴木選手が前で速い返しをするスタイルだと思います。

ーいつ頃からこのペアで練習を始めたのか
関東選手権が終わってからなので6月の下旬からです。

ー試合前に監督からどの様な指示が
鈴木:自分がリーグ戦初めてなので緊張しなくて良いよと言われました。
今野:とりあえずミスはしないようにと言われました。特に技術面でのアドバイスはなかったです。

ー明日に向けて
鈴木:もし明日出られたら、筑波は強いのでしっかり自分たちの試合をして1ポイント取られるように頑張りたいです。
今野:出られるか分からないですけど、筑波は前回の優勝校なので全員で勝ちを取りにいきたいと思います。

原口翔多

ー今日は古賀穂(早大)選手と接戦を演じましたが
やっぱり勝ちきれないところが自分の弱さだと思うので、しっかり勝ちきれるようにもっと練習していかないとなと思いました。そういうところが古賀さんの上手いところだと思いましたし、差があるなと感じました。

ーチームとしては敗戦してしまいましたが、ミーティングではどんなお話が
まだうまく噛み合ってないだけだと思っているので、噛み合ったら強いチームだと思っていて。下級生も上級生も強いチームだと思っているので、まだまだこれから巻き返せるように頑張ろうといった話でした。

ー残り3戦に向けて意気込みを
最後の試合は暗くなっていたので、明るく元気にみんなができるように自分が率先して、応援やプレーも頑張りたいです。

フォトギャラリー

  • DSC 5670 Rエースとして確実に勝利をものにした勝俣
  • DSC 6272 Rフルゲームまで持ち込んだが、相手に競り負け敗戦(工藤(左)・勝俣)
  • DSC 6526 R今季初出場勝利で飾った鈴木・今野ペア
  • DSC 5932 R昨季敗戦した相手に快勝した東
  • DSC 6124 Rカメラに笑顔を向ける選手たち
  • IMG 6588 R山澤(左)・藤原ペアは、東日本で快勝した早大ダブルスに惜敗した
  • IMG 6880 R嶺岸(左)・桐田は、即席ペアの脆さが見られた
  • IMG 6535 Rチームで唯一の勝利を挙げた桐田
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 45

定期購読の申込み